路上での就活の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

 

handing out

hand outは~を手渡す、という英熟語ですね。何かを渡すというその動きだけでいえば、giveだって渡す事になりますし、passもそうですね。handがつく事で”手”渡すという言葉がついて分かりやすいですが、pass me the ketchup(ケチャップ取って)と言われて足で渡す人はいないですし、実際これも手渡すという事では同じですね笑。hand outという英熟語の形だけでなくhandoutという1つの言葉にして資料、配布物、等の意味にできます。レッスンや会議などで渡される資料とか配布物などはhandoutですね。

 

resumes 

そのままですがレジュメ、履歴書ですね。英語圏ではこのresumeとは別に CV(Curriculum Vitae)というのもあります。どちらも履歴書ですが、厳密には異なるもので、resumeは北米を中心にシンプルなA4 1枚程度の構成のもので、CVはよりdetailedなmore informationなものです。英文のCVを見た事がある方なら日本の職務経歴書とはかなり異なる印象を受けた方も多いと思いますが、まず自由なレイアウトというのが基本で、人によって色々です。またかなりキャッチ―な言葉、アピールの強い言葉が使われているのも日本の感じとは少し異なりますね。

 

college graduate 

graduateという言葉は動詞で卒業するという意味にもなりますが、そのままの形で卒業生を意味する名詞にもなります。  またここでは大卒というニュアンスでのcollege graduateですが、特定の大学を指してHarvard graduateのようにすることもできます。ハーバード卒。なんだか文字が輝いて見えるのは私だけでしょうか。ちなみに、今日は大学の授業がある、みたいな言い方の時に、アメリカではuniversityという言葉をあまり使わないと思います。universityであってもgo to schoolという風にschoolにしちゃったり、I have classesなんていう風な感じで行ったりします。classesという言い方で暗に単位制の大学というニュアンスを伝わります。高校に行くのにI have classesというのは少し変です。go to collegeなんて言い方はしますかね。

 

you’d better

学生時代に習った形だと思いますが、口語ではyou betterという風に簡単な形になっちゃったりします。シンプルでいいですね。この表現が、という事ではないですが、基本的にアメリカ英語はイギリス英語に比べて、シンプル、簡単にするという発想になっている所を多く感じると思います。

 

paid off

paid offというのはカタカナ言葉ではあまり使われる表現ではないと思いますが、努力が実る、効果を出す、みたいな意味で、投資回収できた感を出せる表現です。payするというのは金を払うだけの意味ではないんですね。他にも、何かの悪事について償いをする、みたいな意味でも使われます。悪い事をしたやつに対して、I’m gonna make him payみたいな言い方で、しっかりとあいつに償わせてやる、のような感じになります。

 

すごい話ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

アルツハイマー研究の進歩の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アルツハイマーの記事のようですね。

 

 

 

 

 

to slow

ここではslowが動詞として使われている事がわかりますね。カタカナ言葉のスローはどちらかというと形容詞的な意味で使われることが多いと思います。この記事の後ろには同義語の表現としてdelay the progressionというような形も使われていますね。delayはカタカナ言葉では使われる事はあまりないと思いますが、同義語として覚えておくと便利ですね。交通機関における遅延はdelayが使われるお決まりの場面だと思います。飛行機の機械のトラブル、その他荷物関連のトラブルなどでIt caused a two-hour delayみたいな感じですね。また遅延時間に応じて運賃、チケットの払い戻しなんてのはよくある話ですが、その場合はTickets will be fully refunded for any delay longer than 30 minutesみたいな感じですね。

 

a 26% to 30% benefit

ここではbenefitが名詞として使われていますが、この単語はそのままの形で動詞として使う事もできます。It will benefit someoneという風な具合ですね。形容詞beneficialもよく使われる言葉ですが、発音についてはbenefitがbénəfitと前にアクセントが置かれるのに対し、beneficialはbènəfíʃəlという風に真ん中にアクセントの位置が動きます。またpermitのように同じスペルで動詞にも名詞にもなるというような単語は英語では沢山ありますが、この場合も同じスペルであるものの、動詞か名詞かでアクセントの位置が変わるという事があるので、それも注意ポイントですね。

 

on occasion

occasionはTPOのOですね笑。これは時々、という意味で使われる表現で、副詞occasionallyで表現する事もできますね。occasionという単語単体は出来事や行事を意味する言葉で使われますが、誰かがオシャレな格好をしていたり、フォーマルな装いでどこかに行こうとしている所に遭遇したときに、「あれ、今から何かあるの?」「今日は何かのイベント?」的な感じで、What’s the occasion?みたいな言い方ができます。

 

work to be done

英会話の中でもしばしば聞かれるこのsomething to be doneという表現。面白い形ですね。人ではなく物事を対象にするので、to be doneという風に受け身の形になるというわけです。シンプルにSomething needs to be doneみたいな形で、何らかの処置、対応が必要だ、みたいな形からShe knows what needs to be doneみたいなパターンまでその形は色々ですが、よく見られる形の1つとして覚えておきたいです。

 

being tested

testするという対象を物だけに限らず、人をtestする事だってできます。ちょっと君を試してみたのさ、的な意味でI was just testing youみたいに言う事ができます。

 

よい結果になると良いです。

 

本日は以上です!

 

 

 

犬と猫が仲良く形の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

猫の記事のようですね。

 

 

 

 

under the same roof

そのままですが同じ屋根の下、ですね。一つ屋根の下、という事です。実際には同じ家で、という事ですが、1つの表現としておさえておくものです。似たようなものですが、under the sunという表現で、この世にあるもの、ありとあらゆる、みたいな意味にできます。太陽の下にある物、と言えば全てをカバーしますよね。talk about everything under the sunでどんな事でも話す、という感じや、I’m applying for every job under the sunでどんな仕事でも良いから申し込む、など表現の形は様々ですね。

 

only if

ifの前にこのように限定するonlyを使うのは英会話の中ではとても便利な表現だと思います。似たようなものでは、even if~なんてにもありますね。これは例え~だとしても、という表現で、even if you try, it does not workみたいな感じで、例え君がやったとしても、みたいな感じですね。感じは少し変わりますが、what ifという形も英会話の中ではしばしば使われます。これは会話の中で、じゃあもし~だったらどうかな?みたいな言い方で、これは仮定法現在の形でWhat if you get paid now?みたいにしても勿論OKですし、仮定法過去にして、What if he was ok with it?みたいなのでもOKですね。会話はというのは色々な仮定も考えながら話すという事は多々あります。そういう意味ではとても使いやすい表現だと思います。

 

depend on whether or not

~次第、という表現で、この後ろのwhether or notは~かどうか、という表現ですね。ここは口語ではifに変えて言われる形もあり、This depends on if it’s worth it to youみたいな感じですね。depend onの使い方の感じもこのwhether or not(if)の使い方の感じもどちらもいまいちわかっていない、という段階でいきなりこれが出てくると理解に困りますね笑。このセットは非常に多くみられるものなので1つの塊として理解してと便利です。

 

do not get on

アメリカ英語に慣れている方であれば、get along with~という形で仲良くなるという意味の表現を覚えてる方も多いと思いますが、get on with~でも同じように仲良くなる、というような意味に使う事ができます。イギリス英語とアメリカ英語の違いですね。

 

the other way round

反対を意味する言葉です。これは知らないと最初はなんの事?と思うかもしれませんね。彼が彼女を困らせているんだよね、というと誰かに言うと、違うよ、彼女が彼を困らせているんだよ、みたいに”逆だよ!”みたいな言い方をするときありますね。このケースでは勿論、No, the other way aroundみたいな感じで言えるわけです。ちなみにここではroundとなっていますが、アメリカ英語ではaroundという表現で聞く事も多いと思います。

 

仲良くなれるのはいいですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

人員削減と新しい方向性の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

to slash

人員削減の記事のという事はすぐに分かると思います。ここでは動詞slashが使われていますが、記事の後ろには同じようなニュアンスでshedding, layoffs, cutsなど様々な言葉ができきています。 layoffs, cutsはいずれも名詞の形で使われていますが、それぞれ動詞で使う事も出来ます。They will lay off as many as 100 staffers today、They will cut up to 12,000 peopleみたいな感じです。いずれもとても悲しい言葉ですが、、ニュース記事では頻繁にみられる表現だと思います。

 

dramatically shift

dramaticallyは劇的にというようなニュアンスで使われてる言葉で、最近の世界のニュースでdramaticallyな変化と言えば米朝会談でしょうか。ニュース記事などでもTrump team dramatically changes tone on North Koreaみたいな感じで出ています。

 

much of our talent

talentという言葉は日本でのカタカナ言葉にするとタレント、つまり芸能人になってしまいますが、これは才能を意味する言葉として使われますよね。また使い方次第ですが、キレイな女性に対してtalentと言ったりもできると思います笑。much of~という表現は英会話の中ではしばしば色々な形で出てくる表現です。I’m not much of a team playerみたいな感じで自分はチームプレイが得意な方ではない、のようなmuch ofもありますね。

 

Among those

among A is BやAmong A are Bのような形もあります。この動詞の変化はBの所が単数か複数化によって変化するんですね。通常はbe動詞の前の主語の形に連動する形が一般的なので、そういう意味では少しこことは戸惑う所だと思います。今回は助動詞willに続いているので単数、複数のところがボカされていますが、しっかりと使い方を意識しておきたいところです。

 

recalculates its decision

なかなか痛烈な言葉ですね。要は再考するという事になりますが、ニュアンスは少し異なりますが似たような表現でhave second thoughtという形で考え直す、再考する、みたいな意味にできます。やっぱりちょっと考え直したんだけど、みたいな会話の切り口として使うならば、もう考え直し終わっての報告というわけなので、I had second thoughtという風に過去形で切り込みます。

 

on edge

そのままと言えばそのままですが、ピリピリした、苛立った、緊張状態などを意味する表現です。Everyone is on edgeのようにisが入る形でも使われます。またon edgeの程度を弱めるような表現としてはI’m just a little on edgeみたいにもできます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

人種別の投票時のトラブルの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

Nonwhites

Non~は~でない、という意味で感覚的にすぐに分かる言葉だと思います。Nonnativeはネイティブでない、Nonstudentは生徒でない、という事ですね。またここで複数形になっているのは当然ですが、複数の一般的な人を指すからですね。不特定の他の人、という時にはothersという風にsがつくのと基本的には同じ発想で、可算名詞を使って一般的な事を言う時には複数形を使うのが基本形。I like dogsは犬好き、I like carsは車好き、です。

 

were more likely to

more likely to~という形は~の傾向がある、可能性が高い、というお決まりの表現ですね。1つのパターンとして覚えておくととても便利だと思います。この反対の表現がless likely to~です。そのままといえばそのままですが、1つの塊として覚えておきたいです。どんな状況でもあり得ますが例えば今の時間はアメリカでは早朝なのでアメリカ人のある人について、He is less likely to tweet at this hourみたいな感じにできるという事です。

 

they or

文章の主語についてAさん、Bさんという風に複数の人達を並べるような形では英語ではよく見られます。この時は全体で複数ととらえて動詞は複数に連動する形になります。He and I areであって、He and I amではない、という事ですね。当然と言えば当然ですが、今回のような過去形になっていれば単数、複数関係なく過去形に変化しますが、このように現在形の時には動詞に敏感にならなくてはいけません。I areなんていうのがなんとなく違和感、と感じる人もいると思います。

 

report

reportはそのままでreportですが、動詞でも名詞でもよく使われる言葉です。また警察に通報してやる、みたいな感じの言い方でもI’ll report you to the policeみたいにできます。通報とreportという単語はカタカナ言葉のレポートからは少しリンクしない感じがしますが。。

 

included not being able to

この前後の文脈をみれば意味は明らかですが、このincludedの後にincluded A, B, Cという風に含まれる色々なものが並べられています。My hobbies include A, B, C・・みたいな感じで私の趣味はAやBやCや・・みたいな感じですね。このABCの所がシンプルな1つの名詞なら分かりやすいですが、今回のようにnot beingなんていう形になっていると、英文読解が苦手な人にとっては、notがincludedにくっついているように見える人もいるかもしれません。英文では動名詞においてnotをつけて「~でない事」「~しない事」のような否定の意味での1つの名詞を作る子ができます。Not paying tax is a crime、みたいな感じですね。

 

色々とありますね。。。

 

本日は以上です。