初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

名前についての新しい対応の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

フロリダの記事のようですね。

 

 

 

 

aids

補助を意味する言葉で、これは名詞にも動詞にもなります。英語学習者であればvisual aidsなんて言い方で、視覚教材みたいな言葉を知っていてもいいかもしれないですね。

 

in-person

オンラインや電話ではなく、直接人と会う状態をin personという形で表現します。これはsee you in personという風な形だけでなく、今回のようにその後ろにclassesなどを付ける形もあり、他にも例えば in-person appearanceとすれば、演説会場等に議員さんが登場したらそれはin-person appearanceです。また in-person contactなんてのも言えますね。連絡を取ったり、やり取りする方法は現在は電話、メールだけでなく、オンラインでのvideoを使った形まで色々とありますが、これがin person contactになれば、実際に直接会う形でのコンタクトになります。

 

been easy

人生大変な時もあれば楽しい時も色々とあると思いますが、そういう時を表現する場合、大抵は、時期という幅で表現する事が多いと思います。あの頃は大変だった、というのは、ピンポイントの瞬間ではなく、その時期の事を言いますよね。また最近大変、という時だってやっぱり一定の期間を意味する表現で、そういった表現を現在完了、過去完了の形を使って表す事はとても多いです。easyではなくroughなlifeなら、My life has been roughとなりますね。

 

handling

日本でもカタカナ言葉としてhandleする、なんて言い方をする人もしばしば見かけます。このhandleは自分で状況を処理するという意味の言葉で、dealなんて単語も近い言葉としてありますね。多少意味は異なりますが、逆にこの状況は自分は耐えられない、無理、という言い方で、I can’t stand itみたいな言い方もあります。handle, dealに似た他の表現としては、take care of~なんてのもありますね。任せて、私がやっとくから。みたいな言い方で、Don’t worry. I’ll take care of itという風に言えますし、work on itみたいな言い方、更にシンプルにI’m on itなんてのもありますね。

 

legal name 

そのままですが直訳すれば法的な名前=役所などに登録されている名前、という事が想像できると思います。名前というのはなかなかややこしいところがありますよね。日本人でも本名とは違う名前で通す方もいますし、女性であれば旧姓を使って仕事をしている人も沢山いますし。ちなみに不法滞在者などをundocumentedという言葉を使って、undocumented immigrantsとかpeopleのように表現したりしますが、これもそのままdocument化されてない=undocumentの状態の人達、という事が文字からも分かりますね。

 

色々な動きがありますね。

 

本日は以上です!

 

 

トラックドライバーへの負担の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

truckers

そのままですが、トラックを運転する人がtruckerですね。日本ではカタカナ言葉としてはあまり使う事のない言葉だと思います。メッシュキャップはトラックの運転手が被っているというところから、広くtrucker hat/capなんて言われます。何かを追跡するという意味のtrackもカタカナ言葉にしてしまうとトラックで同じになってしまいますが、truckの発音がtrʌ́kなのに対しtrackの発音はtrǽkとなるので、音が異なります。The truck was trackedなんて文章で練習してもいいかもしれないですね笑。

 

risked their health

risk somethingは何かを危険におかす、という意味の表現になります。色々なものを対象にし得ますが、ニュースやドラマ、映画では、人生においてとても重要なものを置いて、ことの重要さを表現するパターンが多く、今回のような自分の健康であったり、risk my lifeという風に自分の命、人生だったり、risk my jobという風に、自分の今の仕事だったりは定番ですね。

 

I’m happiest

幸せはいい事です。自分自身の喜び、安心、感謝など、プラスの感情になっている様を表現する英語は色々とあり、何かの状況、環境に感謝している様をI’m grateful  for~なんて言いますし、安心していればI’m relievedですし、褒められて(お世辞でも)嬉しい、という気持ちなら、I’m flattered、気分のいい状態なら、I’m in a good moodなんてのもありますよね。

 

keep America running

動詞keepはkeep A ~ingという形で学生時代にしっかりと頭に叩き込まれた人は多いと思います。こういう形をひとまとまりで覚えておける事は会話力をぐんと高めますね。ここでは国そのものを対象にとても大きな事を話していますが、規模や対象は勿論何でもよく、keep the water runningなんていう風に水を対象にしたり、keep the company runningという風に規模を国から会社単位に落とし込んでもいいですね。

 

two months straight

~straightというのは、~続けて、という意味の表現になります。ここでは月になりますが、勿論five hours straightという風に~時間という風にしてもいいですね。またstraight A’s という言い方にすれば、オールAなんて意味になります。先ほどの続くという意味のstraightから派生して考えれば、通知表でAが横にずら~っと続く感じでオールAというのは分かりますよね。

 

his own bed 

このone’s own~というのは、~自身の、という意味になり、one’s~、と言うのとは正確には同じではない場合が多々あります。サラリーマンの方が自分が働いている会社と言う時にはmy companyとは言えても、my own companyとは基本的にいいません。my own companyという時は大抵会社を経営している人が言う表現になります。ただ会社を経営している人がmy companyと言う事は何も変ではありません。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

大学アメフトでの対応の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメフトの記事のようですね。

 

 

 

 

every two

頻度を表現する時にone a week, twice a monthという表現は学生時代に習って記憶にある方は多いと思います。ただ週~回、月~回、という頻度だけが私たちの日常会話に出てくる頻度ではなく、もっと色々な頻度がありますよね。これもその1つで、2日毎、3日毎、というのもよく使う頻度の1つでその時はそのくくりをeveryで表現できます。ここではdaysですが、勿論every two weeksとすれば、2週間ごとに、という事になります。また他の頻度としては、隔週なんてのもありますよね。それはevery other weekと言います。曜日にして隔週の土曜、なんて言い方なら、every other Saturdayという風に出来ます。私達の生活の中で、スケジュール、予定について話す事はとても多くこの表現の幅は広く持っておきたいですね。

 

bringing the sport back

そのままですが、sportsをbring back、元に戻す、という意味ですね。bring backは勿論何かの見えるものを指してbring back some applesなんてのもいいですし、思い出を対象にしてbring back memoriesなんてのもあります。これは元に戻すというよりは、This picture brings back memoriesなんて言い方で、思い出をよみがえらせる=なつかしい、というニュアンスになりますね。

 

officials

カタカナ言葉のオフィシャルという言葉は、オフィシャルサイトとかいう公式のという意味がまず頭に入ってくると思いますが、英語では役所の担当者、公務に就く人、組織の担当者など幅広く使われます。ニュース記事などで何かの組織のofficialが~と言ったみたいなのはよく使われるので、その組織の何かしら話す立場にある人を指す事が多いというのはイメージできると思います。

 

his conversations

そのままですが会話を意味する単語は実はconversationだけでなく、talkも会話を意味する言葉として表現する事ができます。この名詞として使い方の場合、冠詞をつけてI had a talk with himなんていう風にします。talkが名詞になるのは違和感を感じる方もいるかもしれませんが、sayでさえも名詞になります。これは例えばShe has a say on~という形で、彼女はその件について発言権がある、何かを言う、なんて感じで使われたりします。

 

short notice 

noticeは通知を意味する言葉でこれがshortになれば急な知らせというニュアンスになります。Thank you for meeting us on such a short noticeなら、急なお願いにも関わらずお時間をいただきありがとうございます、的な意味になります。ちなみにお知らせという意味ではa heads-upなんてのもあります。Thank you for the heads-upといえば、教えてくれてありがとう、リマインドしてくれてありがと、のような感じにできます。

 

スポーツ界も大変です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ワクチン開発後の手順の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ワクチンの記事のようですね。

 

 

 

 

first in line

最前列。最高の響きですね笑。一番に何かを得られる、選べるというのは、最高のポジションです。the front of the lineなんてのもこの後ろに出てきていますね。列を意味するlineですが、列で待つ、wait in lineも一緒にセットで覚えておきたいです。他にはcut in line、列に割り込む様を表現するものも覚えたいです。どちらも私たちの日常生活では、よくある事だと思います。 また、his life is on the lineという言い方では、危険な状態にある事を指します。また、He crossed a lineというと、一線を越えてしまった、という事になります。これは日本語でも使う表現なので違和感はないですよね。

 

No matter

英会話の中ではよく見る表現の1つがこのNo matterだと思います。自分が言いたい事を強くしたい時などに、No matter whatなんていう事で、何があっても、どんな状況でも、みたいな言い方ができます。matterというのは、学生時代に「問題になる」という風な訳で覚えた方は多いと思いますが、この日本語訳を見ても、実際に会話の中で使うイメージがすぐには湧いてこないともいます。英会話の中では、It doesn’t matterなんて表現はとても多く聞かれますし、このNo matterとあわせて、よく使われる表現とその文脈を学び、そこから自分の中で会話の中で”使える”感覚を養う事が大切ですね。

 

immediately 

すぐにという意味で覚えている方は多いと思います。英会話の中では使える場面も多く、基礎英単語の1つだと思います。ただ時間的にすぐ、というだけでなく、その近さのニュアンスを広げて、人間関係の近さを意味する事もあります。具体的にはimmediate bossなんて言い方をすれば、直属の上司、という事になります。

 

To be most

会話の中でこのように不定詞の形で始めるのはしばしば見られます。To be safeといえば、安全の為に、余裕を持って、念のため、的な意味ではじめられます。

 

Typically

通常は、典型的にな、という意味の表現ですね。副詞の形だけでなく、形容詞typicalもおさえておきたいです。It’s (so) typical of someoneみたいな形では、ほんとキミらしいね、みたいなニュアンスにできます。典型的なという日本語訳を見るとなんだか少し堅めのイメージがしますが、実際に使われる表現をみていくと、思っているニュアンスも変わってくるものです。

 

the best we can

the bestの種類を後ろから形容するという風に考えてみると、we can to doの範囲内でのthe bestという風に絞り込めます。bestといっても人や状況によってそのbestの形は異なります。Be the best you can beなら、あなたにとってのベストを尽くせ、という言葉になるので、なんとなく優しさも感じられますね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

感染措置に関する雇用者の責任の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

職場の記事のようですね。

 

 

 

 

so far

今の所、という意味の表現ですね。すごくシンプルですが、意外と意味を知らないという方もいらっしゃると思います。so far so goodなんていう言い方で、今の所はいいよ、いい感じ、問題ない、なんて言い方もします。新しい環境はどう?みたいに言われて、人もいいし、福利厚生も悪くないし、so far so good!みたいな感じですね。ちなみに今のところ、という意味の似た表現としては、up to now 、 to dateなんてのもありますね。ちなみにto dateなら今のところまでというニュアンスですが、up to dateという言い方では、最新の、という意味で使われたりします。例えばスマホのOSのバージョンアップをしようかなと思ってチェックしたら、「お使いのソフトウェアは最新です」みたいな表示があったりすると思いますが、これが英語なら「Your software is up to date」みたいに表示されます。

 

orders lifting

この後にbusinesses reopeningという風に続いていますが、この文章全体をみてみると、A+~ing以下でAの補足、B+~ing以下でBの補足、という風になっていて、同じ形で見やすく並べられている事が分かると思います。英語ではこのような形は多く見られます。order that~、businesses reopeningという風に形を変えて並べるよりも同じ形の方がスマートに見えるのは感覚的に分かると思います。

 

workplace 

そのままですが職場を意味する言葉ですね。workをつけた表現は色々とありますが、workforceは人材を意味し、workloadは仕事量を意味します。work ethicなんていうと職業倫理、労働倫理みたいな言葉になります。倫理観に欠ける人や職場では、色々な問題が起こりやすいですし、一緒に働いている人も残念な気持ちになる事が多いですよね。このethicという言葉はおさえておきたいです。

 

mixed feelings

色々なfeelingがmixしている状態をこのmixed feelingと言います。日本語的に言えば、複雑な気持ち、という感じでしょうか。mixされた状態のものをmixedを名詞の前につけて表現すると覚えておけばよいですね。なにで色々なフルーツが入ったスムージーならmixed fruit smoothieみたいになりますね。

 

salons 

日本では美容室に男性も行くのでとくにヘアサロンが女性向けのもの、という概念はないと思いますが、英語では男性が行く場所は barber shopというくくりで表現される事は多いです。

 

contagion

感染を意味する言葉で、今の時期はこの言葉があちこちにまだまだみられると思います。形容詞は    contagiousで、highly contagiousとすれば、感染力が強い、みたいな意味になります。

 

どづなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop