初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

ご高齢の両親をヨーロッパ旅行に連れていく為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に週末になりましたね。

 

なんと!来週末は11月最後の週末で、その次の週は12月です!

 

当たり前ですね笑。Time flies!です。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在専業主婦の方で、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、今年の冬にご両親をヨーロッパ旅行に連れていかれるようで、現地でコミュニケーションに困らないよう、少しでも英語の力をつけておきたい、という事でした。

 

ご両親ともにご高齢で、今回のヨーロッパ旅行が最後の両親との海外旅行と考えていらっしゃるようです。

 

ご高齢でお父様はまた病を抱えていらっしゃるようで、現地で何かあった時の為にも、自分がしっかりとしていなければ、という強い気持ちを持っていらっしゃいました。

 

娘さんのお父さんへの愛情ですね。

 

素敵です!

 

お母様はまだかなりお元気ではあるようですが、ご高齢ですので、何か1つ大きなケガでもすると大変という事で、お母様の事も勿論とても気遣っていらっしゃいました。

 

こういうご家族の愛情を感じられる会話をしているととても幸せな気持ちにさせていただけます。

 

アデュールの生徒様の中には本日の生徒様のように、ご両親を海外旅行に連れていきたい、という事で英会話を頑張っていらっしゃる方が他にもいらっしゃいます。

 

家族は一緒にいればそれだけでもその時間が幸せな時間ではありますが、海外など色々な場所に行って感動を共有できることは、これまたとても幸せな瞬間です。

 

是非今回のヨーロッパ旅行も楽しく、そして言葉の問題も上手くクリアしながら終えていただきたいと思います。

 

 

 

ご家族での旅行と言えば、本日の生徒様とは逆のパターンで、小学生のお子様がインターに通っている為、英語がバリバリできて、海外旅行の時には親御さんがお子様を通訳として頼っていらっしゃるという生徒様もいらっしゃいます。

 

これまたとても素敵な親子関係ですね。

 

お子様にとっては、自分がしっかりやってあげなきゃ、という気持ちがグッと人間を成長させてくれると思いますし、親御さんにとっては、信じられない位に子供がたくましく見える瞬間だと思います。

 

小学生にそこまで頼る事もないと思うので、親御さんの感動も計り知れないものだと感じます笑。

 

 

少し話が脱線しましたが、本日の生徒様は現在の英語レベルは全くの初心者レベルという事で、まずは最低限のあいさつからのスタートしていきたい、という事でした。

 

数十年前に一度だけ英会話スクールに通われたようですが、その時は自分には向いていない、と感じて辞めてしまったようで、それからの数十年越しの再チャレンジという事でした。

 

今回はというと、目的がはっきりとしているので、向いている向いていないの話ではなく、やらなければいけない、という気持ちが前面に出ていらっしゃるので、体験レッスン時もとても積極的に頑張ってくださっていたようです。

 

また、以前は自分には向いてないのでは、、、と思い、少し構えながらレッスンを受けていたことが、逆に自分の成長の可能性を阻害していたと、本日気づかれたようで、やはり前向きに、全力で挑戦する事でしか本質は見えないのかもしれませんね。

 

ヨーロッパ旅行目指して頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

心理カウンセラーとして外国人をカウンセリングする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に寒い日が続きますね。

 

空気もすごく乾燥してきて加湿器がフル稼働です。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在心理カウンセラーとしてお勤めで、今回アデュールでのレッスンを受けられることになった理由は、外国人の方を担当する事が最近多くなってきたという事で、その時に英語でのコミュニケーション抜きでは会話が進まない方の為に、自分の英語力を磨きたい、という事でした。

 

色々な方をカウンセリングするようですが、やはり外国人の方を相手にする時、英語での会話が必要な場面ではカウンセラーとしてかなり辛い所だと思います。

 

本職のカウンセリングの仕事の前に立ちはだかる言語の壁。

 

これは他の仕事でも同じ事で、自分の本業の前に立ちはだかる大きな言語の壁を崩す事ができないと前に進めない事が多くあると思います。

 

アデュールの生徒様の中にはこれまでにもそう多くはないですが、心理カウンセラーをされている方がいらっしゃいました。

 

お仕事の現場のお話を聞くと、やはりとても専門的な分野で、こういった方々の必要性をいつも強く感じます。

 

本日の生徒様はまだこのお仕事を始めて数年という事ですが、それでもお話を聞くと、この期間でもとても沢山の方々のカウンセリングをされてきたことがわかりました。

 

そしてその中に占める外国人の方が占める割合が高いという事にはとても驚かされました。

 

今回は特殊なお仕事という事ですが、専門的な英語を学びたいわけではなく、基本的な英語の会話ができる基礎の力をつけたい、という事でした。

 

学生時代は特に英語は苦手意識がなかったようですが、それでもいざお仕事に使うとなると勝手が違うようで、思ったように言葉が出てこない事がご自身の中では大きなショックのようでした。

 

他の生徒様でも時々おっしゃいますが、特に大学受験でかなり英語の勉強をされた方などは、自分は世の中の一般的な人達よりも英語の力はあるはず、と思っていらっしゃり、それが道端で外国人に道を聞かれた時に何も言えなかった事で感じるいきなりの失望感。

 

多少はできると思っていらっしゃるだけに、全く対応できなかった事へのショックは逆に一般的な方よりも大きく、それが反動で英語には一切関わらない生き方を選ぼうとされる方もいらっしゃいます(結局は仕事などで英語が必要になってこられて英会話を習われ始めたわけですが)。

 

本日の生徒様は英語から離れるという選択はされなかったですが、それでも自分の力の無さにかなり失望されたのは確かだったようです。

 

自分を改めて見つめなおし、難しい単語ばかりを知っていれば会話が成立すると思っていた自分から、新しく会話モードの自分に切り替えていくという風に考えられるようになりました。

 

もともと英語が嫌いなわけではないので、結局は自分なら出来る、という自信も持っていらっしゃるのだと思います。

 

体験レッスン時から分からない事、習ったことをしっかりとメモにとって復習していらっしゃったこちらの生徒様。

 

お仕事柄かもしれませんが、所々にとても几帳面で真面目な様子がうかがえました。

 

とても地味ですが、そうやって1つ1つ潰していこう、という気持ちが最終的には大きな自分を作ってくれるはずです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

受付で海外からの来訪者に英語で対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

日馬富士の件、どうなるのでしょうかね。

 

前代未聞の事態に多くの方が驚きを隠せないのではないでしょうか。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某大手企業の受付をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、海外からの来訪が最近多くなっているようで、英語のできる同僚が休憩中の時に、自分が上手く対応しなければいけない状況で今は全くうまく出来ていない為、そこを克服したいから、という事でした。

 

英語ができる同僚に英語関係の仕事を一任する、という事は、こういうリスクがあるので怖いですよね。

 

ただ多くの企業がこのような状況を常に抱えていらっしゃると思います。

 

企業は全ての人材を英語ができる人材にする事はできないですし、上場企業でも、総合受付の電話対応で英語が出来ない人が対応する事があるという事もしばしば聞きます。

 

バリバリの外資系企業は別ですが、日系企業ではどうしてもこういう状況はあり得る事だと思います。

 

こういう企業では、英語ができる人たちに完全に英語の業務を任せているという事が問題の原因ではありますが、逆に英語の出来る人達が英語の業務を自分達から独占していく、という動きも実際にはよくある事です。

 

英語が少しできる人が実際に外国人の方が来訪した時に対応しようとしても、少しでも会話が詰まるものなら、英語が出来る人が一気にその場に入ってきて、その場を奪ってしまう。

 

こうなるとその人の方が英語ができるわけですから、英語が少しできる人からすると、自分がまたそこに割って入る程の英語力はなく、諦めて引き下がる、という事になります。

 

実務ではどうしてもスピード、スムーズな対応が求められますし、英語が出来る人が出てくると、少し英語ができる位の人は出る幕がなくなってしまいます。

 

空気的に私じゃないな、、、というのは普通の人は感じてしまうからですね。

 

 

本日の生徒様はこれまでは完全に英語のできる同僚に任せる、というスタイルを貫いてこられたようですが、幸いにも(!?)、自分が対応しなければいけない状況がしばしば出てきているようなので、これを機に始めてみようと思われたようです。

 

大きい会社では、往々にして、身の丈にあった仕事しかさせてもらえません。

 

ただそれでは成長は目に見えるスピードでしかありませんが、自分のキャパを少し超えるような環境で仕事をさせてもらえる環境がある時は、グッと成長できるチャンスですし、全く知らなかった世界をいきなり見る事ができるチャンスだったりします。

 

人生の時間は有限。

 

そういう2,3歩先の環境に入れてもらえるチャンスがあれば、それはどんどん生かしていかなきゃ損ですよね。

 

本日の生徒様はこの機会にどんどん英語の対応能力を伸ばし、仕事の幅を広げていただきたいと思います。

 

今はとにかく身振り手振りでの案内で、英語での会話とは程遠い、という事でしたが、それは全く自分は会話ができないと思い込んでしまっている部分もあります。

 

実際に本日の体験レッスンで、先生にゆっくりと話す時間をもらい、ゆっくりと時間を考えて話す環境を与えられた時、少しですが、英語で話していける感覚を味わえたと話していらっしゃいました。

 

少しずつこれからそこのスピードを上げていっていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

不完全燃焼で終わっていた英会話レッスンの時間を解消する為に頑張る生徒さん

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きます。

 

そして大谷選手のメジャー挑戦。

 

日本人としてはただただ成功を祈るばかりです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在子供服を輸入する会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンを受けていただく事になった理由は、お仕事で取引先との英語でのやりとりが増えている為、その時にしっかりと対応できる英語力をつけたいから、という事でした。

 

今の会社のお仕事を始められた時から英語の勉強は始められているようですが、以前受けていた英会話スクールのアメリカ人の講師の授業では、なかなか上手く質問ができなかった事、そして基本的な語学力がまだ足りていない為、普通の会話が成立しない事が多々あったようで、不完全燃焼のままレッスンが終わってしまっていたようです。

 

その間、色々と自分に合う勉強法を考えられ、しっかりと質問ができる環境、そして同じように英語の勉強をしてきた人に習う、という事でアデュールでの日本人英会話講師のレッスンを受けられる事を決められたようです。

 

 

 

色々と英語の勉強をしていると、考える事も沢山出てきます。

 

今の勉強のやり方はいいのだろうか。

 

力が伸びていないのは、自己学習が足りないだけではなく、今のスクールのやり方が自分には合っていないのではないだろうか。

 

色々と考えるものです。

 

正直こういうプロセスは疲れるものです。

 

ただただ正攻法に乗ってまっすぐ何も考えずに進みたい。

 

仕事でも、プライベートでも、それが出来れば誰だってそうしたいですよね。

 

ただ、実際には色々な要素が絡み合うのが現実社会であって、結局は自分の頭で、自分の肌で何を感じ、何を考えるのか、その繰り返しでしか、最高の答えは導かれないわけです。

 

 

 

 

本日の生徒様はそういった意味では英語の勉強についてこれまでの自分が得たもの、得られなかったもの、これから得たいもの、色々と考えていらっしゃって、とても沢山話してくださいました。

 

こうやって自分に必要なアプローチを深く考えている方は、日本人英会話講師からしても、同じようなプロセスを踏んできている事もあり、より沢山のアドバイスを出しやすくなります。

 

経験者に学ぶ、というのは1つのやり方だと思います。

 

 

 

 

実際に今回の体験レッスンでは、やはり会話力についてはまだまだ自分の力は足りないと感じられたものの、分からない所の確認、回答がスムーズに行え、不完全燃焼に終わる感覚がなかった事が一番手ごたえを感じられた部分だったようです。

 

やりきった、という気持ち。

 

いいですね!

 

今後の課題としては、まず自分が会話の中で使えるレパートリーがあまりにも少ないという事で、そこをしっかりと増やしていく対策をメインにしたい、という事でした。

 

つまりスピーキング重視、という事のようです。

 

先生のように、とっさに聞かれた事をスムーズに答えられるような、幅広い知識を表現力が欲しいという事でした。

 

会話の中での瞬発力というのはとても大切な事で、ここがついていないと、会話のテンポが一気に遅くなります。

 

そうなる事で、相手も会話が段々と微妙になってきますし、そこをクリアしたい、とおっしゃることはとてもよく分かります。

 

とても熱心なこちらの生徒様。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

中国出張の際のディナーで取引先と英語で会話できるようになる為の英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に寒い日が続きますね。

 

街中はマスクの人も増えてきましたし、体調管理、万全にしないとですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在紳士服メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンを受けられる事になった理由は、中国に出張に行くものの、ディナーの時などカジュアルな場面では通訳なしで話せるようになりたいから、という事でした。

 

普段の中国出張は通訳をつけて行かれるようで、基本的にビジネス業務においては何も問題はないようですが、それでも通訳を通さず、フランクに話せるような時間を作る事で取引先との強い信頼関係を築きたい、という事でした。

 

本日の生徒様はこの道30年の大ベテラン。

 

業界の事は知り尽くしていらっしゃるようで、取引先もこちらの生徒様の知識、ノウハウは高く評価してくださっているとの事でした。

 

その為に毎回中国に行く際は多くの関係者の方が会いにきてくれるようですが、いつも通訳をつけてのコミュニケーションに自分でもダメだなと、最近強く感じるようになられたようです。

 

一般的にはそろそろ退職という世代であって、このタイミングで今から頑張らなくても、、、とご家族の方には言われているようですが、それでも自分の中でここは頑張ろう、と決められたようです。

 

英会話を始める時に、60,70,80代の方は特に始める年齢を気にされる方がいらっしゃいます。

 

さすがにもう今からじゃ厳しいかな、、、と。

 

記憶力という部分では確かに下の世代に方には負けるかもしれません。

 

ただ、だからと言ってやらない方がいい、という事ではなく、始める事に遅すぎる事は全くないわけです。

 

アデュールの生徒様の中には60~80代の生徒様が他にもいらっしゃいますが、皆さんとても楽しく学んでいらっしゃいます。

 

楽しみながら学ぶ、という事を上手く自分でコントロールできる、そんな方々が多いのかなという印象を受けます。

 

勿論、育児に追われる時期ではありませんし、そういう意味では色々な部分で少し落ち着いて勉強に取り組める、というのも大きい事は事実だと思います。

 

 

 

本日の生徒様も仕事での取引先との会話において英語で直接会話をしたいのは、ディナーなどの時間で、具体的な契約の話や細かい業務の所は今後も通訳を通すつもりでいらっしゃいます。

 

良好なビジネス関係の構築の為にちょっとしたスモールトークなどを直接できるようになることで、人間関係のベースの所を作っていく事を目指されています。

 

そのベースがディナータイムの会話にあるという事でした。

 

レッスンではまず会話の中での素早い文章の構築、という事をテーマに挙げられていました。

 

単語はなんとなく浮かんでくるようですが、とにかくすぐに文章にならず、「あ~ダメだ」となって結局通訳を通して会話をすることになってしまう、という事がこれまで英語での会話を挑戦した際の結果だったようです。

 

話したい事が沢山ある、スムーズな会話をしたい、という気持ちが強い方程、どうしてもこういう風になってしまうと思います。

 

相手に自分のつたない英語力で、長い間我慢して聞き手に回ってもらうのをとても気にされる、そういうタイプの方だと思います。

 

という事で、まず最初の課題はそこのスピードを上げていく、という所でした。

 

やる気は十分。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop