整形外科医として留学する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に暑いです!もう夏ですね。

 

ここから梅雨になるなんて本当にもう困ったものです!!!

 

湿気対策しっかりとしないとですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、整形外科医として都内の病院にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、1年後の留学を見据えて、という事でした。

 

アデュールの生徒様の中には医師の方が多くいらっしゃいますが、海外の病院への勤務が決まっていらっしゃる方や、本日の生徒様のように留学準備という方もその中にいらっしゃいます。

 

本日の生徒様は、留学先で英語力をブラッシュアップする事は勿論ですが、行くまでに1年でしっかりと力を付けておくことが留学先での時間をより有効に使っていけると考えているから、という事でした。

 

これ本当にそうだと思います。

 

今の時代、多くの方が海外に勉強しにいく機会を得る事ができますが、帰国した時に満足して帰ってくる人もいれば、満足できずに帰ってくる人も実は多くいます。

 

メディアや雑誌、書籍などで、留学経験のある人が留学時代の事について少し触れているような内容に遭遇する事はあると思いますが、往々にしてそういう場所で見聞きする留学体験談は素晴らしい成果を得て帰国されてきている話ばかりです。

 

実際は、海外に1年いったものの、現地の人たちになじめず、現地の日本人グループと固まってしまい、結局英語の力は大してつかないまま帰国し、帰国後もいまだに英語力に自信がない、というお話はよく聞きます。

 

アデュールの生徒様の中にもそのような経験から、再度英語をやり直しいと奮起して頑張っていらっしゃる方々も多くいらっしゃいます。

 

現地でつまずく方々は、もちろん、性格的な部分もありますが、最初の自分の英語力の低さから、うまく現地の人たちの会話に入っていけず、億劫になったまま、時間が過ぎていってしまう、というパターンがあります。

 

大学への留学なら基礎の英語力がある方が多いのでそのパターンとしては少ないですが、語学留学などはこういうケースが多いです。

 

英語がダメでもある意味がめつく現地グループに入っていける人はいいですが、そういう人ばかりではないですよね。

 

現地に行く最初のそのタイミングで自分の英語力がどれだけあるか、それで現地の生活や現地の人達と仲良くなれるかどうかの時期がだいぶ変わってきたりするものです。

 

 

 

本日の生徒様は以前ネイティブの先生でレッスンを少し受けていらっしゃったようですが、細かい質問がうまく英語でできず、聞きたい所が潰せなかった、という事を感じていらっしゃったようです。

 

その反省から、今回は日本人英会話講師に習いたい、という事でアデュールでのレッスンをスタートしていただく事になりました。

 

現地の生活に慣れるために、実戦的な英語での会話がメインにはなりますが、それでも細かい部分の確認は日本人相手という事で、安心して潰していける、という事を体験レッスンで感じてくださったようでした。

 

大人になると人それぞれ分からない所、気になる所、違ってきます。

 

マンツーマンでしっかりとそういう自分オリジナルの部分を潰していくという事は大人の英会話レッスンではとても大事なポイントになってきます。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

 

本日は以上です!