スペインの現状に学ぶ

こんばんは!

 

本日はSKY NEWSからの記事です。

SKY NEWSの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

スペインの記事のようですね。

 

 

 

workforce

響きがかっこいいですね笑。労働力、労働人員などを指す表現です。blackberryの動きの記事でも書いています。

 

remains unemployed

remainはある状態が維持されること、かわらない事を表現する動詞でした。remains the sameという表現で、状態はかわらない、という言い方でもよく使われます。

ジンバブエでの密猟対策の記事モルシ支持派の動きの記事アメリカでの胴体着陸成功の記事ベルリンの壁取り壊しの記事ジャマイカの挑戦の記事インド企業の記事でも書いています。

 

GDP growth

GDP成長率、です。ビジネスの正解でも経済全体をとりあげても、成長率、という話題は常に飛び交っているもので、GDP以外にもsales growth(売上成長)などがありますし、他にもアジア諸国などではpopulation growthなども頻繁に取り上げられる話題の1つだと思います。

 

ended

endは終わりを意味する名詞以外に動詞としての機能も備えています。終焉、というイメージが強いので人間関係の終焉、ドラマや映画の終わり、みたいなところでも使われます。ただ、日常生活の中でも普通にWork ends at 6pmのように使う事もできます。

 

still

まだ、依然、というニュアンスのこの英単語。英会話の中で使いこなせるととても便利な表現です。微妙な感覚なんですが、意外と英会話初級の方が言えない表現の1つだと思います。He’s still awake.という感覚をしっかりとおさえたいです。

 

period

periodは期間を表現する言葉として使えます。~時代、という表現でEdo periodなんて言われるのは定番の形です。使われ方は微妙に異なりますが、期間という意味でいくとtermなどもあります。

 

technically

この表現は技術的には、という意味のニュアンスの他に表向きには、形式的には、という意味でも頻繁に使われます。世の中で禁止されているものの、暗黙の了解でOKとされている事、多々あると思います。こういう状況ではまさしく、technicallyにはnoなのですが、実際にはyesという事ですね。英会話学習者ならおさえておきたい表現です。

銃保持を求める条例の記事でも書いています。

 

recover from

英熟語集では、~から治る、立ち直る、という意味の表現で必ず掲載されているものの1つです。今回は不景気をとりあげていますが、定番の例文はrecover from sickness(illness)ですかね。ハイチでの国連訴訟の記事ジャマイカのfishermen救出の記事でも書いています。

 

fleeing abroad

fleeは逃亡、逃走する、という意味の動詞でした。abroadは副詞でto abroadとならない、というところがよくとりあげられる注意点でした。go to abroadではなくgo abroad、という事ですね。ベトナムでのキセキの救出の記事シリアの現状の記事バングラの恐ろしいサイクロンの記事キューバ渡航制限解除の記事でも書いています。

 

for some time

しばらく、というニュアンスの表現です。同じようなニュアンスではfor a whileなんていう形もあります。前置詞forは期間を表現する機能を持つというのは基本的な知識としておさえておきたいところです。現在完了を習うと必ず、その期間やスタート時期を表現する形としてforとsinceが出てきますね。

 

国民の1/4が失業状態というのはいづれにしてもまだまだ危険な状態という事なんですね。

 

本日は以上です。

 

 

フランスDIY大手の訴訟結論に学ぶ

こんばんは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

フランスでの記事のようですね。

 

 

 

retailers

小売業者を意味するこの言葉。ビジネス英会話や大人社会で生きる方がであれば、wholesaler(卸売業者)とあわせてしっかりとおさえておきたいです。フランスのスーパーの日曜営業の記事アメリカ雇用情勢の記事バングラ事故の記事でも書いています。

rule

日本語でもカタカナ言葉になっているrule。日本語的な発想では名詞の感覚が強いと思いますが、英語では動詞としても使われ、また分詞化させて、ruling party(与党)など、形容詞的な働きもする事ができます。

 

