カップルへの新しい提案の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ホテルの記事のようですね。

 

 

free stays   

freeは自由、という意味がまず最初に日本人の頭には入ってきやすいと思います。カタカナ言葉でのフリーは付き合っている人がいるかいないか、という意味でも使いますよね。英語のfreeは多様な使い方があり、まず自由、というような意味合いだとこの記事の後ろにあるchild-freeという言葉がそこに近いですね。育児から解き放たれる自由、というニュアンスがこの文面からは分かると思います。ストレスフリーなんて言葉は日本でもカタカナ言葉で使われるようになっていますよね。

そしてカタカナ言葉としては日本ではあまり使われる事のないものが無料を意味するものです。だからこそ、カタカナ言葉で仮にフリーステイ、なんていう風に書いたとしたら、日本人の方はフリータイム的な感じで、長時間滞在できるみたいな感じで考える人もいると思います。日本人的な発想で逆に外国人を驚かせてしまう言葉はやっぱりフリードリンクですね。そのまま日本語が分からない外国人にfree drinkと言ってしまうと、え?お酒が無料?という風に捉えられてしまいます。

イケてるIT企業なんかは、従業員に食事やお菓子等を無料で提供する所もありますよね。free mealsなんていう風に言われます。

 

ski holiday

スキー場やその施設、エリアの事はski resortなんて言ったりしますね。ちなみに    ridableという単語でスキーやスノボー、サーフィンやマウンテンバイクなどの「乗る系」のスポーツが出来る場所というニュアンスを表現する事もできます。There’s no ridable areasなら、ここにはスキーができるエリアはないよ、とできますし、all the ridable paths are still covered in snowみたいにしてpathsという言葉も使う事もできますね。

 

came up with

アイデアを思い浮かぶ、という言い方としてはとても一般的な表現ですね。どうしてそんなアイデア思い浮かんだの?という風に疑問にするならHow did you come up with the idea?みたいにします。アイデアはパッと思い浮かんだりするものですが、そのパッというニュアンスの表現として、off the top of my headというものがあります。使い方としては、例えば、今すぐにはパッと思い出せないな、思いつかないな、みたい事を言う時にI can’t think of any off the top of my headみたいにできます。

 

struggling

苦労してもがく様をstruggleという表現で表す事ができます。近い言葉にjuggleというものがあります。これは必ずしも苦労している様を表現するわけではないですが、色々な事を同時進行でサバく様を表現するもので、You’re juggling so many thingsとすると、色んな事を同時進行でサバいている、又は色んなタスクを両手に抱えている、みたいな意味で使えます。

 

すごいホテルですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

麻薬の可能性の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

麻薬の記事のようですね。

 

 

 

getting high

ハイになる、という日本語でいうその言葉が英語でもそのまま使われていますね。get highという表現になっていますが、ハイになっている状態を指すのであればシンプルにA is highという風に出来ます。

 

tackles

カタカナ言葉のタックルはラグビーやサッカーなどのスポーツのコンタクトを指す意味で使われますが、英語では色々な使われ方があり、この記事のように何かの課題に取り組むというニュアンスでも多く使われます。似たような表現では、work on~というのもありますし、何かの課題を解決したり答えを見つけ出す事はfigure outなんていう表現もあります。I’m on top of itなんて言い方で何かのタスク等について、任せて、うまくやれてるよ、今やってるよ、みたいな言い方もあります。Have the orders been shipped out yet?に対して、Don’t worry. I’m on top of it.と返す、みたいな感じですね。

 

thumps up

カタカナ言葉でも言ったりしますかね。サムズアップ。親指を立てるジェスチャーで基本的に良い事や状態を意味して使うのは日本でも同じだと思います。指を使うジェスチャーではFingers crossedなんかも英会話をやっている方であれば聞いた事がある方もいると思います。これは何かの成功や幸運を祈る意味で使われる表現で、keep one’s fingers crossedみたいな形で使われます。いい結果が出るといいね、なんて言われるのに対して、I’ll keep my fingers crossedみたいな感じで返すみたいな感じです。

体のパーツの名前を使って何かを表現するものは英語では沢山あります。handは日本でも手を貸す、と使われるようにgive a hand to~みたいな形があります。Stick one’s nose into~では、何かに干渉する様を表現できます。面白いですね。他にも体のパーツを使った表現は本当に沢山あるので興味のある方は調べられると良いと思います。

 

addictions

中毒を意味する言葉としてはなんとなくイメージできると思います。この形容詞の形がaddictiveで、一度やるとハマッちゃうタイプのもの等を主語にしてA is addictiveみたいな感じに使う事もできます。薬物は勿論ですが、人によっては色々なものがaddictiveになりえますよね笑。

 

around me

aroundは周辺を意味する言葉ですが、英会話の中では周りの場所を具体的に指すというような使い方だけでなく、もう少し意味をボカして使う形は多く、Is he around?なんて言い方で、今彼家にいる?なんていうのはとても一般的です。日本語で周辺、なんていう言葉で意味を考えるとちょっとこの訳で考えずらいですが、意味だけをとらえれば、分からなくはないと思います。別れのあいさつでSee you aroundなんてのもありますね。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

セレブとアートの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

有名人の記事のようですね。

 

 

 

turned out

turn out~、というのは、何かが判明したり、何かについて、結局~になった、みたいに、おっ、と思うような変化、発見のニュアンスを表現したい時に使われます。It turned out that he was lyingだと、実は嘘をついていたという事が分かった、みたいな感じですね。え~、あれ嘘だったの~?っていう驚きの反応が出てきそうですが、まさしくこういう反応を得る為の表現の1つと言えると思います。

 

happy

happyという言葉は人をhappyにしますよね。誰かに何か嬉しい事があった時に、よかったじゃん~!と言ってあげるとき、I’m happy for youなんて言い方があります。日本語のよかったじゃん~!よりも、自分も喜んでいるよ、という言葉がダイレクトに入っているので伝える表現としては素敵ですよね。似たようなもので、feel sorry for youなんてのも、日本語的には、大変だったんだね、とか残念だったね、的な場面で使われる言葉ですが、ここにもI feel sorryという風に自分もあなたの辛い気持ちを理解しているよ、という言葉を直接言葉に入れているという意味で素敵ですよね。

 

 Who can

英語ではよくあるこの表現、Who~?という形で、~な人いるわけじゃいでしょ、みたいな表現ですね。日本語でも同じようなニュアンスで、誰がそれやりたがるんだよ、的な感じでは使いますよね。英語では他にもシンプルに Who cares?みたいな感じで、どうでもよくない?誰も気にしないでしょ、みたいな表現もあります。

 

help circulate

helpの後に動詞circulateがそのまま来ていますね。これは原型不定詞といわれるもので、help to doの形のtoを省略しているわけです。分かっていれば、とてもシンプルで分かりやすいですし、実際会話の中でもtoを省略する分、短くで済みます。似たような形では、go get some beerなんて感じでgo+動詞の原形、みたいなパターンもあります。これも会話の中で使いこなせれば短くて便利な表現ですよね。

 

rumors

噂を信じちゃいけないよ♪by山本リンダですね笑。rumorという単語は学生時代にしっかりと覚えた、という方は多いと思います。似たような言葉では spoofなんてのがあります。パロディや、誰かが流した出まかせ、みたいな意味で使われる言葉で、タイタニック2が出るらしいよ、みたいな話について、出まかせでしょ、みたいな言い方で、Are you sure? I think it’s a spoof.みたいな感じですね。

 

mixed bag

mixされるものは英会話の中では色々あります。いわゆる日本語でいうハーフの人はmixedと表現する事ができます。他にもmixed feelingは複雑な気持ち、なんて意味にできますね。

 

it’s about

A is about Bという言い方で、Aのあるべき姿、Aに対する誰かの考え方、みたいな意味で使われる事は多いです。Life is about enjoying、みたいな感じですね。

 

色々なセレブがいますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

奇抜な格好のチャリティの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

a pair of swimming trunks

a pair of somethingは学生時代に色々習って覚えている方は多いと思います。日本語と英語の感覚の違いとモロに感じる表現の1つだったのではないでしょうか笑。ここではtrunksが出てきていますが、ズボン系ならs pair of jeansはお決まりですね。a pair of shoesも始めて習う日本人にはびっくりです。a pair of glassesもそうですね。

 

tough

toughという言葉は日本でもカタカナ言葉としてとても多く使うと思います。どちらかというと体が強いみたいなニュアンスでの使い方の印象が日本では強いと思いますが、英語のtoughはかなりキツい、という意味合いで使う事がかなり多いです。It’s been a tough yearという感じや、似たような言葉でroughもあり、これもLife been roughのような感じで使われたりもします。

 

dressed in

服装について話す時にこのdresssはしばしば見られます。装っている、なんていう日本語の言葉が一番しっくりくるのかなと思います。日本語ではドレスというと女性が着る”ドレス”を指すと思いますが、英語のドレスは女性に限定するものではなく、何かを装っている様を広く一般的に指す事ができます。コスチュームや制服的なものについて使われる事はとても多いと思います。着るは一般的なのはwearがありますよね。他にも来ている状態ではないなく、着ていない状態から着る状態にうつった事を指すようなニュアンスでput onはとても一般的だと思います。

ちなみにSpeedoは水着でお馴染みのブランドだと思いますが、これはこのブリーフ型の水着という意味の一般名詞化しています。この会社にとっては嬉しい事ですよね笑。他にもアメリカではティッシュペーパーの事をKleenexという風にある1つのティッシュブランド名詞を一般名詞化して使ったりしています。おもしろいですね笑。

 

feeling isolated

feel isolatedというのはとても寂しい事ですね。のけ者にされる、置いてけぼりにされる、的なニュアンスの言葉としては、left outなんて言葉があります。feel left outなんて形で、なんだか自分だけ蚊帳の外な気分、みたいな言い方にできます。

 

fluffy

フワフワした感じのものを表現できる便利な形容詞ですね。fが日本語のフワフワのフと同じ感じなので、個人的に覚えやすい単語なのかなと思います。何かの状態を表現する形容詞というのは沢山知っておいて損はありません。特に微妙な様を表現するのには1つの単語を知っていれば一瞬で伝えられますね。fつながりで言えば、すぐドタキャンする人、行くと行って来ないようないい加減なタイプの人をflakyなんて言葉で表現する事ができます。

 

すごい人ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

レストラン評価の辞退の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

レストランの記事のようですね。

 

 

 

big-spending

面白い表現ですね。ハイフンを使って2つの単語をつなげ、1つの言葉にしています。大金を払ってくれる~さん、という風に日本語で考えれば分かりやすいですね。日本ではのように作れても、意外と英語では語順がどうなんだろうと悩む方は多いと思います。hard-workingは一生懸命働く様を表現するものですし、well-organizedは、よく整理された、まとまった状態、must-doなんて形でやらなければいけない~なんて言い方もあります。英語の複合語というのは、2つの単語の意味をくっつけられるとても便利な形で、色々な複合語を知っておくと、会話の表現の幅が広がります。

 

handed back

~backという形もまた英会話の中では非常に多く使われる形です。すぐに折り返すね、とか連絡するね、みたいな言い方をする時には、I’ll get back to you soonなんていう風にget backという形が使われますし、シンプルに何かを返す様を表現するのにgive backというのもあります。go backだとどこかに戻る、というのはすぐに想像がつくと思いますが、go back on my wordなんて言い方にすると、自分が言ったことを取り消しにする、みたいなニュアンスにできます。I can’t go back on my wordとすれば、もう言っちゃったんだから取り消せないよ、みたいになります。他にはlike backなんていう風な形もあり、I gotta find a nice girl who likes me backみたいな感じで使ったりできます。この特定の文章を使う事はあまりないとは思いますが笑。

 

closed the doors

ここではcloseが動詞としてそのままthe doorsをcloseするというように普通に読めると思いますが、closed-doorというこちらも複合語にする事で、非公開の、密室の、というような意味で使う事ができます。非公開の会議、非公開の会合、会談、みたいなニュアンスでニュース記事等ではしばしば見られます。closedを使った複合語つながりでは、closed-bookなんて形で理解できない人、不思議な人、みたいな意味にする事もできます。

 

left out

I was left outというシンプルな文章で見ると、自分がのけ者にされた、置いてけぼりにされている、取り残された、みたいなニュアンスで受け取りますが、今回の記事では、あえてチェフの方からleft outされる状態を選んでいるというニュアンスで使われていますね。ここではrequested toという形でつながっていますが、この一見マイナスと思われるような状態を、自分の意思で選んだという表現としては、動詞chooseを使い、I chose not to be listedみたいな使い方は英会話の中でもしばしば聞かれます。あえて自分でそれ(その道、そのやり方)を選んだんだ、みたいな事を言いたい時に使えます。

 

今後はどうなるのですかね。

 

本日は以上です!