初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

ビジネスでより実用的な使える表現を求めて始める英会話レッスン

こんばんは!

 

西武M10。

 

強いですね。日本シリーズがまた楽しみになります。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在日本の大手IT企業でエンジニアとしてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、これまでは外国人スタッフも少なく、英語を話さなければいけない状況でも日本人が多いという事から、なんとなく適当な英語でごまかしてきていたものの、外国人の比率が上がり、徐々に高い英語のレベルを求められる雰囲気になってきたから、という事でした。

 

もともとオーストラリアにワーキングホリデーで1年程度若い頃に行っていた、とおっしゃっているだけあり、普通の簡単な会話は問題なく出来ていらっしゃるようでした。

 

外国人エンジニアを混ぜた会議でも、一応その場をなんとか”やり過ごす”だけのギリギリのコミュニケーションは取れているという事でしたが、やはり自分の英語力の弱さは周りの英語の出来る人の中にいると際立ってしまう、という事を最近とても気にされるようになってきたようです。

 

外国人比率が上がると勿論、インターナショナル感が増しますよね。見た目からしてハッキリとそれが分かってきます。

 

流暢な英語で話す会話が社内でも沢山増えてくると、誰が考えても、やっぱりやらなきゃな、という感じになってくるのは十分ん理解できますよね。

 

ご自身が今感じていらっしゃる弱い部分、それは普通によく日常で話すような簡単な事が、意外とうまく言えない事が多いという事。

 

逆に技術的な単語はそのまま覚えているのでどうにでもなるものの、ちょっとした状況の説明、感情、想いの伝え方など、そのニュアンスが微妙に異なれば受け取り方も随分変わってしまう、とうような細かい所の表現力を高めていきたい、という事でした。

 

今までは日本人がマジョリティだったため、上手く言えない時は日本語英語で言ってなんとなく分かってもらい、外国人スタッフは英語のできる日本人スタッフにそれを”ちゃんとした英語で”通訳するみたいな事があったようですが、それも今は昔。

 

状況は刻一刻と変わるのがビジネスの世界の常ですね。

 

この自分の表現力を高めるという意味で、逐一細かい表現の確認作業をレッスンの中で入れながら、そして職場の会話も想定したロールプレイ等も入れながら、仕事に直結する英語力を鍛えてきたい、という事でした。

 

ビジネス目的で英語を学ぶ方は勿論、仕事で最終的に生きてこなければ意味がありません。

 

無駄なテキストや内容はやりたくない、というのが多くの方の本音で、明日にでも使える表現をおさえていきたい、というのは、ビジネスで英語力を求められる方の思いです。

 

これまで英会話レッスンを何度か受けてこられたこともあったようですが、どうしても現実の英会話を乖離している内容があったり、なんとなく自分のやりたいことから徐々に離れて行ったり、その辺りのすり合わせが上手く出来ず、不完全燃焼の時間と感じる事がしばしばあったようです。

 

時間をお金をかけるなら、やはり結果を求めたい、と強く願っていらっしゃいます。

 

講師側も結局それで生徒様が結果が出れば、評価にもつながるわけで、やはり目標設定や細かい部分のすりあわせは大切です。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

外国人観光客への道案内をきっかけに始める英会話レッスン

こんばんは!

 

今週はお天気がいまいちの関東地方。

 

3連休もあんまりみたいですね。せっかくの3連休なのに子供たちには残念ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在IT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、都心にお住まいというい事もあり、外国人に道を聞かれることが多く、もともと英語はずっと話せるようになりたいと思っていたため、外国人に道を聞かれるようになりだしてから、英語の勉強をやり直したいと思うようになられたからとの事でした。

 

よいきっかけになったのは引っ越ししたことのメリットの1つですね。

 

今や外国人は国内に沢山いらっしゃいますし、新大久保にいけば、アジア情緒満載、六本木の夜は超インターナショナル、という感じですかね。

 

アデュールの生徒様の中には、本日の生徒様のように、引っ越したことをきっかけに、新しい環境がきっかけで英語を始めたという方が他にもいらっしゃいます。

 

近くにインターナショナルスクールやプリスクールがあったりすると、外国人のお子様の親御さん達がその近くに頻繁にいらっしゃるようになります。

 

必然的にちょっとした挨拶などが生れてきますし、建物が同じだとエレベーターで一緒になるという事もあると思います。

 

英語が話せる人にとってはなんでもない環境ですが、英語が超苦手!という方にとっては、意外とドキドキするタイミングでもあります。

 

エレベーターで一緒になって、何か聞かれたら、、小さい子供に英語で何か聞かれたら、、、なんて想像すると、「早く自分の階について~~」なんて心の中で叫びたくなります笑。

 

5歳児に英語で何か質問されて、上手く答えられなければ、なんだか切ない気持ちになります。

 

その子がお母さんに「この人英語話せないよ」なんて感じで英語で言っていたのが分かったら(悪口だけはよく聞こえるというのは人の常ですね)、もうしょんぼりもいいところです。

 

他にもご近所さんが外国人の方が多くなったという事は何かと話す機会が増えますし、港区だと場所によっては大使館関係者だったり、色々な外国人の人がいる場所が沢山あるので、その周辺に住んでいるとこれまた何かと話す機会が生まれる可能性があります。

 

本日の生徒様は、今回のように外国人の方に道をよく聞かれるようになった新しい環境について、とても良かったと話されています。

 

ずっと自分の英語力に引け目を感じつつ、でも英語は話せるようになりたい、と思っていただけに、背中を押してくれた外国人観光客の存在だったようです。

 

それからご自身でNHKラジオ英会話で独学で勉強を少しずつ始め、今年はさらに力をつけたい、という事でアデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

独学で色々と頑張っていらっしゃっただけあって、基礎の所はしっかりと学生時代の所を復習されているご様子でしたし、より実践的な会話のトレーニングにこれからは時間を割けそうというのが今回の担当講師の評価でした。

 

海外旅行の時にも不安なく一人旅が出来るようになれればうれしいとも話されていましたし、会社でも英語ができると仕事の幅が広がる可能性があるとも話されていました。

 

環境としては英語を絶対にやった方がよい環境にいらっしゃる方です。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

英語のメール,電話,プレゼン,会食に対応できる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の関東地方はあいにくの雨のようですね。

 

今日もなんだか天気はよくなかったですし、今週は洗濯物が、、、という方も多いのではないでしょうか。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、会社で英語を使う業務があるものの、全く自分の英語力では歯が立たない為、早急に自分の英語力を高めたいから、という事でした。

 

今この瞬間に英語が必要、という方にとっては、死活問題ですね。

 

大企業であれば、英語のレベルをしっかりと判断されて、出来る人しか英語を使う業務は任されない、という事が多いと思います。

 

ただ中小企業は違いますね。

 

英語ができるかどうかではなく、やるかやるかそれともやるかのどれか、という選択肢しか与えられずに環境に投げ込まれる。

 

そんな事が日常茶飯事で起こる事も多いと思います。

 

勿論会社によって色々だとは思いますが、大企業と比べて圧倒的にリソースが足りない中小企業の経営陣にとっては、「出来るかできないかを聞いていない。やれと言っている」みたいな強行突破論で攻めてくる場所も多いと思います。

 

仕事は営業、人事、総務、システム、です、みたいな滅茶苦茶な仕事量をこなす人は世の中に沢山いますし、このような仕事の振られ方をする場所では、英語が出来るかどうかではなく、TOEIC500点だったよね?明日から英語の業務やって、みたいな事もあると思います。

 

そういう場所に限って、経営陣は英語が全く出来ないからTOEIC500点がどれ位のレベルかもあまり分かっていない、なんて事がありますね笑。

 

本日の生徒様の会社はそこまでひどい会社ではないようですが、それでも同僚に助けてもらいながら、なんとかやらなきゃいけない仕事があり、基本的には英語での対応の部分との事ですが、それが自分の身の丈に全くあってない、という感じる事がしばしばあるようです。

 

現在のTOEICスコアは400点台で、英語自体は中学卒業で勉強が終わっているという事でした。

 

高校からは別の言語を選択された為、英語の勉強はもうはるか昔の記憶になっているため、今の会社で仕事を始めた時はもう死ぬかと思いましたという事でした。

 

それでもなんとか業務をこなしながらここまで来ていらっしゃるという事は、恐らくTOEIC400点台だった以前よりもだいぶスコアは上がっていらっしゃるのかと思います。

 

体験レッスンを担当した講師の評価でも恐らくもう少しスキルは上がっているという評価を出していました。

 

ただ周りのスタッフが英語が出来るだけに、社内ではどうしても自分の英語力が極端に弱く見えてしまうという事が、ご自身に成長の実感というか、自信を持たせてくれてない要因のようでした。

 

目標は、TOEIC800点以上、ビジネスで英語でコミュニケーションがしっかりでき、電話やメールでコミュニケーションがスムーズにできる、プレゼンができる、会食に参加できる、という項目を挙げられていました。

 

英語が出来ればそれが出来る環境があるというのはこちらの生徒様にとってはまたやりがいのある道だと思います。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

3年以内のTOEIC800点を目指して頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

なんだか一気に涼しくなって、風邪をひき始めている人も街中でチラホラ見受けますね。

 

寒暖差のあるこの時期は体調管理、気を付けないとですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内のIT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、会社で3年以内にTOEIC800点を課されている為、やるしかない状況で始める事にしました、との事でした。

 

現在はTOEIC300点台ですので、道はまだ長いですが、とにかく、やるしかない、という事で気持ちの上ではもう腹をくくっているとおっしゃっている為、そういった意味では、メンタルの部分ではなく、トレーニングにフォーカスしてすすめていけるのではないかと思います。

 

現在はご自身で英語の書類を作ったり、実際に仕事で社内の英語の業務を担ったり、という事は難しい為、会社の英語のプレゼン資料作成の手伝い程度で英語の関わっていらっしゃるとの事でした。

 

それでも社内がそのように英語をやらなくては、という雰囲気になっている事は、とても良い環境だと思います。

 

人は無意識のうちに周りの環境に強く影響を受けているものだと思います。

 

いわゆる”意識高い系”の中に入ると、みんながみんなそのような環境では、自分が異端児になります。

 

辞めるか、自分も”意識高い系”になるか、という選択肢をそういった組織の中では、無意識のうちに選択する事になる場合が多いと思います。

 

辞めるという選択がなかなか難しい人にとっては、半強制的に”意識高い系”の人になるわけですから、これはすごい力です。

 

環境、特に周りの人が及ぼす影響の強さをしっかり自分の成長に活かせる方は、どんどん力が伸びていくと思います。

 

本日の生徒様は、やはり強い成長意識を持っていらっしゃいました。

 

家族とのプライベートの時間も大切にしたい、と考えつつも、仕事においてプレゼンスを高める事は自分の生きがい、生き方でもあり、車の両輪のようなものと認識されているのだと思います。

 

英語力に関しては、とにかく単語が足りない、という事を一番痛感されているようでした。

 

そして英語学習者にとって、地味ですが一番ダメージを感じるのがこの単語力だと思います。

 

色々と英語の勉強をやって、会話レッスンも受けて、なんとなく自分は頑張って英語に関わっている、と思っていても、心の奥底で単語を覚える事は面倒だからあまり力を入れていないな、、と思っている方。

 

必ずどこかのタイミングでそのダメージを痛感するはずです。

 

話す時かもしれません。聞く時かもしれません。

 

長い仕事の英文資料を読む時かもしれません。

 

なんとなく英語に馴染んできた、と自分では思っていたのに、結局単語で足止めを食らっている、、という事に、しっかりと自分の英語力を分析しだすとリアルに気づくはずです。

 

単語を覚える。

 

なんとも退屈で、面白くない言葉なのでしょうか。。笑。

 

でもここが言語のベースなんですね。

 

それなしには、流暢に話す事はできません。

 

どうしてもそれ以外の発音だったり、おしゃれなフレーズだったり、そういう所に目を向けて自分の単語への意識を薄めようと思ってしまいたいものですが、しっかりと現実に目を向けていただく事が大切です。

 

本日の生徒様はこれからここにしっかりとフォーカスして覚悟を決めます、との事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

急激に国際化している会社で生き抜くために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

関東地方はなんだか急に涼しくなりましたね。

 

しかし全米テニスは熱かった。大阪選手は素晴らしいですし、錦織選手もあと一歩でしたね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在IT企業にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、将来的に部署異動があったときに英語が出来るようにしておいた方がよいから、という事でした。

 

日系企業ではあるようですが、海外展開も積極的に行う姿勢の会社のようで、社内にも既に多くの外国人エンジニアが在籍されているようです。

 

世界で戦うIT企業、なんだかかっこいいですね。

 

本日の生徒様が入社時はまだそこまでグローバルな印象ではなかったようですが、この3,4年で一気に会社の雰囲気が変わってきた、という事でした。

 

その前の様子を知っているこちらの生徒様にとっては、この変化がとても不思議なようで、一昔前の日本人ばっかりの雰囲気のオフィスがなんだか嘘のような気がするほど、との事でした。

 

現実が常にイメージの中ではとても強いですね。目の前に視覚で訴えてくるわけですから、どうしても過去は例え最近でも変化が大きければ大きい程「過去感」を感じるものだと思います。

 

本日の生徒様はこの会社の大きな方向性の変化の中で転職も考えられたようですが、上司にチャンスととらえろ、と言われ、踏みとどまられたようです。

 

確かに大きな変化に戸惑う方は多いと思います。

 

とくに外国人スタッフが増えると、かなり見た目が変わりますからね。

 

ガラッと国際化した雰囲気はなんだかとても楽しそうと感じる人もいれば、ここは自分の居場所ではない、と感じる人がいてもおかしくありません。

 

世の中、英語なんて一生話せなくていい、日本にいれば日本語を話せればそれでいい、と考える人は沢山いますし、それが正解か間違いかは当の本人が決める事で誰が決められるわけでもないですよね。

 

ただ、本日の生徒様のようにこの変化の中で生き抜く道を選ばれたのは、上司の方がおっしゃったとおり、大きな成長のチャンスを得られたのだと思います。

 

仕事の内容が変わったり、環境がかわったり、現場の人間が一番大変です。

 

上層部はある程度自分たちの意識で方向性を作っていくわけですが、現場の人間は、エッ、いきなり今日からやり方変えるの?的な感覚になったりします。

 

やるしかないのですが、そのいきなり感は誰だって打撃は大きいものです。

 

英語に関して言えば、やはり英語が出来た方がいい、、という雰囲気が日々社内に醸成されてきているようで、本日の生徒様もその空気の中で、独学でこれまで勉強されてきたようですが、どうも自分の中ではかどらない、という気持ちが今回の英会話レッスンスタートにかじを切らせたようです。

 

ものごとが上手くいくときは誰だって最高の気分ですし、やってるのにはかどらないときは、悶々とします。

 

でも解決策は必ずあるはずですし、本日の生徒様のこの挑戦が一つの解決策になってもらえると良いと思います。

 

英語の言葉で、

 

Where there’s a will, there’s a way

 

なんてのがあります。意志あるところに道は開ける、みたいなニュアンスがわかりますね。

 

本日の生徒様は成長したい、という気持ちを前面に出していらっしゃいました。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop