初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉

Aduleトップ > Aduleの特徴

Aduleでは生徒様が本当に英会話を身につけていただける
「徹底した学習管理体制」を構築しております。

以下、弊社の4つのサービスの特徴とそれにかける弊社の思いをご覧ください。

Aduleでは初級レベルの生徒様には日本人講師でのレッスンスタートを推奨させていただき、一定レベルに到達した段階でネイティブ講師に移行していただく指導スタイルをとらせていただいております。

※日本人講師のレッスンも基本的には英語で行い、補助的に日本語でサポートします。
※ネイティブ講師には移行せず、日本人講師のみで継続する事も可能です。

日本人講師でスタートする2つのメリット
Advantages of starting with a Japanese teacher

日本人講師でスタートする2つのメリット

難しい文法の説明を英語でされるとどうでしょう?
文法のルールを理解する以前に、それを説明している英語が理解できない。気付けば今日のトピックの文法のルールが全く理解できなかった。。
日本人講師ならそんな事はありません。

難しい文法の説明を英語でされるとどうでしょう?
文法のルールを理解する以前に、それを説明している英語が理解できない。気付けば今日のトピックの文法のルールが全く理解できなかった。。
日本人講師ならそんな事はありません。

同じ日本人の視点だからこそ提供できるレッスン

日本人が間違いやすい英語表現は、同じ英語教育、生活環境で育ってきた日本人の講師だからこそ気付き、指摘する事ができます。
例えば、被災地に向けて「頑張って!」はDo your best!ではなく、Hang in there!
この場合、ネイティブ講師と日本人講師で説明は異なります。

「頑張って」の直訳表現が英語にはないという視点を持って指導できる!
ネイティブ講師に移行するメリット
Advantages of starting with a native English teacher

ネイティブ講師に移行するメリット

ネイティブの発想、考え方、微妙な表現をマスターできる
ネイティブの発想、考え方、微妙な表現をマスターできる
ネイティブの発想、考え方、微妙な表現をマスターできる
基本的な会話ができるようになった生徒様にとって必要なのはネイティブの発想、考え方を学んでいくことです。
右の例文をご覧ください。
このように基本的には意味の違いがないものや、人、地域によって言い回しが異なる表現は沢山あります。
TOEIC満点の日本人講師でも説明できないこのような感覚的なところはいくらでもあり、これこそネイティブから学ぶ部分なのです。

基本的な会話ができるようになった生徒様にとって必要なのはネイティブの発想、考え方を学んでいくことです。
次の例文をご覧ください。
このように基本的には意味の違いがないものや、人、地域によって言い回しが異なる表現は沢山あります。
TOEIC満点の日本人講師でも説明できないこのような感覚的なところはいくらでもあり、これこそネイティブから学ぶ部分なのです。

pagetop
Aduleではマンツーマンレッスンにこだわったサービスをご提供しております。
アデュールスタッフが今までお会いした生徒様のお声や、大手英会話スクールでグループレッスンの講師をしていた際に痛感したグループレッスンのデメリットを参考にマンツーマンの必要性をお伝えいたします。
グループレッスンの3つのデメリット
Three disadvantages of group lessons

グループレッスン3つのデメリット

英語上達の重要なポイントの1つに上達の実感があります。予習したこと、復習した事を実際の会話で使い、それが相手に伝わる事で成長を実感し、それがモチベーションにつながりさらなる成長へとつながります。
グループレッスンでは圧倒的にその時間が短くなります。クラス内の他の生徒様との会話(ペアワーク)はありますが、同じ英語レベルのペアとの会話で学べる事は少ないですよね。
会話できている実感が持てない

英語上達の重要なポイントの1つに上達の実感があります。予習したこと、復習した事を実際の会話で使い、それが相手に伝わる事で成長を実感し、それがモチベーションにつながりさらなる成長へとつながります。
グループレッスンでは圧倒的にその時間が短くなります。クラス内の他の生徒様との会話(ペアワーク)はありますが、同じ英語レベルのペアとの会話で学べる事は少ないですよね。

グループレッスンの中で生徒様がわからなくなるところや疑問をもつところは人それぞれであり、レッスンの中で異なる時間帯です。それらを全てカバーしていれば本来のカリキュラムを終わらせる事は不可能です。
また、10分後に次のレッスンが控えているような状況ではレッスン後のフォローでも十分な時間はありません。
細かい修正ができない

グループレッスンの中で生徒様がわからなくなるところや疑問をもつところは人それぞれであり、レッスンの中で異なる時間帯です。それらを全てカバーしていれば本来のカリキュラムを終わらせる事は不可能です。
また、10分後に次のレッスンが控えているような状況ではレッスン後のフォローでも十分な時間はありません。

講師が説明してくれなければ、生徒側からレッスン後に講師をつかまえて質問したり別の講師に聞けばいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、実はそこにも右のような落とし穴があるのです。
特に4つ目がポイントです。英語学習を続けていく中で、体調が悪いときや英語に嫌気が差すときもあります。
常に疑問点は質問する、という鉄の意志を持ちモチベーションを維持する事は大変な事なのです。
自分から質問することが意外と難しい

講師が説明してくれなければ、生徒側からレッスン後に講師をつかまえて質問したり別の講師に聞けばいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、実はそこにも右のような落とし穴があるのです。
特に4つ目がポイントです。英語学習を続けていく中で、体調が悪いときや英語に嫌気が差すときもあります。
常に疑問点は質問する、という鉄の意志を持ちモチベーションを維持する事は大変な事なのです。

このようにAduleでは、生徒様に多く会話していただき、そこから生まれる不明点、疑問点、ご自身で気づかれていない間違いを漏れなくその場で教えて差し上げる事が必要不可欠だと考えております。
そういった十人十色の違いを漏れなくしっかり修正できるマンツーマンレッスンが上達の1番の近道だと考えております。

このようにAduleでは、生徒様に多く会話していただき、そこから生まれる不明点、疑問点、ご自身で気づかれていない間違いを漏れなくその場で教えて差し上げる事が必要不可欠だと考えております。
そういった十人十色の違いを漏れなくしっかり修正できるマンツーマンレッスンが上達の1番の近道だと考えております。

pagetop
皆様、英会話講師に求められるものは何でしょうか?
経験、ティーチングスキル、人格、国籍など様々な基準があると思います。
Aduleで最も重点を置いている講師採用基準は”担当生徒様の英語力向上に100%の情熱を持っているか”です。

特徴1の日本人講師として日本人の間違いやすい点を意識しそれを生徒様から見つけ出す事や、特徴2のマンツーマンで生徒様の不明点、疑問点、ご自身で気づかれていない間違いを常に指摘する姿勢は、講師が担当生徒様の英語力向上に100%の情熱を持っているからこそ常に意識し実現できる事なのです。


アデュールが求める情熱レベルを満たす講師は講師採用面接でもほとんど出会うことができません。

Why a teacher needs to have a passion for teaching

情熱が必要な理由

特徴1の日本人講師として日本人の間違いやすい点を意識しそれを生徒様から見つけ出す事や、特徴2のマンツーマンで生徒様の不明点、疑問点、ご自身で気づかれていない間違いを常に指摘する姿勢は、講師が担当生徒様の英語力向上に100%の情熱を持っているからこそ常に意識し実現できる事なのです。


アデュールが求める情熱レベルを満たす講師は講師採用面接でもほとんど出会うことができません。

楽しいレッスン=情熱がある、ではない
Fun lesson ≠ good lesson

楽しいレッスン=情熱がある、ではない

マンツーマンで英会話を教え続けるという事は実はとても体力、精神力が必要な事で、常に100%の情熱を持ってレッスンに取り組むことはとても大変な事なのです。
反面、楽しいクラスはどうでしょう?愛想笑いがあるように笑顔で楽しい雰囲気を作ることは実は簡単にできます。危険なのは楽しい雰囲気のレッスンだけど、実は講師が生徒のミスを指摘せずとりあえずカリキュラムを終わらせているような場合です。 本当によいレッスンは雰囲気だけでは分かりません。

マンツーマンで英会話を教え続けるという事は実はとても体力、精神力が必要な事で、常に100%の情熱を持ってレッスンに取り組むことはとても大変な事なのです。
反面、楽しいクラスはどうでしょう?愛想笑いがあるように笑顔で楽しい雰囲気を作ることは実は簡単にできます。危険なのは楽しい雰囲気のレッスンだけど、実は講師が生徒のミスを指摘せずとりあえずカリキュラムを終わらせているような場合です。 本当によいレッスンは雰囲気だけでは分かりません。

Aduleの講師採用基準
Recruitment Policies

Aduleの講師採用基準

Aduleが求める情熱のあるハイレベルなレッスンを常に維持できる講師には、いくつかの共通点があります。
Aduleではその共通点を体系化し、講師採用基準にしっかりと反映できる体制をつくりあげる事ができました。このAduleオリジナル採用基準をAduleでは”情熱基準”と呼んでいます。

その基準を完全にクリアした講師陣が現在のAdule講師陣になります。

Aduleが求める情熱のあるハイレベルなレッスンを常に維持できる講師には、いくつかの共通点があります。
Aduleではその共通点を体系化し、講師採用基準にしっかりと反映できる体制をつくりあげる事ができました。このAduleオリジナル採用基準をAduleでは”情熱基準”と呼んでいます。

その基準を完全にクリアした講師陣が現在のAdule講師陣になります。

pagetop
生徒様が日頃レッスンで学ばれた内容をより深く実践的なものにしていただく為のサポート機能が本部の役割になります。レッスンだけの単発的な学習ではなく英語学習を体系的に徹底的に管理する本部の8つのサービスをご紹介いたします。
  • 月1回のスペシャル抗議

    Aduleでは担当講師だけではなく色々なネイティブの生の英語を聞いていただく機会を提供しております。
    その1つとして毎月1回実施しているネイティブ講師による英語の講義に参加していただけます。

    英語学習に必要な多くの生の英語を聞く機会を持てる!

  • 3ヶ月に1度のオフィシャル復習テスト

    3ヶ月間学ばれたレッスン内容を本部と講師で検証し、各生徒様オリジナルの復習テストを実施いたします。ただ毎回レッスンをこなす、では身につきません。

    学習内容を蓄積できる事で体系的な英語力が備わる!

  • 3ヶ月に1度の未来予想図

    生徒様の過去のレベルと現在のレベルを数値化しお見せすることでご自身の成長を実感していただきます。また今後どのようなレッスンでどのように成長していくのか講師、本部で検討させていただき、文章化させていただきます。

    これらのデータをまとめた「未来予想図」を3ヶ月に1度のペースで各生徒様にお届けいたします。

    進むべき道、勉強方法がわかる!

  • 半年に1度の本部すピーキングテストとカウンセリング(初年度)

    半年に1度、弊社専属アドバイザーによるスピーキングテストで、通常ご担当させていただいている講師ではなく、本部として客観的なレベルチェックをさせていただきます。 またコンサルティングも併せて実施させていただき、講師とのレッスンの様子や課題などをご相談させていただきます(対面で実施)。

    ※成長が顕著にみられる初年度のカウンセリングは非常に大切な場です。生徒様の目標と学習状況によっては、より最適な講師を改めてご紹介する場合もございます。

  • 24時間、365日稼働の学習サポートデスク(Eメール対応)

    レッスン全般に関するご相談や、講師に関するご相談、その他ご不明な点がございましたらこちらの学習サポートデスクでご対応させていただきます。24時間以内に必ずご返信いたします。

    講師だけでなくスクール全体でバックアップ!

  • 講師変更手配

    生徒様が何らかの理由で講師変更を希望される際は誠意を持って対応させていただきます。
    ※ご希望のエリアで講師の手配をさせていただきますが、状況によっては講師ご紹介に少々お時間をいただく場合もございます。

    最適な講師でのバックアップを常にサポート!

  • 交流会・イベント

    不定期で色々な生徒様、講師と交流していただける交流会を実施させていただきます。同じ英語学習に取り組まれている他の生徒様や普段担当されていない他の講師とも触れ合う事のできる機会になります。是非ご参加ください。

    同じ夢に向かっている他生徒様との触れ合いや、担当以外の講師との会話により英語学習に常に刺激を与える事ができる!

  • メールマガジン配布

    本部より日々のレッスンにプラスアルファで学習していただけるメルマガをお送りいたします。ご希望のシリーズをお選びいただけます。

    英語にたくさん触れられる、自宅学習の1つとして効果的!

無料体験レッスン受付中!

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076

無料体験レッスン受付中

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

03-6435-0076

アデュール公式ブログへ

pagetop
PAGE TOP ▲