失われた職の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

jobs

仕事を意味する言葉は、jobの他にworkもありますが、可算名詞のjobに対してworkは不可算名詞になります。I have work tomorrowであって、I have a work tomorrowとは言いません。ただ実際には世の中でworksという単語は多く見ると思います。workを仕事という意味で使うのではなく、作品を意味する言葉にすると、これは可算名詞になります。使う意味によって可算名詞、不可算名詞に変わるのは少し紛らわしいですが、そういうもの、として理解するしかないですね。

 

done

doの過去分詞のdoneですが、英会話初心者の時にはそもそも現在完了自体もまだまだおぼつかないので、過去分詞の形を聞いてもすぐに会話の中で使うイメージが湧かない方は多いと思います。I have done somethingというような現在完了の完了形の表現だけでなく、done deal、決まった契約、約束、というような使い方や、I’m doneで、何かやっていた事が終わった事を言う意味でも使えます。また、意味を広くとり、もうお前とは縁を切る、とか、もうキミに用はない、会うつもりはない、みたいな感じでYou are done!なんていう風に言われたりする事もあります。何かが本当に終わってしまう、終わるという状態という意味では全てつながっていますね。

 

deep

deepは深さを意味する言葉ですが、初心者の頃はプールの深さ、水の深さなんて意味で入っていくと思いますが、この深さはどんどん色々な所に展開して使われ、深い悪い状態という意味でdeep recessionなんて言い方もありますし、少し言葉は悪いですが、shitという言葉を使いWe are in deep shitなんて言い方で、最悪の状況、ピンチ、というような意味で使われたりします。このdeepは本当に様々な使い方があります。

 

things

英会話に慣れてくると、このようにある物事や何かを特定しない表現というのはよく聞くようになります。似たようなものではstuffなんてのもありますね。I have some stuff to doと誰かに言えば、やらなきゃいけない事があるといいつつ、具体的にそれが何かについては触れないような言い方になります。Thingsを使った表現だと、Things happen for a reasonなんて言い方で、あらゆる事象は必然である、意味で使われたりする事があります。神様が見ていてくれたとしか思えない、なんて思う状況は長い人生の中では幾度となく起こると思いますが、そういう時に、これは起こるべくして起こったんだ、みたいに考える人もいますね。似たような表現では、Everything is meant to beなんてのもあります。

 

make more money

make moneyはお金を作る=稼ぐ、という意味の言葉ですね。文脈によっては、moneyをつけなくても、Do you know how much he makes? で、「彼どれだけ(給料)もらってるか知ってる?」みたいにできたりもします。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

史上初の大規模な治験の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ワクチンの記事のようですね。

 

 

 

large-scale

scaleはスケールというカタカナ言葉で日本でもおなじみですね。lart-scaleがあるという事は、small-scale、middle-scaleもあるわけです。大規模を意味する言葉としては他にはgrand scaleなんて言葉もあります。grandという言葉は1000ドルを意味する言葉としても使われたりします。two grandなら2000ドルという事ですね。アメリカでは1000ドルの価値のあるものを盗んだりするとfelony、重罪とされるため、1000ドルを超える価値のものかそうでないかは大きな違いです。1000ドルを超える価値のものを盗部場合、grand theftなんて言い方があります。

 

6:45

時間を言う言い方は様々ですが、シンプルなのはsix forty five ですね。これが7時の15分前というような視点での言い方にすると、fifteen to sevenのようになります。あと15分で7時というような読み方をすると意味が分かりやすいですね。海外の方と時間の事についてやり取りする際、24時間制ではなく12時間制での時間表示をされる事が多い事に気付いている方いらっしゃると思います。午後3時を15時と言わずに3pmというという感じですね。24時間制はmilitary timeなんて言われます。

 

safety

安全を意味する言葉ですが、形容詞safeも日本ではお決まりですね。会話の中では、To be safe, let’s meet at 8のようにして、時間に余裕を持って、念のため、みたいな意味で使われたりします。

 

a month apart

そのままですが1か月離れて、話して、という意味の言葉になりますね。このapartは離れた様を表現するもので、年齢差を言う時なら、We are five years apart(私たちは5歳離れています)みたいな言い方が出来ます。年齢差は他にも5-year age differenceやgapなども使えますね。

