初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉 オンライン
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

ポストコロナの好景気予測の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

boom

日本でもカタカナ言葉で一般的に使われているこのboomという言葉。economic boomという形で好景気を表現する事もあります。言葉を見るだけでも幸せになる言葉ですね笑。こういう動きに似たような言葉としては、流行を意味するtrendという言葉も覚えておきたいですね。また商品等がヒットするという意味でのhitもまた動きという意味では近い言葉になると思います。

 

is headed for

headは頭を意味する言葉ですが、どこかに向かうという意味合いで使われる事もあります。疑問文になるとWhere are you headed?ですね。forをつけてもいいですが省略する事ができます。I’m heading to schoolのような形でも使われます。

 

run well

runは人や動物、電車などが走る事だけを意味するのではなく、何かが進んだり、続いたりする様を表現する事もできます。ここでは2023までrun wellという事ですから、そこまで走り抜ける=続く、というニュアンスが想像できそうです。A is running through April 30thのようにして、そこまで続くという感じにする事もできます。またrunは組織や何かを運営、経営するという意味でも使われますよね。会社を経営しているなら、I’m running a companyという事になります。日本でも一般的に使われているランニングコストですが、この運営、経営、というニュアンスを分かっていれば、運営費という感じで理解できますね。

 

annual letter

annualは毎年の、年1の、という意味の表現ですね。多くの方にとって身近なannualだと年1回の健康診断をannual checkupなんて言ったりできます。ここではletterが出てきていますが、annual reportとすれば、年次報告みたいな感じですね。

 

scenario

何かの筋書き的な意味で多くの日本人の方がすぐに意味は想像できる言葉だと思います。planも似たようなものですね。同じ意味ではないですが、何らかのアクションや動きに続く結果というニュアンスの言葉ではconsequencesという言葉があります。行動は結果を伴う的な意味で、Actions have consequencesという表現がしばしば聞かれますが、行動と結果と一連のシナリオとも言えますよね。

 

euphoria

高揚感を意味する言葉で、好景気時の世の中全体のポジティブな空気感みたいなのを意味する言葉としてよく使われます。また株式などのマーケットでも使われます。同じ言葉ではないですが、momentumは相場の勢いを指す言葉として使われますね。株価が上がれば更に買いたい人が集まり上昇の空気感が出てきますがそういうmomentumですね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

暴動の責任の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

Capitol riot

まだまだ記憶に新しい事件ですね。riot自体は暴動そのものを指しますが、この記事の後ろにも出てきますが、riotersとすれば、その暴動を起こしている人達を指す言葉になります。またここでは  attackersというような言葉も出てきていますし、mobという別の言葉でも表現されています。ちなみにmobの場合は必ずしも暴徒のみを指すわけではなく、単に人の集まりを指す事もあります。flash mobは今は日本でもよく知られたパフォーマンスだと思いますが、ここにもmobが使われていますよね。ちなみにflash mobのflashはカメラのフラッシュのようにぴかっと光る様や何かをちらつかせたり何かがさっと過ぎていくような様を表現する言葉になります。ちらっとおっぱいを見せるのもflashです笑。ニューオーリンズのマルディグラでは女性がこの「flash」をする事でよく知られています。

 

during the

during~は、~の間という意味で、whileも同じ~の間、ですが、違いはduringが前置詞なのに対してwhileが接続詞という事ですね。前置詞なので、duringの後ろには文章が来るのではなく常に名詞が来るという事になります。ちなみにduring the weekとすると週の間、という事になり1週間まるごとを指しそうな気もしますが、一般的にはこれは平日を指す意味で使われる事が多いです。

 

accusing him of

accuse A of BはAをBで訴える、責める、という意味の英熟語ですね。学生時代の英熟語集には必ず掲載されている定番の1つだと思います。ちなみにaccuseは動詞ですが、この名詞がaccusationです。

 

$75,000, each

それぞれ~、みたいに全員に何かが渡されたり配分される時によく使うこの「それぞれ」ですが、英語ではこれをeachで表現する事が多いと思います。語順は日本語の「それぞれに100円」という風な前にくるのに対し、英語では「100yen each」という風に後に来るのが一般的にです。

 

words

wordは単語でsがその複数形ですが、英語ではしばしばwordsで文章や言った事全体を指す事があります。文章になるのであればsentencesでいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、wordsが使われます。日本語でも確かに、彼の「言葉」は人々の胸に刺さる、というように言ったりするので、その感覚で考えれば違和感はないですかね。

 

in his face

そのままと言えばそのままですが、顔に、という事ですね。実際に顔に何かをぶつけたり顔に何かを塗ったり顔に触れる事だけでなく、このfaceを使った言葉は、He lied to my faceのようにすれば、面と向かって嘘をつくというような言い方になったりもします。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ビリオネアによる気候変動への対応の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

climate change

気候変動を意味する言葉で、日本でももう英語でもおなじみの表現になってきていると思います。climateは気候ですが、私たちが日々の生活で使う天候については、weatherが一般的だと思います。お天気ニュース=Weather Newsというぐらいにこちらも一般化している言葉だと思います。weatherについての英語としては、I’ll do ~ if the weather permitsなんて言い方で、お天気が良ければ、みたいな言い方もありますし、weather単体は文脈によっては悪天候を意味する感じとして例えばThe weather will let up soonみたいにもできます。

地球温暖化による気候変動は問題になっていますが、地球温暖化にともなう関連の言葉も一緒に英語で覚えておきたいですね。global warmingは地球温暖化でよく知られていると思います。この記事の中には温暖化している地球というニュアンスでwarming planetなんて言葉もありますね。海面上昇も温暖化に関係している問題ですが、海面上昇についてはGlobal sea levels are risingみたいな言い方でよく取り上げられます。

 

optimist

ポジティブな人はoptimistですね。形容詞はoptimisticです。ポジティブな様を表現するものとしては、シンプルにそのままpositiveという英単語もありますし、can-do attitudeとすれば、積極的な姿勢ややればできるというマインドセットを表現したりします。can-doという所で、イメージはつけやすいですね。またこの記事の後ろにも出てきていますが、doableなんて言葉もありますね。実現可能なという事で、doに接尾語のableがついています。ableは、~可能な、というニュアンスを付け足すものですね。

 

within reach

reachは届く、ですから、within reachなら届く範囲、という事でイメージはすぐにできますね。reachという単語は形容詞でreachableなんて言葉もありますので、これも覚えておきたいです。ちなみにreachできない所なら、out of reachなんていう風にもできます。手の届かない高嶺の花、的な意味では、She’s out of my leagueなんて言い方もあります。

 

far less expensive

この場合のfarは物理的な距離を指すfarではなく、程度の大きさを意味する言葉として使われるfarです。ここではless expensiveになっていますが、勿論逆にとんでもなく高い、という風にfar more expensiveという風にしても良いですし、勿論程度の大きさはを表現できるのはfarだけではないので、a lot more expensiveなどもでもありですね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

全国へのワクチン供給の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

guidance

日本でもそのままガイドラインという言葉が使われているので、これは違和感はないですよね。記事の中には同じニュアンスでroadmapという言葉も出てきています。こちらも同じく日本でもカタカナ言葉でそのまま使われていますね。同じようなニュアンスでシンプルにplanという事もできます。

 

emphasizes

強調するという意味の言葉ですね。学生時代に習った記憶のある方も多いと思います。こちらは動詞ですが、名詞はemphasisとなります。英語学習者にとってこの言葉は発音で強く読む箇所(アクセント)を意味する言葉として聞く事もあると思います。ちなみにイギリス英語ではemphasiseと最後がsになり、emphasizeとzのものはアメリカ英語です。このsとzの違いはorganize/organiseなど、他の英単語でも見られるアメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いですね。

 

social distancing

日本ではカタカナ言葉でソーシャルディスタンスと言いますが、英語ではsocial distancingという風にingの形にするのが一般的です。なんだか違和感があるかもしれませんが、カタカナ言葉の方ももともと英語から来ているものなので、正しい英語の方もしっかりと理解しておきたいですね。

蛇足になりますが、日本では沢山の英語由来のカタカナ言葉がありますが、その全てがもとの英語の意味通りに使われているわけではなく、日本独特の使い方になっているものも沢山あります。例えばテンションが高い、なんていうtensionですが、英語では日本で使うこのようなニュアンスではなく、(人と人の間の)緊張関係や、糸や紐などがピンと張った感じ、張り詰めた感じを表現したりします。他にもmansionは日本では一般的な集合住宅を意味する言葉としてお決まりですが、英語ではこれは集合住宅ではなく、大きなお屋敷、豪邸を意味する言葉で使われます。ディズニーランドのお化け屋敷、ホーンテッドマンションは、集合住宅な感じではなく、大豪邸のようなイメージですよね。

 

have access

このhave accessは~を手に入れる事ができる、対応している、利用できる、という意味の表現ですね。この記事の中ではワクチン接種に対して使われていますが、必ずしも目に見えるものである必要はなく、have access to the internet(ネットが使える環境)というような形でもありですし、have access to health coverage(保険)などでも良いですね。

 

his first 100 days

英語では何かについての~日目という時によくこのようにone’s first ~10daysみたいな使われ方をします。またこの後にありますがDay ~、という形でシンプルに~日目、という言い方もしますね。日本語では数字が前に来ますが、英語ではDay 3のように数字が後ろに来ています。

 

どうなっていくのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

投資での利益の扱いの記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

投資の記事のようですね。

 

 

 

 

made money

make moneyとはなんとも夢のある言葉ですね笑。makeは日本では作るという言葉で訳される事が多いので、そのままお金を作るという方が日本人にはしっくりくるかもしれませんが、現実的な表現にすればお金を稼ぐ、だと思います。このお金を稼ぐニュアンスをmakeを使って表現するのは面白いですね。誰かに収入を聞く時にもHow much do you make?なんていう風に言えます。もしかすると相手からはIt’s not your businessなんて言われるかもしれないですね笑。

 

short squeeze

聞きなれない言葉かもしれませんが、これは投資の世界の言葉で、GameStop株暴騰の時に表現を知った人も多いと思います。売りを想定している機関がある状況(空売り)でその銘柄に買い圧力をかけ、売り想定している人達に損失が発生するような動きを言うものです。GameStop株の時はこの売りを想定していたヘッジファンドなどに対して一般人が挑戦をしかけたなんていうストーリーで大きく話題になりました。その後はsilversqueezeなんていう言葉も出て実際に銀の価格も上がりましたね。shortは売りを意味する言葉でsqueezeは絞る、絞り上げる状態等を意味するので、ここからshort squeezeのニュアンスがイメージできると思います。squeezeは予定をどこかに詰め込むみたいなニュアンスでも使われ、squeeze A into your scheduleとすれば、Aをあたなの予定に詰め込むという感じですね。

 

What to do

疑問詞を使って疑問詞+to+動詞の原形にすると、~すべきか、という感じの表現になります。Where to goならどこに行くべきか、という感じですね。

 

capital gains

投資をしていない方にとってはあまりイメージが湧かない言葉かもしれませんが、投資の世界ではcapital gainとincome gainという言葉があり、前者は持っている資産そのものの価値があがる事を意味します。1株100ドルの株の価格が120ドルにあがったなんて状況ですね。経営者が会社を上場させた時に莫大な富を手にするという時にキャピタルゲインという言葉が出てきたりもしますが、これもそのままで持っている株が上場する事で高値がつくわけです。それに対してincome gainというのは持っている資産そのものが上がるのではなく、例えば配当が入ってくる、みたいなものですね。

 

pocket that cash

面白い表現ですね。これpocketが動詞として使われています。日本では名詞の感覚でしか使われないと思うので、英語学習者としては覚えておきたい使い方です。ちなみにスリをするという動詞ではpickpocketなんていう言葉があります。pickとpocketが合体していますね。

 

この1年で大きく投資で儲けた人は多いと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
Aduleトップ > 世界の話題
pagetop
Aduleトップ > 世界の話題