バチカンでのスキャンダルに学ぶ

こんばんは!

 

本日はSky Newsからの記事です。

→Sky Newsの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

バチカンでの記事のようですね。

 

 

 

resign

退職、辞職する、という意味のこの基礎英単語。retireは定年退職を意味するのに対しresignはその他要因での退職を意味するのが一般的ですね。名詞の形resignationと合わせておさえておきたいですね。カイロ国際空港のストの記事ブラジルでの人権問題発言の記事でも書いています。

step down

これもresignに通じる表現ですね。stepはステップアップ、みたいな上向きな意味が日本では強いかもしれませんが、英語の意味は階段や、足元、踏み出す事を意味する動詞として使われたりします。step downは動詞としてstepするものの、downにstepするという事で、「身を引く」という意味合いになります。

ブラジルでの人権問題発言の記事聖職者の結婚の記事でも書いています。

 

tax haven

租税回避、非課税地域などを指すこの言葉。カリブ諸国などはよくこのような話題ではでてきますよね。

headquarters

よく間違えるポイントですが、本社を表現するこの英単語は最後に複数形のsをつけるのが基本なんですね。本社が1つでもです。HQなんてかかれますが、軍部の指令部などでもこのような表現が使われますね。

 

Vatican

バチカン市国ですね。イタリアの中にある小さな小国。サンピエトロ寺院、最近まで大きく世界のニュースとなっていたローマ法王など知らせるこの世界最小の国は、大人ならしっかりとスペルと合わせて覚えておきたいです。

 

over

ここではresignの後に使われています。overは英会話の中では本当に色々な意味を含む英単語として使われています。cross overやjump overのように基本は「超えていく」、「~越しに」みたいな意味合いの英単語ですね。そしてまた~をめぐって、というような意味でも頻繁に使われ、今回はその形ですね。

 

jailed

留置所という名詞で使われるjailがここでは動詞として使われていますね。日常英会話として頻繁に使う英単語ではないと思いますが、prison、detective、criminal、crime、この当たりはニュースや社会記事の中ではとても一般的な英単語なのでおさえておきたいです。

タイの違法ペットショップの記事サイの角の密輸の記事アメリカの踊るお巡りさんの記事世界初の201カ国制覇の記事でも書いています。

violations

難しい英単語ですね。violateは法を犯す、ルールを破る、というような違反の意味を表現する動詞として使われ、ここではその名詞の形が紹介されています。SNSの記事ペルーの遺産の記事不倫は犯罪の記事でも書いています。

 

seized

あまり見慣れない英単語ですかね。つかみとる、つかむ、という意味の英単語で、この単語を使った定番の言葉はseize the day(今を大切に)ですね。seiで日本語読みだとセイと読んでしまいそうですが、正しくは「síːz」です。1度正しい音を聞かないと自分で使える自信がもてないので聞いてくださいね。

イタリアの沿岸警備の記事ペルーの遺産の記事でも書いています。

Neither has been

英会話を習っている人なら一度は悩む難しい表現ですね。neitherは基本的に否定の意味を含む英単語です。ここではそしてポイントはeitherにも共通しているところですが、単数として動詞を導きます。2つとも~じゃない、という意味なら2つだから複数?と思いそうですが、そこは注意です。

Either (way) is fine with me(どっちでもいいよ)みたいな表現は英会話ではとても一般的ですが、これも「どちらでも」という事で2つを指しそうですが、正しくは単数として引っ張っているという認識なのでisになっています。

 

難しいトピックです笑。

 

本日は以上です。

 

 

ドイツのスーパーでの商品化に学ぶ

こんばんは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

→Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ドイツのスーパーについての記事のようですね。

 

 

 

come under fire

非難をあびる、非難の的になる、という意味ですね。ireを実際の火ではなくこのようなシチュエーションを描写する表現として使われているところがおもしろいですね。でも火難じゃなくて、非難ですね。とてつもなくしょうもないダジャレですいません笑。

 

promote

プロモーション(promotion)をするという意味の動詞の形promoteですね。ビジネスでも、日常生活でも頻繁に聞くことのある英単語の1つだと思います。超基礎英単語として覚えておきたいです。ネパール「ゲイ」スポーツイベントの記事でも書いています。

chain

日本でもチェーン店、という言葉で理解されていますよね。このchainは鎖のチェーンと同じスペルで、つながりを意味する表現としても遣われるんですね。ヘビースモーカーを英語ではchain smokerなんていいますが、鎖の様に途切れずタバコを吸う様をこのように表現しているんですね。

バングラ事故の記事インドネシアの土砂崩れの記事祈りの記事でも書いています。

 

stereotype

ステレオタイプという言葉は日本語化されていますかね?固定概念、先入観、イメージ、そういったものを表現する言葉としての代表格ですね。京都人は腹黒い、オーストラリア人はバーベキューが大好き、こんなのがステレオタイプですね。

 

men-only

ハイフンをつけることでこの2つの単語をまとめ、1つの形容詞として表現していますね。読み手からしても読みやすくいいですね。このような表現は英語の中では頻繁にみられます。自分で作り上げる事も可能ですよね。

辞書にはでないですが、「cats-only 」playgroundみたいな言葉でもいいわけですよね。

half the size of

~の半分のサイズ、という表現としてまとまりで覚えてしまった方がいい表現の1つですね。half the size of my bed room、half the size of your computerなど対象物を色々なものに想定して例文を作ってみることで、自分の文章にする事ができます。頭の中でどんどんイメージを固めて英会話の実戦で使っていきたいです。

スペインでの格安ショーの記事メキシコ系移民の記事でも書いています。

advertises

ここでは広告する、という動詞のadvertiseとして出ていますが、名詞のadvertisement、advertisingも一緒にみていきたいですね。まあ広告は略してAdやAdsとも表現され、日常英会話ではお互いに意味が分かるような会話内容であればadで普通は通じますね。

新聞や雑誌、web歳とのちょっとしたところにこういった表現がみられます。フランスのオークションの記事NEWSWEEKの決断の記事でも書いています。

 

dull sexism

おもしろい表現ですね。dullは基本的にマイナスの意味を持つものとして使われ、一般的には退屈な、おもしろくない、ふざけた、という意味合いで使われます。人をdullで形容したならかなり悲しいですね笑。

 

be thin

thinは日本語ではあまりイメージがないかもしれませんが、薄い、細い事を表現し、macbookなど薄いパソコンをthinでも表現できますし、細い女性をthinでも表現できます。

細いという表現は他にもslimやslender、skinnyなど色々ありますが、明らかにポジティブな意味で使われるのはslimやslenderですね。逆に細すぎるマイナスイメージが強いのがskinnyです。ジャックルとドンキーの記事でも書いています。

 

日本ではなかなかみない商品化ですね。。

 

本日は以上です。

 

 

インカ帝国より前の時代から学ぶ

こんばんは!

 

本日はSky Newsからの記事です。

→Sky Newsの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ペルーの記事のようですね。

 

 

ancient

古代の、という意味の基礎英単語ですね。5年、10年の話ではなく古い時代を指すこの英単語、しっかりおさえておきたいです。

 

Peru

皆さんご存知の南米国家ペルー。旅行で行かれる方も多いと思います。スペルも比較的簡単で覚えやすいと思いますが、発音が要注意です。日本語的な発音ではeにアクセントがきそうですが、正しくはuなんですね。1度担当講師に確認して正しい発音を聞いてみてください。

rの音であることにも注意ですね。

 

massive

とても大きい規模、数量のものに対して使われるこの英単語。普通の日常英会話の中ではそんなに使う事はないですかね。たくさんなら加算名詞、不加算名詞どちらにも使う事のできるa lotが最も一般的です。ラトビアの火事の記事でも書いています。

 

clues

手がかり、ですね。日本語でもクルーっていいますかね?乗組員や乗員などを指すクルーっていう言葉ありますよね。それはこのclueではなく、crewです。日本語発音ではどちらもクルーなのでややこしいですね笑。lとr、さらにその後ろのスペルも全く異なります。

 

, who

関係代名詞の前にコンマが入っているこの形。そういえば時々みるな、と思われている英会話学習者の方多いと思います。関係代名詞の制限用法、非制限用法というものがあり、コンマをつけているものが非制限用法と言われるものなんですね。言葉は難しいですが、意味は非常にシンプルで付加情報、補足情報的な意味合いでつかわれます。