DIY

日本でも徐々に一般化している言葉ですが、Do It Yourselfの意味というのは意外と知らない方も多いと思います。VIPや、MVPなど日本には英語の頭文字をとった短縮表現はたくさん入ってきています。大文字で書かれる事が多いので、そういう時は少し気にして辞書などで調べてみる習慣をつけると英語学習の役にたつはずです。

 

stay open

openは幼稚園児でも知っている英単語です。でもその品詞を考えてみると、実は文脈によって色々変化している事がわかります。空いている状態を表現する形容詞のopen、あける、というアクションを表現する動詞のopen、そして当然開け閉めを表現する名詞のopenもあります。営業時間を表記でOPEN: XXam~XXpmみたいな表記がありますね。

 

Sundays

意味をよく考えれば当然のことですが、ある1つの日曜日のみを指しているのではなく、習慣的な日曜日を意味するので複数形が使われています。最も、実際の英会話の中ではsがなくとも同じ様なニュアンスで伝えられる事は往々にしてあります。

 

Under French law

このunderは下を意味する言葉ですが、日本語でも~のもとでは、という様に、フランスの法律では、という意味ととらえる事ができます。underを使った表現は英語の中にはたくさんあり、英熟語集にはunder the umbrella of~、で~の保護下、傘下、なんていう言い方もあります。そのままと言えばそのままですね笑。

 

neither should its rivals

neitherを使った難しい表現です。否定の同意、なんていわれ方で英会話レッスンではよく取り上げられます。またnot eitherとの書き換えなども問題集などでは定番です。日本人英会話学習者の方々の中には苦手意識が強い方がとても多いので、担任講師、又はご自身で一度復習しなおしてみてください。

バハマ沖で救出された2人の記事バチカンでのスキャンダルの記事アメリカの奇跡の再会の記事アイルランド系の祭日の記事風と太陽の記事でも書いています。

 

occasionally

しばしば、という頻度を表す表現で、ここでは定期的に、コンスタントに、という意味のregularlyとあわせて取り上げられているのでニュアンスがつかみやすいです。巨大サメ捕獲の記事サンフランシスコで裸禁止令の記事でも書いています。

 

都心ではなかなか考えられない議論です。。

 

本日は以上です。

 

 

オーストラリア老夫婦の申告に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

オーストラリア人夫妻の記事のようですね。

 

elderly

年長者を表現する言葉として知っておきたい表現です。単にold peopleでもいいのですが、それだけだと英会話学習者には物足りないです。エストニアで返却された本の記事王位継承の行方の記事でも書いています。

 

returned home

英会話の中ではよく引っかかる副詞のhomeの使い方。副詞という事で、go to homeではなくgo homeになる、というのがポイントでした。自動詞returnの場合も通常ならreturn to my cityなんて言い方になりますが、return homeになっています。他にも代表的な英会話の中で注意したいものではhere, there, abroadなどがあります。

キリバスの難民に学ぶの記事義理の母の怒りの報復の記事モルシ支持派の動きの記事バングラ事故からの復帰の記事お医者さんのストライキの記事でも書いています。

 

unaware

awareは認識している、理解している、という意味の形容詞。こんなの使うの?と思いきや意外と使える表現で、知っているのknowとは似て非なるものです。あくまで、ある事象が起こっていること、ある事実があること、ある物事の変化について、「気付いているか、譲許を把握しているか」というようなポイントで、より知識や理解をイメージするknowとは少し異なります。

エチオピアの最高齢記録者の記事食べ物泥棒発覚の記事アイルランドのミュージアムの記事でも書いています。

今回はそのawareに接頭語のunがついていますので、反対の意味として使われています。

 

all-expenses trip

おもしろい表現ですね。expenseは経費、なんて表現でビジネス英会話の生徒様は覚えていらっしゃるかもしれないですが、ここでは無料旅行、招待旅行、懸賞旅行などの意味を表します。

