初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

頻繁な海外出張と英語のテレカンの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピックの延期が決まりそうな雰囲気ですね。。。

 

色々な調整が本当に大変だと思います。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今年から東京に単身赴任で来ていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、業務上英語が出来る方がキャリアップにつながるから、という事でした。

 

1,2か月に1回、アジアに海外出張に出ていらっしゃり、また現在は参加されていないものの、英語の電話会議も社内ではよくあるという事で、今後のキャリアップを考えるとは、英語は本腰を入れてやらなければマズい、という事でした。

 

本日の生徒様の場合、既にかなり頻繁に海外出張に行かれていますし、今は参加していないものの、英語の電話会議も社内では頻繁に行われており、英語ができれば参加すべきもの、という事で、誰が聞いても英語は「やるべき」ものだと思えますよね。

 

ご本人もそれはもう避けられない事実、と感じていらっしゃるようです。

 

現在のアジアの海外出張については、英語で話さなければいけないところは同僚の英語のできる人間が対応してくれるため、本日の生徒様は海外出張ではあるものの、英語ができなくてもこなせている、という事でした。

 

ただこれも勿論英語が出来る人と役割分担を今はしているからであって、勿論自分の英語が出来る方が現地での仕事のやり方の幅は広がる、という事でした。

 

会社からは英語を必ずやらなければいけない、というような強いメッセージはないようですが、逆にそれがない分、プレッシャーを感じる、という事でした。

 

「出来なければ出来る人間を評価するまで」

 

というドライな空気も感じるようで、そうなると中長期で考えると自分は行動を起こさないとマズいという感じていらっしゃるようです。

 

会社に英語をやれと強く言われTOEICの点数を社内で逐一公表されるような環境もそれはそれで見えるプレッシャーでキツいですが、本日の生徒様の会社のように、「出来ないなら出来ない人と評価するだけ」というスタンスも、また違った意味でのキツさですね笑。

 

普通の人であれば、どちらでも「危機感」は感じると思います。

 

本日の生徒様は英語に関しては、学生時代から大嫌いだったようで、だからこそ、今のような会社の環境でもここまで英語をやってこなかった、という経緯があったようです。

 

ただ、東京に単身赴任で来ることになり、プライベートの時間が増える、という事がついにその大きな決断をする理由になったようです。

 

環境の変化は色々と大変ですが、そこで改めて自分の生活や今までやっていた事の見直しをする機会にもなりますし、良い節目ですね。

 

今回体験レッスンをされて感じられた事は、とにかく言葉が全然出てこない、という事のようでした。

 

今まで英語が出来ないといいつつも、それでも学生時代に英語の授業は受けていたし、本当に話さなければいけない環境におかれれば、つたない英語でも、なんとか意図は伝えられるだろうと思っていらっしゃったようです。

 

ただ今回の体験レッスンは、とても簡単な事がなかなか言葉に出来ず、最終的には上手く言えない、という結果を受け、これはマズいと改めて感じられたようでした。

 

環境は十分揃っていらっしゃるこちらの生徒様。

 

これからに期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

育児休暇中で改めて見つめなおす英会話

こんばんは!

 

コロナウイルスの影響はなかなか収まりそうになりですね。。

 

オリンピックはどうなるのでしょう。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在0歳のお子様がいらっしゃり、育児休暇中のお母さんです。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、学生時代は英語が好きで勉強していたものの、社会人になって英語と離れる時間が多くなり、あまりにも英語力が落ちたので、育児休暇中で少し時間の取れるこのタイミングで、英語の勉強をまた始めようと思ったから、という事でした。

 

育児休暇というのは、女性にとっては、とても大きな節目の時間であると思います。

 

勿論大目的は育児の為に、という事ですが、ずっとお仕事をされてきている女性にとっては、いったん仕事から物理的に離れて、1人の人間として、客観的に改めて自分の人生を見つめなおす、そんなタイミングでもあると思います。

 

ずっと駆け抜けてきた仕事人生。

 

今の会社でこれからも続けていくべきか。

 

新しく別の可能性を探るべきか。

 

子供は。

 

色々な事を考えられるタイミングでもあると思います。

 

勿論、生まれたての赤ちゃんの育児は大変で仕事より楽、という事ではありません。

 

ただ、何かを考える時、特に仕事など毎日やっている事について考える時は、一定期間、それから物理的に離れなければ、冷静に、客観的にそれについて深く考えられないという事は往々にしてあると思います。

 

ゴールデンウィークや年末年始などの少し長めの連休であって、ちょっとそういう事を考えられる時間ではありますよね。

 

本日の生徒様は、仕事については今の会社が育児についてもとても協力的なので、これからも続けていきたい、という事ですが、仕事以外で自分が価値を置いてきたもの、あまり置いてこなかったもの、そういったものは一度再考するタイミング、と捉えていらっしゃるようでした。

 

英語がその1つのようです。

 

特に仕事で英語が必要な状況ではないので、キャリアップの為に、という事ではないようですが、もともと好きだった英語の勉強をずっとやっていなかった事については、育児休暇に入る前からも、なんとなく、後ろ髪を引かれるような気持ちではいらっしゃったようです。

 

誰かにやれと言われているわけでもないのですが、やはり自分の好きな事、自分が価値を置いている事に対して時間をかけないという自分の生き方に対して、薄々「私それでいいの?」という気持ちがあったという事だと思います。

 

今回の体験レッスンで、久しぶりに英語に触れ、つたない言葉でも英語を話すという時間をとった事で、やはりくすぶっていたその気持ちにグッと火がついたようで、「やっぱりこれが必要!」と感じられたとの事でした。

 

好きなチョコレートを最近食べていないので、食べたい、という話ではないですし、英語を学ぶ、という事は、他との兼ね合いという事を抜きにすると、それ単体では、プラスの効果しかないと思います。

 

学ぶ事はとても成長させてくれますし、また英語を話せる、理解できるようになる事で、色々な情報が入りやすくなりますし、交友関係や人生の中での選択肢も増やせます。

 

これから頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外資系製薬会社でのキャリアップの為に鍛えるスピーキング用英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピック延期論が現実味を帯びてきましたね。

 

心配です。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系製薬会社にお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、外資系という事もあり、キャリアアップの為にもう少し自分の英語力を上げたいから、という事でした。

 

社内では、資料が全て英語であったり、英語でプレゼンをしたりするので、そのトレーニングを英語で受けたりと、英語が日常業務の中に入っている環境にいらっしゃいます。

 

必然的に英語には慣れ親しむ環境になりますし、ご自身も最低限の英語はなんとか使える状態ではある、という事でした。

 

ただ、まだまだ出来る人と比べると力の差はかなり大きいようで、そこのギャップは埋めなければ、と感じていらっしゃると事でした。

 

アデュールをスタートされる時点での英語力については、聞く事は仕事に関係する部分についてはある程度ついていける所が多いと話されていました。

 

ただそれでも全く分からない事もそこそこある、という事でした。

 

聞けない、理解できない、というのは、確認に時間がかかりますし、仕事を遅らせるという意味でストレスの1つになるようです。

 

当然ですよね。

 

仕事は遅らせたくないですし、それは自分のパフォーマンスに最終的にはつながってきます。

 

一方、話す方についてはかなりの苦手意識があるというのが当時のご本人の認識です。

 

なかなかうまく言葉が出ない、という風に感じるのが常という事で、ここに関してはテコ入れをしたいと思いつつ、なかなかうまく成果を出せていない事が悩みだったようです。

 

英会話自体も少し習ったり、独学で色々と自分でやってみたりもされてきたようですが、スピーキングを伸ばす事には苦労されているようでした。

 

ですので、レッスンではスピーキングを強化できる形で進めていきたい、というのがこちらの生徒様の一番の希望でした。

 

ただここでポイントが、毎日ビジネス英語ばかりに触れていて、英会話レッスンでもビジネス英語だとつまらなく、飽きてしまう、という事で、ビジネス英語ではなく、日常英会話でスピーキングを強化し、それを仕事にスピーキングに活かせるようにしたいとの事でした。

 

本来おしゃべりが好きな方のようで、日常英会話であれば話したい事がいくらでもあり、それの方がスピーキングの練習としてもやりやすいはず、との事でした。

 

まさしくそうですね。

 

という事で、アデュールでレッスンをスタートされてからこの間、ずっと日常英会話ベースでスピーキングをトレーニングされてきました。

 

会話は以前よりもスムーズに話せるようになってきているようで、何よりもレッスンが楽しいので続けられる、と話されていました。

 

これはご本人が当初話されていた通り、好きな話題なら話したい事はいくらでもある、という言葉の通り、沢山話したいと思えるから続けられる、続けるから学びが多くなり、成長する、という良い流れを作ってこられたという事ですね。

 

苦手だったスピーキングにようやく変化の兆しが見えてきている現状にとても満足されていらっしゃるようで、このままレッスンは続けていきたいという事でした。

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

歯科医院の受付業務で必要な英語表現を覚えてこられた生徒様

こんばんは!

 

暖かくなったり冷えたりまだまだ寒暖差のある時期ですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在歯科医院の受付としてお仕事をされていらっしゃり、もともとアデュールでレッスンをスタートされる事になった理由は、職場の近くに外資系企業等があり、外国人の方が多くいらっしゃる為、その時にしっかりと英語で対応できるようになりたいから、という事でした。

 

採用の時には特に英語が必要という事は言われていなかったようですが、実際に仕事を始めてみると、かなりの数の外国人の方がいらっしゃるようで、英語が出来ないとかなり業務に支障をきたしてしまうという状況のようでした。

 

といって、同僚の受付の方がものすごく英語ができるのかというと、そうでもないようで、みんな「英語やらなきゃね~・・」という感じのご様子だったようです。

 

この間のレッスンでは、とにかく業務で実際にあるケースを想定した練習を徹底的に行う事に集中されてきました。

 

電話での対応、受付での案内、会計など、多岐にわたりますが、ある程度決まった内容での案内はあり、それらは1つのパターンとして英語の形をご自身の中で作っておくことで効率化させたいという事でした。

 

