初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

厳格なたばこ規制の更なる一手の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

オーストラリアの記事のようですね。

 

 

 

 

ban shops from

banningするのは何かを禁止する事を意味する言葉でしたね。政治や経済の記事では毎日と言っていいほどにこのbanが出てくると思います。ちなみに解禁するという反対方向の場合は、lift a banというような表現があります。liftという動詞がポイントですね。liftと言えばUberと並び配車サービスで有名な企業名でもあります。日本でいうカタカナ言葉のリフトは、スキーのリフトなどのイメージが先行するのではないでしょうか。英語ではneed a lift? need a ride?みたいな言い方で、(車)乗ってく?送ろうか?みたいな言い方があります。この表現を知っているとliftでもピンとくるかもしれないですね。

 

cigarettes

日本語ではタバコという言葉で統一されて使われる言葉ですがタバコという商品そのものを指す言い方としては、英語ではcigarettesが一般的に使われます。タバコはタバコの葉を意味する言葉として一般的ですが実際にはこの記事の中でもbuy ­tobaccoやtobacco retailers のような感じでのタバコの使われ方はしていますね。日本語では相手に対して喫煙者かどうかを聞く時に「タバコ吸う?」という聞き方をしますが、英語では「Do you smoke?」のようにタバコという言葉を省略して言う事もできます。smoke自体が普通はタバコの質問、という理解ですね。もっともマリファナなどsmokeするのはタバコだけとは限らないのですが。。。

 

backed by 

サポートされたり後押しされたりするような意味でbackedという表現は英語では非常に多くみられます。この記事の後半には Supported byという表現も出てきています。またニュアンスは少し異なりますが、coveredで、そこを対処できている、対応できている、みたいな言い方ができます。Don’t worry. I got this coveredみたいに感じですね。異なる言い方でいえば、I have the situation under controlという事です。under controlの状態にできるというのは異なる動詞だと、manageできるという事でもありますね。

 

anti-smoking

antiはアンチという言葉で日本でも一般的ですが、発音記号をみると ǽntaiという発音もあります。tiのところがtaiとなっていますね。異なる発音として覚えておきたいです。

 

smoking-related

-relatedという表現は英語ではとても多くみられます。ハイフンをつけて複合語にするこの形ですが、gun-relatedは銃関連、IT-relatedはIT関連、など~関係、関連、という言い方をするときにはとても便利な表現だと思います。関係、というとまずこのrelated, relationshipなどが頭に浮かぶ人は多いと思いますが、それは関係ないよ、なんて言い方では、It’s not relevantというようなrelevantという単語も一緒に覚えておきたいですね。

 

世界が禁煙の方向に動いていますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ハワイの噴火被害の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ハワイの記事のようですね。

 

 

 

 

lava bomb

とても怖い話です。bombというのは爆弾ですが、この場合は実際に作られた爆弾ではなく、火山から飛んでくる石というニュアンスが分かると思います。bombという言葉は実際にはこのように色々な別に意味での”爆弾”として使われることがあり、何かを失敗してやらかしちゃった、みたいな時にHe bombed itのように使ったりできます。She bombed the interviewでせっかくの面接のチャンスを潰しちゃった、とかそんな具合ですね。bomb単体ですごくいい、イケてる、みたいなニュアンスにもなり、That’s bombでいいね的な表現にもなったりします。That’s sickもまたいいね!みたいなニュアンスで使われたりしますが、bombもsickも普通に単語だけみるとネガティブな言葉に見えますが、日本語でもヤバい、とう言葉がいいね、という意味になるように、言葉は変化していきますね。

 

extended

extendは拡大、広げる、という意味の動詞ですね。動詞extendはそのままカタカナ言葉として使われている事はあまりないと思いますが、名詞extensionは髪の毛のエクステという言葉でお馴染みの言葉ですね。また内線番号をextensionと言ったりするのもお決まりの表現です。内線という日本語からはextensionという言葉がすぐにつながらない人も多いと思います。

 

roof

屋根roofに対して天井ceilingでした。室外と室内の違いですが、意外とceilingを忘れている人、多いと思います。ちなみに屋根の上にとまっているハエはa fly on the roofですが、天井に反対向きになってとまっているハエもまた同じonを使ってa fly on the ceilingとなります。前置詞onを~の上、という風に理解しているとon the ceilingがすぐに出てこないかもしれないですね。

 

at all times

そのままと言えばそのままですが、all timesなのでずっと、どんな時も、という事が想像できると思います。これがat a timeというう風に1つになると、1回で、というような言い回しになります。そもそもa timeとかtimesとかいう風にtimeを可算名詞の形で表現してよかったの?と思う人もいると思いますが、いいんです!ね。使い方次第、という事です。Let’s go grab a beerなんていう風にしてbeerにaをつけることだってできます。beerやwine,waterなどは不可算名詞なのでは、、と思う方。この辺り柔軟に理解していく事が大切です。

 

were granted

grantedは許可されている、認められている、という意味の言葉ですね。grantedで覚えておきたいフレーズとしてはtake it for grantedですね。これは当たり前の事、当然の事、と思っている、というニュアンスで、しばしば会話の中で使われる感じとしては、学費を親が払うのなんて当たり前の事なんて思ってたけど、自分が親になってみると、学費を出してくれていた親に感謝するよ、みたいな感じで、感謝すべきところに気づかず、took it for granted、当然だと思っていた、みたいな感じで使う感じです。

 

とても恐ろしい話ですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

ピザ大手の浮き沈みの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

N-word

黒人差別を意味する言葉で、NegroやNiggerなどの言葉の頭文字NからこのN-wordというくくりになっています。黒人差別はまだまだ世界の至る所に強く残っていますね。人気ドラマMadmenを観た方はドラマの中で白人が普通に黒人の事をNegroと言っているシーンが沢山あったのを覚えている方も多いのではないでしょうか。また、これは少し難しい所ですが、黒人同士であれば、同志と言う親しみの意味もこめてNiggaなどのN-wordを使ったりする点です。ヒップホップの歌詞ではしばしば聞く事があると思います。この”黒人同士、仲間同士”という所がポイントで、ラッシュアワーではジャッキーチェンがそのポイントを理解せずにこの表現を使ってしまいトラブルになってしまうシーンがありました。黒人同士という風に考えるとかなり難しく感じるかもしれませんが、日本人でカップルや親友同士だから使える親しみをこめた”けなし言葉”もあったりしますよね。これは心が通じあってはじめてできる事ですね。

 

on a conference call

on a callという風に前置詞onが使われているという所は英語の基本的な使い方として理解するには大切なポイントですね。電話のシーンではput him on the phoneのような言い方で、彼に代わって、みたいな言い方もありますが、ここでも同じように前置詞onが使われている事が分かりますね。動詞putを使っているのもまた面白い所ですね。putを置く、という意味だけで直訳で考えていると、人をputする、という所で疑問が出てしまいます。put you through to himなんて言い方で、彼につなぐよ、みたいな言い方もありますがここでもやはりputですね。

 

sales slump

ビジネスに関わっている人であれば見たくない言葉ですね笑。景気がよくない、というニュアンスでは、poor sales performanceなんて形でpoorを使ったり、business is slowのようにシンプルな表現から、色々なものがあります。How’s your business going?というような質問に対する返答であればnot goodのような形でもニュアンスは伝えられますね。

 

paying closer attention to

pay attention to~という1つの熟語の形はしっかりと覚えている方は多いと思います。ここではcloserをつけてそこに強度をかけていますね。このcloserで強度を上げる形は他にもtake a lookをtake a closer lookのようなものなど色々なパターンがみられます。

 

make things worse

make it betterの反対がmake it worseですね。この両パターンはビジネス英会話でも日常英会話でもとてもよく出てくる言葉だと思います。make it evenだとイーブンになる、という事で、貸し借り無し、チャラ、みたいな感じで使えますね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

CDギフトの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

take a long, long time

時間を表す動詞としてはtakeそしてspendがお決まりですね。take time, won’t take time, spend time, spend a lot of time, など時間がかかる、要する、というような感じの言葉は日常英会話でもビジネス英会話でもよく出てくると思います。またtake timeという形で時間がかかるというような言い方もあれば、time-consumingなんていう複合語で時間のかかる様を表現したりもできます。またtake timeでもtake your timeという風にone’s timeという形に変える事で、自分のペースでどうぞ、というようなニュアンスに変化します。似たような表現ではpace yourselfなんて言い方もできますね。

 

discuss denuclearization

discussという動詞は他動詞で使われるのが基本形です。つまりそのすぐ後ろに前置詞が来るのではなく、すぐに目的語が置かれるという事です。discuss aboutのように対象となる言葉をaboutのうしろについつい置いてしまいがちなのがdiscussで起こるミスあるあるですね。denuclearizationはもう世界でもシンガポールでの会談が大きなニュースになったので非核化という意味で日本でも一般的に知られている単語かと思います。

 

 brought the gifts back to

bring something back to~で、~を持ち帰る、という熟語として覚えておくと便利ですね。ここではto~とすることで、持ち帰る先までご丁寧に書いていますが、実際の英会話の中ではシンプルにbring something backというふうにbackで終わらせる形も多く使われます。お店などで小さい子がお菓子を手に取ってママにおねだりする時に、(棚に)戻してきなさい、とママが言うセリフとしてはput it backという風に言えますが、backの先はon the rackとかshelfとかboxとか置いてあるその場所を付ける事ができますね。ただシンプルにput it backで十分2人の間では通じるという事です。

 

knowledge

知識という意味でこの名詞を覚えている方は多いと思いますが、knowledgeableという形容詞の表現も覚えておきたいですね。I’m not too knowledgeable about itみたいな感じですね。長い単語ですが、knowledgeを知っていれば何でもないと思います。

 

messing around

aroundという表現は色々な日常英会話表現に出てくるおもしろい言葉です。Is he around?みたいな感じで、誰かの家に行った時に~君今家にいます?みたいな感じにしたり、See you aroundなんて言い方で、じゃあね、という風にしたり色々な形があります。

 

面白い話ですね。。

 

本日は以上です。

 

 

 

イギリスの協会の財政問題の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

to cover

coverはカタカナ言葉で一般的に使われている言葉ですね。ここではdebtsをcoverというような表現になっていますが、coverする対象は英会話の中では色々なものに使う事ができます。保険で~をカバーできる、なんていう風に私たちが使うようにそのままcoverを使う事ができます。Your insurance covers your cancer treatmentsみたいな感じですね。他のカバーとしてはニュースや新聞、雑誌などで問題を取り上げる、記事にする、みたいな意味でcoverを使う事ができます。cover the issueのような感じです。coverはシンプルに覆う、というような感じでも使う事ができるので、cover your eyesで目をふさいで、みたいな感じになります。

 

overwhelming

overwhelmな様は圧倒する、いっぱいいっぱいの状態にするというようなニュアンスになり、自分がその状態にいるならI’m overwhelmed with workのような感じにします。もういっぱいいっぱいです~。みたいな感じですね。仕事だけではなくbusy schedule、忙しいスケジュールでいっぱいいっぱい、みたいにしたりfamily stuffみたいな感じで家族の事で色々大変、みたいにもできます。頭の中がそれでいっぱいいっぱいみたいな近いニュアンスではpreoccupiedなんてのもありますね。He’s preoccupied with the stuffみたいな感じです。

 

reach the point

そのままですがあるポイントにたどり着くと、という事になりますね。ある地点を超す、着くというようなニュアンスの言葉は英語の動詞では他にも色々あり、期限、締め切りに間に合う、みたいな意味合いだとmeetが使われたりしますね。meet the deadlineのような感じです。あるポイントを超えるニュアンスだとcrossを使ってcross the line、一線を越える、みたいにできますし、その超える様が、やり過ぎ感を出すとするとoverstepなんて動詞にする事もできます。

 

much-loved

loved oneというのは最愛の人、という意味の言葉で、このlovedという形の形容詞の使い方は英語ではとても多くみられるので覚えておきたいですね。loving oneではなくloved oneです。

 

flats

イギリス英語ではapartmentをflatと言ったりしますね。これはアメリカでは使われない言葉です。flatといえば平らな様を表現する言葉で一般的に使われますよね。flat tireはパンクしたタイヤでget a flat tireなんて言い方で、パンクしちゃった、なんて言います。ちなみに海外ドラマの学生のシーンなどではfratという組織についてみた事がある方もいるかもしれません。1つの家にみんな住んでいるサークルみたいなもので、アジア人向けfrat、asian fratとか色々なfratがあります。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop