初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

以前の英語力に戻すために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

関東地方はずっと雨ですね。。

 

今週もまだまだ雨が続きそうで、快晴の日が待ち遠しいです。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、以前は貿易会社にお勤めで、その際には英語の書類の読み書きや、多少英語を話す事もあったようですが、現在のお仕事では英語を全く使わなくなり、その為、さび付いた英語をブラッシュアップしたい、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になりました。

 

以前英語を仕事や学校で使っていたけど今は使わなくなったので自分の英語力がさび付いた、という人はとても多いと思います。

 

英語は使わないと一気に抜けていきますし、会話においては、信じられない程に言葉が出てこないものだったりします。

 

英語を日常的に話す人でも、夏休みや冬休みなどで1週間でも全く英語を話さない期間をおくと、最初は少し言葉が詰まったりします。

 

間を空けるとどうしても英語の力はさび付いていきます。

 

1回取ればパフォーマンスは関係なく、一生有効な資格とは違い、英語力というのは自分でメンテナンスしなければ消えてしまう、なかなか手ごわい相手です笑。

 

だからこそ多くの方が困りつつも、頑張っている人はそれが仕事のパフォーマンス、評価につながる、という事になるんですね。

 

価値のある物には市場価値がつく、というのは当たり前の事で、英語力をつける方はその意味を強く感じていらっしゃいます。

 

転職の時や、新しい職場で自分の英語力を評価された時などですね。

 

本日の生徒様は、今はとにかく単語が抜け、ついには文法まで怪しくなってきている、というのがご自身の実感で、実際に体験レッスンを受けてそれを再確認されたようでした。

 

言葉が思い出せない場面もあれば、言葉、表現が全くイメージできない、という場面も多々あったようで、以前は伝えられたような内容だけに、完全に忘れてしまっている単語、表現もあるんだろうな、、と話されていました。

 

「あれだけ英語をやっていたのに。。。」

 

というのは英語学習を再開される方がよく口にされる事です。

 

その気持ち、とてもよく分かります。

 

英語をある程度話せるようになったり、そこまで行かなくても「なんとなく分かってきた」というような自分の中で感触をつかめた段階や壁を越えたと感じられた時はとても嬉しいですし、それを感じるには、結構な努力が必要です。

 

「よくやった、自分!」

 

と自分を褒めてあげたい瞬間だと思います。

 

それが長い英語を使わない年月を経て、なんと消えてしまった、という事ですから、「勿体ない」と感じるのも無理のない事です。

 

「高かった食材、食べ物の賞味期限が切れてしまっていた~~。。。」に少し近い感覚かもしれません笑。

 

本日の生徒様はとにかく前の自分のレベルまではまず戻していきたい、という事でした。

 

そして前の自分を超える事を第二段階に設定されていました。

 

やるなら新しい自分のステージに入らなきゃ意味がない!と強い言葉でお話してくださいましたので、必ずや成し遂げられると思います。

 

本日の担当講師のフィードバックでは、掘り起こせば出てくる単語、表現も沢山あるご様子だったので、頑張れば短期間である程度の会話力は戻ってくると思いますとの評価でした。

 

今後の変化が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

貿易事務として中国語担当から英語担当に変わった事を機に始める英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨で毎日すっきりしないお天気ですが、明日は関東地方は晴れるようですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在メーカーで貿易事務をされており、今回お申込みいただいた理由は、これまでは得意な中国語を生かして中国のお客様を担当されていたものの、今後英語のお客様も担当するようになった為、英語力の強化が必要になったという事でした。

 

出張で現地のお客様を訪問する事もあるようで、現在は通訳をつけてなんとか対応しているものの、簡単な挨拶やちょっとした説明等は自分で出来るレベルにならなければ今後仕事が厳しくなる、という事でした。

 

得意の中国語を生かして今のお仕事をとても楽しんでいらっしゃったようですが、英語という自分の専門外の言語が入ってきた途端、かなり気持ち的に追い込まれてしまっていらっしゃるようです。

