バーガー批判の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

spot

spotは心霊スポット、やスポットライトなどの言葉で日本では一般的なカタカナ言葉として定着していますね。英語でのspotは更に幅広く色々な所に使われます。He was spotted by a container shipみたいな感じで海上で遭難した人が発見されるみたいな記事ではこのように船やヘリ、飛行機からspotされたみたいな言い方はよくみられます。on the spotという言い方はその場で、という言い方にもできます。He declared a national emergency on the spot.みたいな感じですね。このon the spotはputとあわせてput someone on the spotとすると誰かを困らせるみたいなニュアンスにもなります。

 

its so-called

it’sとitsは別物ですね。it’sはit isやit hasの短縮形ですが、itsはitの所有格でした。なんだか似ていますし、hisやher、myなどの所有格は分かってもitsはすぐに所有格と分からない人、意外といると思います。でも実際にはit’sをitsと書いちゃう人もいますし、そこは文脈で判断ですね。so-calledはいわゆる、という言い方でお決まりの表現だと思います。秋葉原はso-called otaku mecca、みたいな感じですね。

 

30 second commercial

このsecondには複数形のsがついていません。これは複合語として30-secondという風に見れば分かりやすいですね。10-minute driveだと10分の運転の距離みたいな言い方ができますがここでもminutesとしないでminuteにしているのも同じ発想です。この後CMの事をTV advertisingと触れていますが、advertising は日本でも非常によく見る単語だと思います。ネットのメディアサイトなどでは色々な記事の中で横にadやADみたいに書かれているものがありますが、それは広告記事という意味ですね。企業がお金を払ってその記事をそのメディアに掲載しているという事です。またgoogle検索でも一番上に掲載されているいくつかには「広告」と書かれていますが、これがgoogle.comなどの英語サイトになるとAdとなっています。複数のものにはAdsとsがついています。

 

iceberg that sank

icebergは氷山、という言葉ですが、氷山自体を会話の中で話す事はほとんどないと思いますが、tip of the iceberg、氷山の一角、という言い方では日本語でも同じように普通の会話の中でも使える表現ですのでおさえておきたいです。She called the  scandal the tip of the icebergみたいな事は色々な世界でありますよね。

 

激しい戦いですね。。。

 

本日は以上です!

 

 

 

移民対策の変化の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24からの記事です。

france24の記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

immigration

もうずっとこの単語がこの数年ニュース記事に沢山出てきていますね。immigrationを移民という訳で覚えている方はとても多いと思いますが、これは入管(入国管理)を意味する言葉でもあって、immigration officeは入国管理局という意味になります。日本在住の外国人はしばしばこのimmigration officeに行って色々な手続きをしますね。

移民する人という意味ではimmigrantという別の名詞があり、このimはimportと同じように内側に来ることを意味するもので移民してくる人を指し、逆に出ていく人はemigrantとなります。exportと同じeと覚えておけば便利ですね。他にmigrantという言葉もあり、これは入ったり出たりという意味はなく、ある場所からある場所へ職を求めて移動する人の事を指し、渡り鳥や回遊魚を指す言葉でもあります。

 

1.8m

このmはこの記事の後に出てきているのですぐに分かりますがmillionを意味する言葉ですね。そしてbillionを意味する言葉はbで表現ができます。大きい数字を表現する時には便利です。数字と一緒にくっついているmとbはmillion,billionと覚えておくとよいですね。他にもkなんてのもあってこれはthousandを意味する言葉です。求人広告で提示される年収表示を$40k-60kみたいな感じで書く事ができます。

ちなみにお金で1000ドルの事をgrandという単位で表現する事もでき、ten grandは10,000ドルです。Wow!タイキンダネ!みたいな感じですね。お金の単位という意味ではドルをbuckという言葉で表現もでき、ten bucksは10ドルです。grandとの違いで注意ポイントはgrantはmillionやbillionなどと同じようにその前にtwo,three,fiveと大きな数字になってもsはつかずにgrandのままですが、buckの場合はten bucksという風に複数形のsがつきます。という事は1ドルならa buckという事ですね。

ただmillionやbillionは絶対にsがつかない、というわけではなく、millions of dollars,billions of peopleなんていう風に数百万、数十億みたいな特定の数字をつけない大きな数を表現する場合にはsがつけられます。1000の単位を意味するthousandも同じようにthousands of~と表現されます。先ほどのgrandに関しては変わらずです。

 

unauthorized

authorizedが許可された、認められた、という意味ですから、接頭語をつけたunauthorizedはその反対で認められていないという意味になりますね。接頭語のunを付ける形は色々な単語でみられ、似たような言葉で資格のあるという意味のqualifiedがunqualifiedという風になります。qualifiedはオリンピックやワールドカップの出場権みたいな意味で使われるのは定番の形で、They have qualified for Pyeongchang 2018、みたいな感じになります。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

国際都市で起こる水枯渇の問題の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

南アフリカの記事のようですね。

 

 

 

 

 

run out of water

run out of~は~が切れる、という意味の英熟語でしたね。run out of の対象は水だけでなくcash, foodなど他のものでもよいですし、run out of ideasのように目に見えないものでもよいです。また読んで字のごとく、そのままですがrun out of a houseで家を出ていく、というような言い方にもできますね。runという言葉は色々な使われ方をします。run a companyは会社を経営するという意味で動詞でrunが使われますし、We are running lateなんて言い方だと、遅刻している、という言い方で、遅刻だから走っているという意味の”run”ではないんですね。

 

the taps

tapという言葉、カタカナ言葉でタップと聞くと日本では何をイメージしますかね。このtapは後にも出てきますがtap water、水道水を意味する言葉で使われているものですね。蛇口、という意味ではfaucetという単語を学生時代に習った記憶のある方はいると思いますが、水道水という意味ではtap waterという言葉で覚えておくと便利ですね。そもそも海外では水道水は飲めない、なんてことはよくある話ですし、そういう意味では外国人との会話の中の話題としても出てくる可能性の高い言葉だと思います。

 

moved up the date

文脈から日時が早まるという意味で使われているのはすぐに分かると思います。moveという言葉が使われいますが、日を遅らせるという意味ではmove back the date to~みたいにmove backという言い方にしてもよいですね。また予定の日や時間をズラすというニュアンスの動詞はpushも使う事ができ、push forward the meeting~hoursみたいな形で~時間会議のスタートを早める、みたいにもできます。

 

help flush toilets

flushという言葉は駅やお店のトイレを使うと英語の表記でみるので水を流す、という意味ですぐにイメージできますね。このhelp flushは動詞、動詞、という風に続いていますが、これは原型不定詞と言われるもので、helpの後はhelp to+動詞の原形、という形のtoを省略して表現できるというものですね。help your daddy carry somethingのような感じでhelpする人を間に入れる形にしてもその後の動詞は原型不定詞として形を取る事ができます。

 

everyone I know who is

この文章、おもしろいですね。I knowはその前のeveryoneにかかりますのでここでeveryone  who I knowというイメージができますが、さらにeveryone I know全体がwho isの先行詞にもなっていて、is doing soの前までを大きな1つの主語としてまとめています。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

ソーシャルメディアの対応の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ソーシャルメディアの記事のようですね。

 

 

 

 

 

threat

ニュース記事では毎日見ない日はないのではないかという位に頻繁に出てくるこの言葉。動詞はthreatenでthreatは名詞ですね。今回のように~threatという形にして~の脅威、という言い方にする形は多くみられます。Cyber-security threat、Nuclear Threat、Bacterial Threat、色々なものがあり得ますが、他にはそのthreatの規模感というニュアンスでglobal threatみたいな表現もありますね。

 

potential

日本でもカタカナ言葉としてとても一般化している言葉だと思います。日本では潜在能力というニュアンスで使われることがとても多いと思いますが、英語のpotentialは可能性のある、というニュアンスでpotential customer、見込み客やpotential candidateで有力候補、みたいな言い方もあります。ビジネスシーンが創造できそうですね。

 

intense criticism

intenseは状態が厳しい、真剣な、張り詰めた、なんてニュアンスで使われる言葉ですね。intensive programと言えば週ちゅうプログラムみたいな感じです。文脈によってプラスの意味にもマイナスの意味にもなります。以前トラブった同僚が上司になっちゃったんだよ~、みたいな状況があれば、それって超intenseだね、みたいにネガティブに使う事もできます。

 

not blind to

blindはblind soccerなどで感覚的に目の見えない事を意味する言葉としては一般的に知られていますね。not blind to~とすれば熟語で~に対して見えない=分かっていない、理解していない、という事ではない、というニュアンスですね。逆にturn a blind eye to ~という風にすればblind eyeを問題の方に向ける事で、気付かない、知らないふりをする、なんて意味にもなります。似たような表現ではturn a deaf ear toで耳を貸さないなんて言い方にもできます。eyeとearで言葉は違いますが、言わんとすることは似ていますね。

 

we at

主語を表現する時にこのように同じ事を続けて言うような言い方は英語ではしばしば見られます。We all、You allという言い方やI myself like~みたいにしたりもできます。Iとmyself?なんて思っちゃいますが、自分は、私はというと、みたいな感じで自分を強調するような言い方ですね。例えば他の人は違う意見を持っていたり、状況が違うけど、私はちょっと違くて、、、みたいなニュアンスで言ったりすることもできます。

 

far too slow

farは副詞で程度を表す事ができます。距離的に遠い、というfarだけではないのですね。far too expensiveだととんでもなく高い、という感じになります。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

露出度の高い制服へのクレームの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

CAの記事のようですね。

 

 

 

 

quite disgusting

quiteは程度を意味する言葉ですね。辞めるのquitと似ていますよね笑。quite,quit。発音itの所まではスペルは同じですが、そこまでも発音も異なりますね。kwáitに対してkwítです。程度を表現する対象は色々なものに勿論使え、He’s quite handsomeなんかでもいいですね。

 

revealing uniforms

revealは公表する、公開する、なんて意味で使われる言葉で、暴露本や政治家の秘密を表ざたになる的な記事ではrevealが使われたりします。言葉のニュアンスとしては隠れているもの、知られていないものが公に出るというようなニュアンスなので、女性の肌の露出も同じように普段見えない部分が公に見えるというニュアンスでとらえるとわかりやすいですかね。多くの国で若い女性はrevealingな服装な好きですよね。

 

felt ‘offended’

feel offendedは気分を害されるという意味の言葉ですね。offend someoneとすると誰かを害する、という風になります。名詞はoffenceですが、日本ではスポーツのオフェンス、ディフェンスという使い方の中で使うオフェンスが一般的な使い方で、人の気分を害したりする意味でのカタカナ言葉としては基本的に使われないと思います。ディフェンスもそうですが、動詞defendは~を守る、擁護するという意味の言葉で、I’m defending himなら彼を擁護している、という事ですね。弁護士がクライアントにつくだけでなく、普通の一般人同士で誰かが誰かを擁護する場合でもOKですね。

 

are ruining

ここでruinする対象はreputationですが、その対象はyour relationshipのように関係を悪くするなんて感じ使ってもよいですし、You are ruining my birthdayなんていう風にして私の誕生日を台無しにしないでよ!的な感じでもOKですし、色々な対象があり得ます。

 

not everyone

英語ではしばしば見られる形ですが、not~を主語にする事ができます。Not doing something is unacceptableという風に動名詞の否定の形にするわけですね。動名詞を主語にすれば、~することは~だ、ですが、その否定ですから、~しないのは~だ、となるだけです。意味で理解すればいくらでも使えますね。

 

One of the things

thingは英会話の中ではとても頻繁に出てくる言葉です。物事全般に当てはめる事ができ、直接的にその言葉を言いたくない、言葉が思い出せない時にthat thingなんて言ってもいいですし、広く物事、状況全般を意味する言葉としてThings are getting pretty intenseやbetterみたいにできます。まずくなってきたね~、よくなってきたね~、等何がというよりも全体的に、みたいな感じで使える便利な言い方ですね。

 

制服は変わるのですかね。

 

本日は以上です!