違法な豪邸建築の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

フランスの記事のようですね。

 

 

 

 

is famed for

~で有名、という意味の英熟語ですね。is famous forやis known forなども同じような意味で使われている表現です。fameという言葉は学生時代に習ったものの、あまり実際の会話の中で使う感覚がない方も多いかもしれませんね。似たような単語で frameという言葉がありますが、カタカナ言葉でフレームと日本でも使われているのでこちらは分かりやすいと思います。frameは他にも誰かを犯人、悪役に仕立てる、ハメる、なんて言い方もあります。自分の悪事について、他人に罪をなすりつけられるように何か仕組んだりすればHe framed somethingという事になります。

 

his very own

his ownでも意味自体は十分理解できるものだと思いますが、英語ではこのようにveryをつける形もよく見られます。Our first meetingをour very first meetingのようにする感じですね。first meetingはfirst meetingであってそれにveryなんてあるの?と思った方。何も考えずそういう言い方、と覚えていきましょう。

 

ruled

ruleという英語は日本ではまず名詞の使い方のイメージだと思います。英語では動詞のruleも多くみられますね。裁判所が裁定を下す時はruleする、という事になります。似たような表現では、sentence等もありますね。こちらも名詞の表現だけでなく、この形単体で動詞として判決を下す、というように使われ、He was sentenced to 50 months in prisonのような形や罰金刑も付加するならand a fine of $100,000のような感じですね。

ruleについては、ruling partyが与党、という意味でも使われますし、似たようなニュアンスでrule a countryのような使い方で国を統治するというような意味でも使えます。

 

knocked down

これは日本でもノックダウンというカタカナ言葉が多く使われているのでお馴染みですよね。knockoutという言葉を使って knockout tournament、トーナメント戦を意味する言葉もあります。

 

protected site

そのままと言えばそのままですが、protectedされているのですね。インディアンの保留地もまたprotectされているという意味では似たようなものですが、こちらはreservationという単語が使われています。アメリアには沢山の先住民族保留地がありますが、それぞれの地域に勿論名前があって、Navajo Nation(Reservation)のような言葉が割り当てられています。

 

throughout

一年を通じて、と言う時にはthroughoutがお決まりですね。~を通じて、というのは期間の縛りはなく、throughout the summerのように期間を絞っても勿論OKですね。似たような表現ではoverなどもあり、over the weekendのような表現は聞く事も多いと思います。

 

すごい金額ですね。

 

本日は以上です。