初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉 オンライン
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

商社マンとして学ぶ第四言語としての英会話レッスン

こんばんは!

 

日中は暖かい日も出てきて、少しずつ春を感じられるようになってきましたね。

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在商社にお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で英語を使う機会が今後増えてくるから、という事でした。

 

もともと韓国語、中国語を話せる方のため、お仕事では主に中華圏、韓国マーケットを担当されていたようですが、仕事の幅が広がり、今後は英語もできるようにならなければ、という事でした。

 

英語も流暢になれば、4か国語を操るスーパーマルチリンガルですね。

 

特に中国語、韓国語をおさえているわけですから、アジアマーケットでは最強と言えると思います!

 

 

 

そんなこちらの生徒様ですが、アデュールでレッスンをスタートされた時のTOEICスコアが750点。

 

既に基礎はしっかりとされていて、ご自身の中では、中国語、韓国語に比べ、スピーキングが圧倒的に弱いという事でした。

 

また、ご自身が育たれた環境から、中国語、韓国語については抵抗なく自然に習得できたようですが、英語に関しては西洋の言葉という事もあり、中国語、韓国語の時のようにスムーズには習得できないという感覚をお持ちでした。

 

レッスンではとにかくスピーキング、ナチュラルな英語を使える事にフォーカスして、内容を毎回濃くしていくという事で、これまで頑張ってこられました。

 

結果的に、現在はスピーキングについては、始めた頃と比べ、かなりスムーズに出来るようになってきたと感じてくださっていました。

 

これはもともと目標にしていたエリアなので、ご本人もとても喜んでいらっしゃいました。

 

そして何より、英語に対しても自身がついてきたという事で、レッスンでも当初よりも積極的に、また感情も豊かに表現されるようになったようで、それがレッスンでの会話を充実させる事に大きくプラスになっていると思います。

 

また、そこまでトレーニングの意識はされていなかったようですが、リスニングについても、以前よりも聞き取れる頻度が上がっているようで、これについては、スピーキングの強化とリンクして上がってきたのも、と話されていました。

 

英語の4技能は基本的に全て繋がっていますし、どれかのトレーニングをされれば、他の技能向上にもつながってくる、というのは間違いないですね。

 

嬉しい繋がり、発見だと思います。

 

また、もう1つ嬉しい成長はリーディングを挙げていらっしゃいました。

 

これは宿題で英語を読む機会が毎日あり、またそれを使ったレッスン内容になっている為、必然的にしっかりと内容を理解できる読み方が身についてこられたようです。

 

リーディングについても、スピーキング程には意識していなかっただけに、とても嬉しい効果だとおっしゃっていました。

 

こちらの生徒様について感じる事は、とにかく真面目にやるべき事を淡々とこなされるという事。

 

これは語学だけでなく、色々な物事の習得においてもとても大事なスタンスだと思います。

 

お仕事でも色々なマーケットを任されるようになったのは、そういった所の評価がしっかりと会社でもされているからだと思います。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

メーカーでの将来的な英語活用の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

森会長発言が波紋を広げていますね。

 

開催国としては、とても残念な事で、どうにか世界に良い印象を持ってもらえるような形になってほしいと願うばかりです。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内のメーカーにお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、将来的に仕事で英語を使えるようになりたいから、という事でした。

 

会社でも社員向けに英語学習は推奨されているようで、実際に部署によっては英語を使うところもあるという事で、ビジネスにおいても英語はかなり近くまで迫っていらっしゃるというようなご様子でした。

 

ご本人としては、今の会社がとても快適なようで、出来ればこれからもこの会社に長く勤めたいという想いから、しっかりと会社で生き残れる力を磨きたいと意識で英会話を始められました。

 

会社に求められているTOEICスコアは550で、とりあえずそこは既にクリアされた為、今の段階では特に会社から英語力について要求される状況ではないようです。

 

この間に、自分が学びたい所、学ばなければいけない所を徹底的に学び、いざ英語が必要という状況になったときに、焦らず業務を遂行できれば、という事でした。

 

その強い想いもあり、この1年はとても頑張って下さいました。

 

レッスン自体をとても楽しんで下さっている事は勿論、リスニング、スピーキング、ボキャブラリと万遍なくスキルの底上げができてきているとおっしゃっていました。

 

実際に英語が仕事で必要になる状況になれば、英語のメール、電話会議、海外出張等、あらゆる場面が想定されるという事でしたので、現在のように読み書き、会話、4技能バランスよく力をつけられる事はとても素晴らしい事だと思います。

 

英会話学習者によくある陥りやすいパターンとして、好きな事には時間をかけられるけど、苦手な部分は無意識に敬遠してしまうという事です。

 

そして、その最たるものがボキャブラリです。

 

単語を覚えるというのは、楽しく英会話というイメージとは違い、学生時代の試験前をイメージされる方も多く、そこから「苦痛」を伴う感覚をどうしても感じてしまうようです。

 

多くの方にまず考えていただきたいのが、学生時代の苦痛と現在の英会話トレーニングをリンクさせないようにしていただきたいという事です。

 

単語を覚えるにしても、英語→日本語意味、というペアをたただただ沢山覚えていく繰り返しではなく、実生活、ビジネスに必要な単語について、具体的な状況を想像しながら、新しい表現をおさえていく、という意識で学ぶ事で、学習イメージは大きくかわります。

 

多くの方が学生時代は試験の為の勉強、目標としている大学に入る為の勉強、という意識があり、その目標の為に仕方なくやらなければいけない事で目標がクリアできれば後は使わない無駄なもの、という意識が頭の片隅のどこかにあったので苦痛だったはずです。

 

ただ、社会人になってからの学びは、全て実生活、ビジネスにつながる学びです。実用性を伴えば、学習への意識は大きく変わります。

 

本日の生徒様はその実用性の意識をうまく利用し、この1年を過ごされました。

 

課題は、ネイティブっぽい表現、熟語等がまだ理解が弱く、聞き取りに支障をきたしている点を挙げていらっしゃいました。

 

2年目、また大きく羽ばたいていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

子供をインターに通わせる為と海外移住の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きますね。

 

コロナのワクチンがはやく世界中に行き届いて欲しいものです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内にお住いの専業主婦の方で、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お子様をインターのプリスクールに通わせる為、そこでの送り迎えの際の先生とのコミュニケーションや親子行事の際の会話力を身につけたいから、という事でした。

 

首都圏にはインターが沢山ありますし、プリスクールのバスもいっぱい走っているので、多くの方が子供をインターに通わせる事を一度は考えた事があるのではないかと思います。

 

自分は英語ができず苦労しているので、子供にはそんな思いはさせたくない、と感じる人も多いですね。

 

アデュールの生徒様の中には同じように子供をインターに通わせるので英語が必要という事で英会話を始められた方が多くいらっしゃいます。

 

自分の子供の事ですから、インターに行ってはいるもののそこで何が起こっているのか自分の言葉で確認できないと不安になるというのはよくある事だと思います。

 

お母さん強し!です。

 

本日の生徒様については、お子様のインターだけでなく、旦那様が近い将来海外留学される予定で、そこに家族で帯同する為、その時の為に英語力を備えておきたいという事でした。

 

むしろ、旦那様の留学というのが先にあって、その為の準備という意味もあってお子様をインターに通わせるという事だったようです。

 

海外に行くと、更に子供事が不安になるという事はこれもまたよくある事です。

 

ただでさえ、日々変わる子供の様子を楽しみながらも、分からない事が色々と出てきて、お医者さんや専門家に相談する事もある育児の時期に、言葉がうまく伝わらない国で同じような事ができるようになるのは、かなりの努力がいります。

 

ご本人もそれは強く認識されていて、その為にも今からしっかりと準備をしておきたい、という事でした。

 

ただ、こちらの生徒様に関しては、もともと英語はどちらかというと好きな方だという事で、学生時代にも短期留学をされていたりと、海外の文化にも触れて来られていて、英語を学ぶ事自体は全く抵抗なくこれまでもされてきているようでした。

 

この数年は育児や色々な変化もあり英語から遠ざかっていたようですが、それでも基礎の力をしっかりお持ちである為、体験レッスンでもしっかりとご自身の事について英語で話されていたようです。

 

ポイントはボキャブラリ、ナチュラルな表現、そしてスピード、この辺りだとご自身は感じていらっしゃるようでした。

 

ボキャブラリは英会話の基礎体力ですから、これは当然ですよね。

 

ナチュラルな表現というのは、どうせ英語をやるならおさえたいところです。長ったらしい文章じゃなくても、たった一言でそのニュアンスを伝えられるというような英語表現は沢山あります。

 

そして最後のスピード。これは海外に住むなら特に身に付けたい所です。

 

みんなが英語だけで話す環境では、基本的に自分の英語力はそこまで気にされずに会話が進んでいくものです。

 

優しい近くの人がフォローしてくれる事はあるかもしれませんが、基本的に会話全体のスピードはネイティブスピードで進んでいくのが普通です。

 

だからこそ、このスピードも身に付けたいです。

 

ヤル気は十分のこちらの生徒様。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

IoTデバイス/センサーセキュリティ市場アナリストの為の英会話レッスン

こんばんは!

 

今年の節分は一日早まり、恵方巻きを食べ損ねた方、いらっしゃるのではないでしょうか笑。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の会社にお勤めで、サイバーセキュリティ等がご専門との事で、お仕事上、海外のITベンダーのカントリーマネージャー等にインタビューをする為、英語が必要、という事でした。

 

以前アメリカに少しの期間駐在されていらっしゃった事もあるようですが、当日は現地の日本企業をクライアントしていらっしゃったようで、業務上英語を使わない為、飛躍的な英語力の向上にはつながらなかったようです。

 

もちろんアメリカに滞在していたため、日常生活の中で英語が必要な場面はあり、そのおかげでリスニングは少し力がついたと感じていらっしゃいました。

 

ただ、現在もお仕事で英語を使うとなると、現在の英語レベルでは相手の会話についていくのがかなり厳しく、会話のキャッチボールとなると、もう少し英語力を上げなくてはまずい、との事でした。

 

ITの世界はやはり海外勢優勢なのか、アデュールの生徒様の中でも、IT分野についていらっしゃる方で、技術系の方は多くの方が海外の情報を得る意味で英語を学ぶ事に熱心でいらっしゃいます。

 

英語は好きじゃないけど、ITの世界は好き、という狭間に立たされる中で、英語を学ぶという選択をする方は多いと思います。

 

ITの世界で更に先へ進もうと思えば、英語をクリアしていかなくては厳しいというご判断だと思います。

 

本日の生徒様は、英語については、もともと好きという事ではなかった事もあり、やらなくてはという気持ちがあっても、大きく前に進み切れないという時期が長かったようです。

 

渡米時も、英語環境に入る事に、戸惑いもあったようです。

 

帰国後は、日常生活も日本語環境に戻った為、リスニングの力も落ちてきて、今は半分位しか理解できない状態にいらっしゃるという事でした。

 

仕事において、英語で相手の言っている事が100%理解できないというのは、不安の種になりますね。

 

8,9割理解できれば、前後の文脈で、基本的にOKでしょう。

 

ただ、5割になると、話の中で部分的に、ごっそりと理解できない所もあるはずです。

 

そうなってくると、大きなポイントを聞き落とす可能性もあり、それはビジネス上避けたい所だと思います。

 

本日の生徒様はとにかく話す事、聞く事の2つ、会話を鍛え上げたいという事でした。

 

目標をしっかりとそこに置きつつ、理想は英語でのコミュニケーションでも、意思疎通できる事だけに意識をおかず、その会話を楽しめる気持ちを持てる余裕が出てくれば、なおよい、という事でした。

 

英会話は、初級レベルやまだ自分の英語が全然だめだと感じている時は、どうしても会話の中で焦りが出てしまうものです。

 

相手の言っている事が分からない、相手の話すスピードになんとかついて行かないと、すぐに言葉が出てこない、言っている事が理解してもらえない、等、焦りポイントは様々ですが、自分の英語がダメという意識が、無駄に焦りを生んでしまっている事も多く、それが本来できるべき会話もできなくなるというような事態につながる事もあります。

 

楽しく話せるというレベルになるのは、英語に自信がついてきた、という事でもある場合がほとんどです。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

電機メーカーで海外の関連会社とのテレカンに入る為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の首都圏は雨のようですね。

 

気温は高めのようなので、嬉しい限りですが笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の電機メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、海外の関連会社とのテレカンに入らなければいけなくなったという事で、急遽英語力をしっかりとつけていかなければいけなくなったという事でした。

 

いきなりの英語を使った仕事、いきなりふられると、英語が苦手な方にとっては、本当に困りますよね。

 

特に、少しは話せるけど、仕事では使った事がないから、、という方ではなく、「英語は全くダメ」とはっきりと認識されている方にとっては、地獄への入口のように思えます。

 

本日の生徒様は、幸いにも前者のようでしたが、それでもいざテレカンに入ると、少しは英語ができると思っていた自分の自信をくじかれ、ほとんど理解できない場面もあり、これでは仕事にならないと痛感されていらっしゃるようです。

 

仕事で英語を使った事がない方にとって、初めて英語でやり取りされる場面に入ると、そのように感じる方は多いと思います。

 

日常英会話とは使う英語が異なる事もあると思います。

 

勿論その業界の専門用語については、その業界人であるので、聞き取れるという意味では、他の業界の人がパッとその会議に入るよりはアドバンテージはあると言えます。

 

それでも、所々で単語が拾えるだけでは、全体はかなりあいまいになりますし、仕事でやっている場合、その細部の理解がとても重要である事は多くありますよね。

 

というわけで、本日の生徒様は、会話力を徹底してあげていきたい、という事でした。

 

英語については、もともとは好きな分野ではあったようで、読み書きについては、少し気が向いた時に、英語の勉強本を買ったり、英語の勉強会に参加したりと、ちょこちょこ英語に触れてこられたようです。

 

それも今となってはほとんど意味がなかったと感じます、とおっしゃっていましたが、そんな事は絶対にないと思います。

 

今習う英語を次の会議ですぐに使う、聞く場面があるという事ではないと思いますし、習う単語や表現によっては、10年聞かない事だってあると思います。

 

ただ、10年後のある会議でひょっこりその単語や表現が出てきたとき、スムーズにその場面を理解できるという事が英語の成長であると思います。

 

10年も待てないよ~と思われた方、これはあくまで1つの例ですので、もちろん次の会議で使える単語、表現も色々すぐに学べます笑。

 

理解していただきたいのは、英語は結局の所、積み重ねなんですね。

 

勿論、ある定型の形をおさえれば、あとは、その中の名詞を変えるだけで、色々な便利な熟語にできる、みたいな潰しのきくようなものもありますが、そういう表現”も”ある、という事に過ぎず、それをもって、基本的な単語を覚える必要性が5割減る、なんて事は全くありません。

 

積み重ねで力がつくもの、という事をしっかりと理解して、最初からその気持ちで英語に向き合う事が、後々長く続けられる力になってくれます。

 

3か月でペラペラになった、なんていう言葉をどこかで聞いたり見たりすると、そんなお手軽なら私も、、なんて思ってしまいますが、その気持ちで始めると、道のりの長さを目の当たりにしたときに、気持ちが打ちのめされてしまいます笑。

 

本日の生徒様の今後が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
Aduleトップ > Adule公式ブログ
pagetop
Aduleトップ > Adule公式ブログ