 

to speed

speedをtoの後ろに置いて不定詞として使っている事が分かります。つまり動詞になっているという事ですね。似たような言葉としては、to accelerateなんてのもありますね。これはアクセルという言葉が日本ではお馴染みですが、その動詞の形と考えれば言葉の意味はイメージしやすいと思います。

 

doses

doseは薬の服用を意味するもので、 drug-doseという風にすると薬物投与という意味になりますね。お薬や医療関係の言葉は自分がいざその立場にならないと意識しない言葉かもしれませんが、大人であればしっかりと覚えておきたいです。

 

effective

効果、有効を意味する言葉ですね。これは薬に限らず、法律や何か決めた事についてeffective immediatelyとすれば、即時発行、有効みたいな意味で使われたりします。

 

どうなるのでしょうかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ワクチン提供の新しい動きの記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

deal

dealは契約や取引を意味する言葉ですね。ビジネスパーソンでなくとも、これはカタカナ言葉でも日本で使われる言葉だと思いますし、想像しやすいと思います。またこれは実際の商取引における事だけでなく、広く物事、という意味で使われる事もあり、私生活でも例えば、お米がないけど大丈夫?なんて言われた時に、別に米が数日ないだけで飢えるわけでもないので、問題ない、なんて言いたい時にIt’s not a big dealのように言う事もできます。done dealとすれば、決まった事、既成事実なんて、意味で使われたりもします。

 

pre-purchase

preはカタカナ言葉でなんとなくその前の的な意味で使われているので想像しやすいですよね。プリスクールのプリはpreだと何となく想像できると思いますし、プレビューはpreのビュー、という風に考えれば分かりやすいですね。前金はpay in advanceなんて言ったりします。同じようにpay up frontなんて言い方でも前金として払うという意味にできます。

 

approval

承認、認可を意味する言葉であることは学生時代に習った記憶のある方は多いと思います。なかなか私生活でapprovalを使う機会はそこまで多くないかもしれませんが、認められる、受け入れられる、許可がでる的なシーンはしばしば出てくる事なので、色々な場面での色々な表現をおさえておきたいです。大学に合格する、入れる事になった、なんていう時はgot accepted to XX Universityみたいにできます。また親の車を使っていいかどうかは親の許可を取る必要があるとき、親の許可をsay-soなんていう風な言い方にする事もできます。You need my say-so firstみたいな感じですね。

 

vaccine

日本ではワクチン、というカタカナ言葉ですが、英語読みでは、væksíːnとなり、始まりはvの音で、ワという音とは大きく異なります。また最後もチではなく、síの音になるので、ここも大きく異なる所です。

 

for free

無料でなんて言い方でfor freeという言い方をする事があります。このforをつけるだけの表現というのは英語では色々あって、FOR SALEなんて立て看板で売り立ち中の物件を意味したりすることもりますし、営利を意味する言葉としてfor-profitなんてなんてのもあります。

 

White House-led

このledはleadされているという風に見て取れば意味は分かりやすいですね。White Houseがleadしているという風に見ると、似たようなものでgovernment-fundedなんて言葉も、政府が資金援助している、という意味で捉えれると思います。

 

cut a $1.2 billion deal

cut  a dealという言い方は、日本人的な感覚では契約が破棄された、破談になったと思いそうですが、これは逆で契約を結べる状態を表現します。

 

色々と動きがありますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

各地で広がる人種差別に対するデモの記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

Whatever it takes

何としても、どんな手段を使ってでも、という意味の表現ですね。何かの目的を達成するためには手段を選ばない、というような表現はしばしば会話の中で使われると思いますし、大人の英語表現の1つとして覚えておきたいですね。疑問文でWhat’s it gonna take?という表現も知っておきたいです。こちらは、相手に対してどうすれば自分の要求、希望に応じてくれるかというのを聞く意味で使われます。takeという動詞は本当に色々な所で使われる超基礎英単語の1つですね。

 

racism

人種差別を意味するこの言葉。Black lives matterの動きで一段とこの言葉は世の中で多く使われるようになってきたと思います。raceという言葉が人種を意味する言葉で、racismが人種差別、そしてracistが人種差別主義者や人種差別的なという意味の言葉になります。

 

social justice

justiceというのは正義、公平を意味する言葉ですね。ここから司法を意味したり、裁判官を意味したりもします。アメリカドラマで弁護士物はとても多いですし、the Justice Department(司法省)という言葉もしばしばく聞くでしょう。正義の判断が下る、なんて意味の表現としては、Justice will be servedみたいな言い方もあります。

 

daylong

そのままですが1日を意味するdayの長さのという事で、一日かけて、一日がかりの、という意味の表現になります。これは勿論期間を広げて、weeklong、monthlong、yearlongという長さにする事もできますね。

 

not immediately clear 

clearという言葉は英会話の中ではとても多く使われる単語です。物事が明確になっている様、明らかになっている様を表現し、Is everything clear now?とすれば、全部OK?問題ない?みたいな感じになりますね。日本でもカタカナ言葉でクリアという言葉はとても広く使われているので、理解は難しくないと思います。カタカナのクリアの使い方だけでは一瞬意味が想像できなさそうなものとしては、clear the airなんてのがあります。空気を綺麗にするというのはそのままですが、誤解、わだかまわりを取り除く、いたいな意味になったりもします。他にはI make myself clearなんて言い方で、(自分が言う事について)誤解の内容に明確に伝える、なんてのもあります。とてもよく使われる英会話表現の1つだと思います。

 

paid sick leave

英会話初心者の方は意外とこの~leaveの形を知らない方はいらっしゃると思います。 これは(有給の)病欠を意味するもので、他には産休を意味するmaternity leaveなどもありますね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

一番のレッドゾーンの記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

フロリダの記事のようですね。

 

 

 

 

flattening

最初は良かったんですけどね、フロリダは。。flatterは色々な意味で使われますが、自分を主語に置くと褒められた事等に対して、光栄です、的な意味でI’m flatteredなんて言い方があります。

 

under control 

全て上手くコントロールできている状態を表現するものですね。似たようなものでは、It’s been taken care of なんて言い方で、対応済み、処理済み、みたいなものがあります。他にはI’m on top of itでうまく対応している、という言い方もありますし、We’ve got it coveredなんてのもまたコントロールできた様を表現できます。逆にコントロールできないのは、そのままですがout of controlという表現がありますね。他にはout of my handなんてのもいいですね。手に負えないという日本語の表現もあるのでイメージしやすいと思います。

 

an emergency order

緊急がemergencyでorderが命令、となれば意味は容易に想像できますよね。これが大統領令などになると executive orderなんて言葉が使われます。

 

reversing

ビジネスサイドにとっては、このreverseはとても残念な事だと思います。 似たような言葉では、 upendという言葉があり、upend the planで、計画をひっくり返すなんていう感じにできるので意味しては似ていますね。コロナにあてはめるとIt will upend plans to reopen schoolsみたいな感じですね。色々な考えがありますし、とてもとてもセンシティブなトピックですよね。

 

unprecedented

前代未聞の、というような意味の言葉で、似たようなものではunheard ofという言い方があります。これはunheard-ofという1つの形容詞としてとらえて、It’s unheard of.のようにする事がdけいます。どちらも接頭語unがついている所がポイントで、precedentedにすると先例のあるという事になり、その反意語がunprecedentedですね。同じようにheardだと聞いた事があるという事なので、その反意語がunheardですね。hear ofというのは聞いた事がある、そのような噂を知っている的な意味で使われる事があり、I heard of itとすれば、その話聞いた事あるよみたいな感じになります。

 

growth

いやなgrowthですね。growを成長というプラスのニュアンスでとらえず、色々なネガティブな”伸び”もあるという事を理解する事が大切です。似たような言葉としては、この記事の中にもありますが、surgeやspikeなんて言葉もあります。

 

red zone

赤色のゾーンといえば、なんとなく日本でもそのままで意味が理解できますね。似たような言葉で、red flagなんていう言葉もあり、こちらは注意喚起の意味合いで使われたりします。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!