初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉 オンライン
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

新しい大統領令の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

hit the ground running

何かにすぐに取り組む様を表現するものですね。hitは何かを打ったり、ヒット商品等を意味する言葉として一般的に日本では使われますが、英語ではこのようにhitの使い方は様々です。hit the showerはシャワーを浴びる、という風にできますし、groundに似ていますがhit the roadで出発するという意味にもできますし、hit the barにすれば、お酒を飲みに行く、という意味になります。これらのhitを日本語訳すると動詞の意味としてはとても幅広いですよね。ちなみにgroundは地面や地上を意味する言葉ですが、海外旅行に行った事がある方は、ヨーロッパやその他の国のホテルで、1階がGと表記されている事に気付かれた方はいると思いますが、これはgroundのGで、地上階というようなニュアンスで1階を指しているんですね。

 

in office

in an officeではなく、in officeなの?と思われた方、とてもよいポイントに気付かれています。これは公職などの役職についている事を意味するもので、実際にオフィスの中にいるという事を言っているわけではありません。実際にオフィスにいる事を指す時は、She’s still in an officeという風に冠詞を付けて表現します。ちなみにビジネス英語では定番の表現ですが、今席にいないというニュアンスではout of his(her) deskのような言い方がありますね。

 

immediate impact on

immediateはすぐに、という意味の言葉でしたね。単語自体は学生時代に覚えたけど、発音、アクセントの位置は怪しいという方、意外と多いと思います。またmが2つというのも間違いやすいポイントです。これは時間軸でのすぐにという意味だけでなく、immediate supervisorで直属の上司となるように、何らかの関係性の近さを表現する事もできます。impactはその与える対象をonより後ろに置くというのは定番の形なので、文章を作る時には、impact on~という熟語として覚えておくと便利だと思います。何らかの影響を与える対象としてonを置くこの感じは他にもいろいろあって、ban on~なら、禁止する対象が置かれますし、pressure on~ならプレッシャーを受ける対象が置かれます。

 

are thrilled to

thrillはカタカナ言葉でスリルとして日本では知られいますが、名詞の感覚しかないと思います。実際には動詞になったり、thrilledで形容詞になったり、使われ方は様々です。ちなみにthrill seekerはスリルを楽しむ人を表現する言葉です。

 

big picture

pictureは写真ですが、ある状況や、未来図的な意味や構想的な意味でも使われます。日本では同じようなニュアンスでは「イメージ」という言葉が使われる事も多いかもしれませんね。相手ががある状況を説明している時に、大体の言っている状況がつかめたなら、I get the pictureと言えば、言わんとする状況は理解できた、という返答になります。

 

これからどう変化していくのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

2024に続く予想の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

huge sigh

サインは日本でもそのまま使いますね。何らかの傾向を意味する言葉としてのサインは英語でも同じ使われ方をしますし、宅急便等でサインしてくださいのサインも勿論これです。sighというこの単語の形のままで名詞にも動詞にもなります。ちなみに芸能人のサイン等の意味ではautographという言葉があるのでこれも覚えておきたいです。hugeについては大きなものを指しますが、英会話初心者の方は、大きさを表現するにはどんな時もとりあえずbigで済ましておこう、となりがちですが、英会話は使える単語の幅を広げる事で、相手に英語力の高さをより印象付けられるようになります。色々なhugeの使われ方のパターンを注意深く聞いて表現力を高めましょう。

 

last sentence

sentenceは文を意味する言葉で、英会話学習者にとっては、文を読む、文を作る、など、英会話レッスンの中でもしばしば聞くなじみ深い言葉だと思います。sentenceは判決文を意味し、またそのままの形で判決を言い渡すという意味の動詞にもなります。He was sentenced to life in prisonなら、終身刑を言い渡される、という事になりますね。ちなみに裁判所での判断という意味では、convictedなら、有罪判決を受ける、といいう意味になりますので、これも類似単語として覚えておきたいです。裁判官はjudgeですが、judgeもまたそのままの形で動詞として機能し、これも判決を下すという意味になりますね。

 

2024

西暦を読む時、two thousand twenty fourという風にまず2000を先に言ってしまうという人は多いと思いますが、twenty twenty fourという風に前と後ろに分けて言う言い方もまたとても一般的です。これは2020年東京オリンピックの時にtwenty twentyという言い方で覚えた方もいるかもしれません。数字に関する読み方というのは、意外と英語だと分からないものは結構あると思います。0.1なら、zero point oneという風に「.」をpointと読みます。またzeroを読まないでpoint oneと読まれたりもします。

 

in and around

英語の世界では前置詞で似たもの、反対の意味のものをこのように並べて表現する事はよくあります。Aのイベントの前後という事であれば、before and after Aという風にできますし、Aがある場合とない場合で、という感じならwith and without Aという具合dすね。ここではinとaroundで中と周辺というニュアンスを表現していますが、in and outという表現も反対の意味で考えられそうですよね。アメリカの有名なバーガーチェーンで、In-N-Out Burgerというものがありますが、ここでinとoutを一緒に使っていますね。他にはon and offみたいなのも使われます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

巨大テック企業の動きの記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

Big Tech

このTechという言葉は今では日本でもとても一般的に使われる言葉になってきましたね。多くの方がGoogle、Facebook等のIT系企業を想像すると思います。このTechは勿論TechnologyのTechを取っているものですね。Tech giaintとすればTech界のドン、大手のような意味で、ここで言うBig Techと同じような意味で使われます。

 

double standard

文字から意味は容易に想像できそうですね。日本でもカタカナ言葉でダブルスタンダートとも言うと思います。doubleを使った言葉としては、double-facedなんて言葉もあります。これも読んで字のごとくですが、裏表の顔がある事や偽善的な意味で使われたりします。ちなみにこのdoubleは2倍という意味でも使われますが、名詞の意味で理解している方は多いと思います。ただこれはこのまま動詞になり、It doubled.と言えば、それが2倍になった、という事になります。

 

obvious

明らかな様を表現するものです。似たようなものでは、clearという言い方もできますね。obvioulsもclearも副詞でobviously, clearlyという形でも多く使われます。

 

beside the point

besideは横、そばに、という意味やかたわらに、という意味があり、このthe pointのbesideという事は、そこはポイントではない、という事になりますね。実際の英会話では、That’s not the pointみたいな言い方をしたりもします。ちなみに、的を得た、的確な、という意味としては、to-the-pointという表現があります。これは前置詞toや冠詞theがついていますが、実はこれはハイフンをつけた複合語で、これ全体で1つの言葉となります。His question was to the point.とすれば、彼の質問は的を得ていた、という具合ですね。

 

values

価値を意味するこのvalue。とても良い言葉だと思いませんか?これは名詞として価値を意味する使い方だけでなく、このままの形で動詞としても機能します。一般的に人や組織がどういった考え、物事を重要な価値観と取られているかという意味合いで使われる事が多く、今回の記事はindependent thoughtが対象になっていますね。He values my opinionとすれば、彼は私の意見を高く評価してくれている、尊重してくれている、という事になります。

 

right-leaning accounts

右派はright、左派はleftですよね。右寄りのメディアであればright-wing mediaとなります。

 

In short

短く言うと、端的に言えば、という意味の表現で、Simply putなんて表現もあります。似たようなものとしては、To be shortというのも簡単に言えばという意味になります。

 

色々な動きがありますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ワシントンの暴動の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

get out of

英会話の中では何らかの動きをgetをつけて表現するものは本当に沢山あります。このget out ofのような形は日本人としては日本語と異なる文法形式で戸惑いやすい形だと思います。自分の中で分かりやすいように解釈する事が大事ですね。この記事ではout of bedになっていますが、get out of hereなら、ここから出ていけ、出ていく、という事になりますね。get a bottle of water out of the fridgeなら冷蔵庫から水を取るという事になりますね。この場合はgetとoutの間に対象物が入っているので範囲が広くなりより意味が汲み取りにくくなるかもしれません。このout of~のイメージをしっかりと持っていれば、動詞が他のものに変わってもしっかりとついて行けるはずです。例えばKeep the fruits out of the fridgesだと冷蔵庫から出すわけではなく、冷蔵庫に入れない状態を維持する=冷蔵庫に入れない、という事になりますね。

 

something familiar

familiarは親しみのある、知っている、馴染みのある、等のような意味になる言葉ですね。熟語be familiar withで学生時代に覚えた方も多いと思います。何かについて知ってるよ~という時に、めちゃくちゃよく知ってはいないものの、なんとなく知ってるみたいな時にはよく使われます。ちなみにある人の顔は見た事があるけど、直接話したり、関わったりしたことはない人っていますよね。勤務先のビル内に入っている他の会社のいつもオシャレな格好をしている人とか笑。日本語ではその人の事について、「いつも超オシャレな恰好している人いるの知ってる?」「うん、知ってる」という風に言いますよね。英語の場合にはDo you know him?に対して、I know him/herというよりは、No, but I’ve seen his/her face beforeとか、I don’t know but I’ve seen him/her aroundみたいな言い方が出来ます。

 

everyday stresses

everydayというのは形容詞として使われる事は多く、毎日の、日々の、というような意味になります。英会話でよくいう日常英会話についてはeveryday conversationなんて言ったりしますよね。因みに似たようなもので、every single dayという言い方がありますが、これは1日1日というようなニュアンスでありふれた毎日”というニュアンスではなく、1日1日を大切に生きる、日々のこの瞬間を大切に的なニュアンスで使われるものです。例えばThis is what we do every single dayとのは実際はevery dayと基本的には言っている事は同じですが、every single dayと言えば、これを毎日欠かさずやっている、というように1日1日落とさず的なニュアンスを含める事ができます。

17日にまた同じ悲劇が起こらない事を祈るばかりです。

 

本日は以上です!

 

 

 

インフル感染の記録的な減少の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

forgiving

何かを許す事をforgiveという動詞で表現できますが、形容詞forgivingは寛大な様や許容できる様を表現します。人に対してforgiving personとすると、基本的にポジティブな表現として理解できると思います。ちなみに誰かを許す時には、シンプルにI forgive youという形はありますが、実際には日本語でもそうですが「許す」という言葉はそんなに多く使う事はなく、いいよ、気にしなくていいよ、大丈夫、みたいな感じで言ってある事の方が断然多いと思います。なので、It’s ok, Never mind, It’s not a big dealなどのような言葉を使って、実質的に許しを与えているという事になると思います。あまり聞く事はないかもませんませんが、Apology acceptedという形でも許しを表現したりもします。他にはもう水に流すよ、みたいな言い方として、Water under the bridgeなんてのもありますね。

 

nationwide

全国で、という意味の言葉ですね。all over the worldの流れからall over the countryという表現を考えた人もいると思います。この~wideは他にもstatewide, citywideのように全体の範囲を色々と変更する事ができます。wideは広い様を表現するもので、これを動詞にしてwidenという言葉を使う事もできますし、似たようなものではbroadからbroadenという言葉もありますね。

 

played a huge role

play a roleで、~の役を演じる、役割を担う、という風に考えれば、言わんとする事は十分分かりますよね。これはin以降について効果をもたらしたという事が分かると思いますが、効果をもたらすという意味で言えば、workという単語はとても一般的なものです。うまくいった!できた!なんていう意味でシンプルにIt worked!と言ったりします。また効いたという意味とは少し違いますが、a game changerという言葉で、大きな変化をもたらすものを意味したりもします。

 

circulating

circulateは循環したり流れる様を表現するもので、これは新聞などを配布するという意味の動詞にもなりますので、名詞circulationは発行部数を意味したりもします。

 

speak volumes

面白い表現ですね。日本でもボリュームという言葉はカナカナ言葉で使われているのですぐに意味をイメージ出来た方も多いと思います。沢山の事を言っているという風に直訳すると、それが多くの事を物語るという意味になる事が分かると思います。似たような表現としては、That says it all.というものがあります。これも読んでそのままですが、それが全ての事をallを物語っているという感じですね。このsayは何かの物から分かる事を表現する動詞としてもとても一般的で、日本であれば、新聞に~て書いている、という言い方をする所を英語では、It says~、という風に言う事もできます。

 

コロナ対策がインフルを下火にさせているのは日本も同じですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

指導場所は生徒様宅、カフェ、お勤め先、オンライン、講師宅からお選び下さい。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
Aduleトップ > 世界のニュース
pagetop
Aduleトップ > 世界のニュース