新しい座席の提案の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

飛行機の記事のようですね。

 

 

 

 

Here’s

英会話ではこのHereという単語はとても多く聞くと思います。Here you goで、はいどうぞ、みたいな言い方は英会話の中で聞いたことがある方も多いと思います。はい、お釣りです、という言い方はではHere’s your changeなんて言い方もありますね。Hereをここ、という意味だけでとらえていると、こういう慣用句で使われるHereはなかなか出てこないものですが、やっぱりこういう表現、分かる、使えるようにしたいですよね。またそもそもの文章の作り方というか発想の違いからくるものとしては、I’m here for my ticket(チケットを取りに来ました)、とかI’m here for Ellie(エリーちゃんいますか~?)みたいな感じで自分がそこにいる理由を伝えるような英語の形はとても多く聞かれます。日本語訳を見れば感じると思いますが、「ここ」という日本語の言葉が訳文には入っていないですよね。直訳すると「チケットを取りにここにきています」みたいな感じですが、普通はそんな長ったらしい訳にはしないですね。このI’m here for~は、日本語と伝え方がそもそも違う、という感じで1つのまとまりとして覚えてしまうのが良いですね。

 

what it might be like to

英会話の中ではこの形はしっかりと使えるようになりたい所ですね。よく使えるパターンとしては、疑問文でWhat is it like to be a Harvard student?のようにして、~ってどんな感じ?というような形ですね。この例文であれば、ハーバードの学生ってどんな気分なの?みたいな感じですね。今までは同じ高校に行っていた同じ釜の飯を食っていた友人がハーバードに行けば、なんだか違う世界に生きている人のように感じるでしょうし(笑)、質問のこんな質問になってもおかしくはないですよね笑。

勿論このto~の後ろは色々な形にできます。to be a~だけでなく例えばWhat is it like to live in Hawaii?みたいな感じでハワイで生活するってどんな感じ?みたいなのでもいいですよね。

 

bicycle-like

~likeというのは~のような、という言い方でとても便利な表現だと思います。ハッキリとそのもの、という事ではないけど~みたいな~、この-likeの形ではなく、シンプルにlike Aのように言う形も英会話ではよく聞くと思います。若い人の会話の中ではlikeが何回出てくるんだっていう位にIt was like A and I was like B.のように全てを「てな感じ」というようにしちゃうのはよくある事です。

 

upright

真っすぐの様を表現する言葉ですね。英語ではup+他の言葉という単語は色々あって高級を意味するupscaleなんかもそうですね。upscale neighborhoodなら高級住宅街です。他には神経質なピリピリした感じをuptightなんて言ったりもできますね。

 

長時間フライトはどうなのでしょうか笑。

 

本日は以上です!