世界の話題

Real English

ロシアへの個人的な依頼の記事から英語を学ぶ

2022年3月31日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

high regard
war criminal
brag about
damn proud of
go-to political strategy

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

high regard

敬意を意味するこの言葉。誰かの事を褒めるニュアンスの言い方としては、speak highly of Aというものもあります。ここでも同じようにhighが使われていますね。ちなみにhighもhighlyもどちらも副詞で使う事ができますが、一般的にはhighlyのhighのニュアンスは程度の大きさを表現するものに対して、highは物理的な高さを意味するものとして使われる事が多いです。高く飛ぶ事はfly highであり、fly highlyではないですよね。

 

war criminal

バイデン大統領が実際にこの表現でプーチン大統領の事を言いましたよね。戦争に関するものについてはこのwar criminalと同じように頭にwarをつけて表現されるものは色々とあります。warplaneなら普通の飛行機ではなく戦闘機という意味になりますし、war eraは単なる時代ではなく、戦時、という事になります。他にもwar casualtiesなら、単なる犠牲者ではなく、戦争による犠牲者という事になります。

 

brag about

bragは自慢するという意味の動詞ですね。似たような表現としては、show offというような表現もあります。自分の能力の高さをひけらかしたり、自慢げにふるまったりする事です。自信があるのとshow offは別物ですよね。

 

damn proud of

ここではdamnという言葉が入っていますが、実際の英会話ではしばしばこのdamnという言葉が使われます。スラングで、何かを言う時にその言葉のニュアンスを強めたりするように使われるもので、You are damn right.なら、You are rightが「その通り」と訳すなら、damn rightは「全くその通り」「ホントその通りだよ」みたいな感じですね。スラングなので、知っている分のは良いですが、自分が使いたいと思っても、場面をしっかりと考えないといけないですね。

 

go-to political strategy

go-toは、go toのように、~に行く、という動詞として使われているのではなく、ハイフンがある事からも分かるように複合語として1つの言葉になり、何か頼りになるもの、主力の、みたいな意味を持ちます。You are my go-to.なら、君を頼りにしてるんだよ、みたいな感じです。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

双子同士のカップルの記事から英語を学ぶ

2022年2月24日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

it felt like

gave birth to

nine months apart

turned

dated

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

it felt like

英会話の中では、このfeel like~という言葉は非常に多く使われます。特に若い30,40代以下の若い世代では、likeは多く使われ、feelの感情を入れず、シンプルに何かの状態を表現する時に、It’s like~というのもお決まりの表現です。上の世代の英語ネイティブからすると、何でもlikeで答える若い世代の英語をネガティブに捉える人もいますが、いつの時代も世代によって使う言葉は変わっていきますよね。

 

gave birth to

give birth to~というのは、誰かを生むことを言います。日本語訳で生むというと、出産行為そのものを強くイメージするかもしれませんが、これはどちらかというと、親であるという部分の意図にフォーカスが充てられるような表現です。実際に赤ちゃんを産み落とす分娩行為を意味する単語としては、deliverというものがありますよね。この記事では、childrenが後ろに続いていますが、勿論gave birth to a boy(男の子を生んだ)、gave birth to you(あなたを生んだ)というように、色々なものがここには入る事ができますね。

 

nine months apart

年の差を表現するのは、apartが使われるのが一般的です。この記事では、gave birth to children just nine months apart.という使い方になっていますが、普段使いで年の差を表現する会話をするときは、シンプルは「私達~歳差なの」というような言い方ですよね。そういう言い方をしたい時は、「We are 5 years apart.(5歳差なの)」という風に言う事ができます。

 

turned 1

~歳になる、という言い方はbecomeという英単語でも勿論通じますが、このturnは年齢を言う時にとてもよく使われる表現です。他にも~歳になるという意味の動詞としては、hitなどもありますね。When you hit 30 years old, you・・・(30歳になったら~だよ)みたいな感じですね。

 

dated

デートするという言葉は日本でも一般的に使われていますよね。男女関係の表現のニュアンスは人や世代によって変わります。exclusiveというのは、他に良い感じの人と会うという状態を想定しない正式なカップルですが、その正式な状態になる前の良い感じの関係ではseeingやgoing out、若い世代であればtalkingなんていう言葉も使ってその状態を表現します。日本語で言えば付き合っているような感じでよく会うわけですが、正式にお付き合いするかどうかをお互いが見定めているというのが基本的にはこのステージですね。

 

ステキな話ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

引退後の誤解についての記事から英語を学ぶ

2022年1月31日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

guesswork

solid plans

running dry

provide the rest

cutting down

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

guesswork

guessとworkがくっついたとてもシンプルな表現ですね。guessは推測する事を意味する言葉で、その作業(work)なので、そのままですが推測する作業の事を指す言葉です。workは何かの単語にくっついているパターンはよく見られますよね。私達の私生活で最も身近なのはhard-workingではないでしょうか。一生懸命な様を表現するものです。他にもartworkで芸塾作品を意味するものもなんとなくすぐに想像できそうです。

 

solid plans

solidは固形や硬いという意味で使われる言葉ですね。そのニュアンスから信頼できる様や、堅実な様を表現をしたりもしますし、 rock solidとすれば、石のような堅さというところから比喩的に、絶対に間違いない、確実、というような感じで使われたりします。石を使った表現として、set in stone=石に刻まれる、なんていう表現がありますが、これも比喩的に、動かす事のできない決まったもの、というニュアンスで使われたりします。ちなみに、ビリヤードの球は枠がついている方をstripe、ないものをsolidと言ったりしますが、この時のsolidはべた塗りの様を表現しています。

 

running dry

dryな様はなんとなく嫌な感じがしますね笑。このrun dryは使いつくしてなくなる様を表現するもので、お金だけでなく、アイデアが尽きるという意味でも使う事がございます。勿論、dryという所から一番分かりやすい水がなくなってdryになる様も表現できます。資金が枯渇するという意味では、この記事の中には似たような表現で、fall shortという英語表現も出てきていますね。

runningはrunという動詞から「走る事」をイメージする初心者の方は多いかもしれませんが、シンプルになんらかの状態が起こっている、進行している様を表現する事もあります。I’m running late.なら、約束の場所に向かっているものの遅れていて、「やばい遅刻だ~」なんてニュアンスで使われる事があります。

 

provide the rest

the restというのは、何らかの指定された範囲やものについて、事前にそのうちのいくつかの部分を既に指摘している場合の残りの部分を指す表現になります。例えば会社の中で、東京出身の人をリストアップしたとすれば、東京出身でない残りの人達はthe restと表現されるという具合です。

 

日本でも同じような記事をよくみますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

年末のイベント控えの記事から英語を学ぶ

2021年12月28日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

big parties

updates

gatherings

fueling

cutting down

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

big parties

bigというと、なんだか大きいものを最初に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。ビックマックのように笑。英語では規模感でもbigは沢山使われますし、had a big lunch(沢山ランチを食べた)のようなbigもあります。big mouthは今はカタカナ言葉で日本でも使われますね。またGo big or go homeなんて言い方で、やるなら徹底的にやれ、断端にいけ、というような表現もあります。なんだかアメリカ感を感じる表現ではないでしょうか笑。

 

updates

日本でもカタカナ言葉で普通に使われるようになっているこのupdateですが、これは名詞だけでなく、動詞、形容詞でも使う事ができます。I’ll keep you updated.なら、何かあったら逐一知らせるよ、というような言い方で、どんどんあなたに情報をアップデートするね、知らせるね、という具合です。

 

gatherings

集まりを意味するこのgathering。gatherが集まる、という意味の動詞ですから、なんとなく意味はすぐに想像できますよね。ここに他の名詞をつけて、例えばfamily gatheringとすれば、親族、家族の集まり、という感じになりますね。

 

fueling

燃料を意味するfuelは、燃料を入れる、という意味の動詞にもなります。ここから比喩的に感情をあおったり、火に油を注ぐのように、何かを加速させるような意味で使われる事もあります。加速という意味ではストレートにaccelerateという言葉がこの記事の後には使われていますね。また、triggerという言葉も似たような言葉の1つだと思います。引き金を引く、なんていう意味を比喩的に日本でも使う事はあると思いますが、英語もそれは同じです。

 

cutting down

cut downという熟語は特に意味を習っていなくても、感覚的に分かりますよね。カタカナ英語が溢れている日本では、意味の推測が容易になるというのは、助かりますね。発音がそれで変な発音で覚えてしまうのは問題ですが笑。cutは色々な意味で使われ、cut a dealというと、契約が切れるのではなく、逆に契約を結ぶ、という意味になります。では、cut cornersはどうでしょう?これは少し難しいですが、手を抜く、手抜きする、工程をいくつか省く、というような意味で使われるものです。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

スモールビジネス同士の協力の記事から英語を学ぶ

2021年11月24日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

Small businesses

, right? 

To that end

big-box store

takes a village

Greed is Good

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

Small businesses

零細企業や個人店、個人事業主などの小規模ビジネスを指す表現ですね。世の中にある事業体の中で、数だけで言えば圧倒的にこのカテゴリの事業者が多いわけですから、経済全体にとても大きなインパクトを与えていますよね。規模を少し広げて、大企業とはいかなくても中規模事業体も入れる表現としてはsmall-to-mid-sized businessesなんて言い方もあります。

 

, right? 

英会話を習い始めると、この表現を沢山聞く事になります。学校の教科書では習わなかった英会話っぽい表現の代表的なものの1つかと思います。学校では、文末にis’t it?やdid it?などのようにつける形で、「~だよね?」という言い方を学びましたが、英会話に慣れている方なら良いですが、まだ文法の理解もがっちりと固められていない人にとっては、その前の動詞を意識しながら、この文末の形を即座に考えて口に出すのは意外と難しいものです。その形式を問わず1つにまとめられる便利な形がこの,right?です。

 

To that end

そのままですが、その目的では、それを達成するために、というような意味の表現です。英会話では、このように不定詞ではない形のTo~という始まり方をする言い方がしばしば出てきます。例えば、To my knowledgeとすれば、私の知る限りでは、という意味になります。

 

big-box store

面白い英語ですよね。大きなboxのstoreというそのままの表現で大規模店を表現しています。ここでboxが出てくるのか~という感じですよね。英語ではboxという表現を使った日本では使われない表現として他にも、box-office movie(人気の映画)というようなものがあったり、out of boxで、創造的な、独創的な、という意味があったりします。boxの外という形で独創的というのは徐の発想がまた”独創的”ですよね笑。

 

takes a village

直訳で1つの村を必要とするという意味になりますが、これで、みんなの協力が必要だという意味の表現になります。It takes a~という言い方は英語ではしばしば見聞きするものです。It won’t take a genius toなら、~をするのは難しい事ではない、という意味になります。

 

Greed is Good

いかにもウォール街という感じですね笑。Gordon Geckoとはアメリカのウォール街を舞台にした映画のキャラクターで、ビジネスやキャリアなどについて話す時にも、しばしば聞く事があるかもしれません。ただ、強欲だけではなく同時にstrong work ethic(確固たる職業倫理)も必要というような話がセットになるべきですよね。

 

素敵な話です。

 

本日は以上です!

 

 

 

HOME > 世界の話題
無料体験申し込み
無料体験レッスン
お申し込み

03-6435-0076

お申し込みフォーム
pagetop