プールに飛び込むワニの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ジンバブエの記事のようですね。

 

 

 

 

nearly turned into

turn into~で、~に変わる、という表現です。今日はハロウィーンですから、ちっちゃい子供たちが、カワイイ悪魔やお姫様に変身しているのでしょう。nearは日本の方かな言葉では場所が近い、という意味で使う事が多いと思いますが、英語のnearlyは幅広く今回のように状態を表現する事ができ、株価がnearly 5% downというような状態や、人数や数を使ってNearly 1000 peopleなど使い方は様々です。

 

jumped in

jump inはそのままですが、~に飛び込む、という言い方ですね。私生活で実際にどこかに飛び込むことは水泳選手以外はあまりいないのかなと思いますが(笑)、Jump to conclusionsとすると結論にジャンプする=結論を急いだり、早とちりする事を意味できます。また先ほどの株価ではないですが、Its stock jumped by 50%なんていう風に、価格などの急上昇を指す表現としてもjumpする事はできます。

 

unaware

awareは認識している、という言葉でそこに接頭語unがついていて、状況を分かっていない、という反意語になっています。awareとknowは知っている、分かっている、という意味では似た言葉だと思いますが、awareは気づいている、knowは知っている、という風な言葉で使い分けると少し意味合いが分かりやすいかもしれませんね。彼の事(人として)を知っているのと、彼がいる事に気付いている、というのでは全然違う話ですよね。勿論文脈によってはかなり近い事もあると思います。I wasn’t aware of thatなんかでは、言われるまで全然気づかなかったよ~的なニュアンスですね。あの店にジャスティンビーバーがいたなんて!!!なんて事はそうそうないですが笑。

 

fighting it off

そのままですが、fightしてoffする様、ですね。offはonと反対の言葉ですから、離れる、終わる様などを表現するもので、飛行機の離陸はtake off、何かを切り離すのはcut off、スイッチなどを切るのはturn offですね。日常英会話の熟語の中でoffとくっついた動詞は沢山ありますので、自分が使いそうなものから覚えていきたいです。

 

shallow end

このendは終わりのendではなく、端を意味している事は動画と文脈から明らかだと思います。日本語の方かな英語のendは終わりを意味する使い方が一般的ですが、endはこのように端を意味する言葉としても使えます。end of the counterはカウンターの端、at the far endだと突き当り、一番奥、なんて意味で使う事もできます。また名詞のイメージが強いかもしれないこの言葉は動詞としても使う事ができますね。プレゼンや話の終わりにlet me end with some suggestions about what they can doみたいな風に、with以降について話して終わりにします、的な言い方ができます。何気ない会話の中では、話を遮られた時にlet me finishなんて言い方で、最後まで言わせて、みたいなフレーズもあります。

 

それにしても怖いですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

激戦枠への応募の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

求人の記事のようですね。

 

 

 

 

hottest job

hotは熱い、ですが日本でもホットスポットなんて言葉もあるように何かに対して、イケてる、という意味や人を相手にとてもセクシー、素敵、というニュアンスにも使えます。また自分自身の状態の表現するか意味でも使われます。I’m hotは外が暑いのか、それとも自分の事を言っているのか、それは文脈次第ですね。面白いのは温度のhotに対極にあるcoolも何かに対してイケている様、かっこいい様を表現するもので、この両極端の言葉がどちらも「良い」方向という意味では近いところで使われているのは興味深いですね。

若者言葉ではsickなんかもイケてるという言葉であります。病気のsickじゃないので文脈で理解する事が大切です。sickの病気もイギリス英語では吐き気の状態という意味で使われたりして、昨日飲み過ぎたよ~なんて言ったときに相手からsickだった?と聞かれたとき、「???」となってしまいそうですよね。ニュアンスとして飲み過ぎて吐いちゃった?というニュアンスで相手が言おうとしていても、sick=病気、という風に考えている人からは、別に病気ではなかったけど、、と思うと思います。

 

well-educated people

educationは教育、ですからeducatedは教育を受けた、教養のある、という意味になりますね。そこにwellがついています。教育は子供たちにとってはとても大切なもので、残念ですが十分な教育を受ける事の出来ない地域が沢山ありますね。ニュース記事ではlack of education and ignorance、や、そういう地域を対象に今必要なものとしてbasic education of majorityという記述、また学校という環境がかろうじてあってもSchools lack basic education materialなんてのもよくある話です。そういった地域にあるのはa tiny well-educated eliteのみという事ですね。

 

build a stable life

誰もが望む安定した生活。これは動物の本能ですね。buildするものは日本語でもそうですが、建物を建てるだけでなく、このように安定した生活、人生を”築く”意味でも使われますし、build a good relationshipのように関係を”築く”のもまたbuildで表現できます。

 

one needs to be

このoneは1を意味する言葉ではなく、代名詞のoneですね。代名詞のoneは複数形の場合はonesです。one=1と思っている人はonesに戸惑うかもしれません。同じようにpersonは単数、peopleは複数と思っている人はpersonsやpeoplesという単語を見ると混乱するかもしれません。

代名詞oneは会話の中ではとても便利な表現です。この文脈からわかるように特定の人を指さないで使える言葉としての使い方をおさえておきたいですね。

 

それにしてもスゴい人ですね。。。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

EUの子供を守る法律の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イタリアの記事のようですね。

 

 

 

 

slating

slateは相手を罵ったり、酷評したりする意味でも使われる言葉です。この後の文章ではcriticiseという言葉が代わって使われていますね。具体的なその表現をderogatory termsなんていう風にも触れています。curseという言葉は汚い言葉で悪態をつくというような意味でも使われます。curse wordとかswear wordなんて言葉で聞いた言葉ある方も多いと思います。こういう類の言葉は無数にありますからね。。

 

healthy

ここではrelationshipを形容する言葉として使われています。カタカナ言葉でヘルシーというと健康という言葉と連動して使う事がほとんどだと思います。ヘルシーフード、ドリンクなどはすぐに頭に浮かびます。ただ健康という言葉だけに縛られるわけではなく、健全、という言葉にも広がるのがこの英語のhealthyで、healthy ~ businessで健全な~事業、healthy firmで健全な企業になったり、、healthy salesで好調な業績、healthy sales growthでその伸び、healthy budget健全な予算、など人の体の健康の外に色々な形容の仕方があります。

 

breached the child’s rights

breachは契約などを破る、という意味で使われる動詞です。破るという言葉はセキュリティを破るというニュアンスでも使われsecurity breach、cyber-breachなんて言葉もあります。名詞でそのままで形で不履行という形でも使われます。

 

her ex

ここでは文脈でexが元旦那を指している事は明らかですね。exは妻、夫だけでなく、boyfriend, girlfriendにも勿論使える言葉で、学生ならexは元カレ、元カノという場合が多いと思います。ex-presidentは元大統領、ex-bossは元上司、ですね。

 

back and forth

行ったり来たり、というそのままの表現ですが、物理的にどこかに行ったり来たり、というニュアンスだけでなく、話が堂々巡りしたり、コロコロ変わったり、なんてニュアンスでも使える言葉で、それについてゴメンという時にはそのままsorry for the back and forthと言えます。大人社会では物事が二転三転する事はよくある事だと思いますし、表現として覚えておきたいものです。

 

bird’s nest parenting

おもしろい表現ですね。実際には子供が動かないでいいというのは子供にとってはストレスが少なくなるというのでしょう。自分にとっては1つの家であるわけですし。parentingは名詞で親としての仕事というか親としての実際の行いを指す言葉としても使われます。ちなみにbirdはイギリス英語のスラングでは彼女を指したりもできます。歌の歌詞でもその意味でのbirdという言葉が使われているものもあります。

 

子供にとって一番の形になってもらいたいですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

ハイチ救済の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ハイチの記事のようですね。

 

 

 

 

desperate

困窮した様を表現していることは記事の内容から明らかだと思います。このdesperateは被災地や戦地の人々の大変な様を表現するニュアンスで使われる言葉でもよく見られますが、これは必至な様、切羽詰まっている様、というニュアンスで私たちの普段の生活の中でも使う事ができる言葉です。何かをしたいけど、そんな必死ではない、とかそこまでは切羽詰まっていない、なんてニュアンスでI’m not desperateという事ができます。そういうケースってありますよね。何か友人と話しているときに、こっちはそこまで真剣じゃないのに、相手がじゃあこういう所に相談しにいってみたら、とかこういう会社があるわよ、なんて言われたら、いやいや、そんな本気で困ってないから笑、みたいな状況。

 

from hunger and sickness

とても深刻です。hungryはおなかがすいたという言い方で私たちもよく言いますが、これがhungerになると飢えになります。hungerはなかなか私たちの日常生活ではあまり出ない言葉だと思います。おなかペコペコはstarvingでしたね。これもstarve to deathなんていうと腹が減って死にそうだ、というニュアンスになります。ちなみにhungryやthirstyは異性に対しての欲求というニュアンスでの使い方もあります。勿論大人の英会話として使ってくださいというわけではなく、やっぱり知っていると知らないとでは、実社会でちょっとした誤解が生まれるかどうかにも関わってきます。ヤバい、という言葉が悪い意味から良い意味で使われている日本語と同じでsickを良い意味で使う英語など、言葉のバラエティーをとりあえず知っておくことは実社会を生きる私たちにとって大切です。

 

short visit

そのままですが短期訪問。短期滞在はshort stay。shortは短期~で一般的に使われる言葉ですね。このvisitもshort stayのstayも名詞として使われる言葉です。動詞としての使い方がとても一般的というか、どうして覚えていらっしゃる方がとても多いと思いますが、名詞としての使い方もおさえておきたいです。訪問といえばtrip、travelの違いもおさえておきたいですね。旅行に行くというのは動詞としてtripを使うと思っている方いると思いますが、動詞はtravelを使い、tripは名詞での旅です。またI travel~は必ずしも楽しい旅行だけを意味するわけではなく、ある地点への移動を意味するもので、仕事での長距離の異動もtravelで表現できます。

 

disrupted

阻害、破壊、邪魔をするなどの意味で使われる言葉。似た言葉ではinterruptなんてのがあります。ドラマや映画などで会話に割り込むときのすいません、という所のフレーズで聞いた事がある方もいるのではないでしょうか。interruptとdisruptにてますね。interruptは会議などを少し邪魔してごめんね、というちょっとした中断を与えてしまう状況に対して、disruptはおおげさにいえば、会議を終わらせてしまうような阻害といってもいいかもしれませんね。使う状況によって様々です。

 

一刻も早い救済を願うばかりです。

 

本日は以上です。

 

 

牛泥棒の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

インドの記事のようですね。

 

 

 

 

make off with~

~を盗む、逃げ去る、という意味の表現ですね。動詞makeはtakeやhaveと同じく英会話の中では超重要動詞の1つです。色々な熟語になりますし、同じようなものでも文脈で色々意味も変化します。make upはメイクのメイクアップで日本ではおなじみですが、make up a storyでは話を作る、なんて意味にもなります。話だけでなく、何かをとっさに自分で考えた、という簡単なニュアンスでも使えます。オシャレな名言、とか。make it up~では約束の埋め合わせという意味でも使われます。ドタキャンしてしまった相手に対して、今度埋め合わせさせて~~~なんて状況、大人社会ならあり得ますよね。make outも同じように作り上げる、という表現になりますが、男女の関係に関するフレーズとしてもありますし、これも文脈次第です。数え上げればきりのないmakeをつかった表現ですが、1つづつ、使えそうなものから自分のものにしていきたいですね。

 

unfortunate animal

シンプルで分かりやすいですね。fortunateは幸運な、ですから接頭語unがついて不運な、という意味になりますね。ここでは名詞の前に置かれる形容詞としてのunfortunateですが、勿論シンプルに何かの物事や状況について、It is very unfortunateという形でもよいですね。副詞の形のfortunatelyなんてのは結構会話の中で使えると便利だと思います。運よく~、というのは本当に毎日色々な所で起こり得る事ですしね。

 

cow is missing

かわいそうな牛さんです。失踪していたり行方不明の対象を主語にしてA is missingというのは~が行方不明、というお決まりのフレーズですね。行方不明の人を探しています、という張り紙などを街中にあったりしますが、あのタイトルは英語でMISSINGと書いて写真というのがまずは分かりやすくていいですね。もちろん人や牛だけを対象にするわけではなく物を含めあらゆる行方不明、無くなったものを対象にできます。カードゲームをしていてカードの枚数が足りない事が分かれば、What’s missing?でどのカードがないの?という事になりますし、麻雀でもボードゲームでも、なくなると困るゲームでなくなってしまった経験がある方いらっしゃるのではないでしょうか笑。

 

getaway

get awayが1つの言葉になっていますね。一瞬知らない言葉かな、と思うような英語の言葉もよくみると言葉が複数混ざっていることに気づく、というのはよくある事です。get awayはawayをgetする、という形になりますが、日本語のカタカナ言葉のゲットの感覚は何かを得る、という意味合いが強いと思うので少し違和感を感じる方もいらっしゃると思います。get offなんかもそうですね。

get awayと似たフレーズではstay away、keep offなんかもそうですね。stayやkeepはカタカナ言葉では動かないイメージですが、実際には近づくな、とか離れろ、なんてニュアンスになったりしますし、「動き」がイメージできる状況もあると思います。

 

牛かわいそうです。

 

本日は以上です!