 

誰だって門外漢の分野を任せられると、冷や汗たらりとなるものだと思います。

 

仕事は慣れた作業が誰だって楽ですし、無意識の状態で勝手に手が動いてしまうような状態になっている作業になれば、脳みそを絞り込む必要もなく、精神的に苦しくもならず、とても楽です。

 

ただ会社という組織は無情なもので、なかなかそのような状態で定年までやらせてくれるほど、甘い場所ではないんですね~笑。

 

そうやって定年を迎える事ができる人も少なからずいるとは思いますが、大多数は、組織の荒波の中で必死で頑張ってこれから生きていかなければいけないわけです。

 

本日の生徒様の会社もどのような事情かは分かりませんが、英語の出来る人にそのお客さんをつけるのではなく、本日の生徒様につけられるようになったのは、何らかの意図があるわけで、基本的に組織の人間は大きなその方針にNoは言えないですよね。

 

というわけで本日の生徒様、現実は受け止め、前に進むしかない、と観念はされているようですが、それでも「若干気持ちはブルーです」と正直に話していらっしゃいました笑。

 

おっしゃっていたのは、もともと中国語を勉強したのは、英語は自分には向いていないので外国語については中国語で生きていこう、と決めて学生時代から頑張ってこられたようで、それなのにここで英語を勉強させられるんなら元々中国語に行ってなかったよ~。。との事で、なんとも辛い状況のようですが、結果英語をマスターすれば、一気に3か国語を使えるスーパースターになれるわけです!

 

頑張っていただきたいです。

 

基本的にかなり難しい内容の話については、別のスタッフが対応してくれるようで、最低限の英語力を付ける事が会社から求められているようです。

 

ですので、難しいビジネス英会話を、という事ではなく、基本的な日常英会話レベルの力をつけていくことに焦点を当てていらっしゃるようでした。

 

楽しく学んでいける事が大きなポイントだと思いますし、ご本人もそういった意味では、日常英会話を題材にした教材などで楽しくやれるのはいい事かなと話されていました。

 

中国語をマスターされていらっしゃるので、語学の習得に時間がかかるという事は十分理解されていらっしゃいます。

 

だからこそ、自分のペースと、そしてモチベーションの維持、これがとても大切なポイントで、ここを常に維持しながらやり続ける事が上達へのポイントと話されていました。

 

今後の生徒様の変化が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

耳鼻科の受付業務で活かすために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

エンゼルスの大谷選手、順調みたいですね。

 

去年は新人王に今年もまた順調に成績を出していて、本当にスゴいと思います。サッカーの久保選手もそうですが、あの落ち着き払った雰囲気は若さというものを感じさせませんね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在耳鼻科の受付業務をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンを受けられる事になった理由は、お仕事で外国人患者の方が少し来られる事と、あとは、30歳を迎えて、何か新しい事に挑戦したいと思われたからでした。

 

お仕事で外国人患者の方が来られるという点については、やはり英語で対応できるようになりたいという気持ちは必ず出てくるものだと思います。

 

また医療機関というのは、一般の企業のサービスとはまた少し違っていて、医療に関わる事ですから、相手もやはり真剣です。当然ですよね。だからこそ、当然ですが、ふざけた対応はできないですし、真剣度を高く求められる現場、という事は誰もが認識する所だと思います。

 

本日の生徒様は以前から何となく英語を話したいという興味を持っていらっしゃったことや、海外ドラマや映画が好きな事もあり、日常的に少し英語を意識してこれまで生活してこられているようで、そのせいか、「ちょっとした事であればなんとか英語で対応できるんです」との事でした。

 

好き、というのはスゴイですね。何でも出来るようにしてくれちゃいます笑。

 

ただ、本日の生徒様がみていらっしゃる所は、どうにか対応できるレベルではなく、日本語が離せない患者さんが来たら「あの人に任そう」と誰もが思ってくれるような、職場での圧倒的な「英語の出来る人」というポジションを確立したいという事でした。

