アメリカの電子煙草規制の動きに記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

went into effect

法律や条例などが施行される、という意味合いの表現としてよくみられる表現だと思います。effectは効果や影響などの意味で学生時代に覚えている方も多いと思います。

ニュージーランドの新法案の記事ロシアの禁煙政策の記事鉄道運賃値上げの記事サンフランシスコの記事でも書いています。

 

already

英会話の中で小さくポイントになってくるのがこのような副詞の表現で、他にもstill, yet, justなどは自分言いたい微妙なニュアンスを作っていくという意味ではとても便利な表現です。他にもanymoreなんてのも、英会話初級の方からは意外と出てきそうで出てこない表現だったりします。

 

allow tenants to

allow A to doというallowの後に不定詞で続ける形は英熟語としておさえている方も多いと思います。tell A to do, ask A to do,など同じような形は日常生活の中で多く見聞きされます。1つ1つ熟語としての形を意識しておさせていきたいです。

 

light up

lightは日本語では、ライト、照明のイメージが最初に来ると思いますが、動詞で火をつける、という意味での使われ方としての形があります。

煙草が世界的に敬遠されてきている今の時代、そもそもこの煙草の火をつける、という意味での動詞のlightという言葉が少しづつ使われなくなってきている事は確かだと思います。そしてやっかいなのはその動詞lightが不規則動詞(light-lit-lit)で、余計のその変化の形を忘れてしまう可能性があるという事でしょうか笑。

 

no longer

もはや~でない、という意味の形。学生時代に必ず習う形の1つだと思います。no longerを置く位置は一般動詞の前(I no longer smoke cigarettes)、be動詞の前(It’s no longer available)でした。

ただ今回はbe動詞の前に来ていますが、それは助動詞に連動した働きとなっているんですね。

フランスの電子タバコ関連規制の記事メキシコ新聞社の決断の記事サンフランシスコの裸禁止令ジャマイカの記事でも書いています。

 

anyone

誰でも、というのと、全ての人、というeveryone。英会話に頻繁に出てくるこれらの表現、微妙な違いで使い分けが難しいものです。たくさんいるエンジニアの中で、誰に仕事を投げるべきが同僚に相談した時、anyoneとeveryoneという答えが返ってきたとき、その意味に違いがあるように感じるのではないでしょか?

同じようにanythingとeverythingも同じようなシチュエーションで考えるとイメージがつきやすいかなと思います。

 

battery powered

おもしろい表現です。batteryでpower接続されている~、というニュアンスは前後の文脈から明らかです。powerのという英単語のが分詞化されて形容詞的な機能をもたされているんですね。

 

e-cigarette use

このuseでは動詞ではありませんね。~の使用、という意味での形としてその前に使用物を置く形として使われます。drug use,  gun use, 色々な使用が考えられますが、このようなニュース記事になるような使用のみでなく、computer use, mobile useなど一般的な分野でも広く使われる形だと思います。

 

アメリカはどんどんいきますね~。

 

本日は以上です。

 

 

 

ブラジルの次の課題の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はSKY NEWSからの記事です。

SKY NEWSの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

オリンピックの記事のようですね。

 

 

 

 

behind schedule

遅れている事を表現するこの形。英語の中でこのbehindという表現は色々な場面で使われますが、英会話初級の方で会話の中で使う感覚があまり身についていない方は多いと思います。

behind my backなんて形は、自分の後ろで、という物理的な意味合いで使われたり、「自分の知らない所で、隠れて、コソコソと」なんてニュアンスで使われます。

ニカラグア運河のプロジェクトの記事スペースシャトル「Endeavor」の記事でも書いています。

 

Plan B

英語の会話だけでなく、日本語の会話の中でもPlan Bはあるんでしょ?なんて会話を聞かれた事もあると思います。代替案を意味する言葉として使われ、ビジネスにおいて常にPlan Bを用意、想定しておくのは鉄則ですが、そもそもビジネスや今回のような大掛かりなプロジェクトのみでなく、日常の何でもない会話の中でPlan Bと言ってもいいわけです。

みんなで遊ぶ時に、おすすめのDVD鑑賞をすすめて「微妙!」と言われる事を想像して、ボードゲームを用意しておくのも立派なPlan Bです笑。

 

of any Olympics

最上級に続くofの形。He is the tallest of the threeという数えられる選択肢を置く形やof my lifeやof the dayのようにある期間を最上級の判断の母数にする形も多くみられます。また、形は異なりますが、I’ve ever seenという言葉を後ろにつなげて、「自分の経験上」という範囲の中での最上級の形も定番の形の1つだと思います。

 

infrastructure

これは日本語でもカタカナ言葉でインフラ、という言葉がありますのでお馴染みです。発音は長い英単語ですが、一番前にアクセントがきて、ínfra・strùctureとなります。

 

are due to

このbe due to~の形は未来の予定の形を表現する形の1つでした。The balance is due to be paid by 1 May.のような形も全く同じ構成です。due toはそれ単体では~が原因で、という意味で、because ofと一緒に取り上げられたりもします。due to the fact that~なんて例文は学生時代や受験時代にみた記憶のある方もいらっしゃると思います。

ロシアの同性愛への意識についての記事イタリアのpony誘拐記事仙台空港に不発弾の記事でも書いています。

 

become very concerned

I’m concernedのように、be concernedという形も英語の中ではみられます。同じようにbe worriedがbecome worriedという形でも表現されますし、状態の変化をあわらす形としてはbecomeの代わりにget worriedなんて形も使われますし、その変化の動きを表現を表現する形詞としてbe getting worriedなんて形もあります。

これはgetting dark outsideのように天気の変化や、The situation is getting worseのように物理的な変化というよりは状態の変化などを示したりもします。

 

ワールドカップの次はオリンピック。。

 

ブラジル大丈夫なのでしょうか。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

アメリカの中絶議論の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はSKY NEWSからの記事です。

SKY NEWSの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

one of many

one of themの発想ですね。複数のうちの1つだからone ofという表現があるわけで、1つのうちの1つという発想は基本的にはないです。なので普通は後ろに複数形がくるもので、文法の問題などではこういった方は定番の形だと思いますし、英会話の中でも特に相手に意味を伝えるという点では問題にはならないものの、おさえておきたいところです。

 

states laws

アメリカでは州法というものがあり、日本の自治体ごとに異なる条例などとは比べ物にならない、独立国家並みの違いが州法間にあります。交通法規、運転免許の取得年齢、税制、婚姻年齢、酒類、銃、ギャンブル、マリファナの扱いまで幅広く、そこまで異なる事から法律を扱う弁護士資格は週単位です。

日本のように自然環境や商業、教育施設によって住む場所を決める、という判断以外に、アメリカでどこの州に住むかは宗教や自分のライフスタイルに合わせてよりしっかりと検討したいものです。

といいつつ、結局は何か1つの絶対的要素があって、それにあわせて移住する、というのが常だと思いますが笑。

 

sits on

建物が実際に足を生やして座っているはずがありりませんので、建物がある、という意味合いでこのsits onが使われているのかな、というのは文脈から理解できそうです。もっと大きな視野でのsit onでみてば、Continents sit on moving platesですよね。

 

carry banners

デモやストの記事ではお決まりにこのフレーズ。webの世界ではバナーを貼る、なんて言い方が一般的な言葉として存在しますね。ポータルサイトや、地域サイトなどに貼られている四角い(大抵が)広告をバナー広告なんて呼んだりしますし、それに対して、文字だけの広告をテキスト広告なんて言ったりします。

 

It’s the only

唯一特定のものだから冠詞のtheがついています。英会話の中でもうまくこれらを使い、I’m the only Japanese in my officeや、This is the only application you can use hereのように後ろから修飾する形をつけるものokです。使う感覚が身に着くと、自分の言いたい微妙なニュアンスをより表現しやすくなるはずです。

ロシアのアメリカ通貨への認識の記事イタリアの工場の記事イギリスのパンダの記事最後の闘いの記事でも書いています。

 

working women

現在進行形で働いているニュアンスというよりは、”仕事を持つ”という意味合いでの使われ方が一般的だと思います。専業主婦、という意味あいとの使い分けの言葉としては便利だと思います。女性だけでなく、working adultsという形で、仕事を持っている大人を総称する表現として使ったりすることもできます。

 

have in common

in commonという表現、共通の、という意味で学生時代の熟語で習った記憶のある方も多いと思います。have something in commonではなく、逆にhave nothing in commonなんて表現もあります。人間同士ならちょっと悲しいですね。

Bethany Hamilton選手のインタビューの記事でも書いています。

 

getting inside

英語の文章の中で、このような形でまとまった主語が作られている形は非常に多くみられます。後ろに続く動詞がbe動詞isからも分かるように、単数の主語として扱われています。Learning English is fun!ですよね。

 

とても大きなトピックです。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

コロンビア大統領の判断の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

コロンビアの記事のようですね。

 

 

 

 

pictured

写真を意味するpictureは動詞として機能も持ち、pictureされる、という感覚で使われたりもします。~描く、というニュアンスでI picture myself in the futureという漠然としてイメージ、具体的な結果をイメージするI picture myself with a law degree、そしてぼんやりとしたpicure myself as an old man(woman)などpicureする形は人それぞれです。

名詞と動詞という話では、filmなども同じで、日本語的には名詞のイメージが強いfilmも動詞としての機能を持ちます。

 

, 54, a former guerilla,

英語の文章の中ではこのようにコンマで挟まれた挿入句というものがみられます。TOEICなどでもお馴染みで、この挿入句の部分をとてつも長い文章にして動詞まで辿りつくのに時間をかけさせるような文章もみられます。ざっくりとした文章全体の意味合いをつかむ上では、この部分を読まないで読み進めるのもリーディングの問題の時には必要です。

特にTOEICのpart5,6などでは、短文ですから、特にその部分を理解していないと、後で内容を読みなおさなければいけない、なんて事にもならないはずです。

2014年サッカーワールドカップの組み合わせの記事アップルの新しい本社の記事バリの美人コンテストの記事オーストラリアの10代での快挙の記事南アフリカの金鉱のストの記事パラグアイの抗議の記事でも書いています。

 

less than five weeks ago

agoとbeforeや今回のようにless than, more thanなど時間軸の表現は使い方が混乱してしまっている方も多いかもしれません。an hour agoは1時間前、でとてもシンプルです。でもここにless thanなどをつけると、また表現のニュアンスに微妙な味付けをできて便利です。

新しい職場の人達の印象を聞かれて、来て”1時間もしていないのに“まだ判断できないわ!みたいなこの”1時間もしていないのに”という感覚、I just met them an hour agoとはまた時間の表現の感覚が異なりますよね。

 

mismanagement

接頭語misがmanagementの前についている形です。

同じような形で英会話の中で頻繁に見聞きされるのはmisunderstood, misunderstandingだと思います。英語を第二言語として話す私達にとって、英語でのコミュニケーションではmisunderstandingが多発する可能性を多く、悲しいですが、この英単語を使う事が英会話を習いはじめた最初の方は多くなるのではないかと思います。

ビジネスシーンで複雑で、センシティブなシチュエーション等では特にmisunderstaingがないよう、注意が必要です。

 

is to follow

不定詞の名詞的用法、なんて難しい言葉を覚える必要は一切なのですが、文章を作る時に、”そういうパターン”という覚え方もよいですが、呼び名をつけておくのは記憶をしっかりと定着させるうえではよい方法だと思います。

「~する事」と日本語で訳せる部分が名詞的用法であり、~は、~する事だ、という文末にくる形、そして日本語でも同じですが、~する事は~だ、という頭にくる形、いづれもいくつかの文章にあたって感覚をつけておきたいです。

パラグアイでの民営化に関する記事ハイチの食糧支援の記事イランでの声明の記事2014年サッカーワールドカップの組み合わせの記事ストックホルムの抵抗の記事ペットを飼う責任の記事宗教のネット上での挑戦の記事でも書いています。

 

コロンビア、揺れています。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

アメリカの電子煙草規制の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

 

minors

日本語でもカタカナ言葉として使われるマイナーですが、未成年を意味する言葉としても英語では使われます。副専攻や程度の小さい事など、色々な形で使われるのがこの言葉です。チェコの危機一髪の記事ウガンダの同性愛規制の記事でも書いています。

 

apply to

applyは~に申し込む、という意味での理解がまずは最初にくるのかなと思います。申込書なんかでapplicationなんて言葉はとても一般的です。

そして、このapplyは~に適用される、なんて意味での使われ方もあります。色々なルールや規制などが世の中にはあり、適うもの、適わないものがあります。A doesn’t apply to individualsという大きな幅を持たせたり、apply to Tokyoのように1つのものに絞ったり色々なパターンが考えられます。

UEFAの人種差別に対する姿勢の記事スタバの銃保持に対する見解の記事ロシアのステップの記事でも書いています。

 

targets

日本語の感覚では、標的、目的を意味する名詞としての感覚が強いと思いますが、当然動詞としての使われ方もします。それをしっかりと理解できれば、このsが意味するものは名詞の複数形ではなく、三単元のsであるという事がわかると思います。

 

unregulated

難しい英単語ですが、regulationという規制を意味する言葉を知っていれば、ゆっくり解読できそうな表現です。接頭語unは否定、反対の意味を表す形として定番の形です。unbelievable, unluckyなどはカタカナ言葉としても定着していると思います。

アメリカの電気の使えない街の記事ブラジルのCM論争の記事でも書いています。

 

keep

keep A away from Bという形が全体を見渡せばみえてきます。英語を話す時にはこういうフレーズや形をそのまま使えるようにストックしておくと一気に表現力がアップします。keepを使う英熟語は実際の英会話の中でも沢山聞く事ができると思います。

英会話学習者の方なら、頑張ってテストを受けた時や、レッスンを受けた後の講師のフィードバックにkeep it up!なんてコメントをもらっているかもしれませんし、keep~ingという形は、会話の中でちょくちょく出てくる事に気付きます。keep talking, keep walking, keep moving, keep studying, など日常的に使えそうな形は無限に考えられます。

 

are (that)

ここでは超ご丁寧にthatに( )をつけてくれています。会話の中では、このように、課題や、事実報告、意思表示などのパターンで、A is that S+Vみたいな形が使われます。

聞き手としても、 A isと言ってまずAについて話すんだな、となり、そこからS+Vと入っていき、前からそのままスンナリと理解していける、日本語的な感覚に優しい表現だと思います。あくまでシンプルなthat節であれば!

 

battery

発音が意外と難しい英単語なのかなと思います。発音記号をみると、bǽtəriとなっており、日本語のバッテリーのように後ろにかけて上げていく読み方ではなく、アクセントが前にきています。携帯電話のbatteryなど、私達の日常生活には欠かせないbatteryですので、複数形のbatteriesとあわせて発音を意識しておきたいです。

 

どのように今後変化するのですかね。

 

本日は以上です。