20年越しの夢が叶った部署異動で必要な英会話

2017.09.21 | ☆アデュールの生徒さん☆

こんばんは!

 

大相撲、盛り上がっていますね~。

 

豪栄道、優勝ですかね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在食品会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、現在アメリカとフランスにも拠点があり、今後海外の担当者とのやり取りや、海外出張が増える可能性があるようで、その為にしっかりと英語の力をつけておきたいから、という事でした。

 

アメリカ、トランプ政権でバタバタですが、それでも世界の中心である事には変わりはないですし、アメリカとのビジネスで英語の力をつけるというのは、今後の為にも必ずプラスになるはずです。

 

こちらの生徒様は学生以来、20年程英語の勉強からは離れているようで、今回部署異動になり英語が必要な状況に置かれて、あわてて英会話モードに入ったという事でした。

 

もともと英語はどちらかというと得意だったようで、新卒で会社に入った時は海外拠点とのやり取りができる部署を希望されていたようですが、それはかなわず国内担当になり、はや20年。

 

もう今は国内担当のベテランの域に入り、既に海外担当の仕事をしたかった昔の事は忘れかけていた、そんな矢先の出来事だったようです。

 

まさに青天の霹靂、ですかね。

 

ただ、こちらの生徒様、「困りましたよ~」とおっしゃっているものの、なんだか嬉しそうにも見えたのは、部署異動の通達から少し時間も経過し、少しずつその新しいポジションへの前向きな挑戦の気持ちが芽生えてきていらっしゃるのかと感じました。

 

もともとやりたい事だったわけですし、少し時間はたち、英語もさび付いているかもしれませんが、それでも、好きな分野であることには変わりはないわけです。

 

英語大丈夫かな、という不安を除いては、基本的には嬉しいと内心では感じていらっしゃるように見受けられました。

 

 

 

 

ただ、そこはビジネスの世界。

 

こちらの生徒様も社内では既にベテランの域に入られ、業界の厳しさは十分理解していますと話されていました。

 

自分の低い英語力を差し引いて自分を評価してくれるほど、海外部署は甘くはない、ともおっしゃっていました。

 

 

 

 

まずは、徹底的にボキャブラリの強化、そしてスピーキング中心のレッスンを希望されていました。

 

体験レッスンではとにかく単語が出てこない、文章にならない、聞き取れない、という事でこの20年のブランクをとても大きく感じていらっしゃいました。

 

単語は分かるけど、文章の組み立てに時間がかかる、というステージではなく、その前の段階で、そもそも的確な単語が全然出てこない、という事ですから、これは気合でどうにかなるレベルではないんですね。

 

気合があっても単語がなければやっぱり中身のある会話は厳しい、というのが悲しいかな、英会話の現実です。

 

そしてその単語強化が一番英会話学習者の楽しめない所なんですが、こればっかりはある程度のボキャブラリは備えておかないないと、箸にも棒にも掛かりません。

 

本日の体験レッスンではそれをとても痛感されたようで、「会話力、という以前にまず単語、圧倒的に少なすぎますね。。」と話されていました。

 

単語を一定量覚えてから会話レッスンに入っていく、というわけではなく、並行して進めていく事が大切です。

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

英会話を始めて辞めての繰り返しを終わらせる生徒さん

2017.09.20 | ☆アデュールの生徒さん☆

こんばんは!

 

なんだか少しずつ秋の気候になってきて、朝晩は過ごしやすい日も出てきましたね。

 

快適な気候LOVE!

 

です。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在専業主婦の方で、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、これまでも何度となく英会話スクールに通っては辞めてを繰り返されていたようですが、これからは生涯学習としてしっかりと腰を据えてやりたいから、という事でした。

 

英会話スクールに入って辞めてを何度か繰り返される方は、基本的に英語が好きという方が多いと思います。

 

英語が出来るようになりたいな、という強い思いは根っこの部分にあって、ただその時期の家庭の事情やお仕事の事情などで時間が作れず辞めてしまう、という事になったりしますが、その根っこの部分は変わらず持ち続けていらっしゃいます。

 

なので、少し生活が落ち着いてくるとまたその気持ちがムクムクと大きくなってくるんですね。

 

 

 

こういう方々はまず結果を出す事、これが一番です。

 

他の方にも言えますが、英会話学習の一番の壁は継続することです。

 

1か月や数か月の勉強で完結できるものや、取得できる資格のようなものであれば、誰でも集中してできるものですが、それが年単位になってくると、なかなか気持ちが続かない、という方は多いものです。

 

年単位になってくると仕事や家族のことなど、色々と変化も出てきますから、優先順位の高いそれらにあわせて習い事の継続を再判断、という事になったりします。

 

この時の取捨選択で捨てないで継続し続ける事、それが間違いなく結果になるんですが、こればっかりは忙しい社会人にとっては、背に腹は代えられない、という状況はどうしてもあります。

 

 

 

 

本日の生徒様もそのような事情でこれまで何度となくギブアップされてきましたが、最近ある事がきっかけで、自分の中の英語の大きさを改めて感じる事があったようで、もう今までのような繰り返しは辞めて、ずっとこれから英語と一緒に毎日を過ごそう、と決められたようです。

 

とても大きな決断だったと思いますが、それほど英語を話せるようになりたい、という気持ち大きさの現れなんですね。

 

こちらの方が大きな目標として掲げられているのはある海外ドラマを字幕なしで理解できるようになること、との事でした。

 

もともとこのドラマがこの方の英語学習をスタートさせた理由の1つだったようで、それだけに人生の中でとても大きな意味を持つドラマのようです。

 

誰でも好きなドラマ、映画、ありますよね?

 

それらの洋画を英語で理解できるようになることは、本当に楽しいものです。

 

好きな俳優、女優の話し方は言葉そのものをそのまま理解するのですから、やっぱりグッとくるものです。

 

ジョージクルーニーのネスプレッソのCMでのセリフ、What else?、なんかもWhat elseという英語の使い方を理解できるようになれば、短い言葉なので、頭の中で日本語を介さず素直に英語を英語で理解できると思います。

 

そのジョージ・クルーニーのWhat else?の感じ、かっこいいな~、と思ったりしませんか?

 

個人的にはジャック・ブラックの方が好きですが笑。

 

 

というわけで本日の生徒様、英会話再スタートという事で、これから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

モデルとしてのお仕事で必要な英語力をつける為に頑張る英会話レッスン

2017.09.06 | ☆アデュールの生徒さん☆

こんばんは!

 

もうすっかり秋という感じですが、暑さはまた戻ってくるのですかね。

 

涼しい分には最高によいのですが!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在モデルとしてご活躍されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お仕事の関係で海外での撮影やロケがこれからあるようで、その為に英語力をつけておきたい、という事でした。

 

今回は所属事務所からの要請でレッスン受講という事で、ご本人自体はまだ英会話を始めるという実感は湧いていらっしゃらなかったようですが、これも仕事です、と割り切っていらっしゃいました。

 

これからのキャリアを考えた時、自分の仕事の幅を広げるという意味では英語が出来た方がよいという事はご自身も以前から考えていらっしゃったようで、今回は事務所からの要請ではありましたが、ご自身でもやらなければいけないこと、とは本心では思っていらっしゃるようでした。

 

 

 

ただかなり若い頃から今の世界にいらっしゃるようで、学生時代も忙しくあまり勉強をする時間がなかったようです。

 

勿論それは英語も同じで、学生時代の英語といっても何も覚えていない、というのが現状のようです。

 

 

 

今回の体験レッスンでは基本的な英語の挨拶から入りましたが、担当講師の優しい雰囲気のおかげで緊張せずなんとかやりきる事ができました、という事でした。

 

学生時代に英語が苦手だった、もしくは今回の生徒様のようにまったく勉強をしていなかった、という方にとっては、英会話レッスンという空間は最初はなかなか勇気が出ず一歩を踏み出せない場所であるものです。

 

アデュールの生徒様の中にも実に10年近く英会話をやりたいと思いながらも、「自分には出来ないだろう。。」という心の声に負けてずっと挑戦できなかった、という方もいらっしゃいます。

 

そういう方にとって、最初の一歩の意味はとても大きくて、またその最初の一歩の感触もまたとても大事なものです。

 

恐る恐る一歩を出した方が、その一歩目で恐ろしい世界と感じてしまうと、すぐにその一歩をひっこめてしまうからです。

 

そして二度とその一歩を踏み出せない、なんて悲しい事も実際にあります。

 

だからこそ、最初の一歩のその時間は、二歩目を踏み出そう、と思える空間を作る必要があります。

 

本日の生徒様は勿論お仕事の一環ですから、例え一歩目で足を引っ込めたくても二歩目を強制的に踏み出させられる事にはなりますが、それでも自分で二歩目を踏み出すのと、強制的に誰かに足を前に出されるのとでは、レッスン内容の吸収力が違ってきます。

 

成果がモチベーションになるのはどんな習い事でもそうであって、誰かに強制されてやるのと自分の意志でやるのとでは、その成果も大きく変わってきますし、モチベーションにも大きく影響するものです。

 

 

 

 

本日の生徒様はそういう意味では、最初の一歩をとても楽しく感じられた、という事は、二歩目も自分の足で、という気持ちになったという事で、これは大きな一歩になりました。

 

今後はどんどん話せるようなレッスンをしてみたい、という事で、その為であれば宿題や必要な自己学習もどんどん取り入れていきたい、という事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

広く薄く必要な英語の業務をこなす為に頑張る英会話レッスン

2017.09.05 | ☆アデュールの生徒さん☆

こんばんは!

 

今日の夜はサッカー日本代表の最終予選最終戦。

 

既に本大会出場は決まっていますが、本気の戦いの中での勝ち方をチームとして作っていくという意味ではとても大切な一戦ですね!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お仕事で広く薄く英語を使った業務が必要になっているという事で、基本的な事からしっかりと力をつけていきたいから、という事でした。

 

広く薄く、というのはまた逆に厄介なところだと思いますが、逆に基礎をしっかりとおさえておけば、そこまで一転に集中した英語の力が必要ではない為、基本的な今のお仕事はこなしていけるという事になります。

 

実際の業務は、英語のinvitation letterを書いたり、電話の取次ぎをしたり、というようなもので、ポイントをおさえておけば、さほどやっかいな業務ではないはずです。

 

 

 

 

ご本人が一番気にされているのは、時間をかけて取り組める読み書きの業務ではなく、電話の取次ぎ、社内案内などの英語で実際に会話をしなければいけない業務という事でした。

 

こればっかりはその場その場で的確に対応しなくてはいけませんし、その瞬発力がないからこそ、ライティングでもいつも時間がかかっているわけで、会話は本当に困っています、、、という事でした。

 

日本人英語学習者の特徴ともいえる実際に話す事が苦手、という点については、アデュールの生徒様の中でも一番の課題として取り組んでいらっしゃる方がとても多いです。

 

基本的に真面目な日本人の方々は、頑張って文法や英単語は覚えるものの、実際にそれを会話の中で使う事になれていないので、話す事がどうしても億劫になってしまう、という事があると思います。

 

まためちゃくちゃな英語なのに、自信満々に話せる肝っ玉を持っている(ある意味勘違いさん?)外国人の方もいらっしゃいますが、日本人の方でそういう方はとても珍しいタイプで、実際の実力以上に謙虚になってしまうのが日本人英語学習者の典型だと思います。

 

 

 

本日の生徒様はとにかく英語で会話を続ける事、テンポよく話せる事、相槌やちょっとした簡単な返答など、基本的な会話のキャッチボールの練習をしっかりとしたいという事でした。

 

どんな時も基礎はとても大切ですが、この会話練習との組み合わせて力はどんどんついてくるものです。

 

