チップの取り扱いの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

チップの記事のようですね。

 

Tipping

チップは日本にはない制度なので少しややこしいですね。海外旅行で悩む方も多いと思います。英語読みはtípですから、カタカナ読みのチップ(chip/tʃíp)とは実際は違います。似たような言葉ですが、2つの異なる音なのでしっかりとおさえておきたいですね。tiの発音をchiとしてしまうのは日本人の間違いあるあるだと思います。tの発音では他にも Youtubeを日本ではtの部分をチューブと言いますが、アメリカ英語読みではtúːbとなります。

 

under increased scrutiny

under~は~下にあるという、ある状態を占める表現です。under investigationなら取り調べ中ですし、under controlなら、コントロール下にある=うまくコントロールできている状態、という事になります。

 

left no tip

寂しいですね笑。no tipという事も勿論海外の現場ではありますし、ケチんぼなチップだってあります。反対に気前のいい様はこの記事の後ろにも出てきていますがgenerousという言葉がよく使われます。そのままtipとくっつけてgenerous tipなんて言えますね。手土産なしで、という様はempty-handedなんて言いますが、これもまた寂しい表現ですね笑。

 

kick in

文脈から見れば付け足すというような意味合いがすぐに理解できると思います。逆に差し引くというニュアンスではsubsidizeと単語がここでは使われていますね。minimumsがあってそこに足りなければkick inして、tipを含めて多い場合はminimumsをくだらないようにsubsidizeして、という具合ですね。ちなみにkick outという言い方でどこかから追い出される表現やkickoff meetingのように初めの会議などkickは実際に誰かを蹴り飛ばす意味のkickだけでなく、色々な所で使われています。手数料をkickbackなんて言い方で言ったりもしますね。

 

letter

letterという言葉は今でも頻繁に使われていますが、手紙を紙に書くという文化はもうほとんどなくなってきましたね。ちなみにアメリカではmailboxがイギリスではletterboxになります。同じ英語ですが、表現が異なるのがイギリス英語とアメリカ英語の違いの面白さですね。

 

meet minimums

meet~という表現は、何かの基準や要求を満たす様を表現する言葉です。meet requirementsは要求を満たすという事ですし、ここではminimums、最低賃金の支払い義務を満たす様を表現する事にになります。他にもmeet a deadlineのようにして、締め切りに間に合う、というような表現もありますし、meed demandではニーズを満たすというような具合になります。meetするものも様々ですね。meetというシンプルな単語ですが、意外とのこのような意味での使い方を知らないで意味を誤解する方もいらっしゃいます。シンプルな単語の誤解という意味ではcut a dealなどもそうですね。cutなので交渉が破談する、失敗するのように思う方もいますが、この場合のcut a dealは交渉が成立するという事で、プラスの表現です。cutなのに成立?と思うかもしれませんが、そういうものだとして覚えておきましょう。

 

per-order basis

~basisというのは~ルールというような意味の使い方で、first-come-first-served basisなら先着順という意味です。first comeした人がfirstでserveされる、というそのままと言えばそのままですが、分かりやすい表現ですね。on a monthly basisなら月単位で、という風に月ごとに分けるルールという意味でのbasisです。

 

日本とはまたシステムが違いますね。

 

本日は以上です!