公務員医師としてキャリアアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

本当に寒い寒い関東地方、一気に冬が来てしまいましたね。

 

気温5度がこんなに寒かったなんて、久しぶりに痛感させられました。

 

用心用心。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在公務員医師をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、今後のキャリアを見据えて、今からしっかりと英会話力を鍛えておきたいから、という事でした。

 

英語論文などに触れる事等が多いお医者様は総じて基礎英語力が高く、こちらの生徒様もやはりしっかりとした基礎の力をお持ちでした。

 

今回は読み書きなどの座学ではなく、会話力をつけたい、という事で、今すぐに仕事につながるものではないものの、自分の一番の弱みであるその部分を時間の取れる今の時期に集中してやっておきたい、という事でした。

 

英会話力の向上は日本人の方では必要と感じられる方はとても多いですね。

 

読み書き、文法は学生時代に基本的にはしっかりとおさえてきている日本人、ただ会話となると全くダメ、という方が多いですし、そこに弱さを感じるのはごく普通の事だと思います。

 

よくこのようなパターンの方々が、受験勉強やこれまでの英語の勉強は一体なんだったのか、自分の努力は全く無駄なものだった、と愕然とされる方がいらっしゃいます。

 

ただそれはあまりにも極端な解釈で、決して無駄なものにはなっていないはずです。

 

ゼロから英会話力をつけていく、という道を作った時、一番のネックになるのが、単語を覚えたり、基本的な文法を覚えて練習するところです。

 

好きは人はいますが、多くの人が、「退屈」「おもしろくない」と感じられる部分で、実際にこの部分がネックで最終的に英会話を挫折してしまう人が多いのも現実です。

 

楽しく会話をしていたら気付いたら英語がペラペラになっていた、というのが理想ですが、現実問題、やはり地味にコツコツとやらなければいけない事があり、そこからはどうしても逃げられません。

 

そしてそれが数か月で終わるものではなく、英会話力を向上させるには、そのコツコツの努力はずっと継続していかなければいけません。

 

だからこそ、学生時代にとても沢山の英単語を覚えたり、しっかりと文法の基礎をおさえていたりする方は、大きなメリットがあるわけです。

 

ツールは持っているわけですから、あとはそのツールの正しい使い方をトレーニングしていく、という事で、ツールを持っていない人とは出だしが違います。

 

という事で本日の生徒様は、徹底的に会話力をアップをすべく、今回の体験レッスンでも2つのテーマで話をしていただき、その中でご自身の課題をいくつか感じていただきました。

 

自分のやるべき形もしっかりと見えてこられたようで、すっきりとした表情で今後のレッスンに頑張って取り組もうというご様子が伺えました。

 

医療機関に従事する方への英語力向上はずっと求められてきている事ですし、在日外国人の方が医療の部分で安心できる事が、将来的に日本経済の発展にも必ず寄与するはずです。

 

明るい日本の未来の為にも、今後の生徒様の成長とご活躍が今からとても楽しみです!!

 

本日は以上です!