初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

アメリカ選挙の行方の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

undecided

接頭語unをつけて、decidedの反対の意味にしています。接頭語の意味を覚えてくとundoがもとへ戻す、unpredictableが予想できない、というように基礎英単語からしっかりと意味を推測できるようになります。ちなみにdecideという言葉は形容詞で decisiveという言葉があり、これは決断力がある、決心が固い、という意味の言葉になります。そしてこの反対の意味の言葉としては異なる接頭語のinをつけてindecisiveというものがあります。決断力のない事を意味します。また簡単に人に流されたり、押しに弱い人をpushoverなんていう言い方をするのでこれもある意味関連用語として覚えておきたいですね。

 

the lead

日本でもカタカナ言葉としてリードは多く使われていますね。AさんがBさんをリードしている、という言い方ならA is leading Bという風にします。とてもシンプルで分かりやすいと思います。もちろん選挙だけでなくスポーツの試合でも同じように使え、点数を付加するならA is leading 4-1 in this matchみたいな感じですね。

 

time is running out

時間がなくなっていくているという事は文脈からすぐに分かると思います。ここではtimeが先に来ていますが、We are running out of timeという形で時間がない本人を主語にするこのような形でもよく見られます。また少し表現は異なりますが、Your clock is tickingなんて言い方で、時計の針は進んでいる、時間は待ってくれない、なんて感じで余裕をかましている時ではないみたいなニュアンスをとして文脈で使われる事もあります。例えば独身で年齢を重ねてくると段々と結婚が難しくなってくるのは一般的な認識だと思いますが、その婚期を意識させてる意味で、独身の友人等に対してYour clock is tickingなんて言ったりできると思います。

 

your damn neighborhood

damnという表現は英会話を始めた人なら、God damn it!の表現でお決まりだと思います。大人の英会話では基本的にはあまり使わない方がよい表現ではあっても、実際のリアルな会話の中ではよく聞かれる表現なので意味としては理解しておきたいですね。そして日本では近所を意味する言葉として認識されるこのneighborhoodですが、これは自分の家も含むそのエリアの事を指します。ちょっと近所まで、なんて言い方の日本語があるのでこの辺の境界の理解は少し曖昧になりそうです。

 

widened

感覚的にワイドという言葉が広いという意味になるのは分かりますよね。この動詞の形がwidenです。似たような言葉で、broad(ブロードバンドのブロードですね)を動詞化してbroadenなんて言葉もあります。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

黒人女性の副大統領候補の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

run for

~に出馬するというような言い方としてお決りですね。大統領だけでなく知事や市長でも同じようにrun for mayor of San Franciscoという形で使う事ができます。実際の使い方では出馬、立候補を表明する形でdecided to run for re-electionという風にしたりis running for presidentという形にしたりします。

 

running mate

mateというとルームメイトという言葉が日本では一番最初に頭に浮かぶ方が多いかもしれませんね。このmateは実際には色々なものがあり、seat mateなら飛行機やバスなどで隣り合わせになった人を指しますし、cell mateなら監獄で同部屋になった人という意味になったりします。runには色々な使い方がありますが、その1つに運営する、マネージする、というような意味もあります。run a companyなら会社を経営するという事になりますね。オーストラリアの人は友人や近い存在、又は気さくな呼びかけとして、mateを相手に使う事があります。男同士ならmanやbuddy、dudeなんて言い方も多く聞かれますね。もっとも男ならどの世代でもというわけではありません。dudeなんかはもともとはカリフォルニアのサーフ文化の中で使われ出した言葉で、若者言葉として今はカリフォルニアに限らず使われています。

 

recognition

recognizeが認識するという意味の言葉でしたね。学生時代に覚えた方は多いと思います。このrecognitionという名詞は認知される、知られる、というニュアンスで非常に多くつかわれる言葉の1つだと思います。世界的に認識されるのであればuniversal recognitionなんて言い方もされますね。また似たようなもので、awarenessという言葉もあります。これは例えば既存の問題などについて、世の中の人達が問題として認識し始めたみたいな感じでの気づきみたいな使われ方は多いと思います。人種間格差問題などであればawareness about racial inequalitiesという具合ですね。

 

slavery

奴隷制を意味するこのslaveryは英語を勉強する人であれば知っておかなければいけない言葉ですね。西洋ではとても重要な言葉だと思います。奴隷の人を指す言葉はslaveになります。奴隷船はslave shipです。奴隷制についてはアメリカでは暗い歴史として語られ、また奴隷として連れてこられた黒人の子孫(the descendant of a slave)である事を話されるような場面もしばしば見られます。

 

active in

日本でもアクティブという言葉はとても頻繁に使うと思いますし、ここでは特に違和感はないと思います。兵役についている事をactive dutyと言ったりします。

 

アメリカの歴史ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

スポーツ視聴の変化の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

スポーツの記事のようですね。

 

 

 

 

the hunger

I’m hungryという言葉は多くの日本人の方がすぐに理解できる表現だと思います。そしてこのhungerもそこから空腹という風にすぐにイメージできる方は多いと思います。英会話では言葉の意味を広く捉えるという発想を持つ事がとても大切で、そうする事で文脈の理解を助けてくれます。ここではご飯の事を話しているわけではないので、広く”欲求”という風に理解できそうですね。似たようなものではcravingという言葉があります。これはタバコを吸いたくて仕方がない、というようなやるべきでないような悪い習慣について使われる事は多く、その欲求の対象をforの後ろにつけてcraving for nicotineみたいにしたりできます。また実際の文脈ではその悪い欲求が出てくる時にどうするかみたいな事がよく語られるので、表現のパターンとしては、That craving is caused by stressや、when a craving is triggered,のようなその時のタイミングについて一緒に語られる事は多いと思います。

 

other than

英会話の中ではよく使われる形の1つだと思います。何かについて聞かれて何かを答え、それ以外については~だよ、みたいなくだりの使い方はお決まりの表現です。Other than that, I’m good/fineみたいな言い方なら、それ以外は特に問題ないよ、みたいな感じですね。日常英会話でもビジネス英会話でも使う状況は色々と想像できると思います。

 

the idea

アイデアというと、何かを達成したり何らかの強めの目的のものに作られたりする感じの言葉として日本では一般的に使われると思いますが、英会話の中では、ある習慣、慣例等、何らかの状態について使う事もでき、I like the idea of working out at homeなら、自宅でエクササイズするって凄くいいと思うという事になります。でも自宅で何かしらエクササイズする人は沢山いますし、それ自体について”アイデア”という言葉を使うのは日本ではちょっと変な感じがすると思います。 他にも The idea of having somebody else fix your family problem is wrongなら、他人に自分の家族の問題を解決してもらおうなんておかしいよ、という言い方ですが、これも日本語で、そんなアイデアおかしいよ、という言い方でも言えなくはないですが、こういう考え方について、カタカナ言葉のアイデアはあまり使わないかなと思います。

 

has been the case

ケースという言葉はカタカナ事で一般的に使われる言葉の1つだと思いますが、英会話の中ではこのようにそういう事なら、的な意味で普通に使えます。また誰かに何かを言われて、そうなっちゃうなら、とか、もしそうなんだったら、みたいなニュアンスとして、If that’s the case,みたいな言い方があります。

 

日本はどうなんですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

事前投票増加の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

選挙の記事のようですね。

 

 

 

 

presidential election

ついにこの時が近づいてきましたね笑。大統領を意味するpresidentという単語はおさえていても、意外と形容詞のpresidentialは知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。また大統領その人を指すわけではなく、大統領職やその地位、任務というニュアンスでpresidencyという言葉もあります。例えば大統領になったという言い方で、He became President of the United Statesという形以外に、he won the presidencyなんていう言い方で大統領になったという形もできます。

 

mail-in

今回は郵便投票 が注目を集めていますので、この表現も文脈から理解できると思います。英語ではこのように後ろにinをつけて1つの言葉にするものは色々とあります。   日本でもおなじみの使い方のイートインはeat-inですね。walk-inはどうでしょう?日本ならウォークインクローゼットの感じが最初にイメージされるかもしれませんが、このwalk-inはアポなし訪問を意味したりします。複数のアポなし訪問を意味するならwalk-insという風にsがつく場合もありますが、こうなるともともとのinではなくinsという新しい言葉なのかな?という想像してしまう人もいるかもしれませんね笑。

 

ahead of

~の前、という意味の言葉ですね。You are getting ahead of yourselfなら、早とちりしすぎ、という意味になったりします。面白い表現ですね。前という言葉だけを抜き取ると、英語では色々な”前”がありますよね。時間的な前でbeforeはお決まりの表現だと思います。自分の目の前ならfrontという言葉もありますし、up-frontという言葉でも前を指す事があります。これは前払いなどでの事前的なニュアンスで使われたりしますね。他にはpre-schoolのpreも前を指す言葉ですよね。どのような前かによって色々な言葉を使い分けられるようになれれば良いと思います。

 

periods

期間を意味する言葉ですが、これは会話の中で、「以上」「それだけだ」「終わり」的なニュアンスを伝える意味で最後にperiodと言ったりします。

 

taking advantage of

~を利用するという意味の表現でtake advantage ofというのはお決まりです。これは良い意味の利用でも悪い意味の利用でもあり、自分が誰かに利用された!という悪い感じでも勿論She took advantage of me!なんていう風にできます。

 

accounted for

~を占めるというどれくらいの割合になっているかを表現するもので、この記事のすぐ後ろにはmade upという形でも同じような意味で割合を表現していますね。日常英会話でもビジネス英会話でも割合を表現する事はとても多いと思うので覚えておきたいです。ちなみに割合という言葉の英語はratioです。また確率、称賛的な意味でoddsという言葉も近い表現ですね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

新しいソフトドリンクの形の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

コーラの記事のようですね。

 

 

 

 

latest bet

betは賭けを意味する言葉ですね。スロットマシーンなどではMAX BETなんてボタンがありますが、これはそのままですがmaxに賭けるという意味でパチスロマシンなどでは3枚のメダルを使う事を意味したりします。こういうゲームだけでなく、仕事や何かに挑戦する際、(体力や資金など)持てるもの全てを賭けて挑む的な意味でフルベットするなんて言ったりもしますよね。そのベットも勿論このbetです。何かに一生懸命に挑む様を表現する言い方は色々とあると思いますが、I give my heart and soul to~みたいな言い方で全身全霊で~に挑むみたいな表現は全てを賭けるという意味に近い表現の1つだと思います。

 

flipping from

flipは動詞だと何かをひっくり返したり弾く様を表現するもので、コインを指でひょいっと回転させるのはflip a coinという事になります。そしてflip side of the coinとすればコインの反対側、という意味になります。またこの表現は実際のコインの裏側というだけでなく、物事を反対から見ると、その裏側では、みたいにある事象や事柄について話す時にもしばしば使われる表現の1つです。

 

beverage company

飲料メーカーを意味する言葉ですね。日本でもbeverageという言葉はカタカナ言葉で一般的に知られている言葉の1つだと思います。英語ではBYOBという言葉があり、これはBring Your Own Beverage(Beer)の頭文字を取った言葉で、飲み物持ち込み型のパーティーなどで使われます。今夜パーティーするからうちにおいでよ。飲み物は各自持参で!みたいな時にシンプルにIt’s BYOB. みたいに言えます。

 

out of the

英会話ではこのout of~というのは本当に多く聞く表現の1つだと思います。1 out of 10だと10のうち1、という範囲を表現したりしますし、get something out of the fridgeという風にすれば、getとあわせて冷蔵庫から何かを取り出す様を表現します。同じgetでI get nothing out of itなら、そこから得られるものは何もないという風になります。

 

will come in

このcomeは誰か人が来る様を表現しているわけではなく、商品やサービスがどのような状態で来るかという事を表現する時にお決まりの言葉です。ここでは3つの味の選択肢がある様を表現するものですし、ご飯屋さんならA comes with miso soupとすれば、Aには味噌汁付、という具合ですね。

 

to market 

日本ではマーケットは名詞としての使い方のイメージが定着していると思いますが、英語では動詞でも使われます。scoreという単語も日本では試合のスコアのように名詞のニュアンスで使われる事が多いと思いますが、これも勝利や成功を収めたり何かを得たりする意味で使われたりします。勝利を対象にするならscore a major victoryのような感じにできますし、また試合スコアに近い意味合いではスコアする、得点を取るという意味でシンプルに使う事もできます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
Aduleトップ > 世界のニュース
pagetop
Aduleトップ > 世界のニュース