これまでは内資の会社にずっとお勤めされていたようで、英語を仕事で使うという事も、プライベートで外国人の方と関わる事も皆無だったようで、今の会社に転職された時は本当に毎日が激動の日々で、最初は本当に大変だったようです。

 

少しずつ英語で話す時の極度の緊張はなくなってきたようですが、それでも実際に使う英語のレベルが上がっているわけではなく、逆に緊張が少し抜けてきた分、自分の英語力を客観的に見るようになり、余計に自分の英語力の弱さが気になるようになってきたようです。

 

とにかく基礎固めという事は大切ですが、とても簡単な表現が分かっていらっしゃらなかったり、とても難しい言葉を知っていらっしゃったりと、実際の会話の中で使う表現という意味では知識がとても極端になっていらっしゃるので、そこからまずは確認が必要だと思います。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外部とのつながりと生涯学習の意味での英会話レッスン

2017.09.04 | ☆アデュールの生徒さん☆

こんばんは!

 

9月に入って一気にクールダウンした感がありますが、まだまだ暑い日はこれからあるはずです。

 

気を引き締めて暑さに向かっていかないとですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在専業主婦の方で、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お子様が大きくなられ、PTAなどもなくなり、外の人との人間関係がなくなってきたので、好きな英語の勉強と外部の人と話す機会を持つという意味も含めて、英会話レッスンを始めたいと思われたようです。

 

外部の人とのつながりがあまりない、という生活パターンの方にとっては、確かにこういう場所で色々な会話をする機会を持つことは有意義な時間になると思います。

 

改めてどこかで気の合う友達を作るというのはそう簡単にできるものではないですが、友達でなくてもこうやって外部の人と接する環境を作る事は容易にできることです。

 

逆に友人ではないという事で、多少の緊張感もうまれますし、そこでまたピリッとする時間が生れ、生活にもメリハリがつく1つの要素だと思います。

 

アデュールの生徒様の中には主婦の方は勿論、60代、70代、80代の生徒様もいらっしゃいます。

 

皆様目的は様々ですが、こうやって何かを習う、という事、そして黙々と1人でやるのではなく、会話を通じて学んでいく、という場所は刺激になると感じてくださっている方は多いです。

 

また、この世代の方々にとっては、過度の緊張感やプレッシャーは疲れますし、全く求めていらっしゃらない場合が多いと思います。

 

適度に楽しめつつ、学ぶ事もできる英会話レッスンの空間というのはとても楽しいものだと思います。

 

外部の人と話す時、人は無意識に少しの緊張感を持って話すものだと思います。

 

下手な事は言えないですし、継続的に会う相手だけに、相手の社会的な立場や考え方などを考慮して、誰でも無意識に言葉を選んで話そうとするものです。

 

そのちょっとした緊張感はこの世代の方にとってはとても大切な事です。1人の社会人としてコミュニティにいる事を意識できる、社会とつながっていると感じる時間だと思います。

 

 

 

本日の生徒様は英語の勉強もこつこつとこれまで独学で勉強されてきたようです。

 

一番の理由はお子様の勉強に少しでも力になれれば、と思われていた事が要因だったようですが、海外旅行に行った時などにも少しでも自分の英語が通じるととても嬉しく感じる為、次の海外旅行ではもっと話そう、というモチベーションにもなるからという事でした。

 

ご自身の英語レベルの指標として定期的に英検を受けていらっしゃるようで、3級からはじめられ、今は準二級を目指して頑張っていらっしゃるようです。

 

 

その後は二級、準一級と、視野にいれていらっしゃいます。

 

準一級までいけばかなりの英語レベルになります。

 

この英検もまた学習のモチベーションになっているようです。

 

 

 

色々な理由から英語の勉強を継続されていらっしゃるこちらの生徒様ですが、これからの人生の中でご自身が想定されているよりも、更に多くのシーンで今の英語の勉強がいきてくる時代になるはずです。

 

そうした時に今の学習をやっておいてよかった、と思っていただけるよう、これから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!