初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉

医療英会話

Aduleトップ > 医療英会話

アデュールでは医療英会話のご対応が可能です。

外国人観光客だけでなく、日本に在住している外国人も年々増える今、医療現場では、外国人に対応するための医療英会話がより求められるようになってきています。
医療英会話と言っても、医師、看護師、薬剤師、病院受付、医師秘書等、色々なお仕事があります。
アデュールではこれら幅広い医療英会話のニーズにこれまで多くお応えしてきました。以下、医師、看護師、病院受付/医師秘書/ソーシャルワーカーというカテゴリーでの医療英会話へのご対応について書かせていただきます。

医師

医療英会話、医療英語と言っても、臨床、英語論文、海外の病院への研修、共同研究等、医師として英語が求められる場は多くあります。

以下、アデュールでこれまでご対応させていただいた医師の方々が申込時、どのような医療英会話、医療英語のご要望を出されていらっしゃったかをいくつかご紹介させていただきます。
医療英会話
  • ユウコさん:
    都内で外科医をしております。年齢的にもう学会に行く事は減った為そこで英語が必要なわけではないですが、役職がある為、たまに外国人医療関係者と会う機会があり、その時に最低限の英会話は出来るようにならなければと思っています。
  • ヒロシさん:
    定期的に外国人医師と研究結果について話す事があり、そこでの会話力を上げたい。
  • ナナさん:
    麻酔集中治療科医師です。英語論文は読めますが、英語で話す事が苦手なので、そこを強化したいです。
  • タダシさん:
    呼吸器科の医師です。同僚の海外での論文発表に補助としてついて行く為、最低限の英会話力をつけたいです。
  • ユリさん:
    医師です。論文を書いたり、海外での学会発表をすることができるようになりたいです。
  • ユカさん:
    リハビリ科の医師として、今後の臨床の為に実用的な医療英会話を学びたいです。
  • ケイコさん:
    都内で歯科医院を経営しており、近くに大使館も多く外国人の方がお見えになります。英語を話せるスタッフが辞めた為、予約から治療内容の説明まで自分で対応できるようになりたいです。

医師の方々は、基本的な英単語、文法をおさえていらっしゃる場合が多いですが、やはり実際に英会話となると、発音、ナチュラルな英文、流暢さ、という所に課題を感じていらっしゃる場合が多く、アデュールでは、医療現場で通じる実用的な医療英会話をお手伝いさせていただいております。

- Aduleのレッスンを受けられている医師の方の感想

  • Kumieさん

    Kumieさん

    プライベートなので先生に気兼ねなく疑問点をお聞きできるのも良い点です。自分のモチベーション次第で早く上達出来ると思います。

看護師

医療通訳がいない、足りない医療の現場は多々あり、英語が全くできない看護師でも医療英会話を求められる状況は増えてきています。現場で翻訳ツールを使いながら対応する事に限界を感じ、アデュールで英会話を始められた看護師の方は多くいらっしゃいます。以下、アデュールでこれまでご対応させていただいた看護師の方々が申込時、どのような医療英会話のご要望を出されていらっしゃったかをいくつかご紹介させていただきます。
医療通訳
  • ミサコさん:
    都立病院で看護師をしており、病院内で英語研修があるものの、それだけでは英語力をつけられないので、こちらで英会話の力をつけたいです。
  • エミさん:
    看護師をしています。海外に医療関係のボランティアに行った際、英語ができないと仕事にならない事を痛感しました。
  • メグミさん:
    看護師として保育園で働いています。日本語を話せない外国人の子供もいて、英語でなんとか頑張ろうと思いますが、自分の英語力では限界があります。
  • モモコさん:
    看護師です。育児の関係もあり、保健師への転職を考えていますが、求人を見ると英語を求めるものが多く、英語の必要性を感じました。
  • ユリさん:
    オーストラリアには看護師の仕事を活かせるワーホリの現場が多そうなので、その為に英語を学びたい。
  • ユミさん:
    中国人の患者さんが多くいらっしゃり、皆さん英語を話されますが、私は英語ができないので、なんとか医療英会話を話せるようになって仕事に活かしたいです。
  • サヤカさん:
    将来的に助産師として海外の研修を受けに行きたい。
  • マリコさん:
    海外へ派遣されるODAの看護師(被災地など)のポジションに申込むのにTOEIC750点が必要なので、その為に英語を頑張りたい。
  • アキさん:
    主人が開業している病院で、看護師、栄養士として勤めていますが、外国人対応できるスタッフがいない為、私が英語の力をつけて対応したいと思っています。
  • チカコさん:
    看護師として管理職についており、提携する海外の病院に研修で毎年何名か送っているのですが、そのやり取りを現地担当者と英語でやる必要があります。

看護師として医療英会話が必要な場は、上記の通り本当に多岐にわたります。多くの現場では、スピードが求められる反面、医療という性質上、正確に情報を伝える必要もあり、そこに看護師としての医療英会話の難しさを感じていらっしゃる方はとても多いです。アデュールでは、看護師として医療現場で通じる実用的な医療英会話をお手伝いさせていただいております。

- Aduleのレッスンを受けられている看護師の方の感想

  • Yukiさん

    Yukiさん

    今まで通っていたスクールは、ネイティブの先生に英語で話すスタイルでしたが、質問も英語で会話しなくてはならなかったため、細かい疑問などは曖昧になってしまっていました。そのため通っていても、正直まったく成長する気がしませんでした。どうしようか迷っている時に、こちらのトライアルを受けてみてレッスンが楽しかったことと、先生の教え方が分かりやすかったのでこちらに決めました。
    今は通い始めて半年が経ちますが、同じ日本人で英語をマスターした先生のほうが、日本人の苦手ポイントを把握しており、相談もしやすいです。また、宿題も働きながらできる範囲の量なので、無理なく通い続けることができ、楽しくレッスンを受けることができています。

病院受付、医師秘書、ソーシャルワーカー

日本語の話せない外国人に英語で対応を求められる医療現場は増えてきています。病院受付では基本的な案内から電話対応まで、滞りなく出来る必要があります。医師秘書では、海外から来られる医師の方への対応等、複雑で変則的な対応が多く求められ、英語の基礎力がなければ難しい医療英会話の状況が多々あります。以下、アデュールでこれまでご対応させていただいた病院受付、医師秘書、ソーシャルワーカーの方々が申込時、どのような医療英会話のご要望を出されていらっしゃったかをいくつかご紹介させていただきます。
病院受付
  • ナツキさん:
    病院の受付をしていてたまに外国人が来るのでそこで答えられるようにしたい。通訳がいるけどそれで回らない時があるので。
  • ミカさん:
    院長秘書をしていて、海外の医療関係者が来日される際の日時調整やたまに外国人ドクターと話す事もあるので、ある程度話せるようになりたい。
  • チエさん:
    近くの総合病院に勤めていてそこのケースワーカーをしている。海外の学会に招待されたのでとりあえずそこで基本的な英会話ができるように。
病院受付、医師秘書、ソーシャルワーカーとして医療英会話が必要な状況は、上記の通り本当に多岐にわたります。文化が異なる事で、誤解が生まれる事もあり、イレギュラーな状況に臨機応変に対応できる能力が求められ、そこにこれらのお仕事で必要な医療英会話の難しさを感じていらっしゃる方はとても多いです。アデュールでは、病院受付、医師秘書、ソーシャルワーカーとして医療現場で通じる実用的な医療英会話をお手伝いさせていただいております。

レッスン事例(医療英会話)

  • 10分
    フリートーク
  • 10分
    宿題の答え合わせ、前回習った事の復習とそこからクイズ出題
  • 10分
    文法&発音練習
  • 25分
    実務で出てくる状況を設定したロールプレイ
  • 5分
    宿題の確認、今日のレッスンの不明点確認

医療英会話と言っても、お仕事ごとに内容は異なりますし、また、発音を重視されたい方、とにかく話す時間を多く取りたい方等、色々なご希望がございます。アデュールのレッスンでは、生徒様それぞれのニーズに合わせて個別にカスタマイズが可能です。

医療英会話を始められた生徒様のご紹介

このページで紹介させていただいた方々以外にも、アデュール公式ブログでは、医療英会話を始められた多くの生徒様をご紹介しております。ここでは、その中から何名かをご紹介させていただきます。



無料体験レッスン受付中!

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076

無料体験レッスン受付中

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

03-6435-0076

サンコンさんインタビュー

オンライン英会話

アデュール公式ブログへ

子連れ英会話

pagetop
PAGE TOP ▲