乗客への補償金

こんばんは!

 

本日はscotsman.comからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→scotsman.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

アイルランドのライアンエアーは本日、欧州司法裁判所で2010年のアイスランド火山噴火の影響でたち止めを受けた乗客に対し補償金の支払を命じられました。欧州司法裁判所は、航空会社は例え火山噴火による飛行危機回避という非常事態であろうと、乗客への補償義務は免れないと判決を下しました。

今回の判決に先立ち、1人の乗客はポルトガルで1週間たち止めを受け1,130ユーロの補償金の支払を求めていました。ライアンエアーは既に補償金として請求を受けた乗客の一部に26.1 million ユーロの支払を済ませていますが、その他の多くの請求を受け付けておらず、判決では乗客へ妥当な請求額に対しては支払うべきとされています。

~要約終わり~

 

 

DUBLIN-based

このbasedの後ろに地名を置くことで、~を本社とする、本拠地とするという意味になります。おもしろい形容詞句です。会社や法人団体、慈善団体などを取り上げた英字新聞記事ではしばしば使われる表現なので知っておきたいですね。

 

been ordered

orderされた、という事ですね。orderは日本語では注文、というイメージが強いと思いますが、英語では指令、指示するという意味でも頻繁に使われます。上司が部下に、今回のように裁判所が被告に使う動詞としては定番の動詞ですね。インド航空会社の記事でも取り上げています。

 

compensation

超基礎英単語、補償、補償金、という意味ですね。動詞はcompensateで前置詞forとセットになりcompensate for(~を補償する)という定番の英熟語になります。同じ「ホショウ」でも保証だとwarrantyやguarantee、certificationなどが保証書などという意味で頻繁に使われますね。

stranded

たち止めを受ける、足留めをうける、という意味で、事故や、自然災害などの記事では頻繁に使われる英単語です。イスラエルの記事ジャマイカの記事でも取り上げています。

eruption

噴火という意味ですね。動詞はerupt。火山(volcano)とほぼ100%一緒に出てくる英単語だと思います。

 

face an obligation

faceは顔、という意味で日本語ではまずイメージがわきますね。それ以外にも日本語で、問題に向き合う、という言い方をしますがその向き合う、遭遇する、という意味の動詞としてfaceが頻繁に使われます。obligationは「義務」ですね。責任を意味するresponsibilityとは意味が異なります。義務は義務なので基本的にやらなければいけない事です。

 

extraordinary circumstances

extraordinaryはordinary(通常の)のextra(外)という意味で通常とかけ離れた、桁外れの、異常な、という意味ですね。2人の神の記事で取り上げています。

 

millions of

thousands ofと並んで英語ではよく出てきますが、この千や百万の単位の前に数字が入っていない場合、日本語でいう「数」千や「数」百万、というニュアンスになるんですね。この「数」にあたる単語がないので少しややこしいですね。

during the crisis

前置詞のduringは接続詞whileと対比して頻繁にでてきますね。duringは前置詞なので後ろは名詞(句)ですね。ケアンズのヘビの記事結婚記事マンデラ氏の記事王室の記事仙台空港の記事、そしてモリの物語カラスの記事で頻繁に取り上げています。

 

reasonable

日本語でもいいますよね、「リーズナブル」。cheapは「安い」という意味でリーズナブルは「お手ごろな、又は適正な」という意味になり、納得できる価格、というニュアンスになりますので、必ずしも安価という意味ではないですね。英会話でも頻出する英単語の1つです。

 

あの火山からすでに数年経過しているんですね。時の経つのは早いものですね。

 

本日は以上です。

 

 

ヒトラー生家の賃貸

こんばんは!

 

本日はabc NEWSからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→abc NEWSの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

オーストリアの慈善団体がこのたび、ヒトラーの生家にオフィスとして入居する予定であるというニュースが入りました。Braunauにあるこの生家は精神障害者向けの施設として以前は使用されており、この施設が退去後1年以上空き家の状態が続いていました。

昨年にはロシア議員がこの生家の買取を試みましたが、歴史的建造物という名目で実現には至りませんでした。Kurier紙はこの生家を管理する内務省職員により、今回Volkshilfeの慈善団体への賃貸許可が下される可能性があると報じています。

~要約終わり~

 

 

charity

チャリティーマッチでお馴染みですが、慈善事業、団体、義捐金などを指します。

immigrants

日本ではまだまだ馴染みの薄い移民、移住者などを指します。入局管理局をimmigration officeやbureauなどと言ったりします。空港などで見聞きした記憶のある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

in the house where

関係副詞whereが使われています。英会話を習い始めると関係詞にたくさん出会います。関係代名詞も副詞もしっかりと自分のものにしたいですね。モザンビークの記事ゴリラのママの記事サンフランシスコの記事アウシュビッツの記事ブッダの記事でも何度も取り上げています。

 

villa

邸宅、別荘などを指す英単語です。ヴィラという名前のついているマンションやアパートなどがたまにありますが、ここからきているんですね。ちょっとオシャレなイメージですよね笑。

 

has been empty

現在完了の継続の形が使われています。英会話定番ですね。It’s emptyが現在完了になるとhasが入り、isが過去分詞に変わりbeenになっているんですね。emptyは空の、空っぽの、という意味で超基礎英単語の1つです。

 

for more than a year

「1年以上の間」という作り方です。このmore thanをここに置けるんですね。比較級はA is more ~Bみたいなシンプルな形ばかりでなく、このような形で英会話では頻繁に使われます。

 

moved out

引越しした(出て行った)という意味ですね。moveは動く、という動詞で一番よく知られていると思いますが、「引越し」単語でもあるんですね。引越し業者はmoving companyなんていいますし、入居するときは、move outの反対でmove inになります。I’m moving outとか、I’m moving inなんて表現が会話に出てくると入退去、引越しの話とすぐに連想できるとよいですね。

 

parliamentarian

議員さんですね。parliamentが議会なので、この英単語を知っていれば連想はできますよね。

 

unnamed

接頭語unがついていますので、これでまず何かしら反対の意味を表しているんだな、とピンとくるといいですね。nameが~と名付ける、などの意味で使われるのでunをつけることで、匿名の、名前が不明の、未公表の、みたいな意味になるんですね。

 

rent

貸す、という意味で使われます。レンタカー(rent a car)のrentで、レンタル(rental)は名詞の形です。注意したいのはlend(貸す)との違いです。rentは通常レンタカーや不動産の賃貸借のように、賃料が発生するものに使います。レンタルビデオもそうですね。それに対し、lendは賃料は発生しません。つまり通常は友人間、家族、知り合いの間で発生するものなんですね。どれも英会話で頻繁に出てくる表現だと思いますのでしっかり抑えたいですね。

 

ヒトラーの生家なんて入居希望者が常にいそうですが、意外と1年空き家だったりするんですね。rent(賃料)が高いんですかね笑。

 

本日は以上です。

 

 

マラウィ大統領専用ジェットが競売に

こんばんは!

 

本日はBBC news AFRICAからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→BBC news AFRICAの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

マラウィ政府は経費削減策の一環として、14人乗りの大統領専用ジェットを競売にかける事を公表しました。5年前に前大統領Mutharika氏により$13.3mで購入されたこのジェット機について、当時批判の声も多く、購入後マラウィへの寄付金が$4.4 m減少しました。

Mutharika氏の死後、Banda大統領はジェット機を使用しておらず、このジェット機競売でうまれる予算を、今後は貧困層へのサービスに充当する姿勢を示しています。

8,380 kmをノンストップで飛行できるこのジェット機は、2月20日に競売にかけられます。

アフリカの最貧国の1つであるマラウィでは、前大統領Mutharika氏のジェット購入に対する抗議の声が多かった為、Banda大統領は大統領就任後、それらの声に対応する為、世界中のドナーと歩み寄りをみせてきました。

~要約終わり~

 

 

bids

bidはギャンブルをする方なら「ビット」という単語で聞き覚えてのある英単語だと思います。bidは動詞で(せり、ギャンブルなどで)値をつける、かける、という意味になります。名詞としてはそのままで入札、入札会、という意味で使われます。

cost-cutting measures

経費削減策という意味ですね。cost-cuttingはそのままなのでわかりやすいと思います。measureは日本語でいう寸法や採寸を意味するメジャーとしても使えますが、施策、方策という意味でも使われ、政治的な話題ではしばしばこの英単語が使われます。

