初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉 オンライン
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

紫色の意味の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

wearing

wearは着るという意味で日本でも一般的に知られている言葉ですよね。動詞wearと似たものでput onという表現も着るという意味になります。この違いは、wearは来ている状態を一般的に表現するのに対し、put onは着ていない状態から着ている状態への移行に焦点が当てられているのが一般的です。例えば、Put your pants on!だと、ズボンを履きなさい!というニュアンスになりますね。それに対し、She wears a mask in publicだと、彼女は外ではマスクをつけている、というニュアンスで、それは外でマスクを取り出してマスクをつけるという動作の事を言っているのではなく、外ではマスクをつけた状態を維持しているというニュアンスを伝えています。

 

standout

面白い言葉ですね。よく見るとstandとoutがくっついているのが分かります。この言葉はくっついて1つの言葉になっていますが、実は同じような意味合いでstand outという風に2つの言葉に分けて表現する形もあり、これは目立ったり注目を集める様を表現するもので、She did it to stand outなら、彼女は目立つためにそれをやった、という感じですね。英語ではこのように2つの言葉がくっついて1つの言葉になっているものが他にも沢山ありますね。そのような言葉に遭遇した時には、バラバラにした場合の使い方もあわせて確認しておくと、自分の英会話の表現の幅が広がると思います。

 

died of

~で死ぬ、という意味の英熟語で学生時代にdie ofで覚えた方は多いと思います。死ぬという言葉はとても悲しい言葉ですが、誰にも、どんな生き物にも永遠がないという事を考えれば、私達とは切っても切れない関係にある重要な英単語ですね。die outという風にoutをつけると何かの種が絶滅する事を指したりします。ちなみにこのdie,deadは生き物だけに使われるわけではなく、例えばMy phone is deadなんて言い方で、携帯の充電がなくなった様を表現したりできます。また、実際に死んでいるわけではないものの、Someone is dead meatなんて言い方で、その人はもう終わり、厳しい罰を受ける、やられる、みたいな感じで使われたりもします。

 

did wear

英会話の中でもしばしば聞かれるこのdid+一般動詞の原形、do+一般動詞の原形という形。これは協調を意味する表現として、学生時代に習いましたよね。こんなの本当に使うの?と思っている方もいたと思いますが、英会話の中では勿論しばしば使われます。強調という意味では、このdidやdoの所とDID,DOのように大文字にしている場合もあります。

 

is about

英語らしい表現だと思いますが、A is about Bという言い方で、AとはBというものだ、Aとは要するにBなのだ、みたいな感じでよく使われます。Life is about enjoyingなら、楽しんでこそ人生だ、みたいな感じですね。

 

これからのアメリカはどうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

異例の政権移行の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

Is there still time

timeは不可算名詞なので、ここではそのまま置かれていますね。timeは常に不可算名詞なのかというと、使い方によっては冠詞aをつけることもあります。例えば、I had a great time(楽しい時間を過ごした)のようなものですね。greatをつけ限定されたtimeにする事で、1つのtimeという風に区切っています。似たようなものではI had a big lunchというのもそうですね。通常はI had lunchのようにlunchは不可算名詞で扱うものですが、これもbigという限定されたlunchにさせる事で、1つのランチという風にしています。

 

It’s looking

lookingという言葉は英会話の中で、意外と沢山聞く言葉だと思います。文脈や前後に何を置くかで色々な使われ方になりますが、まず多くの方が学生時代に覚えたlooking forward to~、で楽しみにしている、というのはお決まりですね。英会話でもよく聞かれる表現です。look forは探すという熟語で、これもよく使われますよね。文脈によっては、forを抜いてシンプルにI’m not lookingなんて言い方で使われる事もあります。例えば、彼氏と別れたての女性が次の恋について話すような時には、「今はまだ特定の人を作ろうとは思っていない」みたいな感じですね。また、looking to~は、何かの予定を表現する形としても使われ、引っ越しや転職などの大きめのプランで表現される事が多いです。例えば、I’m not looking to change my jobだと、転職しようとは思っていない、という事ですね。

 

transfer-of-power

本当にもう来週になりましたね。去年の年末あたりから、この「政権移行」の表現はメディアでも多く取り上げられるようになってきています。ここではtransferという単語が使われていますが、transitionという単語も同じく使われ、transition of powerのような形もあります。transition plansや、この政権移行が心配されている事もあり、seamless transition、peaceful transitionなんて言葉も多くみられます。

 

 She’s lost

loseはなくすという意味の言葉で、これは超基礎英単語ですね。英会話の中でもすぐに使える方は多いと思います。このloseはYou lost meなんて言い方にすれば、あたなは私を失った、となりますが、会話の中で相手の言っている事が分からない時に、ちょっと話が分からなくなったみたいなニュアンスの言葉としても使われます。

 

 then-10-year-old son

このthenはその時、当時の、というニュアンスの表現になります。対象はどんな人にも使え、then presidentなら、その当時の大統領、という事ですね。文章の最後において、その時、という使い方をするだけしかthenの表現を知らなかったという方は意外と思います。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

就任式に備えた周辺エリアの対応の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

booked reservations

ホテルやお店の予約は日本でもブッキングというカタカナ言葉が定着しているので、これについては違和感はない方も多いと思います。動詞としては、makeを使ってmake a reservationという言葉もあります。予約がいっぱいになっているお店や人を主語にするならば、We are fully bookedなんて言い方ができます。ちなみにホテル等では空室、空きなどをvacant, vacancyという言葉で表現されたりもします。

 

spokesman

広報担当を意味する言葉がこのspokesmanですね。ちなみに現代は性差をつけないという意味の言葉としてgender-neutralがとてもよく使われ、この考え方のものに、広報担当者もspokespersonなんて言い方がされたりもします。もっとも男性と分かる場合はspokesmanが使われても勿論違和感はないと思います。日本でも看護婦が看護師というように変わってきていますよね。

 

in response to

何らかの状況や物事に対応して、反応して、というのがこの表現です。responseについては、日本でもカタカナ言葉でレスポンスという言葉が普通に使われるようになってきていますよね。日本は本当に英語をカタカナ言葉にしてすぐに日本語化してしまう文化で、これはそうではない国とは大違いです。

例えば中国では確かスターバックスは星巴克と書くはずです。スターを星という意味と理解し、そのまま中国語の星という言葉を中国語発音で読んでいます。スターバックスという音は完全に消えていますよね。日本語を勉強する外国人の人からすると、日本での日常会話では実に半分近くの言葉が日本語ではなく英語の音をベースにしたカタカナ言葉になっていると感じる人もいますし、日本語を勉強していても、それって英語だよね?という言葉がかなり多く出てきて、困惑する方もいます。日本は柔軟と言えば柔軟なのかもしれませんが、カタカナ言葉が多く出来る事のデメリットとして、正しい英語の発音で覚えられない事があります。カタカナ言葉は日本語の音にしているので、英語の音に近い言葉になっていても、実際はかなり違う事はよくあります。

 

travel to

動詞travelに対し、tripは名詞です。この違いを理解していれば会話の中でも使い分けが上手くできますね。ただtripは動詞になる事も実はあるのですが、こちらは旅の事ではなく、躓く様を表現するものとして多く使われます。 tripped and fellだと旅行してこけたのではなく、躓いてこけた、という事になります。tripとfallの違いはtripは躓く様なので、その後バランスを崩してこけるまでいかず、持ちこたえる事も考えられます。一方、fallは完全に地面にこけてしまう様を表現します。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

2020年の失業数の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

payroll

payという言葉が入っているので給料を意味するものと考えそうですが、この言葉は社員数を意味する言葉としても使われます。payが前にくっつく言葉としては他にpayoutというものもあります。これは何らかの支払いを意味するものですが、保険金や補償金、配当など、給与以外の何らかの支払いとして使われる事はとても多いです。paycheckは給与を指します。

 

kicks off

日本でも外資系企業にお勤めの方などであれば、年始のキックオフミーティング等の言葉でこの意味が何となく想像できる方も多いのではないかと思います。サッカーのキックオフだけではないのがこの言葉で、ビジネスシーンでも使われます。

 

pave the way for

これは英熟語の一つとして学生時代に覚えた方は多いのではないかと思います。ただ、こういう類の熟語は、意外と実際の会話の中では使った事がない、使い方が分からない、という方は多いのではないしょうか。意味としては道を作る、下地をつくる、みたいな感じですが、そもそも英会話初心者の方の方がこういうニュアンスを会話の中で使う事は稀だからだと思います。このニュアンスで表現できれば良いのですが、多くの方がもう少し簡易な言い方で表現するはずです。例えばHe helped meのようにhelpを使ったり、He did it firstのように先にやってくれた、みたいに具体的な動作で表現して意図を伝えたり、という具合です。ただ、英会話も中上級になってくると、より的確な表現で伝えられるようになり、そのレベルになってきて初めてこのような表現を意識するようになるものです。そうするとテレビのニュースやインタビューなどでこの表現が使われている事にも意識が向くようになります。

 

brighter days

誰もが求めているのがこのbrighter daysだと思います。英会話の中ではシンプルにfor the betterなんて言い方で良い方向を指す事もありますし、for the bestというのもポジティブな方向を指すという意味では近い表現かと思います。

 

positions

日本でもマーケターのポジション、みたいな感じでそのままカタカナ言葉として使われているので、これについては違和感なく理解できますよね。英会話の中では、人の見解を指す意味でも使われ、What’s your position on euthanasia?とすれば、安楽死についてあなたはどう考えますか?みたいな感じになります。同じようなニュアンスでは、What’s your takeのようにtakeでも表現される事もあります。

 

offset

相殺や補正を意味する言葉として使われるこの言葉。感覚的に意味は分かる方は多いと思います。似たようなものではpay offなんてのもあります。これは何らかの努力や前準備が功を奏す、結果につながるというニュアンスで使われ、All that work finally paid offとすれば、あの作業をしたことがついに報われたみたいな感じですね。

 

これからどうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ワンちゃん達のフットボールの記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

hit the field

hitは叩いたり、殴ったり、打ったりする意味で使われる動詞ですが、ここではフィールドを叩いている話では恐らくないですよね。何かをするときにこのhitは代わりに動詞として使われる事はとても多く、hit the showerでシャワーを浴びると言えますし、hit the roadで出発する様を表現したりもできます。hit the movieなら映画に行くですし、hit the beachならビーチに行く事になります。どれも何かを叩いているわけではありません。

 

pint-sized

このハイフンをつけてsizedとする事で、~サイズの、という意味になります。ここではpintが使われていますが、分かりやすい言葉を使うならmid-sized cityで中型都市という感じですかね。medium-sized businessなら中規模事業、ビジネスという感じです。このサイズ感を指す前の単語は実際には何でもよくて、手のひらサイズと言いたいならそのままpalm-sizedとする事ができます。

 

playful

playという動詞はよく使えても、この形容詞playfulはあまり意味が分からないという方は意外といらっしゃると思います。少しふざけた、冗談めいた振る舞い等を指したり、やんちゃなちびっこに向けて使われたりもします。playという単語は英会話の中では超基礎単語ですが、実際に使われる意味の幅はとても広く、playerはしばしば遊び人、チャラ男を意味したりもします。

 

pull off

(難しい事を)やってのける、成功させる、というような意味で使われるこの表現。このニュアンスを知っていれば、実際の英会話の中でも自分の言いたいニュアンスをより具体的に使える武器になると思います。よくそんな事できたね、とか、あの人を説得できたの?とか、あんな大きな契約どうやってまとめたの?とか、私たちの生活の中では日々色々な驚きがあると思います。こういったニュアンスをpull offで表現できるとよいですね。疑問文にするならHow did you pull that off?みたいな感じです。このpullは似たようなものでは他にはpull a stringという言い方があり、これは裏で糸を引くみたいな言い方になります。

 

hockey arena

arenaはカタカナ言葉でアリーナという言葉が日本でも一般的に使われますよね。ただ、どういう場所に対して使われるのかはいまいち定義が定かでないと思いますが、スポーツ大国アメリカでは沢山色々な場所で使われます。hockeyのarenaだけでなく、NBAのバスケットボール場もarenaと呼ばれます。野球場は一般的にはstadiumと呼ばれますね。

 

driving distance

そのままですが、運転で行ける距離という事になります。これはこの形を転用して、walking distanceとすれば、歩いて行ける距離という事になります。flying distanceなら飛行機で行ける距離、、、と思いそうですが、実際に飛行機があればどこでもいけるわけですから、そういう使い方を聞く事はまずないと思います笑。

 

かわいいですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
Aduleトップ > 世界の話題
pagetop
Aduleトップ > 世界の話題