救われたバッファローの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

バッファローの記事のようですね。

 

 

 

 

incredible moment

incredibleは驚きの、信じられない、という意味の表現でした。自然界の驚きの光景だけでなく、スポーツや芸術の世界での素晴らしい技や技法にもincredibleは使えますし、驚きや褒め言葉の1つとして抑えておきたいです。

momentは瞬間を意味する言葉ですが、使われるシーンは沢山ありますが、このような感動的なシーンや素晴らしい、喜びの瞬間などで使う事でその気持ちの大きさを表現できたりします。

I’ve been waiting for this moment all my lifeとかso long, my whole careerなんて言い方では、その瞬間がその人にとってどれほど貴重な物なのかを表現してくれますし、the best moment I’ve ever hadなんて形にしてその時間の意味の大きさを感じる事ができます。

 

a herd of~

動物の群れを表現するこの言い方ですが、他にもこのすぐ後にライオンの群れをあわらすのにa pack ofなんて言い方も使われています。a flock ofなんて言い方で鳥の群れなどを表現したりと色々な形がありますね。人間ではa group of~なんて言い方はよく使われていると思います。

 

falls to the ground

groundはカタカナ言葉でもグラウンド、という言葉が日本では定着していますね。なんとなくグラウンドにfallした、なんて書くと日本語の感覚からするとかっこいい言い方ですが、groundは地面、地上を意味する表現ですから、普通の言い方と言えば普通ですね。

イギリスのエレベーターなどでは1階がG、2階が1と書いてあったりしますが、このGはground、地上階を意味する言葉でした。ちなみにカタカナ言葉でも似た音ではグランド、というのがあります。グランドオープン、グランドピアノなど色々ありますが、こっちはgrandで、地上のgroundとはスペルが異なります。

 

while the others

あるイベントと同時平行、または対極の位置で起こるイベントを表現する形としてwhileは英会話の中では定番の形の1つでした。ライバル同士のそれぞれの施策を比べて書く時、大国同士の意図を書く時、色々な場面が想定されます。

そしてこのthe othersでは、冠詞theがついているので、他のものを意味するものの、世の中全般のライオンを指すのではなく、あくまでaround the buffalo’s neckにclaspしているライオン以外の、”その場にいる”ライオン達を指しているんですね。

 

複数いるのでother”s”となっていますが、これが2匹のライオンのペアだったとしたら、the otherになります。

一般生活の中でもある限られた選択肢の中での話の中で、あるもの”以外のもの”を指す事は沢山あると思いますし、この冠詞のtheと単数か複数かでotherとothersをしっかりと使い分けられるようにしたいです。

 

 

それにしても最初にライオンに突進したバッファロー、勇ましいですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

ご近所さんへの恩返しの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ミリオネアの記事のようですね。

 

 

 

 

muddy

mudは泥を意味する言葉でしたので、muddyは泥っぽい様がなんとなく想像できそうです。名詞や動詞の形を少し変化させ、語尾がyで終わる形容詞の形はcloud-cloudy, wind-windyなどの天候はもちろん、sleep-sleepy,stick-sticky,spice-spicyなど色々な形がみられます。

ちなみにstickyはくっ付く、という意味のstickを形容詞に変えて、ベタベタするノリや、材料、場所などを指したりしますが、そのべたべたの様を気候にはめて、蒸し暑い、という表現としての意味も持ったりします。humidなんて言葉で覚えていらっしゃる方は多いと思います。

 

where he grew up

grow upは成長する、という意味ですが、人を主語にする時、自分の育った場所を表現する定番の形でした。この周辺の表現では他にはwas bornとかraisedなんて言い方で生まれたり、育てられたり、という表現もありますね。

関係副詞のwhereですが、その他のwhy, whenなどでもそうですが、このように先行詞が省略されるような形は非常に多くみられます。そもそもwhereやwhy, whenなどではそれ自体で場所、理由、時間を意味するものとすぐに分かりますので、聞いている方も違和感なく聞けるはずです。

That’s why S+V~、なんて言い方で、だから~みたいな言い方は学生時代には必ず一度は聞いた覚えもあると思いますし、そのままの形で頭に入っていて会話の中でもスンナリと使える事も多いと思います。

このThat’s whyも細かくみれば、That is the reason why S+V~という風に関係副詞の形で先行詞the reasonを消している形だという事が分かります。

 

looked after

このafterは~の後、と考えると、そのafterの後は何なのか、とみてしまいますが、and supported by~と続き、なんのafterなの?と思ってしまいそうです。look after, take care ofなんて言い方で世話をする、面倒をみる、なんて言い方を覚えている方にはなんでもない表現ですが、覚えていないとなんとなく、familyがなにをlookしたのか。。。と詰まってしまうと思います。

そして、his familyがwellにlook afterされた、とみればなんとなく意味合いがつかめてきます。

 

ended up making

end up ~ingは、最終的に~する、~に行きつく、なんて言い方でした。endが終わりを意味する事からもそれまでの色々な過程があっての結果、というニュアンスがこの表現でくみ取れそうです。

ここでは~ingでつないでいますが、シンプルに名詞で終わらせ、end up thisなんていってこの状態、なんていう言い方は会話の中では便利に使えそうですし、他にも前置詞を持ってきてend up in jailなんていう悲しい形、年配の方ならend up in nursing homesなんて表現もあるかもしれません。

 

ご近所さんもビックリですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

銃販売議論の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はSky Newsからの記事です。

Sky Newsの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

gun sales

日本では一般に禁止されている銃の販売、所持、ですが、アメリカではこのように一般市民が家電量販店で冷蔵庫を見比べるように銃を見比べたりしている光景があるんですね。。gunという言葉自体が日本ではそもそも生活の中であまり出てきませんが、これも銃社会アメリカではかなり身近な単語の1つだと思います。

銃規制、gun controlに関する議論は常にアメリカで起こっていますし、悲惨な銃乱殺事件などがあるたびに、その議論は過熱します。gun-related~という形で銃関連の~、という表現もアメリカのニュース記事などではしばしばみられる表現の1つです。

 

one of the busiest

英会話レッスンでも、日常英会話の中でも、busyという形容詞は大人ならよく使うキーワードだと思います。busy with~、という形がお決まりの形でした。そしてその最上級の形、これもまた仕事の話などをする時には頻繁に使われるもので、最も忙しい時間、時期、タイミングなどを表現したりできます。

文脈にもよりもますが、当然比較級busierという形もあり、busier than usualなんて言い方で、普段よりも忙しい様を表現したりできます。これから年末ですから、お仕事によっては、こういう表現を使う事が多くなる方も多いのではないでしょうか。

 

not just for

こんなところにnot?なんて思ったりする人もいるのではないでしょうか。notはbe動詞、や一般動詞の前にdon’t/does、又はその過去形で置くもの、という感覚が強い方はこういう変形に戸惑ったりすると思います。不定詞の否定、not to do、というのも不規則な形の1つですね。

今回の形は、not justという形を抜いてみると、days for~、で~の日、というシンプルな表現になりますが、forにnot justがかかる事で、~”だけの為ではない”日、というようなニュアンスを付け足す事ができます。前置詞の前、という意味では、勿論forだけでなく、not just on Fridayみたいな形では金曜だけじゃないよ、なんてニュアンスでonの前に使う事ができますし、その他with, against, atなど色々な文章を作る事が可能です。

 

criminal background

backgroundという言葉、日本でもカタカナ言葉として使われている言葉だと思いますが、履歴、経歴、キャリア、というその人の足跡を意味する言葉として一般的な言葉ですね。学歴だとacademic backgroundなんて言いますし、おもしろい(興味深い)経歴、なんて意味合いでinteresting backgroundみたいな言い方もできます。

 

every 10 people

everyが単数形と一緒にくっつく、という知識を持っているかたは10 peopleに違和感を感じるかもしれませんが、everyはそれぞれ個別でくぎる、という意味合いを持つもので、~ごと(毎)という言葉の意味ですから、10づつの単位も勿論ありえます。物事の頻度をあわらす時の表現で、every 5 weeksなんて言い方で5週間ごと、5週間に(1回)、なんて言い方もあります。

ちょっとややこしいですが、every other weekなんて言い方では、各週で、という表現ができました。every other week on Monday nightsだと各週の月曜、という事になります。

 

アメリカ社会ですね。。

 

本日は以上です。

 

 

 

ロシアの行方の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ロシアの記事のようですね。

 

 

 

 

step down

職を辞する、ポストを降りる、なんて言い方で使われるstep downですが、ステップダウン、というカタカナ言葉でも日本で普通にありそうですが、あまり使われないですかね。resignなんて言葉もあります。(定年)退職を意味するretireとは少し言葉の意味が異なります。

downの反対にupという表現ではステップアップというカタカナ言葉でも一般的ですが、徐々に階段やキャリアを登って行く様を表現できます。上下ではなく、前に、という意味でstep forwardなんて言い方もできますし、反対にstep back、更にstep outsideや、この文章の後ろにも出てきますが、step asideなど色々な表現ができます。

 

no later than

laterという表現、この比較の形での使い方は以外と会話や実戦の中で使う感覚がない方多いのではないでしょうか。そもそもlateの比較級late、そして最上級はlatestでした。

see you laterやtalk to you laterなんて形での表現が会話の中ではド定番の形ではありますが、later timeなんて言い方で、決めた時間よりもより”後の”なんて使われ方などもありますし、今回のようにlater thanなんて形になれば、比較の意味がハッキリみえてきます。

preferなんて言葉も比較で使われるものの比較対象を置かないだけに、=likeという風に、あまり比較の感覚がない方も実はいらっしゃるのではないでしょうか。もっともpreferはthan~とのセットではなく、prefer A to Bという形でtoを使いました。

 

in office

政治のニュースではしばしば、大統領やトップの職についている人達の表現としてin officeという表現がみられます。当然権力、権威をもつわけですから、他にもin powerなんて表現もみられます。

 

two four-year terms

twoとfour。ちょっとややこしい表現かもしれませんが、ハイフンが入っている所をしっかりとみつめれば、2つの4-year任期、という意味がみえてきそうです。このtermsのsはfourに連動しているのではなく、twoに連動した複数形です。そもそもfour-yearのyearが単数になっていますよね。この文章の後ろにはa six-year termとなり、単数の形もみられます。

複合語でこのような数字とあわせた形はa 30-year-old manのように単数で表現します。manも30に連動して複数になっているわけではないですね。

 

decision on whether

難しい表現ですがdecison on~は、~に対する、関する決意、決議、という表現で、decisionとあわせて覚えておきたい形です。そしてここでの決議はwhether to~という形で、~かどうか、という表現を使っています。whetherを使った~かどうか、という表現は、このwhether to~の他にも、whether A or notという形や、whether S+Vという文章のみを続ける形、またより口語に近いifに変えた形など様々な形がみられます。

 

巨大大国ロシアの行方は世界の行方にも大きく影響します。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

突然できた大きな穴の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ロシアの記事のようですね。

 

 

 

 

flooding

洪水、水害を指す言葉として一般的な言葉がこのfloodingでした。flood単体で、洪水になる、なんて言い方の動詞になりますし、flood of~みたいな形で、あふれるような~、山の様な~、みたいな言い方もできます。水があふれてくる洪水からなんとなくイメージが連動できそうです。

 

led to

ledは動詞leadの過去、過去分詞形でした。ledというスペルだけで見ると、先日ノーベル物理学賞を受賞した中村教授のLEDを連想する方も多いのではないでしょうか。LED照明のLEDの意味はlight emitting diode、発光ダイオードの頭文字をとった言葉でした。英語ではこの頭文字をとって1つの言葉を形成する、というのはVIPや、MVPなどでもそうですが、お決まりの形です。

その頭文字を並べると、今回のように既成の英語の単語にみえるようなものも勿論あり、何かの名称を付ける時には、意図的にその2つの意味をかけあわせている、なんて名前もあります。

 

is that

英語の文章を読んでいたり、聞いていたりすると、このthat節、という発想はとても大切な要素になってきます。I think that~、She said that~のように一般動詞に続くthatは会話の中でも自分で使う事もできる、という方は英会話をはじめてすぐの方でも多いと思います。

このthat節は色々な形で出現し、今回のようにbe動詞に続く形でのthat説ももちろんあります。関係詞whatを使った形ととても似ているもので、使い分けを混同してしまう方も多いのではないでしょうか。

 

is surrounded

surroundは~を囲む、という意味の動詞で、be surrounded by~という形で~に囲まれている、という意味の熟語として覚えていらっしゃる方も多いと思います。このsurroundをsurroundingsなんて言い方にして、自分が囲まれた状況=自分の今の環境、なんて言い方として使われたりもしますね。

 

many in the area are

動詞のareが連動しているのは、主語manyである事は文章をみれば明らかです。manyはmany peopleなどのように、形容詞としての感覚がとても強いかもしれませんが、それ単体で名詞としての使われ方もあるんですね。同じような発想でsome peopleみたいにして形容詞として使われるsomeも名詞としての機能も持ち合わせているので、Some areなんて言い方もできます。

 

where people are

このwhereは疑問詞whereではなく、関係副詞を形成しているものでした。関係詞は代表的な関係代名詞でwho, whichなどがとても一般的ですが、関係副詞でも、場所を指すwhere、時間を指すwhen、理由を指すwhyなど色々なパターンがありました。whyの前に置かれる先行詞reasonはしばしば省かれてThis is why~なんて表現にされたりしますね。

 

それにしても、被害者が出なくて本当によかったです。

 

本日は以上です。