ちなみに専攻やメジャーリーグのメジャーはmajorで全く別の英単語です。

 

will be sold to

助動詞のwillの後ろは動詞の原形です。そしてジェット機が売られるわけですから、受身でis soldになり、助動詞の後ろにくるので原形になりbe soldになっているわけですね。英会話の基礎の基礎ですが、しっかりと確認しておきたい部分です。

was strongly criticised

強く批判された、という意味ですね。副詞のstronglyは使い勝手がよい英単語ですよね。criticiseは批判するという超基礎英単語です。評論家のcriticと合わせて、以前にもアドバイスの記事で触れています。

 

at a cost of

(価格)で、という表現ですね。~を~で購入したという時には後ろにこの形を置けば表現がスムーズですよね。最もシンプルに文章を2つにわけてしまう形でもいいですね。I bought ~, and it was 価格。みたいな感じでも。

 

cut aid

援助を削減したという意味ですね。aidは基礎英単語です。そして動詞のcutは過去形、過去分詞形に変化がない不規則動詞(AAA型)でした。AAA型には他にもputやreadなどもよく取り上げられますね。いづれも英会話における超基礎英単語なので覚えておきたいですね。

 

the purchase

purchaseはbuyの同義語としてよく紹介されますが、ここでは動詞ではなく名詞として使われているのがおもしろいですね。冠詞theを使うことで、どの購入か指定しています。ここでは当然ジェット購入の話ですね。

 

the opposition

oppositionは反対派、野党などを指します。名詞のoppositionに対し、形容詞のoppositeも覚えておきたいですね。ジャマイカのカジノの記事ザンビアの記事でも取り上げています。

accused him of

accuse A of BでAをBで非難するという意味になりますね。英熟語集では定番の表現の一つです。

 

has taken several steps

take a stepは一歩進む、という意味で、物理的に前に進むという意味以外にも話が前に進む、勇気を持て一歩を踏み出す、のような意味でも頻繁に使われます。

 

女性大統領のBanda大統領。

 

頑張っていただきたいですね。

 

本日は以上です。

 

 

南アフリカで逃走中のワニのその後。

こんばんは!

 

本日はUPI.comからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→UPI.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

先日の洪水で逃走した15,000匹のワニのうち、2,000匹が捕獲されました。飼育場のLangman氏はLimpopo River近辺での釣り人や洗濯をする人々にバケツの持ち運びを避けるよう伝えましました。Limpopo River氏によればバケツはワニへえさを与える際に使われるため、バケツを持っている事で危険にさらされると伝えています。

専門家によると全てのワニの捕獲には半年程度を要するとされています。

こちらの飼育場ではワニの飼育と、ワニ皮を中国などの海外に輸出していました。

~要約終わり~

 

 

father-in-law

in lawは義理の、という意味ですね。祈りの記事親友の記事ついに結婚などでも取り上げています。

 

is waiting for

英会話では頻繁に使われるであろう、~を待っている、という表現ですね。waitはforにセットで覚えましょう。超基礎英会話表現です。

permits

permitは動詞で許可する、という意味ですが、今回のように「許可」という名詞で使われる事も頻繁にあります。~許可証、なんていうのは~permitで表現される事がしばしばあります。

province

アメリカでいうstate(州)にあたる表現ですね。国によって行政区画の呼び方は違い、日本では都道府県をprefectureでよびますよね。英会話を習うなら一般知識として知っておきたいですね。

local residents

地元住民、という意味ですね。この「地」を意味するlocalが英会話初級の方はすぐに出てこない傾向にあるかなと思います。local mapとかlocal schoolなど英会話では頻繁に聞かれる英単語です。

 

refrain from

~を控える、という英熟語ですね。電車のアナウンスを注意して聞くとrefrain from talking on the phoneという文言がありますが、まさしくこの表現を使っていますね。電車の中のアナウンスの記事で1度書いていますね。

 

are very familiar with

be familiar withで~に慣れ慣れている、なじみがある、という意味ですね。英熟語集なら必ず入っている表現の一つです。

what we use to feed them

少し難しいですが、関係詞whatを使ってエサを与えるときに使うものという言い方になりますね。what=a thing thatと考えてよむと分かりやすいですかね。

 

The moment they see

英会話ではしばしば聞かれますが、~の瞬間という表現をするときにmomentを使います。This is the moment I’ve been waiting forでこの時をずっと待っていた、なんていいますが、これもこの時(瞬間)という意味でmomentが使われていますね。

prevent his entire property from

prevent A from BでAをBから守るという定番の英熟語です。

 

missing animals

missはWe miss you(あなたがいなくなって寂しいよ)みたいな言い方で頻繁に使われますが、今回のように、なくなった、消えた、というニュアンスでも頻繁に使われますね。トランプのカードが何枚かなくなればmissing cardsとなるわけです。

raises

他動詞で~を育てる、上げる、という意味ですね。自動詞はriseで「上がる」。The sun risesで、I raise my handsとなるわけです。

 

13,000匹のワニが街を徘徊していると思うと恐ろしいですね笑。

 

本日は以上です。

 

 

インドネシアの土砂崩れ

こんばんは!

 

本日はBBC news ASIAからの記事です。

→BBC news ASIAの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

インドネシア政府は、西部地域の2つの土砂崩れで少なくとも11名の死者と数名の負傷者が出た事を公表しました。

Agam地域では15の家屋が土砂に埋もれ、7名の死者を出し、また数百名が自宅から避難しました。

国営のエネルギー関連企業を置くJambi地域でも土砂崩れが起こり、従業員4名が死亡、1名が行方不明、5名の負傷者を出しました。

インドネシアでは土砂崩れを引き起こす豪雨が頻繁に起こり、17,000の島々に住む多くの住民がこの山岳地帯に住み、また、首都ジャカルタでも今月豪雨により32名の死者と46,000名が避難を余儀なくされました。

~要約終わり~

At least

少なくとも、ですね。これは基礎英語表現です。反意語はat mostですよね。多くとも。インドの寒波の記事ブラジルの記事や、シカゴの記事でも取り上げています。

 

in two separate landslides

ちょっと使い慣れない英語表現だと思います。2つの別々の土砂崩れで、という意味ですね。separateは動詞にも(離す)、形容詞にもなるんですね。今回は別々の、という意味の形容詞として使われていますね。トイレとお風呂が別の事をセパレートと日本語でも言いますので、知っている方は多いはずです。

were buried

buryは埋める、という意味の英単語です。それが今回は過去形の受身の形で埋められた、となっていますね。発音が少し難しい単語でもありますので、担当講師、またはgoo辞書なんかで発音確認してみてくださいね。

were forced to

forceは~を強要する、強制する、という意味でした。必ずしも人に強制されるだけでなく、今回の様に自然現象により~を余儀なくされる、という意味でも頻繁に英会話でも使われます。ロンドンの記事でも書いています。

neighbouring province

イギリス英語のスペルで、アメリカ英語ではneighboringですね。neighborは近所の人などを指すときに使いこのneighboringは形容詞と体近隣の、近くの、という意味を指します。近隣国という意味でneighboring countriesなんていうのも定番の形です。

 

heavy rain

豪雨、強い雨をheavyで表現するんですね。英会話でも頻繁に使えるのではないでしょうか。モザンビークの豪雨の記事巨大大国の渋滞の記事などでも取り上げています。

triggered

これは英会話ではしばしば聞かれる表現の一つで、銃の引き金、引き金を引く、発射する、なんて意味で使われます。でも今回は銃の話ではなく、ある出来事、アクシデントの”引き金”を引いているんですね。日本語でも同じ様に使いますよね。もしかすると英語からきた表現なのかもしれませんね。

state-run

runは経営する、運営する、という意味で、state-runで国立、という意味にしているんですね。

 

are common

commonは共有の、普通の、日常的な、などたくさんの意味を持ちます。今回は日常的な、という意味の形容詞として働いていますね。

chain of

chainはチェーンですね。連なった、一連の、という意味で使われています。チェーンから想像できますよね笑。祈りの記事でも取り上げています。

 

これ以上の死者がでない事を祈るばかりです。

 

本日は以上です。