ハリケーンニコラスの脅威の記事から英語を学ぶ

2021年9月15日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

100,000

Hurricane Nicholas

Stay aware of

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

100,000

数字の読み方が苦手な方は意外と多いと思います。こういう大きい数字の時は「,」の位置がポイントになってきます。これは3桁ごとにつけられますが、それは単位がthousand→million→billionという風に上がっていくとも言えますよね。この単位の区切りと考えれば読みやすくなります。ここでは「,」が1つだけなので、「~thousand」になるという事がすぐに分かります。あとは、「,」の前を付け足すだけなのでここでは、a hundred thousandという事になります。ちなみに、125のように100の桁での数字を読む時には、多くの方がa hundred twenty fiveのように言うと思いますが、英語ではa hundred and twenty fiveのようにandを入れて言ったりもします。一般的にはこちらの方が丁寧な言い方という事になります。他にもそのまま数字を読むのではなく、金額の話になれば、1,000の事をgrandで表現したりします。20,000ならtwenty grandという具合です。数字は私たちの私生活でもビジネスでもとても身近な存在です。実際に英会話をするときにも数字は沢山出てくると思いますし、数字を言ったり聞いたりするところで会話がスローにならないよう、しっかりと表現をおさえておきたいですね。

 

Hurricane Nicholas

日本では台風は1号、2号という風に言いますが、海外のニュースではこのように人名がついているという事は多くの方がご存知だと思います。この命名の仕方はアルファベットのAからZの順でつけていくというルールがあり、この記事の中でHurricane Nicholasの前にきたHurricane Idaについて触れていますが、IdaでIなのでNicholasのNよりアルファベットで前にあるという事が分かりますよね。ただし、XやZのような文字は使わないというルールもあります。また、アルファベットが終わると、Alphaのようにギリシャ文字が次に始まるというルールにもなっています。

 

Stay aware of

be aware of~は何かについて認識している様を表現します。stayをつける事で、その状態を維持するという事になります。挨拶表現でStay coolなんて言い方がありますが、これも発想は同じで、直訳すればcoolな状態を維持してね=coolでいてね、という事になります。他にもstay fitなら健康を維持する事になります。

 

心配ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

クラス内での表現方法の記事から英語を学ぶ

2021年9月8日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

pride flag

take it down

hired

welcoming

in a manner that

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

pride flag

LTBTQの活動は日本でも活発になってきているので、pride flagは街で見かけた事がある方も多いと思います。虹柄のフラッグで、色々な色があるのは多様性を意味するものです。prideという言葉は日本でもカタカナ言葉で使われますよね。何かにプライドを持っている、誇りを持っているという言い方としては、I take pride in my workのようにtake pride inという表現があります。似たような熟語としては、I’m proud of~の形を学生時代に覚えた方は多いと思います。

 

take it down

何かを下す意味でtake something downというのはお決まりの形です。downは下を意味する言葉で、動詞にdownを付ける表現は色々とありますよね。write it downなら書き落とすです。似たような形はありますが、downをbackにすると下というよりは戻る様を表現します。例えばtake it backなら何かを戻す事を言い、自分の言ったことを撤回する、取り消すという意味で使われたりもします。

 

hired

採用するという日本語の言葉を最初に聞いた時、その英語をrecruitでイメージする人は多いと思います。日本ではリクルートスーツだったり、リクルートエージェントなど、採用=recruitというイメージが定着しています。recruitもhireもどちらも同じようなニュアンスで使われる事もありますが、You are hired(あたなを採用します)のように、実際に採ると決めるその事をhireで表現するのに対し、recruitは募集中です~というニュアンスで使われるのが一般的です。

なので、仕事が決まった、人を雇った、という時にはThey hired meや、They hired someoneのような感じでよく聞かれます。

 

welcoming

歓迎する様をwelcomingという形で表現できます。ホストファミリーが自分の事を親しく歓迎してくれるなら、friendly and welcomingという感じですね。似たようなものでHospitableという言葉もありますが、welcomingの方が多く聞くと思います。hospitableの名詞はhospitalityで、この名詞の形は日本でもカタカナ言葉として広く使われますよね。

 

in a manner that

mannerはテーブルマナーのような感じで日本でもよく使われる言葉です。日本で認識されているマナーと異なるニュアンスのmannerの使い方としては、礼節の意味合いを必ずしも含まず、シンプルに何かの方法、やり方を意味するものがあります。例えばin a timely mannerとすれば、タイミングよく、適時に、という意味になります。

 

大きな話題になっていますね。

 

本日は以上です!