ある程度ご自身の中で納得できるだけのパターンのストックが出来てきていらっしゃるようで、実際に業務でも使えるようになってきているようです。

 

病院に来る方というのは、痛みを伴っていたり、”困っている”方が多く、多くの人がそういう状況では、少し神経質になっていたりするものです。

 

ですので、スタッフ側のちょっとしたミスも相手の気分を害してしまう可能性が高い場所という事も言えると思うので、出来るだけ誤解が生まれないよう、正確なコミュニケーションが求められる場合が多いですね。

 

本日の生徒様は、実際に英語でコミュニケーションがスムーズに出来る場面が多くなる事で、外国人患者の方の対応の際の表情が明るくなったり、柔らかくなったりしている方がいると話されていました。

 

私達でも、外国で日本語で対応してもらえるのと、現地の言葉でなんとかやらなきゃいけない状況があれば、やはり日本語で対応してもらえると絶対的な安心感があるものです。

 

例えその日本語のレベルがそこまで高くなくても、自分の側に寄り添ってくれている、という意識を感じますよね。

 

本日の生徒様は自分の仕事のレベルを上げる為、今後の課題もしっかりと認識されています。

 

まず、少し慣れない会話になった途端、焦りが出てしまい、文法、発音などの意識が弱くなり、ミスが多く出てしまう点を挙げていらっしゃいました。

 

これは英会話初級の方は、経験された事がある方は多いと思います。

 

自分の守備範囲内を少し超えているな、と感じるスピードやトピック、相手の使う単語レベル等に遭遇したとき、少しアップアップした感じになります。

 

会話の内容になんとかついていく事に必死になり、普段ならミスをしない文法のミスをしてしまったり、発音がおろそかになってしまったり、という事はよくある事です。

 

これはこの生徒様に限った事ではなく、英語学習者であればある程度仕方のない事、と言えると思います。

 

やるべきことは、しっかりと自分の英語力を高め、守備範囲を広げる。

 

これに尽きます。

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

アメリカ旅行中のレストランで英語が聞けなかった事をきっかけに始める英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間の一週間で、もう金曜日ですね。

 

今週末の関東地方は天気が良くないみたいなので、自宅でゆっくりする方も多いと思います。

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、先日のアメリカ旅行でレストランでオーダーを取る時に、ウエイトレスさんが言った英語が速くて全く分からず、自分の英語力を鍛え直さないと、と思われたからとの事でした。

 

アメリカは広く、アメリカ英語と言えど、地域によって差はありますし、話すスピードも違います。

 

速く話す人に当たれば、「むむ・・・」と思う可能性はやっぱり高くなりますね。

 

相手はそのスピードで話す事が快適なスピードで、そのスピード感で話し続けられれば、日本人的にはそのスピードにどうしてもついて行こうとする人が多いですし、そしてどんどんアップアップしていく、という具合でしょうか。

 

本日の生徒様は10年前にアメリカに語学留学されていらっしゃり、その時には半年程アメリカにいて、あまり勉強はされなかったものの、一応なんとか生活で必要なコミュニケーションはギリギリとれるようになって帰国されたようでした。

 

その後は、日本で外国人と英語で直接話す、という機会はなく、基本的には、好きなNBAやメジャーの野球を見るときに、解説などで少し英語を聞く事がある、という事でした。

 

直接外国人と話す機会がこの10年なかった為、自分の会話力は10年前にアメリカにいた頃の感覚を持っているとずっと錯覚されていたようです。

 

そして先日のアメリカ旅行で、自分が全く会話できなくなっているという事実を目の当たりにし、ショックを感じられたとの事でした。

 

誰だって自分に自信を持ちたいですし、出来る自分でありたいと思うものだと思います。

 

英会話については、本日の生徒様のような感覚を持っていらっしゃる方はかなり多いと思います。

 

受験でかなり英語を勉強した方は、「人よりも英語の知識はあるから、なんとか会話できるだろう」と自分自身を信じるのですが、いざ英会話に入ってみると、全然会話ができず「なぜだ~~~~~~~~~~!!!!」となってしまうような事があったりします。

 

本日の生徒様のように昔語学留学、ワーホリで海外に少し住んだことがある、という方も同じように、その時の感覚で自分は話せると信じ込んでいるパターンもあります。

 

ただ、現実を見た時には、やっぱり現実は現実です。

 

本日の生徒様は、仕事で英語が必要という事ではないようですが、先日の旅行で落ち込んだ事をきっかけに、自分の生活の一部にアメリカNBA,メジャーリーグなどがあるので、アメリカに近い人間として、英語はやっぱりやっておこうと思われたようです。

 

とにかく楽しく英語に関わっていく事。

 

それは語学留学されていた時のこちらの生徒様のスタンスだったようで、勉強っぽくやらない。

 

楽しく生活する中で、自然に英語で表現できる数を増やしていく。

 

そういう学習方法を取られたいようです。

 

急ぎではないので、こういうスタンスで英語に馴染みながら、あるタイミングでふとしたときに、少しは英語ができようになってきたかな、と感じられれば、それで十分、という事でした。

 

今後に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop