関税を避けての海外生産の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

motorcycle

バイクと言えばハーレー!という人も多いのではないでしょうか。cycle単体では自転車を運転するという意味の動詞になります。自動詞なのでI cycle to workという風になりますね。これはbikeという動詞の方が馴染みのある方も多いかもしれません。I bike to workでも勿論Okですね。交通手段を同じ形でI walk to work, I drive to workという風に表現できるのは便利ですし、パターンとしておさせておきたいです。

 

cost it

costという単語は動詞にも名詞にもなり、どちらも英会話の中ではとても頻繁に使われる言葉だと思います。SVOの形でIt cost $10という形からSVOOの形でIt cost me $10という形もあり、いずれにパターンもよく見られます。この動詞costを英語の感じに通りに直訳すると10ドル私に負担させたというような感じですが、変な訳なので、実際は10ドルした、でいいですね。ただこの10ドルした、という日本語訳だと、そこから逆に英訳する時には、動詞「した」の部分とcostがすぐに頭の中でリンクしないという人は多いと思います。これが日本語訳と英語訳のネックになるところで、英語は英語で解釈する、覚える、という事がよく言われるゆえんの1つだと思います。どうしても訳には無理がでることがあります。

 

dominant player

dominant単体では支配的な、主要な、という意味の形容詞で使えるもので、動詞dominateにすると支配する、というような意味になりますね。dominate the marketで市場を支配する、ですね。市場に参入するというのはpenetrateなんていう単語が使われたりします。逆に市場撤退はwithdrawという単語が使われたりします。withdraw from the marketのような感じですね。勿論exit, get outなども同じような意味合いで理解できると思います。

 

 price increases

increaseも動詞、名詞、いずれの形でもよく使われる単語の1つだと思います。ビジネス関連、経済関連では、数値の上下動に際して使われるのはとても一般的だと思います。売り上げアップはsales increaseで、アップ率を表現したい時はby ~ %という形をつけincreased by 10%のようにできます。反意語はdecreaseですね。

 

iconic

象徴的なという意味の形容詞で意味はなんとなく日本人ならその言葉の響きから想像できると思います。ここではバイクとなっていますが、an iconic player of the Premier Leagueみたいにして選手を対象にしてもよいですし、色々なものを象徴にできます。また象徴という名詞iconという言葉にして、a global footballing iconみたいな形にしてもよいですね。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

お酒の在庫切れの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

Fizz

この後ろにはfizzy drinksという表現も出てきていますが炭酸飲料を意味する言葉で、お酒好きの方であれば、ジンフィズとかピーチフィズなどのカクテルの名前も勿論ご存知だと思います。これらはソーダが入ったカクテルですよね。炭酸飲料という言葉を聞いて最初に思い浮かぶ英語は何でしょう。人によって違うかもしれませんが、sodaは一般的だと思いますし、popなんて言い方もアメリカ中西部では使われます。また炭酸飲料全般を指す意味でcokeという言葉が使われたりします。7upなどコーラじゃなくてもcokeというのは変な感じがするかもしれません。

 

nearly out of 

nearlyなのでまだ底をついてはいないという事がわかると思います。このほぼほぼ、という状態の表現は色々な形があると思います。I was almost lateだと、遅れるギリギリだった、という意味になりますが、これもまた遅れてはいないその手前、程度でいえばnearlyと同じようなその手前感を表現できるものです。aboutなどもその直前感を表現する言葉にもなりえて、I was about to do somethingで、もう今にも~しようとしている所だった、という事になります。この記事の後ろにはin danger of running outという形で異なる表現で表されていますね。in dangerも勿論その危機にいる様です。ちなみにin dangerとendanger、言葉も音も似ていますね。endangered animalは絶滅危惧種となります。一歩手前感を表現するという意味ではこれも近い表現ですね。

 

find it difficult

I find it difficultというのはとてもシンプルな表現ですが、動詞findにするところが日本人的には少し違和感があるところだと思います。findは見つける、という意味で覚えている人が多いと思います。そうなるとそれは難しいと見つけた、、みたいな変な感じになりそうですが、ここでのfindは、「思う」というニュアンスになる事がポイントです。ここではdifficultですが、勿論find it interestingのようにポジティブな方向に使う事もできます。

 

absolutely the wrong time

本当にそうですね笑。wrong timeは間違ったタイミングを意味する言葉で、wrongは英会話の中ではとても多く使われます。You are talking to the wrong personみたいな言い方で、相談相手を間違ってるよ、みたいにしたり、知らないでブラック企業に入り後から気づいた時にI guess I picked the wrong horse.みたいな感じで面白い表現でもwrongを使う事ができます。サッカーに関連する記事なのでついでのabsolutelyにも触れておくと、サッカー解説で素晴らしいプレイに対する評価としての言葉としてこのabsolutelyが使われる事はとても多いですね。

 

どうなるのですかね。。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

アルツハイマーの予防策の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

病気の記事のようですね。

 

 

 

 

preventable

ableという後ろにつくものは接尾語で、沢山の英単語に見られますよね。~可能な、というニュアンスを含むもので、まず最初に思い浮かべるのはbe able to~、という形かもしれませんね。ここではpreventできる、という意味でのpreventableになっていますが、似たようなところでは、predictable、予想できる、curable、治療可能な、治す事のできる、manageable、扱いやすい、管理可能な、など色々なものがあります。ちなみに接頭語unはその反対の意味にするもので、ここの挙げた全てに単語にunをつける事ができます。unpreventable、unpredictable、uncurable、unmanageableという具合ですね。

 

in your 20s

年代を言う時にはお決まりの表現ですね。When I was in my 30sという形だと、私が30代の時は、、という意味です。in  one’s ~sという形で覚えておくとin his 40, in her 50sと色々なバリエーションを持つことができますね。ちなみに20代、30代、40代、という10年の大きな括りだけでなく、in my early 30sという風にして30代前半にしたり、in her late 50sという風に50代後半としたり、微妙に変化させることもできますね。

 

unknowns

上に書いた接頭語unからも分かりますが、ここでは 名詞として使われている事がわかると思います。不明なもの、分からないもの、という事ですね。似たようなところでは、uncertaintiesなんて言葉もあります。不確実なもの、というようなニュアンスですね。他にはunidentifiedで正体不明の、未確認の、という言葉もあります。これはUFOのuの部分を指す言葉ですね。UFOはunidentified flying objectの頭文字を取った言葉でしたね。

 

personal and professional

そのままと言えばそのままですが、personal、私的な事、professional、職業柄、という事ですから、公私にわたって、というようなニュアンスがつかめると思います。personalという言葉を最初に聞いた時、パーソナルコンピューターが頭に思い浮かぶ方もいらっしゃると思います。カタカナ言葉としてはあまり多くは使われたない言葉だと思いますが、英会話の中では、私的な、というニュアンスでpersonalはよく聞きます。Can I ask you a personal questionだと、ちょっと個人的な質問、プライベートな質問してもいいですか?となります。It’s personalという言い方だと、個人的な事です、という感じでの表現で、例えば何かの話題について、どうしたの?みたいに聞かれた時に、ちょっと個人的な話なんだけど、みたいなニュアンスです。

他にはpersonalを形容詞ではなく副詞の形にして、Don’t take this personallyなんて表現もあります。君個人の事についてとやかく言っているわけではないからね、みたいな感じで使えるものです。

 

いつか解明されたいですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

ファンが作り出す地震の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

メキシコの記事のようですね。

 

 

 

 

party so hard

partyという言葉は日本でもカタカナ言葉でお馴染みの言葉だと思います。英会話に馴染みのない方にとっては、誕生日パーティーなどのケーキが出てくるようなイメージが強いかもしれませんが、ただの家飲みでもパーティーと言えます。We gonna have a party at Ken’s placeみたいにして、ケンの家で飲むけど、と出来ます。Ken’s placeというのはケンの家、ですね。ケンの場所?と疑問に思った方もいるかもしれませんが、his place, her placeみたいな言い方で家を指す事ができるのは覚えておきたいですね。また今回のpartyは動詞です。Let’s party!は飲もう!楽しもう!という事になります。なのでparty so hardはそのままですが、おもいっきり騒ぐ、楽しむ、というような感じですね。

We don’t have much time to partyのようにすると、あまり飲んだりする時間がない、という意味になります。

 

win over

メキシコはもう最高の日になったでしょうね。win overのoverは~に対して、という意味になります。対する、という意味ではagainstという言葉が最初に頭に浮かんだ方も多いと思います。take on Germanyみたいな形でドイツに挑むみたいな言い方もあります。スポーツ好きの人はこのような表現はしばしばニュース記事などでも見かけるのではないでしょうか。

ちなみに記事の最後に if they make it to the finalとありますが、これは決勝に行ったら、というニュアンスである事がわかると思います。そして決勝で勝つのはもちろんwinという事ですが、決勝で勝つ=優勝する、という事ですね。大会を制する、という表現は決勝の相手を文章の中に入れるのではなく、大会そのものを目的語にしてGermany won the FIFA World Cup in 2014.という風にできます。winする対象が大会そのものなんですね。

 

scored

点を取る、という言い方、意外と英語で何といえばいいか分からなかった、という方いらっしゃると思います。英語でスポーツの話をするときは、多くの場合、点を取る、という表現が出てきますよね。2点取った、という言い方ならscored twice、今回のワールドカップでは既にクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成していますが、ハットトリックをした、という表現も同じようにCristiano Ronaldo scored a hattrickのようにしてscoreを使う事ができます。

あまりこういう表現を覚えるべきではないですが、scoreする対象を人にして、例えば「昨日のあの子といい夜過ごせたの?笑」みたいなそっちの方でのスコアというニュアンスで、Did you score last night?みたいな言い方もあります。

 

メキシコ、熱いですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

サミットの後の応酬の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

punch-drunk

パンチで打たれこんだ様を表現するものですね。実際に酔っぱらっているという事ではありません。酔っ払いを意味するdrunkを使った複合語ではdrunk-dialなんてのがありますね。酔っ払い電話という意味で、酔っぱらってわけがわからず誰かに電話して何か言ってしまう、的なやつですね。海外ドラマなどでは、好きな人に酔っ払った勢いで電話して何か言ってしまい、次の日に自分は電話したのを忘れているのに本人から何か言われてしまう、みたいなやつですね笑。punchはカタカナ言葉でもパンチ!という言葉が日本では一般的に使われていますが、 punch out!なんて言い方では(タイムカードを押して)早く帰れ、みたいな感じになります。あー、そのパンチ、という感じですかね。あまり日常的に考えるパンチではないですよね。

 

wrapped his day

wrapするという様は終わらせる、という事ですね。熟語でwrap upなんて言い方もでき、Let’s wrap it upなんて言い方で、今日はこれで終わりにしよう、的な言い方にもできます。his dayとかmy dayとかいうのは、直訳すると彼の日、私の日、ですが、日本語ではあまりこういうニュアンスでの表現はしないですよね。英語では沢山聞かれます。You made my day!なんて言い方だと、あなたのお陰で楽しかった、いい日になった、みたいなニュアンスですね。ずっと分からず時間を取られていた仕事について、誰かが大きな解決のヒントをくれたなら、You saved my day !なんて言ってもいいですね。It’s not my dayは、今日はついてないや、みたいな意味になります。こんな言い方でmy dayを使えるのもまた面白いですね。

 

F***  

海外のトークショーなどを見た事がある人なら、ここはいわゆる「ピー」という音が入る所です。カメラや人前で言う事は基本的に憚られる言葉で、公の場でその言葉を言われたみたいな感じでF*** そのものを言わなければいけないような時にはF-wordと言ったりします。日本では汚い言葉、とか下品な言葉、とかそういうくくりはあっても、言葉の音を頭につけるようなこのような表現はないですね。この記事の後にはf-bombsなんて表現も出ていますね。

 

catching up

catch upは挽回する、なんて訳で覚えている人も多いと思いますが、どのような文脈で実際に使われているのか色々なパターンをみて覚える事は大切ですね。イメージしやすい勉強やスコアなどで追いつく感を表現するcatch upというだけでなく、今回のような忙しかったのでその間に起こっていたことを時間ができた時に確認するような意味でのcatch upもありますし、誰からから電話がかかってきたから先に行ってて(後で追いつくから)みたいなニュアンスでもI’ll catch you up laterでOKですね。

 

ピリピリしていますね。

 

本日は以上です!