初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

商社の貿易事務で定型メールだけに縛られない英語力をつける為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

羽生結弦選手の仙台パレード、凄かったですね。

 

1人のパレードであれだけ人が集まるというのは、本当にすごいです。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在商社で貿易事務のお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、英語での電話がたまにかかってくるため、その時に英語でしっかりと対応できるようになりたいから、という事でした。

 

日常的に英語でメールのやりとりはされているものの、定型のものでやり取りする事が大半のようで、実際に自分で頭を絞って複雑な英文を日々書いて、、という事はないようで、なかなか仕事だけでは英語力を上げにくい環境、、と話されていました。

 

頭を使って時間をかける仕事、それを増やせば増やすほど、さばける仕事の量は勿論減りますし、だからこそ、事務方の仕事である程度マニュアル、定型のものを使う、というのは企業であれば当然の対応だと思います。

 

ただこと英会話、英語のトレーニング、という意味で言うと、自分の頭で文章をゼロから作っていく、というアプローチで日々英語の向かう事はとても大切な事になります。

 

実際の英語の文章は勿論歴史上誰も言ったことがない文章を考え出す、というような恐れ多いものではなく(笑)、日々だれかがほぼ同じような単語、語順で世界のどこかで話している可能性の高い文章、という事になります。

 

ただそれもやっぱり完コピではなく、自分の知識の組み合わせが必要になってきますし、使う単語や表現も相手によって使い分けたりと、考えながら使う事が大切になってきます。

 

こういう細かい判断を人は無意識にうちに母国語ではやっていきますが、第二言語ではなかなか無意識ですぐに出来るものではなく、意識してやっていく事が一番大切なトレーニングなんですね。

 

定型の表現を使った英文メールというのはこの点が決定的に欠けているのが英語学習という視点では問題です。会社の業務効率という意味では勿論大正解な対応です。

 

ということで本日の生徒様、ずっとご自身が自信を持ってこれなかったスピーキング、そしてライティングでも定型でない英文をしっかりと書けるようになる事、その辺りを今後意識して頑張っていきたい、という事でした。

 

大学時代は体育会系ラクロス部に所属されていたこちらの生徒様。持ち前の体育会系のガッツで、少々の事ではへこたれません、とおっしゃっていたその言葉はとても力強いものがありました。

 

英語学習においてとても大切な要素の1つが続けること。

 

どれだけ頭がよくてどれだけ暗記力があって、どれだけのみこみが速くても、数か月でモチベーションが下がってしまえば意味はありません。

 

ウサギと亀ではないですが、長いレースだという事を肝に銘じて、雨の日も、雪の日も、日々少しずつでも前進する事でしかその先は見えない、という心構えでいれる事が結果を出す方の共通点だと思います。

 

実際に英語の会話力がつけば、営業サイドに配置転換される例も社内にはあるようなので、できれば自分もそういう所まで目指していきたい、という事でした。

 

気持ちは十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

英検準一級と留学の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。あっという間に週末です。

 

来週はもう4月最後の週末ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在高校生で、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、大目的は英検準一級を取って、受験時の英語科目で加点を得る事、そしてその次の目的としては、大学進学後に考えている留学の為に会話力を今からしっかりとつけておきたい、という事でした。

 

しっかりと自分の目標を見据えて、今から頑張っていらっしゃいます。

 

お父さんのお仕事の関係で、外国人の職場の方がしばしば自宅に来ることが小さい頃からあったようで、その為か、英語環境に小さい頃からとても親近感を覚えていらっしゃったようです。

 

必然なのかもしれませんが、中学進学後、英語科目では常に学年トップクラスを維持できているのも、この家庭環境のおかげ、と話されていました。

 

アデュールの生徒様の中には同じように、幼少期にご両親のお仕事の関係などで、海外の、外国人の環境というものに、なんとなく慣れているという方が意外といらっしゃいます。

 

首都圏、という土地柄も大きく寄与していると思いますが、そうやって小さい頃から外国の文化に触れている方は、言語だけでなく、他文化への理解もあり、言語を習得する上では間違いなくアドバンテージになっていると思います。

 

本日の生徒様はどちらかというと控えめな性格のようで、自分からよく話す方ではない、というのがご自身の評価で、その為スピーキングの力は小さい頃から培われている、という事はなかったとの事でした。

 

ただお父さんが外国人の方と楽しそうに話していらっしゃるのを横で静かに見ていた記憶は沢山あるようで、耳はそのせいかよいとの事です。

 

実際に海外に留学となれば、そこからはスピーキングの力も必要ですし、その前に英検でもスピーキングの力が求められるわけですから、ここはこれからの課題です。

 

現段階では英検一級はまだ少し遠いかな、というのが担当講師の正直な印象ですが、同学年の生徒様に比べると間違いなく英語力は高く、英検準一級合格、というだけの視点でみると、あとは単語力の底上げ、これが一番大きなポイントになってくると思います。

 

塾にも通っていらっしゃり、英語だけやっておけばいい、というわけではないのが、また受験を目指す学生の難しい所。

 

ただ得意の英語科目は早めにつんでおきたい、というのは正直な所だと思います。

 

受験のラストスパートではどうしても苦手科目の底上げに時間をかけるはずです。

 

こちらの生徒様の素敵なところはお父さんをとても尊敬されている点で、所々、お父さんのようになりたい、お父さんに近づきたい、という風に話されていました。

 

そんな事を言ってもらえるお父さんはとても幸せですし、そういう親子関係が築けている家庭はまたとても絆の深い家庭であるのだと思います。

 

そのお父さんに近づく大きなポイントの1つは留学と位置付けていらっしゃいました。

 

それはお父さんからも言われているようですが、海外での生活の時間は自分の価値観を大きく変えてくれる場所でもあり、その時にできる人とのつながりは、大きな財産になると聞かされているようです。

 

実際にお父さんの留学の話を聞く中で、自分の成長の大きなポイントもその時期にあると感じていらっしゃるようでした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

30歳の節目で始める英会話レッスン

こんばんは!

 

関東地方はあいにくのお天気。

 

なんだか少し寒い一日でしたね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在健康センターで健診受付のお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、30歳を超えた今のタイミングで、そろそろ転職を考えようと思っているから、という事でした。

 

現在のお仕事でも英語ができる事に越したことはない、という事でしたが、今後はもっと積極的に英語を活かせるようなお仕事をしたい、という風に考えていらっしゃり、その為の第一歩として英会話レッスンスタートという事を考えられたようです。

 

健康診断は本当に沢山の人が受けるものですし、お仕事としてはとても責任のあるお仕事だと思います。

 

ご自身もそれなりにやりがいもあってやれているとの事でしたが、それでも学生時代から英語を話せる人への憧れがあり、その気持ちはずっと消えず、これまでもただずっと憧れの気持ちだけで、英語のできる周りの友人やテレビで見る英語が流暢な芸能人などをみてこられたようでした。

 

やはり大きな転機は30歳という年齢の節目だったようで、色々と考える事があったようです。

 

人によっては年齢なんてただの数字に過ぎない、と考える方もいますし、そこまで深く考えない人も沢山います。

 

ただやっぱり30歳の節目、色々と考えてしまう人が多いのも事実だと思います。

 

女の子は独身だったらこの先どうしよう。

 

という事もより強く考えるようになりますし、「仮に」ずっと結婚できないで独身になる場合、自分で仕事をして生きていかないといけない。

 

そうなれば、労働市場で市場価値のある自分にならないといけないし、何かスキルをつけないと、何か見せられる能力をつけないと、という風に考えだしたりもするものです。

 

20代の頃は、いずれ結婚はするだろから、世帯収入のメインは旦那。自分はあくまで世帯収入の意味では補助的な立場、という考えを当たり前の未来の前提として考えていたりする人もいますが、それも30を超えると、その当たり前の未来の前提を少し疑い出すタイミングが来ます。。

 

恐ろしや~。。

 

ですが、自分をしっかり見つめる。人生をより真剣に考える。

 

という意味では私はとてもよい時間だと思います。

 

そういう世の中的な節目があるから、人はそこで何かをアクションを起こしたり、考えを改めたりし、そして新しい自分に変わっていけたりするものだと思います。

 

本日の生徒様は、アラサー女子のそういった悩みも交えて色々お話いただきましたが、基本的にとてもポジティブな方なので、個人的にはそこまで真剣に悩まれる事はないと思います。

 

しっかりとやるべきことをだけやっておいて、あとは天命を待つ。

 

基本スタンスはそれでよいのではないでしょうか。

 

英会話レッスンについては、本当に全く英語が出来ないので何から手を付ければいいのか分からない、といのが現状のようですので、まずは基本的な所から確認し、どれ位のスパンでどれくらいの能力を付けていきたいか、目標も定めながら担当講師としっかりと前に進んでいただきたいと思います。

 

新しい人生の一歩へ向けて、これから是非頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

3児のママとして子供たちに英語に興味を持ってもらう為に始める英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の関東地方はあいにくの曇り空。

 

明日もお天気はよくないみたいですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在3児のママさんで会社勤めもされているワーキングママさんです。

 

今回お申込みいただいた理由は、将来的に英語を使った仕事への転職を長期的な視点で目指している事、そして子供たちにも自分のその英語学習の姿勢が英語への興味につながってくれれば、という思いからという事でした。

 

まだまだ小さい3人のお子様の育児をしつつ、フルタイムで毎日お仕事されていらっしゃり、忙しい毎日ですが、とても充実された毎日を送っていらっしゃるようです。

 

英会話を考え始めたのは昨年末頃のようで、大好きな家族にかっ込まれながら、好きな仕事もできる順調な今の生活の中で、年末ということもあり、来年、そしてその先数年、という風に少し冷静に今後の事を考えられたようです。

 

その中で今のままただ毎日を精一杯に過ごす、という形ではなく、自分にも、そして子供たちにも、何か将来大きなものにつながっていく自己投資をしていきたいと思われたようです。

 

その中で自分の英語の習得が家族への影響もあり、そしてキャリアの上でも大きなポイントになると考えられました。

 

こちらの生徒様はお子様には基本的に自分の意思を尊重させたいという事で、無理にこちらからなんでも習い事をやらせるのではなく、色々と興味を持たせる機会は作りつつも、最後は自分から「やりたい」と言う言葉を大切にされているようです。

 

なので、英会話にしても英会話教室にすぐ通わせるのではなく、日々の生活の中でふと興味を持つような事があれば、そこから子供の反応をみながら考えていきたい、という事でした。

 

子供はお母さんやお父さんがやっていることをすぐにまねたがりますよね。

 

その好奇心がどこまで続くかがその子が本当にそれを好きかどうかという所にもつながると思いますが、親が見せる、という事は子供への入り口としてはとてもよいですね。

 

本日の生徒様の場合はそのまま自分のキャリアアップにもつながるわけですから、一石二鳥です。

 

以前何度か英会話スクールに通われたようですが、やりっぱなし感があり、また自分一人ではなかなか勉強の環境を作れず、いずれも徐々にフェードアウトするという事になっていたようです。

 

今回はただただ楽しい英会話の時間、というだけではなく、しっかりと勉強の習慣をつけ、またレッスンでも、これは大事、これは宿題でやってきて、という風に、ある意味「押し付けられる」感が欲しいという事でした。

 

自分はその環境がないと忙しさを理由になかなか自分を追い込めなくなっていく事があるから、という事でした。

 

環境作りはとても大切ですね。人それぞれ学習のモチベーションは異なりますし、どういった学習方法がべストかはその人によります。

 

大事なのは自分が目指す形のイメージをしっかりと持ち、可能であればそれに日付をつけて逆算して半年後、一年後の自分の目標値を定めていく、という事だと思います。

 

目指す形に到達するまでが長ければ長いほど、しっかりと計画を立てないと今この瞬間やらなければいけない事がボヤけてきます。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

英語のハンデを乗り越えてキャリアップする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

4月も3週目。あと1週間すればGWもまじかになりますね。

 

今年はどんなGWになるのでしょう。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、英語での電話対応、メール対応をしっかりとできるようになりたいから、という事でした。

 

現在は英語での対応はかなり厳しいようで、基本的に電話は受けない、メールは英語で書いたメール内容を上司にチェックしてもらってから書く、という日々のようで、現実的にこの状態をこれからもずっと続けていく事は会社的にNGという事を感じていらっしゃるようです。

 

会社から特に何か言われているわけではないようですが、自分自身が組織の中で機能していない、という事を日々感じる中で、自分自身の存在意義を見出すためにも、まずは基本的な英語力の強化、そしてそこから仕事力でプレゼンスを高める、という段階を踏まなければいけないとの事でした。

 

英語ができれば仕事が出来るように思われる、という風に感じる方は世の中に多くいらっしゃると思います。

 

確かにポジションや仕事内容によっては、英語さえ話せれば、よっぽどの事がなければ、普通に仕事を回せるようなものもあると思います。

その場合は、英語さえ話せれば、その仕事については、しっかりできる人になれます。

 

ポジションが上がれば上がるほど、こなせればいい、という仕事が減り、責任をともった大きな判断をゆだねられる機会が増えてきます。

 

ここでは英語力ではカバーできない事が多くなってくるはずですし、経験値や能力から判断するその判断力が問われるわけです。

 

なので、英語ができる人はすごい人、というのはある意味幻想で、純粋に日本語しか必要な職場において、責任あるポジションに抜擢される人とそうでない人、という所の判断が、英語というバイアスがかかりそうな多くの場所でも結局はポイントになってくるはずです。

 

なので、本日の生徒様にはそこまで今の現状にガッカリされず、ご自身のもともと持っていらしゃる英語以外の能力、そこを信じて前に進んでいただきたいと思います。

 

それに最後は仕事を変えればいいわけですし、上司や会社は親とは違い自分で選べるものです。

 

今回の生徒様はとりあえず今の場所で戦い続ける判断をされたわけですから、そこでは担当講師を使えるだけ使って結果を出していただきたいと思います。

 

もともと英語が出来なくても採用されている、という事自体がこの生徒様のポテンシャルを会社が買っているという事なのですから、英語ができれば会社の期待値以上の結果を出せるという事になります。

 

まずは基本的な会話レッスンからのスタートです。

 

英語で話すという事に対して極度に自信を失くしていらっしゃるので、まずは楽しく英語で会話を続ける、という所から少しずつ進めていただく事になります。

 

周りに英語のできる人に圧倒されてしまうのは、英語力に自信がない方であれば当然の事だと思います。

 

ただ重複しますが、それと本質的な仕事の能力の差とは別の話です。

 

最低ラインの英語力をクリアさえすれば、十分勝てる勝負が待っているはずです。

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop