初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

若年者への喫煙規制の動きの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

the rise of

riseはrising sunのriseですね。上がる事を意味する言葉で自動詞riseに対して他動詞はraiseです。raise your handは目的語を後ろに置いているので他動詞という事が分かりますね。pay raiseは給与アップです。I have not had a raise in five yearsなら5年間給与が変わっていない、という事ですね。求人は増えても給与はなかなか上がらないという業界も多いのではないでしょうか。

 

the shelves

shelfの複数形がshelfですね。実際の日常英会話の中ではそんなに使う事はないかなという感覚はあると思いますが、実生活の中ではお店に買い物に行きますし、その時のアクションをdescribeするような事はしばしば会話の中でもあると思います。grab/take/pluck/pull something from the shelfのように取る動詞は色々なパターンがありえます。また棚から何かを取ったり戻したり、という動作だけでなく、棚の場所、という意味でもそのままshelfを使う事もでき、I went back to the shelf to check the priceのような文章も成り立ちます。誰かと一緒に買い物していたらshelfは会話の中で出てくることもあるでしょうね。ちなみにtop-shelfという言葉は高級な、一流の、という意味ですね。棚の一番上に置かれている超高いお酒!なんていう風に想像すると分かりやすいですね笑。

 

21 and older

年齢制限などに触れるときはこのように年齢 and olderや下を指す時はunderを使って18 and underのようにします。people aged 18 and under who are~、のような感じで若い人たちについて書かれている表現は多く見られます。

 

are being

受身の進行形を表すときはこのようにbe動詞を連続させないといけないんですね。進行形はbe+動詞ingで受身はbe+過去分詞、ですから、その2つを組み合わせるとbe+being+過去分詞、という事になるんですね。have been doingのように進行形のbeが過去分詞になったりと英会話の中ではその他の文法用法との組み合わせによって色々な形があり得ますね。実際の会話の中では慣れないとちょっと考えてしまう事もあると思います。仮定法なんかはルールは覚えていても実際に仮定法過去完了とか仮定法過去、とか難しい言葉で覚えると、会話の中ではIf you had had something, I would..あれこの後は普通に動詞でいいんだっけ。。みたいな感じで一瞬考えてしまう人は多いと思います。

 

without fully understanding

withoutは~なしで、という意味ですが実際の英会話の中ではとても多く使われます。without himのように彼なしで、みたいなパターンはすごく分かりやすいですが、実際の会話の中で使えるwithoutはもっと便利で、do something without George finding outのようにしてGeorgeに知られないように~する、みたいなパターンなど、withoutの使える幅はとても広いです。

 

他の街にも広がっていきそうですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

メディアの在り方についての識者の声の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

voices

そのままですが人の意見や考えを意味する名詞としてよく使われる事ですね。音声を意味する声そのものを指す言葉でも勿論日常英会話で使われます。lower your voiceは声を小さくする、という意味で場面によってはこういう事を言う事もあると思います(特にお喋りな人達は笑)。今立ち上がる時だ!みたいなニュアンスでWe should raise our voiceなんていう風にも使われます。実際の抗議は無口ではなく言葉を伴いますからね。

 

choices

人生は選択の連続ですが、名詞choiceと動詞choose、どちらも日常英会話で頻出単語と言ってよいのではないでしょうか。人生の選択、自分で選んだ道、手段、的なニュアンスの使い方としては、動詞chooseだと、I “chose” not to~、みたいな感じで、ダメだったからやってないんじゃなくて、(あえて)やらないという判断をしたの、のように使ったりします。受身じゃなくて、能動的な自分の対応、判断を伝えたい時にはバチっときまりますね。was my choiceと言うのも同じように自分の選択を意味しますね。

 

lively

livelyという言葉で最初に頭に浮かぶのはBlake Livelyという方、いらっしゃると思います。私もその1人です(笑)。女性として自然でかっこよくて綺麗でとても素敵ですよね。ただし今回は名前ではなく形容詞のlivelyですね。lyがつくと接尾語lyに引っ張られて副詞と考えてしまいがちですが、これは形容詞ですね。似たようにlyがついているものの形容詞として使われる言葉にはfriendly、lovelyなどもあります。

 

their work

workは働く社会人にとっては最も身近なものの1つだと思います。可算名詞jobに対して不可算名詞workとして使われるもので、go to workであってgo to a workではないですね。I have work tomorrowであってI have a work tomorrowではありません。それに対してI got a job!であって、I got jobではない、という事になります。

 

millions of words

wordsは言葉そのものを意味しますが、先ほどのvoiceと同じく大きなメッセージや意味合いを持たせる表現としてもよく使われる言葉だと思います。Words don’t teach. Only experience teaches.のような感じですね。wordがニュース記事などでしばしば見られるのはF wordのような使い方ですかね。日本語ではカタカナ言葉として頻繁にワードを使うのはキーワード位だと思いますが、英語では色々な所で出てきます。

 

thinkers

thinkするからthinkerとはなんとも分かりやすい言葉ですよね。英語は、え、それにerつけちゃっていいの?みたいな言葉は沢山ありますし、自分で作っちゃってもいいわけです。erをつける言葉で~な人というのは共通認識なので新しい言葉を作っても理解してもらえるはずです。簡単な単語だけど日本語のカタカナ言葉では使われないものとしてはgiveに対してgiver、bookに対してbookerなど色々とありますね。

 

新しい年になりますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

長時間フライト対策の解の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

フライトに関する記事のようですね。

 

 

 

 

Need some

英会話の中でこのneed some~という形はとてもよく聞かれると思います。忙しい社会人にとってneed some restという状況はあると思いますし、お腹が減ればneed some foodという事もあるかもしれません。またシンプルで短い質問の方としてこの形単体でNeed some help?みたいにする事もできます。

 

acts as

actするのは何も人に限った事ではありません。物がどのようにactするかを表現する事もできるんですね。actはアクターやアクトレスのイメージからなんとなく舞台などで演じるようなイメージの動詞として理解している方もいるかもしれませんが、必ずしもそのような演技である必要はなくHe acts like a kidで子供っぽい人を言う事も出来ますし、またShe’s acting outなんて言い方で、状況にもよりますが女の子ぶってるみたいな感じで言ったりもできます笑。

 

decent amount

decentという言葉を学生時代に習ったのに実際の英会話の中でどのように使えばよいかよく分からない、と思っている方いらっしゃると思います。こういう感覚を持つ単語って意外と多いと思います。他の簡単な言葉で置き換えられるような単語だとあえてこっちの単語を使うケースってどんなケースなの?って思ったりますよね。ただ英語学習に必要な姿勢というのはその差を確認する事であったりします。その確認は単なる使い方の確認に留まらず、イングリッシュスピーカーの考え方や会話の中の暗黙のルールなど色々な所が見えてきたりするものです。

 

a must

助動詞mustがここでは冠詞を伴って名詞になっていますね。must単体でなくa must doという風な形でmust-doを1つの名詞として使う事もできますし、同じ発想でcan-do attitudeのようにcan-doという1語を作る事も可能です。

 

fellow passengers 

fellowの使われる幅は広いですね。座席の隣り合わせの人という意味では seatmateなんて言葉もあります。room mateやclass mateのようにseatでもmateを使える事ができるんですね。ちなみにmateとあると知り合いや友達であるべきと思ってしまいそうですが、その必要はなく飛行機でたまたま隣り合わせになった他人をseatmateと呼ぶことができます。日本ではこのmateはルームメイト、クラスメイト辺りの使い方が一般的ですが、オーストラリアの人達は友達に対してmateという言葉を使い、挨拶でもG’day, mateのようによく聞かれます。

 

What makes

What節は英会話の中ではとても重要で、頻繁に使われる常用表現ですね。What you did was~、That’s what she saidのように会話の中でも頻繁に出てきますし、実際に使えるようになるととても便利な表現です。what make A BはAをBとさせるもの、AがBである理由、みたいな感じで使われる常用表現です。One DirectionのWhat Makes You Beautifulもこの形ですね。

 

長時間フライトはキツいですからね笑。

 

本日は以上です!

 

 

 

新世代の環境提言の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

mature enough

enoughは十分という意味で広く知られた言葉ですね。ただ最初に思い浮かべる使い方はenough money, enough peopleという形容詞で名詞の前に置く形だと思います。enoughはそのままの形で副詞にもなり様々な場所で使われます。good enough, bright enoughのようになんとなくプラスのイメージで使う感じがすると思いますが、bad enough、crazy enoughのようにその使われる方向も様々です。使い方次第ではちょっと皮肉っぽく使ったりもできそうですよね。

 

shamed

shameという言葉は恥、という意味でShame on you!はフレーズとして覚えている方も多いと思います。この後にはaccusedという表現で同じような場面の事を表現しています。言葉の意味は異なりますが、結果的には同じ事という感じです。ちなみにshameは恥という意味だけで頭に入れておくと、That’s a shameなんて表現を聞いた時に「え?」と思うかもしれません。これは「残念!」という意味で使われる表現で、仕事辞めるんだ、とか、忙しいからしばらく週末はここにこれないよ、みたいな時に、え~そうなの?すごく残念、みたいな時に言えるもので、相手に対して恥を伝えるものではありません。

 

future generations 

英会話の中では意外とこのfuture~という形で将来の何かについて表現する事は多いと思います。基本的になんとなくポジティブな感じのニュアンスで使う事が多いと思います。例えば今回はこの案件受けられなかったけどfuture opportunitiesがあればお願いしますね、みたいな感じですかね。futureなんて言うとなんとなくカッコいい感じがしますが、要は「次は出来たらお願い!」というような感じでもあるわけですが笑。

 

far more

farという言葉は距離のfarだけでなく程度の大きさを表現する意味としても使う事ができます。far more expensiveだと高すぎる!ですね。似たような言葉としてwayなどもあり、way too expensiveのように程度の大きさを表現できます。farという言葉は英会話の中では沢山使われる言葉の1つだと思います。物理的な距離以外の他の使い方としては、As far as I knowなどはお決まりの表現で、私の知る限り、という意味になります。大人の英会話では礼儀やマナーという意味でこの表現は場面に応じてしっかりと使いたいですね。他にもSo farは今の所、という意味でよく使われます。So far so goodは今のところ順調、という1つの表現として丸覚えいちゃうととても便利です。

 

never too small to

neverという言葉はこのようにビシッと決めるフレーズで使われる事が多いですね。その言葉の持つ強さがそうさせているんですね。ここではsmallが使われていますが、never too old to~なら、~するのに遅すぎる事はない、となりますね。Never say neverは諦めるな、とか、無理な事なんて1つもない、的な感じで使える表現です。

 

若い力はスゴいですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

続く挑戦の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

bring customers back

bring something backという1つの形として覚えておくと便利ですね。bringは持ってくる、というような意味で日本語で解釈している方にとっては、あくまで対象は”物”と考えていた方もいらっしゃると思いますが、人をbringする事もできる、というのが実際の英語の使い方ですね。Can I bring my friends?なんて言い方で、「友達も連れてっていいかな?」みたいな感じです。決して友達を持って行ってもいいかな?じゃないですね笑。友達は物ではないです。

 

distance itself from

distanceは名詞の形で距離という意味で学生時代に多く方が習ったと思いますが、距離を置く、という意味のどうしても使えます。今回のような例文はとてもイメージもしやすく自分が実際に英会話の中でつかっていけるイメージがするのではないでしょうか。人と距離を置く、というのは大人社会でもしばしば起こる事です。カップルでもありますよね。動詞だけではなく形容詞distant from~なんて言い方で、距離がある状態、様を表現したりもできます。itselfはそのままですが、自身の事ですね。英熟語集などでoneselfというものを見た時に、そのままの言葉で熟語として理解してしまう方が稀にいらっしゃいますが、このoneselfのoneには色々な当事者を入れる事ができるという事です。himselfでもherselfでもourselvesでもよいわけですね。

 

fell by 9.8%

ビジネス系の記事やビジネス英会話を習っている方にとってはお決まりの表現だと思いますが、数字の増減についてby ~%という言い方があります。パターンとして覚えておけばとても楽ですね。ここでは下落の動詞がfallとなっていますが、この後に出てくるdropも同じ意味で使えますね。その他decreaseもそうですし、逆は勿論increaseでOKです。

 

poor pizza sales

poorというと貧乏、という意味のみが頭の中に入ってくるという方はその意味を広げる必要があります。poor salesの場合は貧乏な売上ではなく、結果のよくない売り上げを指す事になります。I have a poor vocabularyは貧乏なボキャブラリではなく、自分が使える語彙数が少ない、という事です。第二言語として英語を学ぶ方にとっては、最初の方はpoor vocabularyと自分を判断する機会は多いと思います。

 

ahead of expectations

ahead ofは前に、という意味ですね。aheadという言葉は日常英会話でもしばしば聞かれる言葉です。Go aheadは、前に進む、どうぞ進めて下さい、などのように進行を促したりする表現としてしばしば使われます。You are getting ahead of yourselfのようにoneselfに対するaheadとすると、先走りしすぎている、はやとちりしている、というニュアンスに出来たりします。まだ彼女になってくれたわけじゃないのに、もう誕生日プレゼントを考えたりしている男性の友人には、おいおい、まだあの子が彼女になってくれると決まったわけじゃないよ、という話ですよね笑。そんな時に一言言える表現ですね。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop