高級車に乗る人の特性の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

車の記事のようですね。

 

 

 

pretty

カタカナ言葉でのprettyはかわいい、という意味で使われる事が一般的ですが、英語のprettyはそれだけでなく、程度の高さを表現する言葉としても使われます。ですので、ある男性の事をpretty handsomeと言うと、可愛らしいイケメン、というような意味ではなく、かなりイケメン、という意味で使います。英会話の中でこのprettyはとてもよく使われます。英語でそれを言うならused pretty often、ですね!

 

flashy

面白い言葉ですね。カメラのフラッシュはこのflashですが、その言葉の通り一時的な華やかさを表したり、(ネガティブな意味での)派手なものを表したりします。似たような言葉でgaudyなんて言葉もあります。因みに見掛け倒し、という意味では、人の場合にeye candyなんていう言葉あります。あの人はイケメンで目の保養になるけど、中身は空っぽの人なのよ、という時、そういう人はeye candyと呼ばれたりします。

 

every extra

everyはevery dayでお馴染みですが、以外とこのeveryをeveryone/bodyくらいしか会話の中で使った事がない、という方は多いと思います。everyはある単位や区切りを表現できるもので、時間的なものであれば、every 3 daysとすれば、3日おきに、というようなニュアンスにできますし、今回のように追加のニュアンスを足したextraを入れたような言い方もできますね。また1つ1つのというニュアンスを強調するような言い方で、every single dayなんていう言い方もあります。1日1日を無駄にせず毎日努力したみたいな感じならこういう表現を使うとニュアンスを強くできますね。

 

superiority

superiorはこの言葉の形容詞ですね。名詞で上司を意味する言葉としても使われますが。形容詞superiorは何かよりも上、という意味で使われる事が多いです。また人種差別的な事を言う人で極端な場合は、例えば白人至上主義の人がWhites are superior to blacksみたいにこの言葉を使ったりもします。根拠はなくてもシンプルに上位、というような意味で使う時に使えるという事ですね。

ちなみにこの記事で黒人はblackと書かれていますが、アメリカでは黒人の事をAfrican americanと言ったります。現代は、色々な差別偏見をなくす意味で、そういった思考に基づいて言葉を選ぶ事をpolitical correctnessと言ったりします。

 

unempathetic

接頭語unがつくとempatheticではない状態を表現している事になります。empatheticの意味が分からなくても、この記事の文脈から意味は推測できそうですよね。これは人の気持ちを理解できる事、共感できる人、というような意味で使われます。少し意味は異なりますが、似たような言葉でrelateという言葉があります。She can relate to usとすれば、彼女は私たちの立場になって考える事ができる、共感してくれる、考えを理解してくれる、なんて意味になります。

 

色々な研究があるんですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

米飲料メーカーの買収の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

企業買収の記事のようですね。

 

 

buying

企業買収といえばM&Aという言葉が頭に浮かぶ方も多いと思います。MBOなんてにもありますよね。これらはMerger and Acquisition(M&A)、Management Buy Out(MBO)の略ですね。シンプルな単語はどんな時もbuyで済ませられるので便利です。ちなみにAcquisitionの動詞acquireも色々な所で使われますが、買うというニュアンスで言えばやはりbuyがシンプルでみんなが分かるので便利ですね。世界のビジネスの中では、ネイティブ同士の英語というのは少数で、実際は多くの非ネイティブ同士の英語での会話が主流です。難しい単語を使うよりも、誰もが分かるシンプルな単語で伝えるという形が多くの世界のビジネスの現場で使われている考え方です。

 

The American soda and snack company

ここではペプシコの事をこのように表現しています。英語では同じ言葉を何度も繰り返す事を避け、異なる言葉で表現しなおすとう事はよく見られます。企業であればこんな感じですし、人であればマークザッカーバーグの話であれば、途中からはfacebook founderと言ったり、IT iconなんていう風に表現を変えたりされるかもしれないですね。

 

help Pepsi become

help someone 原形不定詞というのは英会話ではお決まりの形ですし、とてもビジネス英会話でも日常英会話でも非常に多く見聞きするものだと思います。原形不定詞はto doのtoを省略するというのが基本的な形なので、help Pepsi to becomeのtoを省略していると考えれば、文章の理解がスムーズになるますかね。何でもない事ですが、ネイティブの英語を聞いているとしっかりと原形不定詞を使って表現しています。

 

worth nearly 3 trillion

worth 名詞というのがこのworthの使い方の特徴で、ここではお金の金額を入れていますが、worth buyingという風に動名詞にしたりもできます。

 

depressed

depressしている状態は企業でも人でも嫌ですね。人の場合はひどく落ち込んでいる様で名詞のdepressionは鬱を意味する言葉としても使われます。企業や景気の状態が悪い様を表現する単語は色々とありますが、景気であればsluggishを使って不景気を表現する意味になったりもします。

 

get back to work

get back to~はそのままですが何かに戻る様です。通常通りの状態の戻るならget back to normalです。人を置いて、I’ll get back to youなんていう風にすると、後で連絡するね、折り返すね、改めて連絡するよ、という意味にできたりします。

 

five times that amount

AのB倍、みたいな表現の時はBのすぐ後ろにそのままAを置く形で表現できます。double the priceだとその2倍の価格、ですね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ニューヨークの歴史ある飲み屋の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ニューヨークの記事のようですね。

 

 

 

 

iconic

カタカナ言葉でもアイコニックという言葉を使いますかね?何かを象徴するものという意味で使われる言葉ですが、これは形容詞で、名詞はiconですね。fashion iconであれば、ファッション界の象徴、soccer iconならサッカーの象徴となる人みたいな感じですね。スティーブジョブスはtech iconと言えるでしょうし、マークザッカーバーグもそうかもしれないですね。

 

New York City

New York Cityというのは、ニューヨーク州の中の1つの街です。New Yorkというと多くの方がNew York Cityを連想されると思います。なのでニューヨーク州出身だよ、と言われたら、「ワオ、あのニューヨークで生まれ育ったなんでスゴイ!」という風に思ってしまう方もいると思いますが、実際にはニューヨーク州というのは巨大で北はカナダとの国境まで伸びていますし、国境近くのbuffaloの街からマンハッタンまでは実に約600kmあります。東京~大阪間が約500kmと考えると、その距離をイメージしていただけるのではないでしょうか。

日本の都道府県の感覚で、東京の端っこに住んでるって言っても、都心まで1時間あれば出れるでしょ、みたいな感覚でいると、「いやいや、州の端っこと端っこはそんなかわいいレベルじゃないから」となります。州内でもこれだけの距離があるわけですから、西海岸と東海岸の距離はとんでもない、という事は容易に想像できますね。

 

beloved

belovedはグレイの名曲の1つですね。あまり会話の中で頻繁に聞く事はない言葉だと思います。一般的によく見聞きする表現としてはloved onesみたいな形で、自分の大切な家族等を指したりします。自分の大切な人と表現するならmy loved onesとなるのですが、loved?と疑問に思う人もいると思います。

 

gathering

gatheringというのは集まりを指す言葉で、ここでは後ろに名詞をつけていますが、逆に後ろにおいてfamily gatheringみたいな形でもよく使われます。gatherは動詞で集まる事を指す言葉でしたね。

 

features 

featuresは色々な意味で使われます。一般的には特徴や機能などを意味する言葉として多くみられますが、顔だちを意味する言葉としても使われ、例えば顔のパーツが真ん中に寄っている顔という風に言いたければ、His features are too close togetherみたいな感じで言えます。

 

commuters

commuteは通勤や移動する様を表現する動詞で、通勤者を指すのがこのcommuterですね。通勤定期となるとcommuter passという具合です。

 

spot

spotは場所を指す言葉ですが、this is my favorite spotなんていうと、ある特定のお店を指す事もできれば、お店の中のある特定の座席、お気に入りの座席を指す事もできます。

 

素敵な店が沢山ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ガンの発生率の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ガンの記事のようですね。

 

 

 

 

 next two decades 

そのままですが次の二十年という理解ですね。この次の、というニュアンスはnext以外には、another~という形も見られます。これは今の状態にプラス~というニュアンスで使われる事が多く、My presentation is not for another weekといえば、今の状態から更にプラス1週間というニュアンスを付けられます。現職の大統領が次の4年も狙っているなら、その大統領の意志はhis desire to serve another four yearsとなります。

 

increase

increaseは動詞でも名詞でも同じ形で使う事ができます。ただし発音が異なり、動詞のinkríːsに対して、名詞のínkriːsですね。decreaseも同じく名詞、動詞いずれも同じスペルで使う事ができます。落ちるという言葉つながりで言えば、dropも同じく名詞、動詞どちらにもなりますね。

 

One in six

母数に対する比率を表現するのは日常英会話でもビジネス英会話でもよくある事だと思います。one out of sixみたいな形もありますね。

 

poorer 

poorの状態が比較級になっていますね。poorという言葉は、資本主義経済においては、切っても切れない言葉だと思います。poorな人達という意味でthe poorなんて言い方もできます。反対にお金持ちの人達という意味でthe richなんて言い方もできます。形容詞にtheを付ける事でそれを名詞化した集合体として表現させています。

 

inequality

inequalityはどこの社会でも社会テーマの1つになっているのではないでしょうか。最たるものはgender inequalityではないでしょうか。他にはincome inequalityも大きなトピックだと思います。ちなみに接頭語inを抜いてequalityとすると平等の状態を指します。さらにこの名詞equalityの動詞はequalです。日本でもカタカナ言葉としてイコールという言葉がありますが、発音記号を見ているとíːkwəlとなっており、アクセントが前にあります。これはカタカナ言葉の読み方とは少し違うので気を付けたいですね。

 

a major driver

driverというと車のドライバーを連想させますが、driveする主体は英語の場合必ずしも人である必要はありません。何かをどこかに動かす、変化させる原動力となる主体であれば全てdriveが使えます。This passion drove him to do somethingのように気持ちや自分の思いがdriverになる事もありますよね。

 

be the case

the caseというのは会話の中では意外と多く聞かれると思います。例えば誰かと話をしていて、何かの状況について、もし本当にそのような状況になるなら、そのような状況なんであれば、みたいなニュアンスを、If that’s the case,~みたいな言い方をします。

 

ガンは怖いですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

スポーツ教育の影響の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

スポーツの記事のようですね。

 

 

 

so toxic

toxicは有害のものや、中毒性のあるものを指します。ブリトニースピアーズの歌のtoxicは人を表す言葉として使われていますね。有害といいつつもハマるわけですから、ある意味誉め言葉ともなり得るのがこの言葉と言えるかもしれませんね。同じように、fireも、超イケメンやイケてる事を表現したりできます。toxicにfire、どっちも強い言葉ですね。。またイケメンというわけではないですが、とてもイケているものをsickで表現したりもできます。超カッコいい友達の車はYour car is sick!と言えちゃうわけです。sickを病気のようなネガティブな意味でとらえると聞いている方は「??」となっちゃいますよね。

 

plenty of

沢山の様を表現する言葉としてこのplenty ofというのは英語では多く使われます。a lotやmanyも勿論多く使われますが、他にもa bunch ofなんてのもあります。

 

lessons

lessonはカタカナ言葉としても日本では一般的に使われているので、すぐに意味は理解できると思います。英語ではこのlessonを使ってlearn my lessonなどの言い方で、(痛い思いをして)経験から学んだ、みたいな使い方があります。一見、learn my lessonと見ると、自分のレッスンを習う?なんていう風に思ってしまいそうなこの表現。意味を理解して使い方をおさえれば、会話の中ではとても便利な表現になります。誰だって色々な失敗をしてそこから学びますし、そういう話を友人や家族との会話の中でもよくすると思うので、覚えておきたい表現です。

 

ones

代名詞oneは複数形だとonesとなります。oneを数字の1という意識で覚えてしまうと、onesと複数になる事にとても違和感を感じると思います。代名詞としてのoneの使い方もしっかりとおさえておきたいです。

 

machismo

あまり見慣れない言葉だと思いますが、同じような意味でmachoは日本でもマッチョという言葉で使われているのでお馴染みですよね。日本では筋肉もりもりの人を指す言葉として一般的に使われていますが、英語のmachoは必ずしも筋肉もりもりだけを指す意味ではなく、喧嘩っ早い感じや、態度や振る舞いが強引だったり強気すぎる感じを指したりもします。男気が行き過ぎた感じ、とも言えると思います。そんな人にはDon’t be a macho manと言ってあげましょう。

 

Winning is

~ing is XXXという表現は、何かの概念や考え方、コンセプト、思い等を表現するのには便利ですね。これを反対にして使う場合も多く、Life is about being happy/enjoying/learningみたいな感じのフレーズは多く見られます。

 

high-fived

ハイファイブというカタカナ言葉でも今は一般的に本でも認知されていますかね?日本ではハイタッチという言い方をする事が多いと思いますが、英語ではこれをhigh-fiveと言います。それを動詞化したのがこのパターンですね。よく頑張った人等にナイス!的な意味でハイタッチを求める事はあると思いますが、英語ではその掛け声としてGive me five!と言って手を差し出したりします。

 

興味深い記事ですね。

 

本日は以上です!