歩行中の携帯端末使用制限の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

BANS people from

ban A from BでAに対してBを禁止する、という表現ですね。これは電車のアナウンスでPlease refrain from talking on the phoneというアナウンスの形と似ていますね。banとrefrainは同じ言葉ではないですが、避ける対象の行動をfromの後ろにつけている形は同じパターンです。ちなみに電話で話す、というのはon the phoneという風に前置詞onを使う事ができます。この記事の後にもon a mobile deviceという表現が出てきますね。シンプルな表現ですが、彼今電話中よ、みたいな言い方でHe’s on the phone nowみたいに言えますし、それを電話越しに誰かに伝えるときはHe’s on another lineみたいに言えます。

 

to those who do

thoseという単語はthatの複数形で「あれら」という風に覚えている方は多いと思いますが、それをここにそのまま訳で入れてしまうとなんだか変な感じですね。このthoseはある不特定の対象を指す言葉として使う事ができます。この「ある~さん」的なニュアンスは他にもthisがそのようにつかわれ、I’m seeing this girl, Sallyみたいな感じで、Sallyって子と付き合ってるんだけど、みたいな感じにできます。

 

 

a $100 fine

fineはI’m fineがまず最初に頭に浮かぶかもしれませんね。実際にHow are you?でI’m fineというのはあまり聞く事がありません。逆にfineは状況によっては、相手を突き放すような言い方としても使われ、大丈夫なの?的な言葉に対して「はいはい。」のような半ばうるさいな~というニュアンスを漂わせた感じになったりもします。交通違反のシーンでは罰金を意味する言葉として使われるのが一般的ですね。

 

made it illegal to be

使役動詞makeを使った定番の形の1つですね。make it 状態、士主語が何かをその「状態」にするもので、その対象は後のto以降の形、という事ですね。今回はillegalですが反対の形も勿論ありで、The law makes it legal to grow marijuanaみたいな感じにできます。海外では実際にそういう場所が沢山ありますからね笑。仲直りするというニュアンスでmake it rightなんていう風にもできます。

 

a reminder

日本語でもカタカナ言葉でリマインドという言葉は一般的になっていますね。ただremindは動詞で、reminderは名詞ですね。ちなみにremindという言葉は接頭語reとmindという2つに分けてみると意味も分かりやすいですね。mindの中に再度(re)入れる、という形で思い出させるという感じになるんですね。

 

他のエリアにも広がっていきそうですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

スト中での細かなケアの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

packed bags

packedはそのままですが、何かが詰め込まれた、何かが入ったという意味の表現として使われます。ここではbagが後に来ていますが、シンプルにpacked foodなんて言い方もあると思います。また食事に関するものだけでなくそもそもパッキング、というカタカナ言葉もあるように、packする対象は色々です。ちなみにpackingは荷物を詰める行動ですが、その反対はunpackingです。引越する時に出ていくときはpacking、入ってきたときはunpackingをするという感じですね。

 

go hungry

go+形容詞、という形でその状態になる、というシンプルな形を作る事ができます。go nutsは頭がおかしくなる、go crazyも同じようにおかくなる、ですね。go psychoもまた同じようにおかしくなる、です。psychoは精神的におかしい状況を言います。そのおかしな行動ならpsycho behaviorですね。go madは怒る、です。

 

better benefits

benefitsというのは会社などの勤め先においては基本的に福利厚生を意味する表現として一般的に使われます。就活生はこういう福利厚生もしっかりと考慮して会社を選ぶ事は多いと思いますし、そういう意味では基礎英単語の1つだと思います。benefitは同じスペルのままで動詞にする事もでき、Who benefits from the new system?みたいな感じにできます。誰が得するの?的な感じですね。とても基本的な事ですが、疑問詞のWhoやWhichなどを主語にする場合は3人称単数として動詞を連動させます。Who cares?(そんなの誰も気にしないよ)というシンプルな2語でもしっかりとsがついていますね。

 

one in four

比率を言う時にはこのA in Bという言い方は定番の形ですね。out ofなんて言い方で2 out of 10として10段階評価の2みたいなニュアンスもありますし、one on three、1対3、みたいなのも比率表現の1つですね。

 

were taken care of

ofで終わっているのはofの対象が主語needsのところで処理されているからですね。前置詞で終わるという感じが少し違和感がある方はいると思いますが、take care ofなどのような熟語として覚えていると違和感なく組み立てられます。talk about~という形ならThere’s something I wanna talk about.と終わっても違和感はないと思います。関係代名詞でも前置詞で終わる形は非常に多くみられます。

 

 

fighting for our rights

fight for~はそのままですが~の為に戦う、ですね。ストが盛んな海外では、fight for ~ rightというのはよく見られる形だと思います。fightという単語は殴り合いのイメージが日本では強いかもしれませんが、英語のfightは普通の口喧嘩でもfightを使う事ができます。ちなみにfightを使ったことわざでfight fire with fireなんてのもありますね。火には火を、毒をもって毒を制す、的な感じですね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

銃トレーニングの報酬の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

bonuses

ここでは複数形で使われていますね。加算名詞と不加算名詞は日本人英語学習者にとってはいつも微妙にやややこしいトピックです。お金に関する単語で言うと、昨日の記事でget creditというような表現がありました。creditはクレジットカードのcreditですが、このget creditは功績を得るみたいな表現でしたが、ここでは不可算名詞として使われています。ただこれも例えば高校や大学の単位という意味のcreditだと加算名詞として使われ、They have enough credits to graduate by the start of senior yearみたいな感じにできます。他にもお金まわりの言葉だと、ドルをbuckみたいな言い方に変える事ができますが、これは可算名詞として扱われ、a buck, two bucksと変化しています。一方、1000ドルを意味するgrandの場合は、ten grandという風に複数でも変化はせず不可算名詞として扱われます。

 

President Donald Trump

英語はタイトルを最初につけますよね。日本語だとトランプ大統領、山田知事、田中教授、のように後ろにつく形が多いと思います。英語ではそれぞれGov. Yamana, Prof. Tanakaのように前につきますね。ただ日本でもエスパー伊東、のように前につく呼び名もありますね。

 

undergo

これはタイトルではgetに言い換えられていました。文脈からすぐい分かると思います。undergoの過去形はunderwentとなり、goを過去形にするというシンプルな形で、とてもおもしろい形だと思います。他にもundertakeとundertookや、withdrawとwithdrewや、現在形、過去形という話ではないですが、言葉の中の動詞の部分が変化する形として、heartbreakとheartbrokenみたいなものもありますね。

 

feel more comfortable

feel comfortable。よい言葉ですね。文字を見るだけで気持ちがよくなります。Please make yourself comfortableはくつろいでね、という言い方でした。この快適、という言い方は日本語の文字からみると快適な温度、とか快適なスペース、というような空で感じるような感覚の快適という意味で使われる事が多いのかなと思いますが、不快、とすると、よりメンタル的な部分での感じがしますよね。英語でも同じように、目の前で交わされる会話の内容が自分を不快にさせるときにI’m not comfortableというようなニュアンスで伝える事ができますし、I’m not comfortable doing somethingという感じで、正直やっていい気はしない、というような対象を後にくっつけるような形もあります。

 

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

新しい大気汚染の原因の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

大気汚染の記事のようですね。

 

 

 

 

Picture

pictureは日本では名詞のニュアンスで使われることがほとんどだと思いますが、頭に描写するみたいな意味で動詞として使う事もできます。この記事の後にはvisualiseという言葉でも同じようなニュアンスが表現されています。他にはよく聞かれるImagineという言葉もありますね。少し意味は変わってきますが、fantasizeなどもある意味頭の中で何かを描写しているイメージなので近いと言えば近い言葉ですね。Stop fantasizing and get back to work!みたいなおもしろ絡みは映画やドラマなどでも聞かれそうです。fantasizeと似たようなシチュエーションで使われるのにはdaydreamという言葉もあります。同じように使われるケースが多いと思いますが、fantasizeという言葉は、自分が強く願っていたり、かなって欲しい、又は自分の憧れの世界、みたいなイメージで、自分の思い、希望について考えるというニュアンスがとても強い言葉ですね。daydreamはただふっと妄想にふけるくらいの程度の軽いものでもあり得ると思います。

 

half as important as

同格の表現は英語学習者が苦手な表現の1つだと思います。特にこのようにhalfなどの程度を付ける形は苦手意識がある方、多いと思います。今回はhalfですが、この記事にも出ていますが、twiceだと逆に2倍になりますね。更に細かい差を表現するのであれば、one thirdなんて感じで、A is one-third as big as Bみたいにできます。

 

everyday

everydayとevery dayは形容詞と副詞で使い分けられる言葉です。といってもどちらでも正直単語が単語だけに文脈がこんがらがる事はないと思います。似たようなものではit’sとitsなどもそうですね。itsはitの所有格でit’sとは異なりますが、実際にはit’sをitsと書いてもそこまで文章の理解に困る事はないはずです。

 

man-made

このmanがいうところは人工の、というニュアンスで使われます。人工のという言葉はartificialという言葉がより専門的な言葉では多く使われますね。今人気のAIはartificial intelligenceから来ています。このman-という形は他にもmanholeなどがありますよね。性差をつけないように色々な英語の言葉は変化してきていて、この言葉もmaintenance holeなんて言葉があります。他にはカタカナ言葉でも使うと思いますが、manpower、人的資源なんて言葉がありますね。

 

accounting for    

account for~は~の割合を占める、みたいなニュアンスで使われたり、説明責任を負う、みたいな意味でも使われます。割合のニュアンスでは、ABC company accounts for just 5% of the national market shareみたいな感じですね。accountという言葉単体で見れば銀行口座もアカウントですし、クライアントをaccountという言い方にもできます。またこの記事の後にもありますが、take into accountみたいな形では考慮する、というニュアンスにもなります。

 

各業界では色々とこれから対応が迫られそうですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

学費の差をつける記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

 

degrees

学位を意味する言葉ですね。college degree, university degreeのように一般的な大学の学位という言い方から、engineering degree,law degreeという風に各専門分野毎の言い方、そしてbachelor’s degree,master’s degreeという風に学位の種類まで色々な言い方でこのdegreeという表現は見聞きされます。

 

tensions

日本語で言うテンションと英語のtensionの違いというのは英会話学習ではよく取り上げられる(!?)トピックの一つだと思います。英語のtensionはピリピリした緊張感、嫌な雰囲気等を意味する表現で使われます。There is a tension between those twoみたいな感じで2人の間にピリピリした緊張感があるみたいな感じです。

 

cost more

costという言葉はそのままの形で名詞にも動詞になる言葉です。また動詞のcostについてはcostそれ自体にあてる訳の言葉がなんとも微妙な感じです。It cost me $100!みたいな言い方の時に、ナチュラルな日本語にするのであれば、100ドルもしたんだ!みたいな感じですが、この場合だとこの中からcostの訳を抜くとすると「した」という部分になりますが、それでは辞書に載せられないですよね。「した」なんて言い方ならdidもunderもtongueも直訳でしたにできますし、その他文脈次第であらゆる動詞を「した」にできますよね。

 

current cap

capは上限を意味する言葉です。ビジネスシーンではしばしば何かしらの見積の上限額など、金額に関わる事では見聞きする事がある表現だと思います。破損部分の修繕見積、請求額、何かしらの形で上限額は設定できない?みたいな色々な価格交渉的な話はビジネスの常だと思います。

 

There hasn’t been

There is/areを完了形に変えた表現ですね。これは意外と会話でもライティングでもすぐに出てこない、という英会話初級の方は多いと思います。感覚的にThere is/areが1つのセットのイメージなのでそこを切り離す感じが少し変な感じがするのかもしれません。完了形とは違いますが、この「割り込み」の感じで言えば、I want toとI want you toなど意外と言葉に詰まるポイントかなと思います。I want to~という不定詞において、toの後ろの動詞よりもwant toをセットで多くの方が覚えているので、want him toとかwant them toのように間に割り込ませるのがなんだか変な感じという感じられる人いると思います。

 

we would have expected and wanted

このexpectedやwantedと比較するというような言い方は日常英会話の中でもしばしば聞かれる表現の1つだと思います。もろに比較の形にするとbetter than (I) expectedやworse than I thoughtのようにthoughtなどもよく聞かれます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!