イタリアの人種差別記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はThe Independentからの記事です。

The Independentの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イタリアでの記事のようですね。

 

 

 

Italy

イタリアという日本での表現は英語表現ではなく、イタリア語のItaliaをカタカナ日本語にしているんですね。英語ではItalyが世紀の表現です。同じ様にドイツも英語ではGermanyですよね。

ドイツという言葉はオランダ語Duitslandからきているいう風にいわれているそうですが、それについてはよう分かりません。いづれにしてもこれらの国のように日本でいう国名は全てが英語読みで言っているわけではいんですね。

demanded

~を要求する、という意味のdemand。要求の多い人なんかを表現する形容詞としてdemandingなんて言い方もありますね笑。

カイロ国際空港のストの記事プエルトリコの同性結婚の記事フランスのオークションの記事SNSの記事日本での抗議運動の記事でも書いています。

 

racist

人種差別者を指す言葉です。日本では人種差別的な話題は当然社会問題のひとつとしても取り上げられていますが、そこまで日常生活の中に根付いている英単語とはいえないですかね。racistとはrace(人種、民族)からきていますね。

競争を意味するraceと同じスペルですが全く異なる意味を持つ英単語なんですね。ブラジルでの人権問題発言の記事でも書いています。

 

his party

政党はpartyでしたね。日本語的な感覚ではまだまだ楽しい飲み会や誕生日会を連想させますが、英語ではこのような意味にも使われますし、政党でなく団体やグループを指す言葉としても使われます。

behaviour

行為、ふるまいをさす英単語ですね。このスペルですが、uが入っているパターンはイギリス英語ですね。harborがharbourになるように、アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いに注意したいですね。

 

target

これは完全に日本語化された英単語だと思います。日本語では名詞のイメージが強いと思いますが、動詞としても同じスペルで機能します。アクセントはaの上でしたね。音と一緒に覚えておきたいです。

 

since accepting

sinceは文法的な機能でみると前置詞、接続詞、どちらにもなりえるんですね。since 1980という形であれば前置詞ですし、since I was bornという言い方なら後ろにS+Vが続いているので名詞(句)ではないことから接続詞として機能していることが分かりますね。

実際の英会話の中でそんな事を考える必要はないですが、2つの機能があるという事を知っておけば、色々な文章で自分の中で文法的に腑に落ちますよね。

 

three-month-old

おもしろい表現です。この~year oldという表現は人間の年齢を意味する表現として日本では一般的ですが、このように政権樹立から~ヶ月というニュアンスでも使えますし、犬や猫の動物、自分のパソコンやテレビなどもこのような表現ができます。

パソコンが2-year-oldとか言うと少しくすぐったい気がしますかね?笑。

 

stepping down

step downは辞退する、という意味の表現でした。stepという英単語は英文の中では非常に多くみられますよね。step upやstep aside、step forward、step by step、watch your step、日常英会話の中で使える表現もたくさんあります。

バチカンでのスキャンダルの記事ブラジルでの人権問題発言の記事聖職者の結婚の記事でも書いています。

 

人種に優劣はないというのが今の世界の常識ですよね。

 

本日は以上です。

 

 

カンヌで盗まれたダイアモンドに学ぶ

こんばんは!

 

本日はFOX NEWS.comからの記事です。

→FOX NEWS.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

カンヌでの記事のようですね。

 

 

 

worth

価値を意味するこの英単語。英文の中ではworthの後ろにその値する価値の大きさや指標を置くのが基本形です。It’s worth 10yenや、金額でなく、worth going~という風に~する価値がある、みたいな形でもokですね。

スペインでの密輸捜査の記事ハイチの新しい発見の記事アメリカ人の海外思考の記事アイルランドのミュージアムの記事ダイアモンド強盗の記事アフリカ大陸の長者番付の記事コブラ密輸の記事スコッチボトルの記事でも何度も書いています。

 

armed man

なんだこれは?という感じの表現ですが、armedは武装した、という意味の形容詞の意味を持つんですね。軍隊などを指す言葉でarmyという言葉がありますね。史上最大のダイアモンド強盗の記事でも書いています。

 

famous for

~で有名だ、という表現ですね。famous asという表現も日本語にしてしまえば~で有名だという事になってしまいますが、forとasはそれぞれ異なる機能を持ち、forはその特徴などを後に続けるのに対し、asはその立場やポジションなどを続けたりします。

優しい人を形容する際、forの後に続くのは「優しさ」、asの後に続くのは「優しい人」という感じですかね。同じ配置でknown for,

known asという形も英会話では頻繁に使われます。

 

undisturbed

disturbは~を邪魔する、遮るという言葉ですが、ここに接頭語unをつけているのでdisturbされない状態を表現していますね。disturbは仕事中や作業中の人などに邪魔してごめん!という言い方でsorry to disturb you・・・という形が英会話では一般的ですね。

パリでのトップレス抗議の記事罪のないものを傷つけることの記事吹雪くロンドンの記事でも書いています。

 

It all happened

happenは自動詞としての機能しか持たない英単語ですので、What is happenedではなくwhat happenedが通常の形ですね。なのでitを主語にした場合もすぐにhappenで続けるのか基本形です。間にallを入れているのがおもしろいです。このような使われ方は英文ではしばしばみられ、We all are ~みたいな形もできます。

allがなくても意味は伝わりますがallをつけてるとニュアンスが強くなりますね。

 

not to say anything

このnotは動詞に連動していない不思議にnotにみえますが、動詞を否定するnotではなく、不定詞の否定の形なんですね。不定詞の否定はtoの前にnotが基本ルールでしたね。

 

made off

逃走、逃げ去る、という意味の英熟語ですね。make off。よく考えればoffをmakeするという意味でなるほど!とも考えられますね笑。アイルランドのミュージアムの記事でも書いています。

 

necklace

日本語でももう首飾りなんていう人はいないですよね。neckがクビ。そしてlaceは紐を意味する英単語でした。靴紐はshoe lacesでした。カンヌの窃盗団記事の記事神様との約束の記事でも書いています。

 

金のあるとこに、犯罪はつきものですね。金額が多きすぎで被害者の悲しさを想像することもできないです。

 

本日は以上です。

 

 

ペルーの議論に学ぶ

こんばんは!

 

本日はabc newsからの記事です。

→abc newsの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ペルーでの記事のようですね。

 

 

 

exhume

なかなか普段みることのない英単語かもしれませんね笑。ある事実や物事を掘り起こす、という意味の動詞ですね。

 

Peruvian

ペルーの、といったりペルー人を指す言葉ですね。JapanのJapaneseと同じ発想ですね。全てJapaneseのようにまとめてくれればいいのですが、そうはいきません笑。FranceはFrench、ItaliaはItalian、SpainはSpanishのように色々な形に変化していくんですね。

この点では英語よりも日本語の方がシンプルです。

 

accused

accuseは~を非難する、という意味の英単語でした。英熟語集定番のaccuse A of Bという形をしっかりとおさせておきたいです。

絶滅危惧種の不正取引取締りの記事カンボジアのアパレル工場の闘いの記事キューバの刑務所内の記事ベルリンの壁の取り壊しの記事セネガルの火災宗教の記事マラウィの大統領専用機の記事でも何度も書いています。

 

The men

なんか日本語的な発想だとかっこいいですね笑。The menとかいきなり言われると。この冠詞のtheは特定のmenを指す意味で使われている冠詞なので、この冠詞によって、どのmenを指しているのか読者に確実なものにします。普通はわかるだろって話かもしれませんが、それが英語のルールですね。

 

cemeteries

意外と日常英会話で出てくるけど英単語は覚えていなかった、というのか墓地を意味するこのcemeteryだと思います。今回は複数を意味するa dozenが前にあるので複数形で受けていますね。

 

Relatives

英会話学習者なら必ず知っておきたい親族を意味する言葉、relatives。核家族化がすすむ日本ではありますが、それでも正月や何かの催しでは親族が集まるものですし、ちょっとした日常英会話の中で使う事は必ずあるはずです。

このrelativesとあわせてrelationship、relatedなどをみておくと知識がより深くなるはずです。アメリカの102歳の挑戦の記事アメリカの誘拐事件の記事世界最年長記録更新の記事ロシアのタバコ規制の記事でも書いています。

 

officials

officialは公式なという意味でオフィシャルページ、とかオフィシャルグッズ、なんて使われ方で日本でも一般的ですよね。この「公」という言葉がそのままofficialにはあり、公務員や政府、自治体関係者などを指したりすることができます。

 

were buried

buryも意外と基礎英単語なものの、日常英会話として使う事が少ない事から覚えていらっしゃらない方が多い英単語だと思います。ホンジュラスの幻の街の記事インドネシアの土砂崩れの記事でも書いています。

 

photograph

この英単語、写真という意味では皆さんしっかり認識されていると思います。日本語でもフォトショットなんていったりしますもんね。ただ、この文章allow A to doというallowを使った不定詞の定番の形をとっていることに注意です。という事はこのphotographは・・・・動詞なんですね。

日常会話ではtake a photoのように名詞的な感覚が強いと思いますが、動詞としての機能も備えているというところがミソです。

 

すごい話ですね。

 

本日は以上です。

 

 

ドイツの驚きの車の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

→Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ドイツでの記事のようですね。

 

 

 

left speechless

とても難しい文章ですが、英語ではこのように~の状態にleftされた、という形での表現がしばしばみられます。leave自体は色々な意味がありますが、ある状態にする、維持する、という意味もあり、leave me aloneや、leave something behindなどの形は英会話では定番の形です。

今回は主語がleaveされた、という感覚ですね。そしてspeechlessはspeechに接尾語lessをつけた表現にしています。スペインの失業率回復の記事カンボジアで発見された都市の記事パリでのトップレス抗議の記事唯一の息子の記事でも書いています。

 

cruising around

cruisingの原型はcruiseですね。日本語ではクルーザーのように船のイメージが強いかもしれませんが車で街をクルージングするという表現もできるんですね。若い人達の中には街をドライブすることを、クルーズするなんて言ったりする人もいますね。

 

I have ever seen

現在完了の形を用いて、これまでみたなかで、という表現をあわらしています。英会話ではお決まりの表現ですね。これまでみた中で一番、これまでみた中で最高の、みたいな表現は会話の中でも頻繁に使われる形だと思います。先行詞をこの現在完了で修飾するこの定型の形を実際の英会話の中でも使えるようにしたいです。

 

registration plates

ナンバープレートですね。registrationは登録、登記を意味する英単語で、動詞のregisterとあわせて英会話学習者ならしっかりとおさえておきたい英単語です。新しい金鉱の記事スペインの失業率回復の記事ネパール「ゲイ」スポーツイベントの記事でも書いています。

 

Aside from

~に加えて、~の他に、という意味の定番の英熟語です。似たような表現ではBesidesやApart from、In addition to~、など色々な表現があります。それぞれイコールというわけではないので、各表現の例文をみながら色々パターンを覚えていきたいですね。

スポーツで政治を動かす記事でも書いています。

 

ended up chasing

end up ~ingは最終的に~する、結果的に~する、という表現で英熟語集ではおきまりの表現です。また英会話の中でも頻繁に用いられる形としてもおさえておきたいです。

ある経過を辿って、とかある物事、苦労、珍事(笑)の末に、というニュアンスで、必ずしもingではなくシンプルに名詞を置きend up this way(この形に落ち着いた)や、end up in~で~の地に行き着いた、みたいなニュアンスで使われたりもします。

ボリビアの挑戦の記事クールなスポンサーの記事間違ったフライトで海外への記事セネガルの火災の記事でも書いています。

 

make a getaway

おもしろい表現ですね笑。よくよくみるとgetawayはget awayという2つの単語がくっついていることに気付きます。それが1つにまとまり冠詞aをつけ名詞として扱われていますね。1つの熟語として逃げる、逃走する、という表現で覚えておきたいです。

 

Whether or not

~かどうか、という定番の形です。この後ろに続く文章(A is B)に対し、A is Bであるかそうでないか、というニュアンスになるんですね。それ全体が1つの名詞節として主語になっているので、その後に動詞のisが続いているわけです。文のまとまりを理解しなければ全体の意味がつかみにくい文章ですね。

 

彼らの刑事的な部分の判断は警察の判断ですが、車とプールが合体している発想はおもしろすぎると言わずにはいられません笑。

 

本日は以上です。

 

 

スポーツで政治を動かす記事から学ぶ

こんばんは!

 

本日はscotsmanからの記事です。

→scotsmanの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

サッカーの記事のようですね。

 

 

 

eases

やわらげる、緩和する、という意味の動詞ですね。形容詞の形easyは英会話初級の方でもご存知のはずです。品詞の使い分けはTOEICでも頻出の課題ですのでしっかりとおさえておきたいです。神への強い信仰の記事象使いの記事Hamiltonさんのインタビュー記事でも書いています。

 

tension

日本語でいうテンションが低い、高いのテンションとは英語の実際の使い方は違うんですね。緊張感、や張りを表現する単語ですので、ピリピリした空気感がこのtensionであって人のモチベーションの話ではないんですね笑。英会話学習者ならおさえておきたいです。

フランスのフルフェイス規制の衝突の記事チュニジアの緊張の記事日本での抗議運動の記事でも書いています。

 

battle for

battleは日本語的な感覚では「闘い」、「争い」という感じの名詞的な感覚が強いと思いますが、英語では動詞としても使われるんですね。単語は知っていてもスペル(とくにt2つ)が書けない方多いと思います。

put aside

asideは横を意味するsideと似ていますが意味は少し異なり副詞の形でわきに、別に、という意味で使われます。すごく似てるのでややこしいですが使い分けをしっかりとしたいですね。

 

this weekend

英会話の基本的なところですが、曜日や月日の前にはonやinが一般的には置かれますが、thisやlast、nextなどを前に置くとonやinなどの前置詞を置かなくてもよくなるんですね。英会話初級の方のミスではon this weekendとかon next Tuesdayみたいな形がよくみられます。

細かいところですが、意識してみていると確かに!と気付けるはずです。

tournament

トーナメントですね。日本語ではトーナメント戦というと勝ち残りという認識ですが、いわゆるリーグ戦も英語ではgroup tournamentみたいな言い方で表現されるんですね。全国大会なんかは実際は各地でリーグ戦がひらかれてますが、national tournamentなんていわれ方をしますよね。

コンフェデで期待されるビジネスの記事でも書いています。

warm welcome

みるだけで嬉しい気持ちになれますね。welcomeはYou are welcomeの表現で日本の英会話ではお馴染みですがこのように名詞の形でも使われるんですね。歓迎会なんかを日本ではウエルカムパーティーなんて言ったりしますよね。同じ発想です。

 

scored

スコアは日本語の発想では名詞のイメージが強いと思いますが、点をとる、という意味の動詞としても使われるんですね。「点を決めた!」なんて言うとしたときにふと立ち止まって「決めたってなんていうんだろう。。」なんて思った事がある方、絶対にいるはずです。何を隠そう、学生時代の私がその1人です笑。

サッカーの神様ペレの記事でも書いています。

declining

declineは自動詞としての機能としては下落、下降していく様を表現する動詞して使われますが、他動詞としての機能は、依頼、申し出、オファーを断る、という意味で頻繁に使われます。内定を断るのもdecline their offerみたいな感じで言えるんですね。

ロシアのステップの記事観光立国メキシコの記事でも書いています。

 

スポーツが世界平和に必ず大きな力を与えてくれますね。

 

本日は以上です。