 

それが実現すれば、英語力は更に高まっていきますね。

 

ポジションがその人を成長させるという事はよくある事です。

 

そのポジションだからこそ経験できる事、他の人は経験できない事を経験させてもらえる事は、他の人とは違う人間になれるチャンスです。

 

そういうポジションを職場でつかめる事は、その次へのキャリアアップへも大きくつながりますね。

 

本日の生徒様は、このお仕事以外にも、英語をマスターしたい理由があるようで、それは周りの外国人の友人と英語で会話できるようになりたいから、という事でした。

 

この周りの外国人の友人の方々は、日本語が達者で、いつも日本語で話す為、これまで一度も英語で話した事がないようです。

 

英語ネイティブの方もいて、英語で話すようになれば、その時間も英語の勉強になるなと思いつつ、相手の日本語の方が自分の英語よりも断然上なので、必然的にみんな日本語で話すようになっているようです。

 

外国人からしても、日本語を強化したい、という気持ちも強くで日本語で話しかけてくる、という事もあります。

 

ある程度日本語を話せるようになっている外国人というのは、かなりの努力をしている「頑張る事ができる人」です。

 

そういう人は、もっと日本語の力を上げたい、と日々努力していますし、だからこそどんどん日本語で話そうとしてきます。

 

それでも本日の生徒様が英語がとても上手になれば、この外国人の友人たちも、時々は自分の楽な言葉、英語でも話してもいいかな、と思ってくれるようになるのでは、と話されていました。

 

目標を沢山お持ちのこちらの生徒様。

 

今後がとても楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

グローバル企業のソフトウェアエンジニアとして生き抜くための英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨空が続きますね。

 

一体いつまでこの雨は続くのでしょうか。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在国内メーカーのソフトウェアエンジニアとしてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、グループの海外の外国人の同僚ともっとスムーズにコミュニケーションを取れるようになるため、という事でした。

 

日本を代表するこちらのメーカー。

 

当然世界各国に拠点があり、エンジニアとして各国のエンジニアとのやり取りが日々あるようです。

 

英語での読み書きは日常業務の中に入っているという事もあり、現在は英語を見る事については以前ほど抵抗なく出来るようになられているとの事でした。

 

ただ、会話になるとなかなか思うように進める事ができない、という事が今の大きな課題との事でした。

 

特にリスニングにおいて、沢山副詞が入ってきたりすると、徐々に文脈が分からなくなり、最後は「ダメだ、I’m lost」という状況になるようです。

 

少し英語が分かってきた方でも、リアルな英会話の中ではこのような感覚に陥る方はとても多いと思います。

 

むしろ英語初級レベルの方であれば、会話が速く、難しく、複雑になって行くと、ほぼほぼこの状態に入っていくはずです。

 

この感覚、正直「嫌だな」と感じるものです。

 

徐々に分からなくなる感覚はとても気持ち悪いですし、ビジネスであれば、分からない=話を進められない、という事ですから、冷や汗ものです。途中で何か質問でもされたら、Oh, my godですね。

 

それを考えると余計に冷や汗タラタラ。。となるわけです。

 

聞けるようになる。これは特にビジネス英会話においては大きな事で、ブロークンなスピーキングであっても、聞く方がなんとかついていければ、ギリギリ物事を前に進める事はできますが、聞けないと、話が分からないので、話が進められず、そこで終了となってしまいますからね。

 

本日の生徒様はこのリスニングの克服、そして継続的な学習のコーチングを担当講師にお願いしたいという事でした。

 

忙しくなってくるとどうしても仕事、家族、の後にまわしてしまう習い事は後手後手になりがちです。

 

そうなってくるとそこでの結果が見えずらくなり、時間がかかり、徐々にモチベーションが続かなくなる、という事になり得ます。

 

ある程度結果を出している事を自分で感じられる事はモチベーションにつながりますし、ある程度結果を出すにはある程度そこにコミットする事が必要で、そこには自分自身の気持ちだけでなく、担当講師にカツを入れてもらいながら、しっかりとコーチングしてもらう事はとても大きなポイントだと思います。

 

1つの脳より2つの脳、1つの気合いより、2つの気合いです笑。

 

レッスンの中では、圧倒的な会話量を確保したい、という事もこちらの生徒様の強いご希望です。

 

聞けない事もそうですが、話せない事も勿論今の課題で、自分自身を話さなければいけない環境にどんどん放り込んでいく事も大事だとおっしゃっていました。

 

話せない自分を自分自身に見せつける、という事は、人にとってはとても有効です。

 

自分自身に嘘はつけない、つきたくない、と強く感じる方であれば、出来ない自分を自分に見せつける戦法はとても有効ですね!

 

今後の生徒様の変化が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

育児休暇を有効活用する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日梅雨空が続きますね。

 

今週も1週間ずっと雨!洗濯物が~~~。。という感じです。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在0歳の赤ちゃんがいらっしゃり、育児休暇中という事で、この時間のある時に、やらなければいけないと思っていた英会話レッスンを始めたい、と思われ、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になりました。

 

育児休暇中に自宅でしっかりと自分の勉強の時間を取りつつ、英会話も頑張る、というのは良い時間の使い方だと思います。

 

忙しい社会人でも、毎日頑張れば1時間位の勉強の時間は取れるでしょ、という風には、やっている人からすれば思うものだと思います。

 

でもやっぱりその1時間をねん出する事は普通の人は大変な事だと思います。

 

仕事、家事、育児、等のがあると、やはり考える事が多くなり、どうしても精神的に余裕がなくなってきます。

 

物理的に1時間をねん出できないのではなく、精神的にその1時間を割く気持ちになれない、というのが多忙な社会人の本音だと思います。

 

頑張って机に向かっても、頭がついてこずに1時間を終えてしまう、という経験をしたことがある方も多いと思います。

 

とにかく今の多忙な世の中では、精神的な余裕を持つ事が、物理的な時間を作る事と同じくらい大変な事だと思います。

 

そんな中、育児は大変でも、仕事という大きなものが生活の中から消えるというのはとても大きい事です。

 

初めての育児で英会話なんかやってられない!と感じるママさんも勿論沢山いらっしゃいますが、精神的な余裕という意味では育児休暇中はしっかりと取れると感じるママさんが多いのも事実だと思います。

 

そんなママさんたちにとっては、英会話トレーニングを入れるのはとても有効な時間の使い方だと思います。

 

どんな事でもそうですが、始める時はある程度のエネルギーがいります。

 

どんな英会話スクールに行こうかな、料金は、先生はどんな人、自分はいったい何をすれば力がつくのだろう、いつごろまでにどれ位のレベルになろう、なんて考えるだけでなく、その次には体験レッスン等、実際に動き出さなければいけません。

 

決めるのは自分自身。

 

判断をする、決断をする、という事はとても疲れる作業です。

 

自分の事だから適当には決められないから真剣に考えるのでやはり疲れる作業です。

 

そしていざ始めるとなると、初心者レベルの人は特に最初の時期はある程度英語にコミットしていく事が求められます。

 

自分が何をやっているのか、全く訳がわからない、というような雲をつかむような感覚の状況を初心者レベルの時は多く感じます。

 

進んでいるのか後退しているのかも分からないその感覚は、正直に言って英語学習のモチベーションを下げてしまう大きな要因になり得ます。

 

誰だってこの時期があるんですね。

 

でもそこをグッと乗り越え、小さいけど、自分の中で1つの壁を越えた、変化が見えた、という事を何度も何度も繰り返していく中で、ようやく1つの大きな壁を越えた、と自分の中で確信が持てるような状態になります。

 

最初の時期はそういった意味である程度のまとまった時間が欲しいものです。

 

だからこそ、本日の生徒様のようにこの育児休暇を有効活用する事はとて良い事だと思います。

 

今後の生徒様の変化が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop