初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

巨大IT企業の脅威の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

way too big

昨日の記事でも取り上げた副詞のwayですね。程度の大きさを示すもので、way too expensiveという例で取り上げていましたが、似たような表現でfarがありました。tooは過度の様を表現する為、基本的なネガティブな言葉として使われるので、Thank you too muchとはなりませんね。といいつつも、皮肉交じりで褒めるというニュアンスでtooが使われるような文章はあります。

 

tower over

towerは日本語では東京タワーのように名詞の感覚で使われる言葉ですが、ここでは動詞として使われている事が分かりますね。頂上に君臨するような様がtowerという言葉からなんとなくイメージできるのではないでしょうか。英語ではこのように日本では名詞の感覚で使われている言葉が動詞として使われるケースはとても多くあります。topは上や上層部を意味する名詞の感覚が強い言葉ですが、動詞として使う事もできThey topped Group AみたいにするとグループAでトップに立った、みたいな感じにできますね。同じような上を意味する言葉ではcapなどもそうで、日本では瓶のキャップとかボトルのキャップみたいな感じで使われたりする言葉の印象ですが、これも動詞として使え、They will cap the price of Aみたいにして価格の上限を設けるみたいな感じて使えます。

 

grown

grownはgrowの過去分詞形ですね。growは日常英会話、ビジネス英会話いずれでもとても頻繁に出てくる言葉だと思います。日常英会話ではイケてるお兄さんが髭を生やすのであればgrow a beardですね。あまり髭についての会話は日本では日常英会話とは言えないかもしれませんが笑、海外の映画やドラマなどでは例えばgrown manなんて言い方で、あいつももう大人なんだから、みたいなフレーズのセリフなどはよく見られると思います。またgrown-upという言葉で大人を意味する1つの名詞として使われたりもします。

 

much of a difference

much of~という形は英会話ではとても多いですね。でも実際に自分は何か使ってる?と思うと意外と意味は分かっても自分は使わないという事も多いのがこのmuch of~の形だと思います。I’m not much of a ~、なんて言い方で~が苦手、~はしないタイプみたいな言い方にもできます。cookだったりteam playerだったりcoffee drinkerだったり何でもよいですね。特に入れるべき傾向の言葉があるわけではなく、料理はちょっと、チームプレーはちょっと、コーヒーはあんまり、ダンスはちょっと、など何でもいいわけです。

 

snapped up

ここでいうsnap upは~を買う、買収するというニュアンスかなというのは文脈からすぐに分かると思います。snapという単語は色々な意味があるので意外と英会話の中でどういう風に使ったらよいか分からない、という人もいると思います。Snap out of itなんて言い方で、もう忘れなよ、とかくよくよせずもう次に行こうよ、みたいな感じで使えたりします。

 

このような論調は増えてくるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

新しいドリンクメニューの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

Starbucks is

Starbucksというブランドそのものが1つを指すので動詞は単数のisになりますね。これほどまでに巨大ブランドだとsは複数形?などと気にする人もいないかもしれません。ただ、複数形のsがついていても、動詞は単数に連動する形を取る事もできます。例えば、”Cats” is the word she usedという感じで、複数形の猫ちゃん、というとらえ方で文章をみるのではなく、彼女が発した1つのセリフ、という事でとらえれば、catでもcatsでも1つのセリフに変わりはないので、単数と考えてisが来るわけです。

 

US stores

アメリカを意味する表現は沢山あり、USやthe States、the United States、AmericaだってOKですね。ちなみにお店を意味する言葉は色々ありますが、ご飯屋さんもお店ですが、こちらはrestaurantですね。日本ではレストランという言葉はなんとなくファミレスや街の洋食レストランのようなものとリンクするイメージが強いので、例えばマクドナルドをレストランと言うととても違和感があると思います。ただ英語では勿論マクドナルドもレストランという事ができます。歴史を作ってきたマクドナルですから、レイクロックしかり、マクドナルドの歴史的な記事などはネット上でも沢山あるので見てみると最初の店舗をits first restaurantみたいに書いたりしている事に気づくと思います。

 

meet customer demand

meetという動詞は人に会うだけではなく、色々なものに合致する、合う、満たす、なんて意味で使われるとても便利な言葉です。ここではdemandを使って顧客の要望に沿うという意味合いで使われていますが、他にもmeet the requirementsで何かの基準を満たす、としたりmeet the deadlineで納期に間に合う、というようなものもありますね。ビジネスパーソンであればこれらはよく使うかもしれません。

 

Frappuccinos

英語の国アメリカでも勿論、フラペチーノはそのままフラペチーノですね笑。何か英語の言葉に変わる、という事はなく、英語は他言語をそのまま英語として理解して吸収していくとても柔軟な言葉です。絵文字をemojiとして受けて入れてくれるんですからね笑。ちなみに AmericanoもそのままアメリカではAmericanoです。日本のカフェではそもそもアメリカンしか見ない事も多いでしょうし、アメリカ―ととアメリカン、同じよね?と思っている人もいると思います。アメリカではメキシコが近いのでスペイン語の言葉も沢山ありますね。この~noつながりで言うと、メキシコ系のアメリカ人を指す言葉にchicanoなんて言葉があります。

 

health-conscious

~consciousは~の意識が高い、という意味で使われる表現ですね。healthがつけば、健康志向の、という事になりますね。ちょっと似た表現では、~drivenなんて言葉が最近は日本でもよく見られます。何かを志向する、何かに動かされた、なんて感じで使われるもので、Technology drivenとかData drivenとかいう風に特にテクノロジー系の会社やビジネスシーンではとても多く見る言葉になってきていると思います。

 

日本はどうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ドーナツ店への愛情の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

rush

rushは急ぐ、駆け込む、というような言葉ですね。feel rushedとすると、焦らされる気持ちになる様を表現できます。忙しい社会人にとっては、rushは日常英単語の1つと言えるかもしれませんね。急いでいる、というとhurryという言葉が最初に日本人であれば頭に浮かぶかもしれませんが、シンプルにWhat’s the rush?で、何を急いでるの?と言う風にできたりします。急がなくていい、急ぎじゃない、という言い方でNo rushなんてのもシンプルでいいですね。またrush things in a relationshipのような感じで、関係を急いで進めるような感じでのrushというのもあります。人間関係構築は時間がかかるものですし、特にカップルなら急いで物事を進めない方が良い事も多いですよね。お互いがお互いをじっくり知るという意味で。

 

so owner can

英会話の中ではとても良く使われるこのso (that)の表現。実際の口語ではこのthatは省略されることが多いですね。ない方が短くてよいですからね。といってもこの表現を抑えていない方にとっては、文章の初めに使うSo, what’s up?のSoのようにイメージしてしまう人もいるかもしれませんのでここは要注意です。後にA canが続くというのもお決まりのパターンですね。

 

sick

病気、病のsickでは、現代では、日本語のヤバい、に近い感じで、イケてる様を表現する意味でもsickは使われます。超いけてるね、と言うの時にThis XX is sick!みたいな感じですね。ただこういうスラングは時代と共に消えて言ったり、使われ方が変化していったりするので、英語学習者にとっては、そういう視点はとても大切ですね。Okey dokeyなんかも少し古い言葉というような認識でもありますが、実際には少しsarcasticな感じを出して返答するようなパターンは現代でもよく聞かれます。

 

his wife, Stella

英語ではこのようにコンマを使って前の言葉を修飾する表現が多くみられます。また2回繰り返すような表現としては、英語ではIの後に自分の名前を言ったりする形もあり、例えば、Effective immediately, I, Taro Yamada, am resigning from ABC companyみたいな感じですね。IはTaro Yamadaですよ、としっかりと文章の中に表現させるという使い方です。

 

doughnut

日本ではドーナツと複数形のsがついた形で話すのが一般的なカタカナ言葉だと思います。でも英語ではsがつくと複数形でしっかり単数もあるという事になります。同じあるあるは、靴のShoesもそうですね。一方だけの靴を言うならShoeになります。TシャツもT-shirtsのsがついたバージョンのカタカナ言葉ですね。

 

in-law

義理の~という時にはin-lawが一般的に言葉ですね。上の複数形つながりでいうと、義理の家族の人達などをくくって、in lawsという風に複数形で表現したりもできます。

 

素敵なエピソードですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

不法入国への厳しい処理の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

a plan

シンプルな言葉ですね。planという言葉は動詞にも名詞にもなる便利な言葉です。Any plans this weekend?みたいに週末の予定を聞いたり、I have other plans.と返してみたり、What did you do last weekend?に対してI had no plans, so I stayed home and・・みたいにno plansで返してみたり、It’s always a good idea to plan ahead.のように前もって計画するみたいなニュアンスでのplanにしたり日常生活の中でplanは本当に良く出てくる言葉だと思います。いずれもとてもシンプルな表現ですが複数形にしたり、動詞として使ってみたり、変化を意識しながら使うようにすると自分の中で使える幅もどんどん広がっていくはずです。

ちなみに、a planのような冠詞aを「エイ」のようにして発音したりもします。言っている方は強調したり、言いやすいから言ったり基準はあいまいですが、通常の冠詞のaの発音よりも拾いやすいですし、間違いなく聞いている方は冠詞を聞き落とす事はないですね笑。aつながりでは、英語の会話の中では何かの理由を話す時などにいくつかある場合はa,b,cなんていう風に理由の最初にアルファベットをつけて箇条書き的なニュアンスを付け加える言い方があります。~が嫌いな理由は、a,~だから、b,~だから、c ,~だから、以上(period)、みたいな言い方ですね。

 

heading for

head for~は~に向かう、という英語の1つの形です。headは頭やトップを意味するだけではなく、英語では使われる幅が広い言葉です。head northは北に向かい、head southは南に向かう、ですね。ちなみにGo Westはアメリカの若者に西部を開拓する呼びかけとしての言葉Go West, young manとして使われそれが今では、新しく道を切り拓け、挑戦しろ、みたいな意味の言葉として使われたりもします。

 

get hit

受身の形のニュアンスを表現するときにget+過去分詞、という形は英会話の中ではとても多く聞かれますね。英会話に慣れていない時はこのget+過去分詞を聞くと、なんとまあそんな言い方もあるのか、と思うと思いますが、慣れてくると、なんでもget+過去分詞、という形で表現されていくことに気づきます。受身、という身ではないですが、I got drunk, He got pissed off、など色々なget+過去分詞の形をリアルな英会話の中では聞きます。

 

he or she

会話の中で相手の性別が分からない想定ではこのように英語では書かれます。どちらか、という意味では分かりやすいですね。もっとも、この性別については今はとてもhotなトピックで、何かの申込書や記入書類などにも女性、男性、その他、のように性別を設定しない、もしくは答えなくてもよい、というような選択肢も海外では多く見られます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

残念なピッチでの戦いの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

edge out

僅差で勝つ様を表現する言葉ですね。edgeという言葉は端っこという意味で覚えている方は多いと思います。その端っことのニュアンスではon the edgeなんて言い方で、危険な状態、ギリギリの様を表現したりもできます。同じedgeでもget an edgeとすると優位に立つ様を表現できますし、edgeも使いようですね。

 

moved back

英会話の中でも英文の中でも動詞+backという形は本当に沢山みられると思います。予定を遅らせるというニュアンスでmove back a meetingのようにmove backを使う事もできますね。何かのものを戻す、put back、言ったことを取り消す、なんて言い方でtake it backなんて表現もあります。日本語からの直訳では絶対に出てこない表現だと思います。ちなみにこの表現に近いものとして、go back on my word、なんて言い方があります。言ったことを守らない、約束を破る、というニュアンスですね。他にはwatch your backなんて表現、ドラマや英語が好きな方がであれば聞いた事がある方もいると思います。

 

scored the only goal

点を取る、という何でもない表現ですが、意外とこの取る、と言う時の動詞が分からないという事あると思います。ゲットゴールでgetかな、なんていうのが最初に頭に来る方も多いと思います。もちろんget a goalでもOKですが、動詞scoreも覚えておきたいですね。ちなみにここではthe only goalという風になっていますが、名詞につくこのthe onlyが意味するのは、唯一の、という事になり、この試合で唯一の得点、という意味がすぐに分かると思います。She is the only Japanese in this roomなら彼女がこの部屋の中にいる唯一の日本人=日本人は彼女だけだよ、という事になりますね。

 

was supposed to be

be supposed toは~の予定、という意味の表現ですが、よく使われる形としては、この過去の形にして、本当は~のはずだったんだけど、的なパターンです。I was supposed to meet Ellie tonight=エリーと会う予定あったんだけど、みたいな感じですね。もちろん、エリーと会う約束をした、でも会えなかった、という風に分解して話しても言っている事は同じですが、この2つのニュアンスを1つにまとめて伝える事が出来るという意味では使い勝手のよい表現と言えると思います。

 

the two kick-offs

キックオフという言葉にsがついているのは勿論対象がtwoと2つになっているからですね。英語では複数形でsをつけるのはお決まりですが、日本語でカタカナ言葉としてよく使われている言葉にsがつくとなんだか違和感を感じるという方は多いのではないでしょうか。

 

ある意味歴史に残るのでしょうね。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop