対面レッスンで緊張感を持たせる英会話レッスン

2021年10月5日

こんばんは!

 

10月に入り、朝晩はかなり気温も下がってきましたね。

 

オリンピックの熱気も徐々に過去のものとなり、日常に戻ってきた感があります笑。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、これまで会社の補助でオンライン英会話を受けていたものの、自分には合わないと感じる事が多かった為、違う環境で受けたいという事でアデュールでの英会話レッスンを選んでいただきました。

 

具体的に会社の補助で受けていたオンライン英会話で会わないと感じられた点は、まずネイティブ講師であった事。

 

ネイティブ講師が英会話講師である事には基本的に何も問題はないと思います。アデュールにもネイティブ講師が在籍しています。

 

ただ、合うか合わないかはその人のレベルや目指しているものによって変わってきますよね。

 

本日の生徒様の場合、細かい質問、疑問に対して、現在のこちらの生徒様の英語力では英語オンリーでは解決しきれなかった部分が多かったと感じられていたようです。

 

英会話レッスンにおいて、細かい所は気にせず前に進むというスタンスも大切な時はありますが、ただ、細かい所をずっと気にしないというのもそれはそれで問題ありです。

 

どの段階でどのような細かさを気にするかというのもまたそのによりますね。

 

また、性格的に細かい所を曖昧にして進むことがどうしてもできない、という方もいらっしゃいます。

 

そういった方にはやはり細かい部分もしっかりと対応できる講師が必要となり、本日の生徒様の場合は、アデュールで日本人講師で受けてみるという事のようでした。

 

もう1つ他の理由は、オンラインよりは対面の方が講師の発音がクリアに聞こえるという点を挙げていらっしゃいました。

 

現在のネット環境というのは、高速インターネット環境で、一昔前のような音が割れる事が多発するような事はほとんどなくなりましたが(勿論環境により個人差はありますが)、それでも対面で会話する時の目の前の人から聞く音と比べるとやはり劣るという感じる方は多くいらっしゃいます。

 

特に英会話においては、母国語でない分、よりしっかりと耳を澄まして聞かなければ分からないという事は多く、それゆえに、その小さな差が気になるという方もまた多くいらっしゃいます。

 

最後は、対面レッスンで得られる独特の緊張感を挙げていらっしゃいました。

 

オンライン英会話の場合、25分でも集中力がギリギリ持つかどうか、という状態だったようですが、対面レッスンでは30分もあっという間だったようです。

 

対面である事の一定の緊張感が、良い意味で意識を英会話に強く向けさせ、集中力が高まるという事のようです。

 

これは英会話レッスンに限らず、業務上でも同じことを感じていらっしゃる方は多いと思います。

 

オフィスに行って、会議室でみんなと色々と議論をするのと、オンラインでするのとでは、やはり自分の中の緊張感が少し違う、と感じられる事はあると思います。

 

どれも一長一短ですが、英会話レッスンで大切な事の1つは、自分はこれが合う、自分はこうやっていきたい、という風に自分が納得できる形に沿って進める事です。

 

本日の生徒様のアデュールでの環境にとても満足していただけたようでした。

 

今後がとても楽しみです。

 

本日は以上です!