カジノでの大型レイオフの記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

lay off

解雇を意味する言葉ですね。これからもこの言葉を多くの場所で目にする事になると思いますが、とても辛いですね。ここでは解雇する側の目線でlay off somethingという形になっていますが、勿論解雇される側からの目線で言う事も可能でその場合はgot laid offという風になりますね。またこれは名詞の形で使う事も可能で、It resulted in the lay-off of 18,000 workersのような感じです。

 

18,000

数字を英語で言う時に少し悩んでしまう方もいると思います。ただ「,」の場所を見れば読みやすくなりますね。例えばここでは最初の「,」が1000の区切りという事が分かるので、1000が18個という理解でeighteen thousandという風に読めます。ちなみにお金で1000ドルの事を1 grandと言ったりします。ten grandだと10の1000=10000ですね。またKを使って1000の単位を表す事もあり、例えば年収オファーの金額が80Kと書いてあれば、それは80000ドルのオファーという事になります。また野球ではKは三振を意味する言葉ですよね。メジャーリーグの試合結果などを見ると例えば大谷選手のピッチャーとしての今日の結果表示なんかに6.2 IP,  12Kみたいに書いたりしていますが、この12Kは12三振を奪ったという事になります。ちなみにIPは投球したイニング数です。そしてKはまたOKを意味する言葉としてもSNSなどでは使われたりします。kkという風にkが2つある場合もあります。

 

a fourth of

1/4を意味する言葉で、このパターンを覚えておけばa thirdやa fifthという風に序数を後ろにおくだけでいくらでも展開していく事ができますね。ofの後ろでその対象を表しているという意味でofまでのセットで覚えておきたいです。

 

out of work

失業を意味している事は文脈から分かると思いますが、この記事の後ろの方ではout of jobsという形も出てきていますね。違いは可算名詞jobに対して不可算名詞workという事が見て分かります。失業状態はunemployedという言葉もよく見られるので覚えておきたいですね。失業給付という言葉も今は世界中で多くみられますがこのunemployment benefitsという言葉も覚えておきたいです。

 

separation

離れる事を意味する言葉で、職場だけでなく恋人関係でもseparationは使われます。別居や日本でよく言う恋人の「少し距離を置く」みたいな意味でseparateや他にもWe are taking a little break for a whileなんて言い方もします。基本的には関係が終わる寸前の場合が多いと思います。

 

大変な事ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

センシティブな時期の旅行の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

旅行の記事のようですね。

 

 

 

 

Travelers 

こんな時でも旅行でリフレッシュしたい、と感じる人は多いですよね。旅行好きはtravel loverなんていう風に言う事ができますが、~好きというのは色々な形があって例えばbeach goersなら ビーチに行く人を指しますし、museum-goersならそれがミュージアムになるという具合ですね。他にはseekerなんて言葉がありthrill seekerなら刺激を求める人ですし、それが旅先ならtravel thrill-seekerみたいにしてもいいですね。

travelは名詞の感覚でいる方は多いですが、英会話では動詞で使われる事はとても多いです。travel to Europeみたいな感じですね。逆にtripは名詞で、I trip to~で旅を意味するような言い方はあまり聞かないと思います。

 

ahead of

aheadは前を意味するもので、このようにahead of~で、事前にという意味を指す事があります。英会話の中では、Go aheadなんて言い方で、相手に対して「どうぞ」と何かを促したりするような言い方もとても一般的です。You are getting ahead of yourselfなら、早とちりしている、という事ですね。

ちなみに前払いはpay in advanceと言い、in advanceという事前という表現を使う事ができます。

 

turned to

turnするものは色々あり、何かにturnすると考えると、一般的な英会話レッスン等で最初に思い浮かぶのはturn right/leftのように曲がったり、turn on the lightのように何かのスイッチをつけるようなものではないでしょうか。このturnは本当に色々な使い方があり、英会話の中でその使えるバラエティを増やす事は表現のアップに貢献してくれます。例えば、It turn out that~なんて形なら、~という事が明らかになった、みたいな感じで、実は彼がその当本人だったんだよ、みたいな驚きの発見的なニュアンスでよく使えます。

 

updates

そのままですが新しい情報のアップデートみたいな感じで日本でも使いますよね。会話の中ではKeep you updatedみたいな形にすると、逐一何かあれば報告するよ、という意味で使えたりします。

 

Costa Rica

国名って以外と発音が難しかったりしますよね。Los Angels、難しい、、と思った方いると思います。あとは発音が難しくなくてもアクセントの位置が分からったりもしますね。Costa Ricaの場合はRicaの所をリーカという風に読み強く言います。

 

keep the trip secret

keepの使い方は少し迷う方もいるかもしれませんが、keep A BでAをBの状態にするという語順が王道ですね。今回なら旅行をsecretの状態にする、という風に見れば分かりやすいですね。 keep tomorrow  freeなら、明日の予定を空けておく、となりますし、   keep it comingなら、(お酒など)じゃんじゃんついでくれ~!みたいな感じで使われたりもしますね笑。

 

なかなか難しい時期ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

不況下での住宅販売好況の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

home sales

住宅販売はいつの時代もどこの国でも大きな経済指標の1つとして注目されますね。このようにsalesと書くと実際の売れ行きをさしますが、記事の中の社員にあるようにfor saleという表現では、販売中、という意味になります。日本ではセールという言葉が割引セールと意味を同じにして使われるので、このようなfor sale看板を見ると、安くなっているのかな?と思いがちですが、そうではありません。

 

breaking these records

なんとも響きの良い表現ですね。break recordsというのは日本でも感覚的に多くの方が分かる表現だと思います。ワールドレコードみたいな感じで世界記録、とか世界新記録みたいな感じでよく使われていますよね。新しい記録、高みに届くという意味では、そのままですがtopを動詞として使って首位になる、トップになるというような使い方がされたりもします。 He topped the list   と言えばその中で首位になった、1番になった、という事ですね。コロナのこの時期で上の方を意味する表現として感染者数がうなぎのぼりに増えていたところから徐々に伸び率が緩やかになりついに天井に達してそこから横ばいになりだすようなタイミングならhit a plateauなんていう言い方もできます。

 

soared 

上昇を意味する言葉ですが、この記事の中には似たような意味でこのすぐ後に jumped、 surge、spike 、roseなど沢山の言葉が出てきていますね。英会話の上達には新しい表現を覚える事も大切ですが、このような同義語をしっかりと抑えておくこともまた重要です。

 

from the month before

そのままですが前月と比べての比較を表現している事が分かりますね。この数字の比較というのはどんな事でも色々な現状を把握する上ではとても重要な要素で、それだけに色々な形で表現されます。この記事の中でも over the same monthなんて言い方で、比較対象を取り上げる形を表しています。他にはfrom the same month the year beforeなんて言い方でも前年同月比なんていう感じで使われます。

 

left out

取り残される様を表現するのがこのleft outです。ここではA is left out of Bという形でAさんがBから取り残されるという分かりやすい形が見えますね。またそのような現状を伝える形とは別にfeel left outとすれば、取り残されていると感じるというように主観的な意見を言う時に使えます。

 

out of reach

reachが届く範囲と考えれば、手の届かない所という事が想像できますね。自分は対象外というようなニュアンスで言えば、She is out of my leagueなんて言い方で彼女は自分の手の届かない存在=高嶺の花、みたいな表現もありますね。

 

今後はどうなっていくのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

郵便対応についての議論の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

uncounted

接頭語unは否定を意味するもので、countを否定しているものになります。uncountableとすれば、数える事ができない、数えきれない、という意味になります。ableは可能を意味する接尾語ですね。接頭語と接尾語の意味が分かればそこから言葉も意味も想像できますね。

 

impacts

impactという言葉はカタカナ言葉でもよく使われるので、日本人にも馴染みのある言葉だと思います。実際の英文では、インパクトを与える対象をon以降に続ける形で多く見られます。例えばThe virus has very little impact on young peopleみたいな感じですね。この対象となるものに対して前置詞onになる、というのは、英会話初心者の方にとっては違和感を感じる事もあると思いますが、英語のその感覚はしっかりと掴んでおきたいですね。似たようなものでは、他にも例えばThey impose a 50% tariff on imported vehiclesみたいな感じで税を課す対象にonをつけていますね。前置詞を使う感覚は色々なパターンがあるという事を念頭に置いておくと柔軟に英文を読めるようになります。

 

documented

documentという単語はドキュメンタリーという言葉も日本であるようになんとなく記録されたものというような意味は想像できると思います。書類を意味する言葉としてもよく使われ、ビジネス英会話でもこのdocumentは多く出てくると思います。またundocumentedなんて言い方で不要滞在を意味する事もあります。

 

cut overtime

そのままですがovertimeが残業と考えれば残業カットという風に想像できますね。またシンプルにcut hoursなんて形で勤務時間を削減するという言葉にできます。hoursという言葉は時間という仕事には関係ない言葉に思えそうですが、しばしば仕事の話をする時にはhoursだけで勤務時間を指す事ができます。対象者を後ろにつけてcut hours for its workersなんていう風にしてもいいですね。

 

He is scheduled

スケジュールという言葉は日本では名詞的な感覚で使われる事がほとんどだと思うので、このようにis scheduledという形を見ると慣れない方は多いと思います。scheduleは動詞にする事もでき、分かりやすい形だとSchedule meなんて形で自分を予定に入れてもらうような形にできます。They scheduled him for surgery before he agreed to itなんてすれば、本人の許可なしに手術の予定を入れたみたいな感じになりますね。自分から~の予定に入れて、みたいな感じでSchedule me for the session tomorrow!という風にもできます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

新しい副大統領への道の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

What to know

英会話の中ではこのwhat to doやwhere to goのように疑問詞+toの形は非常に多く使われます。これはwhat should I~という風に理解できるもので、what to doならどうすべきか、where to goならどこに行くべきか、というような意味になります。これを会話の文章の中に入れ込むとシンプルな形でとても便利ですね。I don’t know where to go、I don’t know where I should goどちらも長さが大きく変わる事はないですが。

 

Much like

とても似ていたり、~のよう、というような意味でよく使われるのがこのmuchですね。likeは~のよう、という意味ですから、このmuchでその意味を強くしているのかなというのは想像できそうですね。muchは英会話初心者の方にとっては、Thank you very muchがまず最初に頭に思い浮かび、それ以外はと考えると、、、会話の中で他に使い方が見つからない!という方、いると思います。英会話の中ではmuchは非常に多く使われ、ちょっとしたニュアンスを表現するのにとても便利なものです。例えば、I’m not much of a team playerといえば、自分は集団行動はあまり得意じゃないとか、チームプレイは苦手、みたいな意味で使われたりします。これはa team playerに限る必要はなく、not much of a cookなら料理はあんまり、、という事になりますし、a soccer fanにしたり、a fan of Aさん、みたいにして、Aさんのファンではないなんて感じでもいいですね。

 

strong family connections

家族の絆の強さは政治家ではよく聞く話ですね。この記事の中にはその強さをシンプルにvery closeなんて言い方にしているものもありますね。家族の絆はfamily bondingなんて言い方もできます。some family bonding timeなんて言えば家族でつながる時間という感じですし、strong family bondingという風にして強い家族の絆,というニュアンスにする事もできます。家族が一番、なんて言い方として、Family comes firstみたいにも言えます。

 

Her mother,

ここでは「,」で区切ったものを入れてその人がどんな人かを表現していますね。似たような形はいくらでもあり得て、例えば I, a former professional cook, ・・・とすれば、元料理人の私は・・みたいな感じですね。

 

have two daughters

2人の娘がいるというそのままですが、これは英語ではシンプルにa mother of twoなんて言い方もできます。

 

どうなりますかね。

 

本日は以上です!