南アフリカの金鉱のストに学ぶ

こんばんは!

 

本日はThe Independentからの記事です。

→The Independentの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

南アフリカの記事のようですね。

 

 

 

miners

カナカナ読みするとマイナーになり、minorと同じ読み方になってしまうのが、日本語のややこしいところです。このmineは鉱山をさすもので、majorに対するminorとは全く意味が異なります。mineで働く鉱員達をminerと呼ぶんですね。

go on strike

熟語として覚えてしまえばなんでもないこのストをする、という表現。このgo on~という表現で使われる定番の形として他にもgo on vacation、go on a (business) tripなどがあります。いづれも日常英会話でも頻繁に使えそうですね。熟語で覚える事ほど文章の作成を楽にしてくれるものはないです。

 

talks

前置詞afterの後にきているので、このtalksは名詞として使われていることが分かります。日本語でも最近は会話のことをトーク、なんて言ったりしますよね。~トークなんていうアプリや番組まであるので、名詞的な感覚は日本人なら違和感はないですかね。

, a spokesman for the National Union of Mineworkers,

このコンマではさまれた部分はどのように文章として理解すればいいのか悩む方、多いと思います。TOEICのリーディングパートなどでも頻出の形ですね。これは挿入句と呼ばれ、前の言葉の付加情報を与えているんですね。パラグアイの抗議の記事でも書いています。

文法的な問題を聞くTOEICのpart5なんかでは、正直なところ読まなくてよかったりする部分です。このあたりの読み方はリーディングのスキルの1つですね。

 

the strike

ここまできての冠詞のtheがあるのは、すでにどのstrikeか読者が分かっているから冠詞が着くわけですね。日本語の訳でよくいわれる「その」にあたる解釈です。

pay rise

賃上げを意味するこの言葉。イギリス英語ではpay rise、アメリカ英語ではpay raise。過去にこの言葉を習われた方はpay raiseで習っていらっしゃるのではないですかね。カンボジアのアパレル工場の闘いの記事でも触れています。

 

120,000

この数字、誰でも書く事はできますが、英会話の中で言葉で表現できない方、多くいらっしゃるのではないでしょうか。英語の数字の単位はhundred、thousand、millionという風に3桁づつで変化していく、というところがマズはポイントですね。

数字の3桁ごとにコンマを打つのでそれを目印にすれば、右から最初のコンマをまたぐと、1 thousandになるわけです。そこから10の thousand、100のthousandと3桁分がthousand欄になり、次のコンマをまたぐと、1 millionになります。

そこからまた10の million、100のmillionという風にmillionの3枠が出来上がるという事ですね。ゆっくり読めばなんとかできる方もすぐに言葉に出すのはなかなか難しいものです。

 

長く続くと金の価格が上昇しますかね。

 

本日は以上です。

 

 

パラグアイの抗議の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はFOX NEWS.comからの記事です。

→FOX NEWS.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

パラグアイの記事のようですね。

 

 

 

themselves

再帰代名詞とよばれるこの形。英会話初級の方で身につけられていない方が多いこの最後のvesの形。fで終わる英単語の最後の変化の法則でした。wife→wives、knife→knivesなんかは定番ですね。

layoff

解雇を意味する言葉は日本ではYou are fired!なんかが最も一般的なイメージだと思いますが、このlayoff(lay offの動詞でも使われます)も英語の世界では存在します。

同じ様なニュアンスでミックスして使われる事もありますが、基本概念の違いとして、layoffは従業員の勤務態度や営業数値などを理由としたクビ(fire)とは異なり、会社の経営事情による(一時)解雇です。

大会社はしばしば経営状況が悪くなると、数千人、数万人単位の人員削減などを発表しますが、これこそまさにlayoffなんですね。イタリアの工場の記事でも書いています。

 

lasted

動詞のlast。続く、という感覚でなかなか会話の中で使えないという英会話初級の方、いらっしゃると思います。最後の、というイメージがどうしても強い方はlasts 2 daysという時に「あと二日」という感覚で「2日続く」という感覚にはならないと思いますが、この場合のlastは形容詞なんですね。

エジプトの祝いの記事香港での地震の記事ダイアモンド強盗の記事長いキスの記事Jewelの記事イギリス皇室の記事でも書いています。

 

is leading

leadは~を引っ張る、引率する、率いる、という意味の英単語ですね。これらの意味でのleadは目的語を必要とする他動詞であることがわかります。そして色々な意味をもつleadは自動詞としての機能も持ち、その代表的菜形が熟語lead toで~につながる、という表現です。

lead to victoryなんて素敵な言葉です。

 

a series of

一連の、つながった、という意味の英熟語ですね。今回のように実生活の中で起こる継続的ハプニングを指す形もあれば、シリーズ物のドラマや映画を指し、ドラマ「~」シリーズ、みたいな言い方をする事もできます。ニュース記事などではしばしばみられる表現なのでおさえておきたいです。

イギリスの外国人学生受け入れの記事ヨルダンの新空港の記事ドバイの新プロジェクトチュニジアの緊張の記事でも書いています。

, Maria Concepcion Candia,

この前後のコンマの使い方はライティング独特の表現ですね。前の主語の付加情報として書かれる形で、挿入句という呼ばれ方をします。付加情報ですのでこれがなくても文章は文法的に完結できるという事になります。

付加情報という意味では関係代名詞の非制限用法などもイメージされる方もいらっしゃいます。こちらもコンマで続きますよね~, who is my brotherみたいな形ですね。このコンマがなければ制限用法となるわけです。

 

overtime pay

残業代、ですね。残業をする、という表現は意外とわかりそうでわからない表現の1つだと思います。最も一般的な形がwork overtimeです。日本語の「残業」という1つの名詞というイメージに固執してしまうとこのように英語で2つの単語に分ける発想に至らないですね。

常に頭を柔らかくして考える事がスムーズな英会話のポイントです。

 

景気が悪くなれば色々な事が起こります。

 

その時こそ国家の、政治化の手腕が問われる時ですよね。

 

本日は以上です。

 

 

facebookを必要とする組織に学ぶ

こんばんは!

 

本日はWNDからの記事です。

→WNDの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

facebookデータの記事のようですね。

 

 

Government

これは英会話学習者なら必ずおさえておきたい英単語ですね。governmentは当然名詞の形で動詞govern(統治する)という言葉もあわせておきたいですね。アメリカのニュースなどではgovernorなんかもよく出てきますね。

agents in

前置詞inがここでは使われていますね。少し日本語的なニュアンスとは異なる使われ方が前置詞inにはあります。日常英会話では10日後を指す言葉としてin 10 daysなんて言ったりしますね。

また、英会話レッスンを受けていらっしゃる方であれば、レッスン日時の変更などもあると思います。これをchanges in datesなんて言ったりもします。色々なinを実際のリアルな英語の中でみていくと多くの事を学べます。

demanded

TOEICを受けられる方は、demandが来れば要注意!ですね。demandやrequest、insistなど要求、依頼を指す動詞に続くthat節の動詞は原形になる、というルールが英会話にあります。これは助動詞shouldが省略されているから、と認識されていますが、なかなか実際の文章をみても違和感を感じるものです。

I demanded that Ken go there tonightという文章で、しっかりと動詞の変化を常に意識されいらっしゃる方はgoes?と思ってしまうはずです。TOEICでは頻出問題ですね。

フランスの農家の反抗の記事イタリアの人種差別記事カイロ国際空港のストの記事プエルトリコの同性結婚の記事フランスのオークションの記事SNSの記事日本での抗議運動の記事でも書いています。

 

information

informationはadviceなどと一緒に取り上げられる不加算名詞の定番の名詞ですね。英会話学習者の中にはなぜかtheを頻繁につけたがる方を多くいらっしゃいます。theが連呼されるとやはり変ですよね。しっかりとした冠詞の使い分けは日本人学習者には難しいですが、1つ1つの文章をみながら使い方を意識できるようにしたいです。

 

first half

前期、前半を指すこの表現。意外と言えそうで言えない表現ではないでしょうか。もちろん後半はsecond halfですね。サッカーなど前後半があるスポーツをされていらっしゃる方は意外と馴染みがある表現かもしれませんね。

2期制の学校などではfirst(second) semesterなんて言い方もしますね。前、後、という日本語的な言葉に縛られるとfirst、secondは出てこないですよね~笑。

half the orders

~の半分、という言い方はhalf~という形が定番で、英熟語集などでもよく取り上げられるhalf the size of~(~の半分のサイズ)なんかは英会話学習者ならまずは抑えておきたい表現です。

スペインの大きな赤ちゃんの記事ドイツのスーパーでの商品化の記事スペインでの格安ショーの記事メキシコ系移民の記事でも書いています。

 

giant

日本語でもジャイアント馬場さんのおかげ?でジャイアント=大きい、というイメージが根付いています。このように業界のgiantという表現が英語ではされるのですが、日本的にいうと業界のドン、雄、ですね。カンボジアのアパレル工場の闘いの記事ネット業界の更なる進化の記事でも書いています。

 

the same

同じこと、という意味ですね。おもいろいのはここで文章が終わっているところです。same carとかsame teamのようにsameは通常形容詞として英会話の中で使われる感覚が一般的だと思います。でも実は名詞としても使う事ができるんですね。

 

facebookは今は公的機関までが注目する場所になっているのですね。

 

本日は以上です。

 

 

アメリカの闘牛記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はThe Telegraphからの記事です。

→The Telegraphの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカ初の闘牛イベントの記事のようですね。

 

 

 

bull

bull単体でみるとあまり意味を想像にしにくい方もいらっしゃると思いますが、ここ数年で急激に日本で人気を出しているRed Bullのロゴをご存知の方はご存知のはずですね。ブルドッグ、さらに少し汚い言葉ですが、bullshitなんて言葉もあります。

直訳はbullのshitなんですが、うそやでたらめを意味する言葉として使われます。この名前のカードゲームなんかも英語圏ではありますね。

 

inspire

刺激を与える、ひらめきを与える、みたいな意味の英単語で、名詞は日本語でもお馴染みのinspirationです。HITACHIのInspire the nextという言葉でもよくみられる英単語ですね。アメリカのかわいい豚さんの記事太陽光の記事ヨルダンの新空港の記事ロンドンの記事でも書いています。

 

has made its~

このmakeの意味は少し分かりにくいですね。英会話のmakeは色々な意味があり、やりきる、達成する、成し遂げる、実現させる、みたいな意味でも使われるんですね。

明日パーティーにこれる?と聞かれてI can’t make itみたいな言い方をしたりもできますが、このように単純に「作る」という意味以外の色々なmakeの表現を実際の英会話の中で身につけていきたいです。

 

debut

これはスペルこそ難しいものの、日本語化している言葉、デビューですね。スペルが難しい事に加え、日本語の発音とは少し異なり、アクセントはuの上に来ます。日本語的な読み方だと前にアクセントがきますよね。

Organisers

この言葉もオーガナイザーという言い方で日本語化していますね。動詞organise、名詞のorganisationも超基礎英単語としておさえておきたいですね。さらにこの言葉はスペルがイギリス英語、アメリカ英語で異なる点にも注意が必要です。

アメリカ英語のスペルはorganize、日本の学校ではこちらで習いますよね。そしてイギリス英語のスペルはorganise。最後のzeとseの違いなんですね。

 

criticised

批判、非難する、という意味の基礎英単語ですね。評論家を指すcritics、批判、評論を指すcriticismも一緒に覚えておきたいです。ブラジルでの人権問題発言の記事マラウィ大統領の専用ジェットの記事アドバイスをする相手の記事でも書いています。

 

mistreatment

treetmentに接頭語misをつけ、反意語にしていますね。understandingに対するmisunderstandingなんかは日常英会話、ビジネス英会話関係なくとても頻繁に使われる表現の1つです。接頭語の形の1つとして絶対におさえておきたいものの1つです。

 

veterinarian

とても難しい言葉で、獣医を意味するんですね。実際の口語ではvetという風に略して話すのが一般的です。冷蔵庫refrigeratorがfridgeと短く呼ぶように英語も実際の日常会話の中では色々なものが略して表現されます。

最もこのような略語はまだ日本語の略語の感覚に近いですが、英語の略語は頭文字をとって並べる独特なものがありますよね。これは日本語的な感覚では真似できないですね。FYI(for your information)、BTW(by the way)、ASAP(as soon as possible)など色々あります。

 

写真だけみるとまるでスペインです。。

 

本日は以上です。

 

 

スペインで発見された未確認生物に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

→Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

スペインの浜にうちあげられた未確認生物の記事のようですね。

 

 

 

looks like

~のようにみえる、という定番の表現ですね。日常英会話の中でも頻繁に聞かれる表現の1つです。lookもまた~にみえる、という表現で使われるため混同されがちですが、lookの後ろは通常形容詞ですね。look beautiful/great/niceなど様々な表現がシチュエーションにあわせて置かれます。

それに対し、look likeの後ろは名詞です。

 

beast

野獣、獣を意味するbeast。響きがすでに獣っぽいですよね笑。ディズニー映画の美女と野獣、原題はBeauty and the Beastでしたね。

metre

イギリス英語のスペルでしたね。アメリカ英語では当然meterです。

最近はマンチェスターUの香川選手の記事がサッカー界には常に流れていますので、マンチェスターの歴史的スタジアム、オールド・トラッフォード(Old Trafford)の別称、the Theatre of Dreamsなんかでもスペルの違いに気付かれた方もいらっしゃると思います。好きな話題、記事から英語を学べるのはとてもよい事ですね。

ブエノスアイレスの火災記事タイリゾート地の石油流出の記事ニュージーランドの一連の地震の記事世界最高齢でのエベレスト登頂の記事ドンキーの記事インド巨大企業の挑戦の記事でも書いています。

 

was washed ashore

be washed ashoreは岸に打ちあげられる、という定型の形でした。washというと洗う、という意味のみが頭によぎりそうですが、実際には色々な使われ方がするんですね。

 

are being done

進行形と受身の形のミックスの形ですね。それぞれを英文法で習っても、ミックスの形で理解するのはなかなか難しいものです。これ以外にも現在完了形と進行形、現在完了進行形など、文法用語は覚えなくてもいいですが、そいういう機能の組み合わせという発想の文章も組み立てられるようになるといいですね。

 

determine

determineはbe determinedで意思の固い、決意の固い、みたいな表現で英会話ではよく使われますが、動詞として判別、研究、判断する、みたいな使われ方もするんですね。発音が難しい英単語ですね。そしてアクセントは前から2つ目のeになります。音とあわせてしっかりとおさえておきたい英単語です。

ドイツの強盗団の記事井戸の起源の記事でも書いています。

 

detached

attachedという英単語を知っている方は、単語の意味を知らなくても、もしかして、と思われた方も多いと思います。detachはくっつく、付属の、添付のを意味するattachの反意語なんですね。ちなみにattachは添付ファイルなどを指すattachment fileのattachですね。アタッチメントというカタカナ英語として一般化していますかね。

 

what we’re dealing with

dealという英単語がでてきました。この単語は前置詞withと一緒に使われるハッピーセットですね。ビジネス英会話では自社が扱う商材を表現する意味でdeal with~と言ったりもできます。

シリアの現状の記事ブラジルワールドカップの記事インド巨大企業の記事インドの同性愛者への理解の記事でも書いています。

 

不思議な生物ですね。

 

 

本日は以上です。