国際線客室乗務員職の人気

こんばんは!

 

今日はWND.comからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→WND.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

世界第2位の航空会社、デルタ航空が300名のフライトアテンダント募集枠に対して最初の1週間で20,000人の応募があったと公表しました。CEOのAnderson氏は1分に2件のペースで応募があったと述べ、今後は順次1月に面接、採用後はピークシーズンの6月ごろからフライトに便乗すると述べました。

今後も継続的に世界市場での展開をすすめるため、外国語を話せる人材を求めていると付け加えました。

~要約終わり~

 

 

Air Lines Inc.,

Air Linesは航空会社というところは分かりますよね。そしてうしろのInc.,。これは会社形態の組織に対してつけられるものなんですね。一昔前はCo.,Ltd.みたいのが日本でもメジャーだったと思いますが、今は断然こちらですね。

Co.,Ltd.(Company Limited)も、Inc.,(Incorporated)もいづれも考え方は出資者の責任は出資額までに限られるという会社の基本概念を表すものになっています。ビジネス英会話を必要とする方なら知っていてもよい知識ですね。

second-largest carrier

最上級の2番手の表現、second-largetstです。英会話では言えそうですぐにでてこないのがこちらの表現ではないでしょうか。carrierはcarry(運ぶ)の名詞で、運ぶ人というニュアンスで、ここでは航空会社を指します。ちなみに、携帯電話会社も日本語でキャリアーと呼ばれますよね。これも同じです。

そしてウイルスを体内に持つ人なんかをキャリアと呼んだりすることもあります。carryしている人という意味ですね。

 

applications

申込という意味ですね。超基礎英単語です。動詞はapplyですね。後に出てきますが、申込者はApplicantです。

 

jobs

jobは不加算名詞のworkと対比される加算名詞でしたので、sがついています。英会話超常用単語ですね。プエルトリコの記事スウェーデンの失業対策の記事お医者さんのストライキの記事で取り上げています。

 

in the first week

最初の週で、という意味ですね。前置詞inが使われていますね。inは~日以内、など範囲を表現する前置詞としても頻繁に用いられれます。英会話基礎知識ですね。

 

posting the positions

postは発音はポウストみたいな感じで少し要注意です。ネットに記事やメッセージをのせるときにpostするなんて言ったりしますし、同じようなニュアンスで掲示する、公示するという意味でも頻繁に使われます。基礎英単語です。

 

at a rate of two per minute
おもしろい表現ですね。rateは比率という意味はなんとなく分かりますよね。perは~あたり。と考えると、minute(分)あたり、2つの申込、という読み方ができますね。perは英会話の基礎表現なので覚えたいですね。

 

Chief Executive Officer

お馴染みのCEOですね。CEOは最高経営責任者という意味で、必ずしも社長とは限りません。たいていは社長ですが。CEO & Presidentみたいな肩書きを書いている名刺もありますので、これからもCEO=社長(president)ではない事がわかりますね。

 

hunting for

職探しをjob huntingというのですが、求職を出す側もhunting forという使われ方をしていますね。huntingというとどうしても日本人的な発想だと狩りが連想されますよね。基礎英単語です。

 

expand

拡大する、という動詞ですね。新規マーケットに進出するなんて言い方としてexpand intoなんかが英熟語帳などによく載っています。これも基礎英単語ですね。

 

phenomenal response

驚くようなレスポンスという意味ですね。日本語でもresponseは分かると思いますが、英語でも同じニュアンスで頻繁に使われます。ビジネス英会話やEメールなどでthank you for your quick response(早速のお返事ありがとうございます)なんて言い方もします。

 

この職は相変わらずの人気ぶりですね。

 

本日は以上です。

 

 

ゴリラのママの誕生日

こんばんは!

 

今日はsky NEWSからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→sky NEWSの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

1956年にオハイオ州のColumbus Zoo and Aquariumで生まれたウエスタンローランドゴリラのcoloは今年56歳を迎え、目の前に積まれたたくさんのバースデープレゼントをあけました。観客にバースデーソングを歌われながらcoloはバースデーケーキと大好きなトマトを食べました。

この街の地名にちなんで名づけられたcoloは、すでに3匹の母親で、また20匹以上の子孫がアメリカ中の動物園にいます。

現在、ウエスタンローランドゴリラは国際自然保護連合によって絶滅危惧種リストにあげられています。

専門家によると、密猟と生息地の縮小化により、1980年から2046年の間にウエスタンローランドゴリラの生息数は、80%も縮小すると言われています。野生のウエスタンローランドゴリラは現在、アンゴラ、カメルーン、中央アフリカ、コンゴ、赤道ギニア、ガボン、ナイジェリアなどの国々に生息しています。

~要約終わり~

 

 

a pile of presents

a pile ofで積まれた、山積みされた、という意味で、英会話定番の表現です。ビジネスシーンの英会話ではa pile of files(山積みにされたファイル)なんて言い方をするかもしれませんね。

, where she was born in

関係副詞が使われています。関係代名詞who,which,thatなどと基本的には同じような形容詞節の機能を持ちます。違いは副詞を修飾しているか、名詞を修飾しているかの違いです。ここの文章だと先行詞は~「動物園で」という副詞で、「動物園」という名詞ではないという事ですね。ちょっと難しいですね笑。

 

munched

あまり聞きなれない英単語ですかね。もぐもぐ、むしゃむしゃ食べると辞書では訳されていますね。かわいらしい単語です笑。

prepared by zookeepers

prepareは準備をするという意味で、get readyも同じ様に使われますね。get readyのほうがよりカジュアルな表現ですね。過去にも銃乱射の記事で取り上げています。英会話基礎表現です。そして動物園英単語ではお馴染みのzookeeperは飼育係ですね。

 

named after

基礎英熟語で~にちなんで名づけられるという意味ですね。named after his grandfatherなんていうのは定番ですね。日常英会話でも使える表現ですね。

descendants

子孫という意味ですね。基礎英単語です。ちなみに先祖はancestorなんていいますよね。親族はrelatives。血縁関係の英単語は覚えておきたいですね。

zoos across

~中の動物園という意味ですね。across~は英会話でも頻繁に用いられる表現です。across the country(国中)なんていうのは定番です。

 

endangered species

絶滅危惧種という意味ですね。endangeredという単語はこれ以外にはあまり日常英会話で使われることはないですが、これも知っておきたいですよね。動物好きの方なら特に。

estimate that

estimateは推測するという動詞でした。他にも「見積」という名詞としても使われます。ノルウェーの記事でも取り上げています。

 

will have decreased by

未来の完了形が使われていますね。おもしろいです。80%減少するだろうという表現ですね。by~の使い方も覚えていただきたいです。前置詞byは色々な使われ方がしますね。step by stepやday by day、さらに金曜日「まで」というby Fridayなんかも定番ですね。

poaching

密猟ですね。密売人traffickerや密輸smugglingなどと合わせて覚えておきたい単語です。

 

habitat

生息地ですね。おもに野生動物を対象に使われます。これもきそ英単語です。

 

can be found in

~にみられる、という定番の英会話フレーズですね。これは動物に限らず植物、もしくは人口の創造物でも何でもOKです。A lot of illegal products can be found in this townなんて感じでもいいですね。

 

coloちゃんかわいいですね。

 

本日は以上です。

 

 

ジャマイカのfishermen救出!

こんばんは!

 

本日はFOX NEWS.COMからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→FOX NEWS.COMの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

ジャマイカのSobahさんとGregoryさんが3週間の放流生活の後、コロンビア海軍によって助けられました。11/20から3日間の漁に出たていた2人の船は途中でエンジントラブルに見舞われました。

2人が所属するフロリダを本拠地に置くNGO団体によれば、彼らは約20日、500マイルを、釣り上げた魚と、それを冷やすための氷を溶かし、それらを飲食することでしのいだようです。

コロンビアのヘリコプターが彼らを最初に発見し、2日後にボートで彼らは救助されました。土曜日に生還した彼らは後に電話で、極度の脱水症状などから今は徐々に回復に向かっていると述べました。

~要約終わり~

 

 

fishermen

猟師ですよね。これは誰でもわかると思いますが、スペルも注意です。特に今回は複数形なので、manではなく、menになっていますね。womanの複数形はwomen。英会話の超基礎単語です。

 

spent three weeks

spendは(時間、お金を)費やす、という英会話基礎英単語です。今回のように「場所」で時間を費やすなら最後にatでつなげますし、~して費やすなら動名詞をもってくるのがルールですね。I spent 3 hours working on the project.201カ国制覇の記事ベネズエラの記事鳥の記事などでも書いています。

 

being rescued by

英会話の中でここまでしっかり文章を作れれば最高ですよね。~された後という、受身の形ですよね。主語が主節のtwo fishermenになるので、ここではそこがカットされ、動詞が分詞化されています。英語らしい表現ですね。

 

three-day fishing trip

tripが複数形のtripsになっていませんよね。前がthree dayなのに。これは3日間の旅、という1つの旅と考えるので単数扱いなんですね。

英語では頻繁にこのような表現が用いられ、その際には大抵数字と期間の間に「-」が入れられます。そして後ろの期間を表す単語は単数で書きます。daysではなくdayですね。six-month intensive courseで6ヶ月の集中講座ですね。

 

stranded

基礎英単語strand.立ち往生する、頓挫する、という意味合いで使われます。

 

work for

~で勤めているという英会話定番の表現ですね。forは~のためにと日本語で訳されているので、少し違和感があるかもしれませんね。

 

Florida-based

~を本拠地、本社とするという表現です。「-」が入っているのでこれで一つとみなし、形容詞的働きをします。なので後ろに名詞が通常きます。Tokyo-based football teamなら東京を本拠地とするサッカーチームですね。

 

for more than

期間を表現する前置詞forのあとに期間を入れるのは英会話で定番ですよね。work for 10 hours(10時間働く)。そしてここに比較級more thanを入れれば、~以上~するという少し発展した表現にできます。便利ですよね。インド航空会社の記事でも同じ使い方がありました。

 

kept the fish fresh

keep+人(物)+~で、人(物)を~し続けるという使い方になっているんですね。keep you warmで暖をとれるなりますし、少しおもしろい表現では、keep me postedなんて言い方で、逐次連絡ください、という言い方をします。英語らしい表現ですね。

 

recovering from

recover from~は英会話の基礎熟語です。

 

お2人のご家族も本当に心配されていたと思いますので、救助されて本当によかったです。

 

本日は以上です。

 

 

コロンビアの和平協議

こんばんは!

 

本日はFOX NEWS.COMからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→FOX NEWS.COMの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

コロンビア政府は国内の最大ゲリラグループとの話し合いに発展がみられたものの、国家政策レベルまでの協議には達していないと報じました。

政府の要人としてハバナで交渉を務めたCalle氏は、今回の協議では国家の公式機関としての軍隊をRevolutionary Armed ForcesにするのかFARCにするのかという点で双方の合意を模索しています。

政府とFARCはキューバの首都でこの数十年にも及ぶ争いに終止符を打つため11/19日から協議に入っています。

Calle氏は金曜日に協議は一旦終了し、1/14から再び再開されると報じています。

~要約終わり~

 

representatives

代表者、代弁者、議員など多くの使われ方をします。ビジネス英会話でいえばsales representativeがsales person=営業スタッフとして同義で使われますね。

 

peace talks

そのままですが、和平協議という意味ですね。英語ではpeacekeepingなど、peaceを使った単語が多くありますね。そしてtalkは日本語と同じ様に名詞として、話し合いという意味で使われるんですね。

 

have advanced

advancedは発展した、という意味ですね。日本語でもアドバンスは発展という意味では分かってもなかなか文章の中で使い方がイメージできない単語だと思います。分詞化させ形容詞として使う形も英会話では多用されます。Advanced countryなどが典型的な例ですね。

 

at the talks

その話し合いで、という意味ですね。ここでは前置詞atが使われていますね。inじゃなくてatなのか、という感じですよね。

 

still

英会話初級の方は必ずすぐに会話の中で使えないstill。口語ではtilなんて言われますね。大統領の記事ジンバブエの憲法の記事なんかで取り上げています。

 

working toward

これも~に向けて取り組んでいるという英会話基礎熟語ですね。同じ様にwork on~で、~に取り組んでいるという表現もあります。towardは~に向けてというニュアンスであるのに対し、onはまさに取り組んでいるというニュアンスですなので少し意味合いが異なりますね。Did you finish the assignment?(あの課題終わったの?)と聞かれたら、I’m working on it(今やっているところだよ)がナチュラルで、towardは変ですよね。

 

sitting across the negotiating table

交渉の場にたつ、という意味ですね。実際にnegotiating tableというテーブルがあるのではなく、交渉の場という意味で使われています。日本語でもテーブルにのっていない、という言い方しますよね。大人な英会話です。

 

capital

首都ですね。大文字という意味でも使われます。ノルウェー大使館の記事ジャマイカの記事マンデラ氏の記事などで取り上げています。色々な国の首都がでてきているわけですね笑。

decades-old conflict

おもしろい表現ですね。a decadeは10年を指す英語独特の表現。decadesで数十年という意味になり、数十年の争いという事ですねconflictは闘争、争い、など少しフォーマルな場で使われる事が多いですね。要はfightなんですけどね。以前にも渋滞の記事オーストラリア作家の記事なんかでも書いています。

 

wrapped up

英語らしい表現ですね。wrapで終わらすという言い方をするんですね。ビジネス英会話というのかは微妙ですが仕事やある作業を「ここらで終わろう」、という時なんかはlet’s wrap it up nowなんていいますね。

 

holiday break

breakはちょっとした仕事の合間の休息というイメージが強いかもしれませんが、このように長期の休みにも当然使えます、summer vacationのかわりにsummer breakなんていったりもしますね。

 

日本も国防軍議論がそろそろ過熱してきそうです。

 

本日は以上です。

 

 

FB創業者の巨額の寄付

こんばんは!

 

今日はRTE NEWSからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→RTE NEWSの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

FACEBOOK CEOのZuckerberg氏は、シリコンバレーの医療や教育を活動目的としたcharity団体に、1,800万株(火曜日の終値で4億9,880万ドル)を寄付する事になりました。この金額はZuckerberg氏のこれまでの寄付金額で最高額で、これまでにも株式公開前の2010年に公立学校へ1億ドル分の株式を、そしてマイクロソフト共同創業者のビルゲイツ氏、投資家のウォーレン・バフェット氏らによる慈善プロジェクトGiving PledgeへChan夫人と参画しました。

28歳のZuckerberg氏は、2010年のNewarkへの寄付によりスタートされたチャーター・スクールや高校などを設立するプロジェクト、Startupを誇りに思うと述べ、また合わせて、医療や教育分野への次のアプローチも考えている事を明かし、詳細については触れられませんでした。

団体の代表Carson氏は、Zuckerberg氏の活動を、シリコンバレー、世界中の人々が社会貢献や世の中をよくする事への意識を高める素晴らしいものだと述べています。

~要約終わり~

 

 

in stock

株式で、という意味ですね。金融業界の方ならお馴染みの英単語Stock。覚えておきたいです。

 

issues

イッシューという単語は日本語でもしばしば聞くと思います。課題、問題、話題、論点、などを意味し、物事を指すthing,stuffのようにとても広く使われる英単語で、英会話には頻繁に出てきます。

That’s a big issueといえば、大きい問題、または注目すべき話題というニュアンスになるでしょうし、That’s a big thingというと、すごい事だね、という感じになりますかね。thingは話題や論点と言うよりある出来事、物事、というニュアンスが強いですね。

based on

~に基づいてという表現で、これも英語の定番の表現です。映画のbased on a true storyなんかは定番表現ですね。過去記事に書いています。

 

The beneficiary

beneficiaryは恩恵を受ける人(団体)という意味で、冠詞のtheがついているので、その前の文章で触れている団体という事になります。benefitという単語になると名詞や動詞として働きます。こちらの単語の方が身近ですかね。英会話基礎単語です。

to date

これまでで、という言い方です。似た表現で、up to nowやso farなんていうのも英会話で頻繁に使われます。so farは過去にも触れています。

 

his company went public

go publicで上場する、という意味なんですね。知っていればなんでもない表現です。大人英語表現ですね。

most of their wealth

彼らの資産の多くの部分という言い方です。almost their wealth?なんて思った人、いませんか?日本人が間違いやすい英会話表現の代表作almostとmostですね。日本語訳はほとんど、という意味なので、似ているのですが、細かく言うと、almost「(あと少しで)全てに近づく段階」でゴールに近づく「動き」のニュアンスが感じられるのに対し、mostは大半のシェアというあくまでパイだけを表現するんですね。

なので、あと少しで泣きそうだったといういうと、泣くという地点をゴールと考えれば、そこにあと少しでたどり着きそうな段階なので、I almost cried.になりますよね。

逆に今回の文章は資産の大半という事で、あと少しで資産を全部投げ売りそうなところまできている、いう動きはなく、あくまで大半の資産というパイの話をしていますよね。なので、mostを使うわけです。

使い慣れればなんでもない英会話表現です。

is “proud of the work”

be proud of~で~を誇りに思う、ですね。英会話ではよく使われます。proudはスペインの記事夫人の争いプリンセスの記事、副詞の形で郵便局の記事なんかで取り上げています。

 

launched

これも日本語していますかね?着手する、はじめる、という意味合いで使われ、ビジネス英会話なんかでも定番ですね。マンデラ氏の記事でも書いています。

 

latest contribution

latestは最近のという意味ですね。超基礎英単語です。プリンセスの記事などで取り上げています。

to focus on next

focus onは~に焦点をあてる、という基礎英熟語です。日本語でも~にフォーカスするなんていいますよね。onと一緒に使われるのがポイントです。過去記事にも書いています。

further details

farの比較級furtherなんですが、これがまたおもしろい英単語です。距離的なfarを意味する比較級はfartherで、furtherになると、概念や考え方といういった意味の比較級になり、今回の表現では、より遠い詳細、つまり先の、細かい詳細という意味になっています。

比較級が2つあるなんて贅沢な単語ですね。発音の違いも難しいですが英会話をはじめているなら知ってもらいたい英単語です。過去にもサッカー選手の記事で書いています。

 

generous gift

generousは気前のいい、惜しみのない、という意味の基礎英単語です。過去にもサルの記事で書いています。generous personになりたいものです笑。

to give back

通常英会話でgive back to societyという言われ方で社会にお返しするというニュアンスで使われます。素晴らしい表現なので覚えておきたいですね。

 

本日は以上です。