周知の情報、既に知らされている物事などを先行詞に置いたときにコンマがくるという事ですね。それに対するのが制限用法です。I met a boy who speaks 5 languagesのような場合は制限用法になります。a boyって誰?って話ですよね。

だから周知の先行詞という訳ではなく制限用法になります。

 

was filled with

be filled with~で~で満たされている、~でいっぱいになっている、という定番の英熟語でした。英会話学習者ならしっかりおさえておきたい表現の1つです。王妃の夢の記事でも書いています。

 

in detail

細かく、詳細に、という意味ですね。She explained the rules of the game in detail.みたいな感じで今回と同じ様に説明する対象のすぐ後ろに置く形が一般的ですね。

 

north of

どこどこからどちらの方角にどれくらいの距離、みたいな表現として覚えておけば英作文の際に悩まずズバっとはめられるのでこのような表現を覚えておきたいですよね。ofのかわりにfromなんかを使って10km north from ~みたいな形OKですね。

方角を指さず、~m away fromみたいな形も可能ですね。

 

lying on their bellies

難しい表現ですが、lieは横になるという表現で学生時代に習われたと思います。lie-lay-lainという難しい不規則動詞として覚えられたと思います。今回はそのlieのを使い、lie on one’s bellyという形になっています。bellyはベリーダンスでも使われるお腹、ですよね。

お腹の上に寝るという意味で仰向けではなく、うつぶせの状態を表現するんですね。赤ちゃんのはいはいはlieのかわりに動詞のcrawlなんかを使ったりしますね。

 

まだまだ新しい発見がある、それが古代文明の謎ですね。

 

本日は以上です。

 

 

アメリカ化への懸念から学ぶ

こんばんは!

 

本日は→Daily Mailからの記事です。

→Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

日本のテレビ番組についての苦情の記事のようですね。

 

 

 

sue

訴える、という基礎英単語ですね。犯罪、裁判、刑罰、など一連の英単語はおさえておきたいですね。arrest(逮捕)、be suspected of(~の容疑)、be convicted of(有罪になる)、jail(留置所)、sentence(判決(文))、judge(裁判官)、prison(刑務所)、色々な英単語がありますが、このあたりは超基礎英単語ですね。

 

they

theyは日本語では”彼ら”で認識している英会話学習者の方々多いと思いますが、かならずしも日本語でいう”彼ら”に該当する必要はなく、法人や、団体を指す言葉としても使われたりします。組織の中の特定の人達を指すわけではなく、例えば、その会社がよいサービスを提供している、というニュアンスでThey provide ~、という事ができるんですね。

 

pensioner

pensionは年金、でしたね。erをつけて年金受給者を表現しています。ウクライナで救われた命の記事老人の知恵の記事でも書いています。

 

reliance on

relianceは信頼、当て、という意味の英単語ですね。英熟語でrely on~で~を頼りにする、という意味で習われた記憶のある方もいらっしゃると思います。ここではそのrely(動詞)の名詞の形、relianceが使われているんですね。

 

a sense of

senseはシックスセンスのセンス、つまり感覚を意味するんですね。このa sense of~を使い、~感という意味合いで使われ定番の表現はユーモアを表現するa sense of humorですかね。他にもcautionやjusticeなど色々な名詞を後ろに置くことができます。

 

It is thought that

thinkの過去形thoughtがbe動詞の後に置かれていますね。つまり受身の形で、~だと考えられている、という表現になるんですね。同じ様にIt is said(~と言われている)みたいな表現もありますね。受身の形になっているところがポイントですね。

avoid using

avoidは避ける、という意味で動名詞を導く英単語として、動名詞、不定詞の説明項目で取り上げられる定番の英単語です。英会話学習者の方はレッスンの中で先生に一度は説明を受けられている方も多いのではないでしょうか。avoid~ing、しっかり覚えておきたいです。

English ones

このonesは前出のwordsにかかってくる言葉の代名詞ですね。英語ではこのような使い方が頻繁にされ、そのかかる言葉が単数形であればone、複数形であればonesになります。また冠詞のtheをつけてものを特定させる意味合いを持たす形も頻繁に使われます。

She knows the one in Kyotoとすれば、話者間で話されている京都のある、いる特定の物(人)などを指します。

 

pronounced

英会話学習者であれば絶対に知っておきたい英単語の1つがこのpronounceですね。名詞の形はpronunciation。nの後ろにoがない事にしっかりと気付かなければいけないですね。

stuff

作業員を指すスタッフはstaffでスペルが異なります。このstuffは英会話では頻繁に聞かれるもので、”物事”を指す抽象的な表現を表すことができ、this kind of stuffという本当に抽象的な表現から、a lot of stuff in my office、school stuffなど絞り込んだ表現でも頻繁に用いられます。

いずれにしても物質的な事から、関係する事、業務、仕事など概念的な意味を持たせたり色々な働きをみせます。

 

日本にはたくさんの英語が日本語化されて存在していますよね。テンションなど実際の一般的な英語の使い方とは少し違ったニュアンスで使われるものもたくさんあります。

 

本日は以上です。

 

 

IKEA創業者の決断に学ぶ

こんばんは!

 

本日は→abc newsからの記事です。

→abc newsの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

IKEAの創業者についての記事のようですね。

 

 

founder of

foundはfindの過去、過去分詞形ですよね。そしてまた別の意味で設立する、という意味の動詞としても使われています。そこのerがつくので設立者、創業者、という意味になります。

 

home furnishings

家財道具を意味するこの表現。クローゼットやテーブルなどの家具はfurnitureで記憶されている方も多いと思います。furnishは動詞として備える、というような意味でも使われます。それぞれ品詞別でしっかりとおさえておきたいですね。

 

moving back to

moveという英単語は「動く」という意味ですが、そもそも引越しや転居を意味する英単語として最も一般的な英単語として覚えておきたいものです。引越し会社はmoving companyなんていいますし、 I moved to Tokyoというととてもシンプルな文章ですが、遊びに来たのではなく、東京に住まいを構える、引越ししてきた、という意味を表現できます。

英会話でも頻繁に出てくる英単語です。そして今回はそのmove toの間にbackが入っていますので、戻ってきたニュアンスを含めています。came toとcame back toの違いと同じようなものですね。ヒトラー生家の賃貸の記事でも書いています。

 

Switzerland

国名は世界に100以上もあり、すべてを覚える事はなかなか困難で、しかも日常英会話やビジネス英会話の中でその必要があるとも思えませんね。ただ、日本がこれから目指すべき未来の国家像としても頻繁に取り上げれ、あらゆる国際機関の本部を置くスイスくらいは知っておきたいです。

発音が難しいですので担当講師、電子辞書などで音を確認してみてください。

 

the 87-year-old

おもしろい表現ですね~。英語の記事や文面ではしばしばこのような表現がみられます。冠詞のtheが置かれていますので、この87歳がどなたの話かは、ここまで記事を読んでいる方であれば当然分かっているでしょ、という意味ですね。

 

started thinking about

考え始めた、という表現です。とてもシンプルな文章なのですが、現在完了の継続の表現などを学び始める生徒様はこのあたりで時間軸の表現の仕方に一瞬とまどうものです。

考えている状態が継続したことは確かに事実で、現在完了継続の形を使いたい気持ちもあります。ただ、startを使った表現はなかなかトリッキーで、startするという1つのアクションとしてとらえるんですね。とすると、startするのは1時点でありスタートがずっと継続していくものではりません。

なのでシンプルな過去形で表現されるのが一般的ですね。

 

go back to

先ほどはmove back toでしたが、ここではgo back toに変化しています。すでに引越しの意味を前で伝えている以上、go back toがシンプルに一時的に帰国する、という意味ではなく、引越しの意味でのgo backという事は読者ならわかるはずですよね。このあたりの使い方も注意して読んでいきたいですね。

 

there

thereは副詞として一般的に使われ、go thereなどのように前に前置詞を置かないのが通常の形ですね。homeもそうですが、英会話初級の方が間違いやすい部分の1つです。

 

世界に大きなものを残した1人ですね。

 

本日は以上です。