パワーナッピング導入の記事から英語を学ぶ

2021年8月26日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

tired at work

Ditch the caffeine

power

the only ones

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

tired at work

仕事をしている社会人であれば、誰もが感じる事の多いこのフレーズ笑。tiredは疲れている様を表現しますが、飽きたりうんざりする様を表現する事ができます。何かについて、もう本当にこれにはうんざりでヘドが出るよ、というようなニュアンスでI’m sick and tired of itなんて言い方をします。at workは仕事場でという事ですね。今どこ?と言われて、会社だよ、と言うならシンプルにI’m at workでOKですね。仕事場関連の表現はとても日常的な言葉なので、基本的にところは押さえておきたいですね。仕事に行くは、go to work、今日はこのあたりで終わろう、ならLet’s call it a day、帰る準備をして今から家に帰る所、ならI’m heading home for the nightなんて言い方もありますね。

 

Ditch the caffeine

ditchは何かを捨てる様を表現する言葉で、ここではcaffeineが対象になっているので、捨てるというよりは、飲むな、というニュアンスで使われている事が分かると思います。ちなみにcaffeineは日本でもカタカナ言葉でカフェインとしてとても一般的に使われていますが、英語の発音はkæfíːnとなり、後ろはフェインではなくフィーンというような感じの音になります。何でもカタカナ読みで読んでしまうと実際の英語の発音と異なってしまうという事はよくありますね。

ditchは他にも学校をサボるなんて意味にもなりますし、恋人を振る、という意味でも使われます。dumpも同じように恋人を振るという意味で使われたりします。

 

a power nap

日本でもパワーナッピングという言葉は広く知られるようになってきていると思います。これを実際に生活の中に入れて効率的に日々の生活を送っていらっしゃる方も多いですね。powerという言葉がつくのが何だかパワー全開感があっていいですね笑。英語では他にpowerを使う表現としてpower walkingなんてのもあります。速足で歩くエクササイズの事ですが、これもなんだかパワー全開感があっていいですね笑。

 

the only ones

このtheの読みはズィの方の読み方ですね。そしてonesは代名詞oneを複数にしています。oneを1という意味だけで理解している人は、これが複数になる意味が分からないと思いますが、代名詞の使い方もしっかりとおさえておきたいですね。英会話の中ではこのoneはとても多く出てきます。

 

とても興味深い内容ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

3度目のワクチンの記事から英語を学ぶ

2021年8月18日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

booster shots

unveiled

delta variant

effective

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

booster shots

追加免疫効果を発揮する追加のワクチン接種を意味する言葉ですね。デルタ株の広がりによりアメリカでも感染が広がっており、ついに正式にこの話が決まりました。boostは強化、増加する、という意味の言葉で、boost the economyなら経済を後押しする、押し上げる、という意味になります。ですので、Booster shots boost the economyとも言えますね笑。boostが2回出てきて変な感じですが笑。

 

unveiled

日本でもベイルを脱ぐ、というような言い方がされているので、感覚的にこの意味がすぐに分かったという方は多いと思います。接頭辞unがついたveilという言葉と見る事もできます。veilは~を覆う、隠す、という意味になり、unを付ける事でその反対になり、お披露目する、公表する、という事になります。とても似たような言葉で同じ構成のものでは、uncoverがありますね。これも接頭辞unを取ってcoverとすると、~を隠す、覆う、という意味の言葉ですよね。そこにunがつくことで、発見する、暴く、というような意味になります。

 

delta variant

デルタ株は英語ではこのようにdelta variantと書きます。variantという言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれませんが、variationなら日本でもカタカナ言葉で使いますよね。そして、varyという言葉は学生時代に習った記憶のある方は多いと思いますが、変わる、変化する、という意味の動詞でつながりが見えますね。Variants vary by their genetic markersという具合です。

 

effective

効果がある事を意味する言葉がこのeffectiveです。その効果の角度を更に詳しく書く時はhighly effectiveという風にしたり、%を使って、90% effectiveというようにします。例えばコロナワクチンの有効性は100%ではないですよね。なので、Pfizer coronavirus vaccine is 95% effectiveというように表現したりします。このeffectiveは映画やドラマで、即時有効、適用、というような意味合いで使われているのをよく聞く人も多いと思います。effective immediatelyとすれば、何らかの法律やルールが即時発行されたり、あとは退職届を出す人が退職届の提出を持って正式に退職とする旨を書く意味でeffective immediatelyを入れたりもします。

 

日本でも同じ流れになりそうですね。

 

本日は以上です!