 

seven nights

日本語でいう~泊なんていう表現として英語では頻繁にnightが使われます。久々に実家に帰ってきた子供達がI think I’ll stay here a couple of nightsなんていってくれたらお父さん、お母さんは嬉しいですね。なぜ急にそのシーンを連想したのか分かりませんが笑。

resulting in

resultは結果という名詞の他にも動詞で~の結果になる、という形もあり、英熟語ではresult inという形で覚えておきたい表現です。ペルーの寒波の記事インドで妻を助けた夫の記事ノルウェーの学校で試験日程変更の記事ガボンの象の記事でも書いています。

 

the ones

代名詞oneの複数形がここでは使われています。英会話の中では頻繁に使われる表現ですが、oneが代名詞と認識されていない英会話学習者の方は多いと思います。oneはあくまで1を意味するとだけ思っていると英語の罠にかかってしまいます。

今回は複数形の代名詞としての機能を持っているのでonesになっており、また特定のものを指す冠詞theと一緒に置かれています。

火星移住申込締め切りの記事エジプト初の民主政権終焉の記事アメリカ化への懸念の記事日本でついに復活の記事アドバイスをする相手の記事頑丈な豚の家の記事アルゼンチンの危機の記事でも書いています。

 

Thankfully

動詞thankの副詞の形です。こんな形もあるんですね、という感じだと思いますが、日本語では名詞、形容詞、動詞などのみのイメージのものも、当然英語では副詞の形で使われるものがたくさんあります。形容詞beautifulにはbeautifully、動詞、名詞のhelpにもhelpfully、cleanにcleanlyなど色々あります。

 

いきなりカバンを空けたら白い粉が、、って少し焦りますね。。

 

本日は以上です。

 

 

マル島での記録に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

マル島での記事のようですね。

 

 

 

is enough to

be enough to~で、~するには十分だ、という意味の英熟語でした。enoughは形容詞、副詞にもなる英単語で色々な形が日常英会話の中でみられるだけあって、逆に使い方がこんがらがる方も多い英単語だと思います。

今回の様にbe enoughやenough moneyのような形は形容詞、good enough、big enoughのように形容詞の後ろにおいて使われるような定番の形、こちらが副詞の形でした。

エチオピアの最高齢記録者の記事ウクライナで救われた命の記事テレビ出演記録での記事カリフォルニアの迷子のアシカ君の記事資産をシェアするの記事でも書いています。

 

rally

日本語で言うラリー。車のレースを意味する言葉としては認識されている方も多いと思います。そして別の意味として、集会や会合、デモとして集まって起こす行動などをrallyと呼んだりもします。世界中で常に何かしらのデモや抗議運動は起こっており、そういった意味では英字記事の社会面ではとても一般的な英単語とも言えそうです。

日本での抗議運動の記事でも書いています。

 

seconds

英会話初級の方が「秒」として認識できないという事はとても多いと思います。hour、minuteまでは覚えていても意外とこの秒が覚えられていないものです。first edition, second editionのように序数として2つ目を意味する言葉としては一般的だと思います。

食べ物泥棒発覚の記事サンディエゴのスタントマンの救出の記事インドの世界最年長ランナーの記事アムリタを求めての記事でも書いています。

 

breathtaking

breathは息、でした。そしてtake、色々な意味がありますが、つかむ、持つ、など目的語によりニュアンスは異なります。今回はこの2つの英単語が合体した言葉で、breathをtakeするという言葉で、日本語でいう「息を呑むような」、「息も出来ないような」、「驚きの」という意味になります。世界中の美しい風景の記事でも書いています。

同じ様な体の器官、機能を使った表現は他にもmindblowingなんて表現もあります。これはmindをblowさせるような、という意味で比較的意味は想像しやすい英単語です。頻繁に日常英会話で使う表現ではないかもしれませんが、知っていると素敵な英単語です。

 

co-driver

この接頭語coは共同の、一緒の、という意味をもつ言葉で同僚を指す、co-worker、副操縦士なんかを指すc0-pilotなどはこの接頭語を使った代表的な英単語です。ロシアのスカイダイビング記録の記事カイロ国際空港のストの記事でも書いています。

 

stunning

breathtakingと同じ様にこちらも驚きを表す表現としてはとても一般的な表現の1つです。stun単体で驚かせる、という意味の動詞にもなりえますが、実際に頻繁に使われる形としてはこの形容詞の形が多いのかなと思います。スポーツの実況などでは頻繁に聞かれそうな英単語です。

東京五輪開催決定の記事世界中の美しい風景の記事神の子の記事ケアンズの勇敢なヘビの記事大きな卵の記事でも書いています。

 

a series of

一連の、という意味の英熟語でした。この表現をみて一番最初に想像できそうなのは海外ドラマですかね。シーズン1,2,3,4・・・・と信じられないくらいに海外のドラマは続いていくので、~シリーズ、なんて言い方もできると思います。

パラグアイの抗議の記事イギリスの外国人学生受け入れの記事ヨルダンの新空港の記事ドバイの新プロジェクトチュニジアの緊張の記事でも書いています。

 

それにしても動画をみているだけでも目を伏せたくなるようなスピードです。

 

 

本日は以上です。

 

 

 

キリバスの難民に学ぶ

こんばんは!

 

本日はFrance24.comからの記事です。

rance24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

キリバスの記事のようですね。

 

 

 

let him stay

英会話では超頻出の使役動詞letです。中学、高校でmakeやletなどの使役動詞を習ったものの、いまいちピンとこない、と思っていらっしゃる方、多いのではないでしょうか。中学英語ではmakeは強制、letは許可、なんていうニュアンスで習ったと思います。

makeは必ずしもマイナスのイメージを連想させる強制的なシチュエーションではなく、そうなるべくして起こる状態、行動なんかを指したりもします。You always make me laughなんていうとなんのマイナスのイメージもないですよね。

 

refugee

難民、です。日本は難民の受け入れなどがまだまだ厳しい現状で、なかなか一般的に聞かれる言葉ではないですが、大陸では常に難民という英単語がニュースに飛び交っています。シリア避難民の記事でも書いています。

 

rising sea levels

後にも出てくる英単語、地球温暖化(global warming)とともに出てきた新しい地球規模の問題、海面上昇、です。温暖化によって沈む島々として取り上げられる島ととして最初に取り上げられるのがツバルですかね。

 

launched

launchは開始、着手、などを意味する英単語で、IT系ビジネスではカタカタ言葉でローンチなんて言われています。なにもそこまでカタカナにしなくても。。と思ってしまいますが笑。英語が大好きな日本人。アッパレ!

ブラジルの主要団体との協議の記事FB創業者の巨額の寄付の記事マンデラ氏の記事でも書いています。

 

if forced to return to

この接続詞ifの後にくるべき主語が省略されていますね。この主語は当然主節の主語がくるべきで、その主語と導く場合は省略できる、というのが基本的な英文の理解です。

そしてreturnは戻る、という意味ですが、ここでは前置詞toが続いているので自動詞だという事が分かります。他動詞として使う場合は、~を返す、という意味でreturn Aという風に目的語をすぐ後ろにおきます。

 

flooding homes

flood単体は洪水を意味する英単語でした。そして動詞としての機能もあり洪水を起こす、水浸しにする、という意味で、水浸しにされたものを主語に置くと当然be floodedになるわけです。

今回の表現はcontaminating~、killing~、に続く3つ目の表現として並んでいます。英語らしくキレイならべ方ですね。英語のキレイなライティングのルールには品詞やスタイルを統一することがあげられます。今回のようにいくつかの表現を列挙するような形では形にもしっかりこだわりたいです。

アイルランド系の祭日の記事南アフリカでワニ逃走の記事モザンビークの豪雨の記事イスラエルの豪雨の記事でも書いています。

 

no longer

もはや~でない、という表現でした。英熟語集では必ず掲載されているものの、なかなか実際に使う感覚がつかめない方も多いと思います。

 

the main cause of

主な原因、という意味ですね。まとまりで覚えておくと英会話の中ではとても便利な表現だと思います。あくまで原因、であって理由(reason)とは少し使い方が異なります。

 

これから100年で本当に沈む島がどんどん出てくるのでしょうか。

 

本日は以上です。