初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

アメリカのIT企業で部下の英語力に負けたい為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に暑い日が続きますね。

 

シニア世代の方々にとってはかなりキツい事だと思います。水分補給としっかりとした食事、休養が大切ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在アメリカのIT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、これまでは英語での業務はすべて部下に任せてきたものの、最近は自分が英語ができないとそろろそろマズい、という空気が出てきているようで、仕方なく、大きな一歩を踏み出しました、、という事でした。

 

仕方なく始める。

 

これはビジネスパーソンにとっては、よくあることだと思います笑。

 

やらなくていいならやりたくない、というのが本音、という人は結構多いのではないでしょうか。

 

日本にいて、将来海外に移住するつもりもなく、日本で骨を埋める。

 

それなら無理して他言語を必死に覚えるような努力はせず、それ以外の所に時間とお金を費やしたい、、、というのは、英語にそこまで興味のない方にとってはごもっともな意見だと思います。

 

数か月で取得できるような資格試験とは違い、英会話をマスターしようとすると、かなりの年月を要します。

 

それだけの費用対効果を得られるのか、というのは常に問われるところだと思います。

 

特に、仕事で英語が求められなければ英語を習うなんてことはあり得ない、という考えの方にとっては、かなり大きなポイントだと思います。

 

本日の生徒様は既にかなり上のポストについていらっしゃるという事もあり、これまではなんとかそのポストのおかげで、細かい現場での英語が必要な状況では部下に投げながら仕事ができてきたようですが、この先のキャリアでまだ10年以上会社勤めをする、と考えた時、逃げ切れるという気がしない、という風に徐々に考えられるようになってきたようです。

 

IT業界で大手外資系ですからね。

 

そんなある意味”ど真ん中”のお仕事をされていてば、さすがにそのように感じるのも無理はないと思います。

 

とはいいつつも、英語が全くできない、という事はなく、英語の読み書きは実際には業務でされていますし、話す事もご本人は苦手意識が強いようですが、しっかりと意思疎通をはかれるだけの基礎の会話力はお持ちのようでした。

 

さすがは外資系エリート、という感じです!

 

ご本人がなぜそこまで英語での会話に距離を置こうと思われるかというと、周りの帰国子女レベルのスタッフのきれいな発音を聞いてしまうと、例え自分が伝わる英語、難しい単語を駆使して話したととしても、彼らのあのきれいな発音の前では、永遠に英語力で勝つことは不可能、という、無力感を感じさせられるからという事でした。

 

発音にこだわる方は、このきれいな発音を聞くと、確かに衝撃を受ける方は多いと思います。そしてそこを目指したいものの、英会話のトレーニングを実際にスタートして頑張ってみるものの、実際に帰国子女のような英語はどう頑張ってみても、別世界の事、と感じてしまったりするんですね。

 

こればっかりはなかなか難しい所だと思います。

 

ただ、ビジネスで求められるのは、ビジネスでの結果であって、キレイな発音ではありません。

 

アメリカの有名企業のトップがネイティブとは言えないアクセントで自信満々に英語でプレゼンをしていたりしても、それでもその人はやはりスゴい人、と誰もが思うわけです。

 

本日の生徒様にもこれから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

スペインのアパレル会社本社スタッフと英語で会話する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日酷暑ですね。

 

フランスはワールドカップ優勝で大盛り上がりのようです。

 

いつの日か、日本代表も。。。と願うばかりです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在スペインのアパレル会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、スペイン本社の方々が時々に来日された時に、少しでも英語でコミュニケーションを取れるようになりたいから、という事でした。

 

周りの日本人スタッフの中には英語ができる人もちらほらといて、その人達がしっかりと英語でコミュニケーションをとっているのを横で見ていると、自分もやらなければ、という気持ちに強くさせられる、という事でした。

 

やはり英語が話せる人が近くにいる、という事はとても大きな刺激になりますね。

 

アデュールの生徒様の中でも、お仕事場で特に英語を必ず話せなければいけない、という事ではないものの、英語のできる同僚に刺激されて英会話を始めた、という方はかなり多いです。

 

やはり英語を話せることで仕事の可能性が広がる、という事を目の前で見る事が強い動機になるのだと思います。

 

どんな事でもそうですが、ぼんやりと頭の中でイメージする事と、実際に目の前で見る事とでは全く違います。

 

百聞は一見に如かず、とはよく言ったものです。

 

そして同僚で英語ができる人がいる事のメリットはもう1つあると思います。

 

それはいつも一緒にいる=同僚が英語ができる所を頻繁に目撃する、という事なんですね。

 

これは英語学習でいうモチベーション維持にとても効果的です。

 

英会話をマスターする、と言っても、こればっかりは何かの試験で3か月勉強すれば合格できる、という類のものではなく、日本人英会話講師でもいまだにずっと勉強を続ける、というものですから、終わりのない道なんですね。

 

特に、ある程度話せるようになった、と感じられる中上級レベルにあげるまでには、かなりの努力、そして継続する事が必要になりますが、ここには一定の年数が必要になってきます。

 

子供は勉強する事が仕事のようなものですから頑張れますが、社会人にとっては、英語の勉強が人生のすべてではありません。

 

むしろ、本業、家族、子供、色々な優先順位の高いものが日々沢山タスクを出してくるので、どうしても英会話の勉強の優先順位は必然的に下がってしまうタイミングも出てくると思います。

 

こういう時に、どんどん優先順位を下げられて、「もういいや」と投げ出してしまう、という事がどこかのタイミングで起こってしまえば、それは英会話学習の悲劇、としか言えません。

 

でも長い勉強期間を要するものはどうしても色々とプライベートであって、プツンと切れてしまいそうなタイミングが時々やってくるものです。

 

そこでです。

 

そこででもやっぱりやめちゃダメ!と強く自分に言い聞かせてくれるもの。それが英語のできる同僚なんですね笑。

 

その人が励ましてくれる、という事ではなく、その人が英語で仕事をしているところを見る事。

 

それが大きな刺激になり、「やっぱり私もあんな風になりたい」と思い、強い勉強の動機となって生き続けてくれるんですね。

 

本日の生徒様はとても良い環境にいらっしゃいます。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

結婚後にご主人と楽しく海外旅行に行く為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間の週末ですね。

 

この3連休で今年初の海!という方も多いと思います。

 

暑い暑いこの連休。子供たちはウキウキですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の某メーカー本社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、最近ご結婚され、旅行が好きな旦那様とこれから海外旅行に頻繁に行く事になるため、少しでも英語力をあげておきたいから、という事でした。

 

結婚してから二人で海外旅行に沢山行く。

 

素敵な結婚生活ですね!まだお子様はいらっしゃらないので、それまでの海外旅行はラブラブな最高の時間になるはずです。

 

ご主人はかなりの旅の強者という事で、奥様である本日の生徒様は基本的には細かい旅行プランはご主人にお任せになるようですが、それでも自分も現地の人と色々話せる機会を持ちたい、という事でした。

 

結婚前に一度一緒に行ったアジア旅行では、全くと言っていいほど自分では現地の人と話す事ができず、楽しそうに英語で会話しているご主人がとても羨ましかったようです。

 

ご主人もまた、奥様がそのうらやましそうな顔で見ている事を気付いていらっしゃったようで(笑)、帰国後、「英語始めたら?」とおっしゃったようです。

 

今まではなかなか一歩が踏み出せなかったようですが、ご主人との旅行がついに大きな一歩を踏み出すきっかけになったようです。

 

大切な人の言葉は響きますよね。

 

他人の言葉でも勿論響きますが、家族の気持ちの入ったメッセージは、時にはウザい!と思っても、それでも自分の幸せの事を本気で思って言ってくれているんだ、と思うと、後で一人になった時に、「やっぱりそうだよな」なんて思ったりするものです。

 

その場ではひねくれて「はいはい」とか言って流してしまったとしてもです。そういうちょっとあまのじゃくな所がある方、いらっしゃると思います笑。

 

今回の体験レッスンで感じられた事。

 

それはまず、発音やリスニング、というよりも、そもそも言いたいことをいうだけのボキャブラリが備わっていないという事。

 

今までは広く英会話ということを漠然と考えていらっしゃって、色々な事を学んでいかなければ、と考えていらっしゃいましたが、いざ会話になると、そもそも自分が言いたいことを言うだけの単語がないと全く話にならない、という事でした。

 

当たり前と言えば当たり前なのですが、確かにそうなのです。

 

基本的な動詞、形容詞はやっぱりおさえておかないとダメですし、take,have,make,getなどを使った日常英会話で頻発する熟語などはやはりある程度のパターンはおさえておきたいです。

 

でないと、本当に何でもない事が上手く言えない、という風になってきます。

 

難しい単語を覚える、というよりも、この基礎英熟語を抑えていく事の方が優先順位が高い方もいらっしゃいます。

 

海外ドラマや映画などを英語の字幕でみてみると、信じられない位に簡単な単語しか出てこない、と思う事はよくあることです。

 

それでも聞き取れない、自分で使えない、というのは、この熟語のパターンが圧倒的に抑えられていないという事が多いのですね。

 

本日の生徒様はまず気付く、考える、という段階に入られました、

 

今後の成長に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

英検準一級の二次試験を落ちて始める英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日暑い日が続きますね。

 

サッカーワールドカップはついに決勝の組み合わせが決まり、最後の対決ですね。熱いサッカーのロシアの戦いが終わりますね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在人材派遣会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事とは関係なく、生涯学習の一環として、英語学習をこれまでずっと進めてこられており、このタイミングで、しっかりと先生について頑張っていきたいと考えられたからでした。

 

本日の生徒様は大学を卒業して約10年、コツコツと色々な学習方法を模索しながらご自身のやり方でこれまで勉強を頑張ってこられた努力家です。

 

しっかりと学習を続けてこられた1つの理由は、何か目標になるものを決める事、との事でした。

 

これは同じ英語学習者としては、とても共感できる事です。

 

なんとなく勉強をしているよりも目標を立てて進める方が確実に成長の速度は速まる可能性が高いと思います。

 

目標がはっきりすると、目標とする地点と今の自分を比較する事で、出来ている事、出来ていない事がはっきりするからですね。

 

よく言われるのは見える化する、なんていう言葉がありますが、これもその1つだと思います。

 

目の前にニンジンがぶらさがっているとどんな馬でも速度を上げられるように、人もまた、何かしらのニンジンを見える化する事で、その全身速度を上げられる可能性が高いのですね。

 

本日の生徒様が目標に置かれたのは英検です。

 

英検3級から始められ、そこから1つ1つ階段を上り、今の段階はなんと英検準一級をクリアするその一歩手前まで来られています。

 

二次試験がだめだったようですが、それでも英語が全くできなかったとおっしゃる10年前からの努力の末のこの段階ですからね。

 

とても粘り強く頑張ってこられたと思います。

 

また外見は、今風のイケイケな感じの女性、というところもまた何とも素敵です。

 

コツコツと英検準一級を取るところまで登ってこられたというのもその見た目とのギャップもあってなんだかとても素敵です!

 

今このタイミングで英会話スクールをと考えられたのは、自分自身に対してより厳しくなれる環境を作りたいから、という事でした。

 

すごい意識だと思いましたが、要はこれまでコツコツとのぼってきたという自負はあるものの、もっとやれる、もっとやらなきゃいけない、という風にエンジンをかけてくれる、そんな場所があれば更にスピードを上げられるのはないか、と考えられたようです。

 

もしかすると心の奥のどこかに、少し手を抜いていた時期もあった、という風な思いを持たれているのかもしれません。

 

自分の甘えに目を覆う事は人間はとても得意だと思います。

 

それは本能的なものでもあると思いますが、そこをしっかりと見つめる、というのもまた人間のみがなせる業だと思います。

 

本日の生徒様はその甘えの部分、というのを一切取り除き、英検準一級をしっかりとクリアし、最後の英検一級に手をかけたい、という思いがとても強いとの事でした。

 

最後のその一手ですからね。

 

英検一級。とても大きな壁です。ただこれまでしっかりと進んでこられたこちらの生徒様であれば必ず成し遂げられるはずです。

 

今後の生徒様の成長に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

化学メーカーに転職してぶつかった壁を破る為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に暑い日が続きますね。

 

こういう暑い日は家に帰って自宅の広いプールサイドでゆっくりカクテルでも、、なんていう家があれば最高なのですが。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在化学メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、仕事で必要な英文メール、英会話の力をつけていきたいから、という事でした。

 

転職されたばかりのこちらの生徒様。

 

前職では英語とは無縁の世界で10年弱お勤めで、このいきなり英語力を求められる今の環境はとても辛い、という事でした。

 

もうどうにか助けてください。。。というのが本音です。とポロリと話すこちらの生徒様。

 

転職したてですが、なかなか仕事についてはシビアな会社のようで、そういった意味では個人としての強さがなければ生きていけない、そんな空気がある職場のようです。

 

英語できるよね?という体でこられるのがなんとも言えないプレッシャーのようで、英語は苦手ですと笑顔でなんとか理解してもらおうとしても、そんなのが通じる現場ではなかった、というのが転職してこの数週間で感じられた事のようです。

 

会社が違えば人も、文化も、求められる事も全然違いますよね。

 

自分の合った職場なら最高ですが、世の中なかなかそううまくはいかないものです。

 

また良い会社に巡り合ったと思っても、上司が変われば一転、地獄に、という事だってあります。

 

結局の所、頼れるのは自分のメンタルのみ、という事でしょうか。それではあまりに辛すぎますよね。。笑。

 

といいつつ、アデュールの生徒様の中には本日の生徒様のように、会社の中で助けを求められる場所がなく、英会話レッスンで担当講師に泣きつきそうな状態になっていらっしゃる方が実は結構いらっしゃったりします。

 

担当講師は生徒様の職場で一緒に働いている人間ではないので、分からない事が多いですが、それでもやはりそうやっていっぱいいっぱいになっている生徒様に泣きつかれると、そこは人間。とにかく話は聞いてできるだけのアドバイスはしてあげたい、と思うものです。

 

やっぱり生徒様にとっては、英語さえできれば何も苦労しないのに!という強い思いがあります。

 

英語さえできればあんなに上司に強く当たれないし、職場でもドキドキしなくて済むし、余裕を持って仕事をできるはず、と思っているものです。

 

英語が苦手なだけに、なんだか仕事ができないオーラを出してしまったり、やっかいものの感じになってしまったり、、、そんな自分がとても不甲斐ない!と感じるのですね。

 

そもそも英語ができるかどうかで仕事が出来るかどうかを判断されたくないですよね。

 

そんな所でブロックされたら困ります。

 

英語が必要ない土台であれば、あんな人達よりも数倍自分は仕事ができる、と感じている人もとても多いと思います。

 

必要な事は、その人たちと同じレベルの英語力をつけるまで待たないといけない、という事ではなく、最低限の仕事をこなす英語力をまずつける事。

 

最低限こなせる英語力がつけば、そこからはリアルな仕事力で評価をしてもらえるステージに入ってくるはずです。

 

それでもまだ英語力が高いという事だけでその人を優先しているような上司がいれば、それは自分には合わない職場、と見切りをつける事も必要かもしれませんね。

 

本日の生徒様は自分の基本的な仕事力には自信を持っていらっしゃる方ですので、勝てるステージは必ずあります。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop