初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

ガンの発生率の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ガンの記事のようですね。

 

 

 

 

 next two decades 

そのままですが次の二十年という理解ですね。この次の、というニュアンスはnext以外には、another~という形も見られます。これは今の状態にプラス~というニュアンスで使われる事が多く、My presentation is not for another weekといえば、今の状態から更にプラス1週間というニュアンスを付けられます。現職の大統領が次の4年も狙っているなら、その大統領の意志はhis desire to serve another four yearsとなります。

 

increase

increaseは動詞でも名詞でも同じ形で使う事ができます。ただし発音が異なり、動詞のinkríːsに対して、名詞のínkriːsですね。decreaseも同じく名詞、動詞いずれも同じスペルで使う事ができます。落ちるという言葉つながりで言えば、dropも同じく名詞、動詞どちらにもなりますね。

 

One in six

母数に対する比率を表現するのは日常英会話でもビジネス英会話でもよくある事だと思います。one out of sixみたいな形もありますね。

 

poorer 

poorの状態が比較級になっていますね。poorという言葉は、資本主義経済においては、切っても切れない言葉だと思います。poorな人達という意味でthe poorなんて言い方もできます。反対にお金持ちの人達という意味でthe richなんて言い方もできます。形容詞にtheを付ける事でそれを名詞化した集合体として表現させています。

 

inequality

inequalityはどこの社会でも社会テーマの1つになっているのではないでしょうか。最たるものはgender inequalityではないでしょうか。他にはincome inequalityも大きなトピックだと思います。ちなみに接頭語inを抜いてequalityとすると平等の状態を指します。さらにこの名詞equalityの動詞はequalです。日本でもカタカナ言葉としてイコールという言葉がありますが、発音記号を見ているとíːkwəlとなっており、アクセントが前にあります。これはカタカナ言葉の読み方とは少し違うので気を付けたいですね。

 

a major driver

driverというと車のドライバーを連想させますが、driveする主体は英語の場合必ずしも人である必要はありません。何かをどこかに動かす、変化させる原動力となる主体であれば全てdriveが使えます。This passion drove him to do somethingのように気持ちや自分の思いがdriverになる事もありますよね。

 

be the case

the caseというのは会話の中では意外と多く聞かれると思います。例えば誰かと話をしていて、何かの状況について、もし本当にそのような状況になるなら、そのような状況なんであれば、みたいなニュアンスを、If that’s the case,~みたいな言い方をします。

 

ガンは怖いですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

スポーツ教育の影響の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

スポーツの記事のようですね。

 

 

 

so toxic

toxicは有害のものや、中毒性のあるものを指します。ブリトニースピアーズの歌のtoxicは人を表す言葉として使われていますね。有害といいつつもハマるわけですから、ある意味誉め言葉ともなり得るのがこの言葉と言えるかもしれませんね。同じように、fireも、超イケメンやイケてる事を表現したりできます。toxicにfire、どっちも強い言葉ですね。。またイケメンというわけではないですが、とてもイケているものをsickで表現したりもできます。超カッコいい友達の車はYour car is sick!と言えちゃうわけです。sickを病気のようなネガティブな意味でとらえると聞いている方は「??」となっちゃいますよね。

 

plenty of

沢山の様を表現する言葉としてこのplenty ofというのは英語では多く使われます。a lotやmanyも勿論多く使われますが、他にもa bunch ofなんてのもあります。

 

lessons

lessonはカタカナ言葉としても日本では一般的に使われているので、すぐに意味は理解できると思います。英語ではこのlessonを使ってlearn my lessonなどの言い方で、(痛い思いをして)経験から学んだ、みたいな使い方があります。一見、learn my lessonと見ると、自分のレッスンを習う?なんていう風に思ってしまいそうなこの表現。意味を理解して使い方をおさえれば、会話の中ではとても便利な表現になります。誰だって色々な失敗をしてそこから学びますし、そういう話を友人や家族との会話の中でもよくすると思うので、覚えておきたい表現です。

 

ones

代名詞oneは複数形だとonesとなります。oneを数字の1という意識で覚えてしまうと、onesと複数になる事にとても違和感を感じると思います。代名詞としてのoneの使い方もしっかりとおさえておきたいです。

 

machismo

あまり見慣れない言葉だと思いますが、同じような意味でmachoは日本でもマッチョという言葉で使われているのでお馴染みですよね。日本では筋肉もりもりの人を指す言葉として一般的に使われていますが、英語のmachoは必ずしも筋肉もりもりだけを指す意味ではなく、喧嘩っ早い感じや、態度や振る舞いが強引だったり強気すぎる感じを指したりもします。男気が行き過ぎた感じ、とも言えると思います。そんな人にはDon’t be a macho manと言ってあげましょう。

 

Winning is

~ing is XXXという表現は、何かの概念や考え方、コンセプト、思い等を表現するのには便利ですね。これを反対にして使う場合も多く、Life is about being happy/enjoying/learningみたいな感じのフレーズは多く見られます。

 

high-fived

ハイファイブというカタカナ言葉でも今は一般的に本でも認知されていますかね?日本ではハイタッチという言い方をする事が多いと思いますが、英語ではこれをhigh-fiveと言います。それを動詞化したのがこのパターンですね。よく頑張った人等にナイス!的な意味でハイタッチを求める事はあると思いますが、英語ではその掛け声としてGive me five!と言って手を差し出したりします。

 

興味深い記事ですね。

 

本日は以上です!

 

 

キューバ旅行の手段の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

キューバの記事のようですね。

 

 

 

tour 

タイトルになっていますが、このtourが動詞として使われている事が分かると思います。日本語の感覚だと名詞のイメージが強のではないでしょうか。周辺の単語してはtravel, tripがありますね。travelは動詞として一般的に使われるもので、名詞としても使われますが、tripは旅行を意味する時には名詞のみで使われるのが基本です。I tripped to Europeと言ってしまいそうですが、動詞はtravelを使いたいですね。名詞と思いきや動詞としても使える周辺の単語にvacationもあります。I take a vacationだけでなくI vacationという形もありえるという事ですね。holidayも同じくです。一般的にアメリカ英語ではvacationを、イギリス英語ではholidayを使う場合が多いです。

 

tobacco leaves

タバコは世界的に禁煙の流れにはなっていますが、それでも日本ではまだまだ健在ですね。日本語ではタバコと言いますが、英語では日本で言う吸うタバコの事をcigaretteといいます。tabaccoというのは植物を指す言葉で、商品としての巻き煙草の前の段階です。smokeは吸うという動詞、又は煙ですね。ちなみに葉巻はcigarです。アクセントはiではなく後ろで、sigɑ́ːrとなります。

 

hang in

何かが垂れる、宙づりになるさまを表現できるものですが、口語では他にもHang in there!なんて言い方で、災害などで大変な状況にいる人や辛い状況に置かれている人に対して頑張れの意味を込めてかける言葉としても一般的です。首吊りもまたこのhangをそのまま使い、hang himselfという風にoneselfを使う事で、首つり自殺を表現します。

 

What’s unusual

英会話の中ではこのWhat’s ~ is XXXみたいな形はとても多く聞かれます。What’s good for A is also good for Bみたいな感じや、What’s surprising is that he has no choiceみたいな感じや、色々なパターンがありえます。使い方に慣れれば会話の中でもとても便利に使える形だと思います。

 

did the same

これも日常英会話の中でよく聞かれるパターンの1つだと思います。He did the sameなんていう風にシンプルな形はいいですね。レストランのオーダーで同席者と同じものを注文する時にはSame hereなんて言い方で、私も同じもので、という感じにできます。まだsame hereでは会話の中でIt was good to see youのような相手の言葉に対しての返し言葉としても使えます。You tooばかりではないんですね。

 

all is

allを主語にしていますね。All is goodなんて言い方はしばしば聞かれますし、準備okな様を表現するものとしてall setなんてのもあります。

 

キューバ綺麗ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

インドの信号を使った対策の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

インドの記事のようですね。

 

 

 

stay red

stay~という形で何かの状態を維持するという表現は英語ではよく使われます。Stay healthyだと健康を維持するという事になりますし、Stay calmだと平静を保つとなります。他にはStay coolなんて言い方で、別れの挨拶なんかで使われる事もあります。特にcoolでいてね、というような直接的な意図を伝える程でもなくTake careというようなノリでのあいさつ言葉の1つと理解しておくと良いと思います。

 

your horn

hornは車のクラクションというのは、文脈からすぐに分かると思います。うるさいですよね、クラクション笑。音に関係するものでは~soundなんて言い方で~の音、のように表現したりできます。beeping soundみたいな感じですね。ここではnoiseという単語が出てきていますが、noisyとすれば形容詞でうるさい様を表現できますね。

 

come up with

アイデアを思いつく時の表現としてcome up with somethingと出来ます。come up with the ideaというのがお決まりですね。思いつくという事ではないですが、頭の中にポンと出てくるような様の似たような表現としては、ring a bellという言い方で、心当たりがある、思い出させる、なんてものがあります。「前にカナダ人のアンて子が家に来たんだけど、その時にあなた会ったわよね?」みたいに言われた時、はて、誰だっけ、、みたいな時には、It doesn’t ring a bell..みたいに言えるという具合です。

off the top of one’s headとすると思い付きで、即興で、パッと、みたいな意味に使えます。この辺りで美味しい中華料理屋さんない?なんて聞かれて、Not off the top of my headと言えば、すぐには思いつかないな~みたいな感じになります。

 

too loudly

うるさい様ですが、tooをつけると過度な様を表現します。なので、I like it too muchとは基本的には言いません。ただ、それもまた言葉で、意図的にtooを使う事で自分の喜びの程度を表現したりする事もありえます。

 

Fed up with

I’m fed up with~とすると、~にはうんざりだ、という意味で使えます。人でも物でも状況でもありえるので、himやmy jobでもいいですし、寒い冬にはうんざりなら、I’m fed up with snow and coldなんて言ってもいいですね。

 

rolled out

roll outと似たような表現でこの記事に中にcarried outというものも出てきていますね。~outというのは外に展開していく様を表現する事が多く、その感覚をおさえておくと、英語の表現力が高まります。laid something outという形で細かく何かを設計、準備するみたいな感じになります。

 

stuck in

I’m stuckは何かの状態に閉じ込められている、がんじがらめになっている、という意味で、stuck in 場所、とするとその場所にロックオンされているので、trafficやtrainが来そうなのはすぐにイメージができると思います。仕事で追い込まれてどうしようもない状況に追いやられている状況でもある意味I’m stuckになりえます。

 

すごい試みですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

加工肉と赤身の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

お肉の記事のようですね。

 

 

 

 

not ok for

ok for~、ok with~というのは英会話の中では本当に多く聞く表現だと思います。大丈夫、という意味ではとても広く使われ、この記事に中では健康に対してokと言っていますが、例えばWe can discuss the details if she is ok with thatなんて感じで対象はどんなものにでも広げられます。他にもみんなちゃんと家に帰れた?みたいな感じの言い方で、Did you all get home ok?みたいにしてもいいですし、ちゃんと声聞こえてる?なんてのにCan you hear me ok?なんてのでもいいですし、とても便利な言葉だと思います。

 

the contrary

反対を意味する言葉としては容易にイメージ出来ると思います。対局を意味する言葉としては、opponent(対戦相手)なんてのも近いですし、また「逆もしかり」という意味で使われるものでvice versaという言葉なんかもあります。反対の状況を意味するものと考えれば、unlessも近いものと言えますよね。A unless Bとすれば、AにBは含まれない、と考えられます。

 

risks

riskは誰もが取りたくないものですが、完全にno riskな挑戦というのはなかなかないもので、そういう意味ではriskは私たちの生活とは切っても切れない関係で、覚えておきたい単語ですね。riskはそのままの形で動詞にもなりますので、I don’t wanna risk my lifeのようにすることができます。You are risking your jobのように、riskにさらされる対象は色々な物があり得ます。危険を冒す人、リスクを取る人をrisk takerなんて言ったりします。

 

The new findings

findingというのは何かの研究結果やリサーチ結果、という意味でとても多く使われる言葉です。ここでは既に前にそのことが触れられているので、冠詞theをつけてそれを指定してくれています。発見という意味の単語は他にはdiscoveryなんて言葉は一般的に知られていると思いますが、面白い所では、epiphanyなんて言葉があります。これは何かの真理や本質を悟ったものを表現するもので、ある意味、発見と言えるのではないでしょうか。

 

small difference 

differenceが名詞で形容詞はdifferentですね。このence,entという名詞、形容詞の違いはほかにもconfidence, confidentなどでも見られるので、品詞の使い分けのイメージとしてはやりやすいですね。ちなみにconfidentの度が過ぎればoverconfidentとなります。自信過剰になっちゃうとダメですよね~笑。ちなみに、うぬぼれている、威張っている様をcockyなんて言葉で表現する事もできます。

 

be relevant

relevantは関係がある、という意味の言葉ですね。関係というとrelationshipという単語が先に思いつく人は多いと思いますが、このrelevantも普通に英会話の中では多く使われます。That’s not relevantで、それは関係ないでしょ、みたいな感じですね。

 

色々な研究結果が出てきますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop