音楽を学習に導入する記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

音楽の記事のようですね。

 

 

 

 

unique

日本でもカタカナ言葉として一般的に使われているこの言葉。スペルは意外と書けない人もいると思います。他とは違う、ユニークな、という意味ではoutside the boxなんて言い方もありますね。We need someone who thinks outside the boxみたいに使えます。またout thereという言葉も、外、世の中、世間では、みたいな意味とは別に、普通とは違う、独特な、というような意味で使われたりもします。

 

study materials

materialという言葉を聞いて最初にイメージするのは何でしょうか。人によっては、学生時代にならった「素材」という意味で、金属、プラスチック、木材、などのイメージが浮かんでくる人もいると思います。素材、という言葉で言えばそのままですが、学習や打ち合わせなどで使う「素材」を英語ではそのままmaterialと言ったりできます。勉強に使うmaterial、という感じですね。授業などで配られる「プリント」というニュアンスではhandoutなんて言い方もあります。これも授業に使う素材ならmaterialなわけです。

 

a hit

ヒットするという言葉が日本でも普通に使われていますが、英語ではこのhitは名詞にも動詞にもなります。人気を博するという意味での使い方は名詞で今回のようにa hitとしたりbig hitとしたりできます。hitではないですが、trendという言葉もある意味近い言葉ですよね。他にはbecome a big thingなんて言い方でも近い表現をすることができ、Bouldering is becoming a big thing in Japanみたいにして人気が出てきている様を表現できます。ただこのbecome a thingというのは必ずしも良い事だけでなく、悪い事を表現する事にも使う事ができ、老人を狙った詐欺がこの国でも多くなってきたよ、みたいな言い方で It’s also becoming a thing in my country as wellのようにいう事ができます。

 

what it would be like if there was

仮定法は英語学習者にとってはややこしいトピックの1つですが、実際の日常英会話では意外とよく使いたい表現だったりします。仮定法過去、仮定法過去完了、など難しい言葉が出てきますが、まずは基本の仮定法過去、つまり、今現在の状況について、もし~だったら、、、というような話ですね。今もし雨が降ってなかったら、~をお願いしてたよ、みたいな感じですね。

 

in America

アメリカを意味する言い方は、the United Statesと言ったり、the Statesとしたり、the U.Sとしたり、色々ありますよね。このようにAmericaという言い方も一般的な言葉の1つですね。

 

日本でも広がりますかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

スピードバンプの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

bump

写真がついているので分かりやすいですね。speed bumpは車道のモコッと膨れ上がているあれですね。ドライバーにとっては少し嫌なあれです。bumpは突起物や凹凸を意味したりする言葉で、道路にはめて使うと形容詞bumpyなんて言い方ででこぼこ道を意味したりできます。

この後に別の意味でsmoothという言葉が出てきていますが、文脈によってはbumpyの逆の言葉としてsmoothという言葉を使う事もできると思います。My life is bumpyというような言い方をするとすれば、逆にMy life was smoothという風に逆の意味として使えますね。

 

smooth traffic flow

このsmoothは先ほどのsmoothとは別で動詞のsmoothです。traffic flow、交通の流れをsmoothにさせる、という感じで使われているで意味は分かりやすいですね。日本語でもカタカナ言葉としてスムーズという言葉があるので日本人にとってはお馴染みの言葉です。

このsmoothは色々なパターンで使う事ができます。先ほどのように人生の状態をsmoothで形容する事も1つですし、今回のように渋滞や物事をスムーズにさせるのも1つ、smooth skinならすべすべの肌という事になります。rough skinよりsmoothな方がよいですね笑。

他にもsmoothを素晴らしいというような感じで使い、That was so smooth!とてもよかったよ!すごいね!みたいな感じで使えます。

 

choking

chokeは首を絞められている感じがまずは最初に頭に浮かぶ人は多いと思います。プロレスのチョークスリーパーの影響です笑。海外ドラマや映画などではHe’s chokingなんて表現で、食べ物などを喉につまらせて息ができなくなっている人の状態を言ったりしているシーンはしばしば見られます。この詰まらせる状態を比喩表現として使い、She got choked upなんて言い方で胸が詰まる、というような意味合いにする事もできます。実際に何かが詰まっているのではなく感情的なものの表現ですね。

 

dubbed

dubbedは映画などの吹き替え版を意味したりもしますが、英語ではしばしば、~と言われている、呼ばれているというような使い方もあります。吹き替え版というその意味から考えれて派生させれば意味としては分かりやすいですね。

洋画をdubbedでみるかsubtitlesで観るかはその人の好みだと思いますが、やっぱり字幕が臨場感があっていいと私は思います~。

 

or those on foot

on footは徒歩を意味する言葉ですね。go to work on footなら徒歩で会社に行く、ですが、実際にはI walk to workの方が短いのでシンプルです。同じ形でI bike to work, I drive to work、動詞で完結できると短く終わらせられます。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

少年時代の告白の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

made me have to

make me have toは使役動詞makeを使ったそのままの表現ですが、have toは~しなければいけない、でそうさせられるというのがmakeですね。Don’t make me have toだと、(自分に)そうさせないでくれ、という事ですね。怒らないでくれ、と言ってくる相手に、こっちも怒りたくて怒ってるんじゃない、のように言い返したい時ありますよね。

 

being judged

judgeはスポーツの審判や裁判での判決だけではなく、日常生活の中でも使われる言葉で、ある事をもって人が誰かを評価したりする言い方で使われたりもします。評価というのは高く評価という事ではなく、それをもってその人がどう人なのかを決める、判断する、といいうニュアンスでの評価をするという事ですね。何かバカな事、おかしな人と思われてしまうような事をやってしまう人に対して、People will judge you by thatみたいな感じで、注意した方がいいよ的なニュアンスで使ったりもできます。

その人となりを評価、判断するという事はある意味大きな判断を下しているわけで、そういう風に君をどうだどか判断しているわけじゃないよ、という風にけん制の意味でI’m not judging youみたいな言い方もあります。大人の会話では色々な要素が絡み合った複雑な状況が多々ありますし、誤解を生まないような会話の運び方はとても大切ですよね。とくに第二言語として英語を話す場合、自分の話す英語が相手に誤解を生んで不快に思わせてしまうことだってあるかもしれないですよね。

 

The father-of-eight

8人の子供ではなく、8歳の子供、のfatherという定型の言い方ですね。mother of twoだと2歳児のママです。

 

no one’s business

It’s not your business!みたいな表現、英会話を習っている方であればどこかで聞く事はあると思います。この場合のbusinessは仕事のbusinessではなく、お前に関係ないだろ、的な意味で何かの物ごとを指す言葉です。Mind your own businessと言っても似たような言い方で、my businessに干渉してて来る暇があったら自分の事やっとけよ=大きなお世話だ、という感じになります。ここではno one’s businessなので誰にも関係のない話、という事がイメージできると思います。

 

declared bankruptcy

bankruptcyは倒産、という訳で覚えている方は多いと思いますが、自己破産もbankruptcyですし、国家、自治体レベルでもbankruptcyはありえます。The city filed for bankruptcyとなれば市の財政破綻という事になります。

 

biological father

そのままですが血のつながった父親、という事ですね。アメリカ等では父親を知らない、養子、等の話は日本よりもよく聞く事があると思いますし、そういう意味ではこの表現も日本よりは頻繁に使われる言葉だと思います。

 

驚きの話ですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

オバマケアの行方の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

uninsured

insuredされている状態ではないのがuninsuredですね。保険については私たちの生活にとても密接に関わっているものなので、この後にも出ていますがinsurerという言葉もおさえておきたいです。保険周辺の言葉では、動詞coverはとても一般的で、そのままですが自分の保険が~事故をカバーするかどうか、等の使い方がそのままの動詞として使う事ができます。

接頭語unは言葉を否定する意味のもので、この記事の中だけでもunveiled,unexpectedlyなどが出ていますね。unveilは聞き覚えのない単語を思う方もいらっしゃると思いますが、veilだとどうでしょう?ベールを脱ぐというあの言葉のベールですね。これが動詞となると、veil単体だと脱ぐほうではなく、覆う方になりますので、接頭語unをつけてベールを脱ぐ、明らかになる、という意味になります。

 

without an option

optionは選択肢を意味する言葉ですね。近い言葉では、alternativeで選択肢、代替案、みたいな言葉もありますし、plan Bはまさしくそのままですが、その他の、第二の選択肢、代替案という表現ですね。どれも近い言葉ですね。alternativeは自分が選んだもの以外のもう一方の選択肢、という意味合いはすぐにイメージできそうですね。目の前に並べられた沢山の中から選べるもの一覧はoptionsで自分が選んだもの、それがchoiceです。しかし、家に帰ってこれは自分には必要ないなと感じる。そんな時にはalternativeがあったので戻って別のものを選びにいく、という事になりますね。

 

would about double

doubleは2倍を意味する言葉でtripleは3倍です。double checkは2回チェックする事ですが、さらに用心してtriple checkだと3回チェックです。いずれも動詞にして、I double checked it, I triple checked itなんてのもありですね。こういう言葉が動詞になるのも変な感じがするかもしれないですが、英語ではそういう言葉は沢山ありますね。I emailed youという風にemailという言葉自体がemailをするという動詞になりえますし、I microwave itだと電子レンジでチンすることをmicrowaveという言葉そのままで動詞にできます。電子レンジ、という言葉はmicrowaveでしたね。

 

then-

そのままといえばそのままですが、その時の、当時の~、という言い方がこの形で表現できます。英語の会話の中ではこのthen、よく聞きますね。この使い方と同じように当時、その時、という言い方もあれば、Ok thenとかI’ll talk to him thenみたいにして、それじゃあ・・のように前の人の言葉を受けた反応、というニュアンスでの使い方も広く一般的に使われています。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

ナイフのオンライン購入規制の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

オンラインショッピングの記事のようですね。

 

 

 

 

shoppers

shoppingする人がshopperでとてもシンプルな言葉だと思います。そのshopperも色々なshopperがありImpulsive Shopperだと衝動買いをしてしまう人ですし、今回のようにonlineで買い物をする人はonline shopper、1人で買い物をしている人はlone shopper、買い物の習性でその人のタイプを分けるような言葉だと先ほどのImpulsive Shopperやsmart shopperなど色々な言葉がありますね。

 

in person

オンラインや電話ではなく対面で、という言い方でこのin personという表現は使われます。I wanna talk to you in personだと会って話したい、という事になります。電話でなく、会って、対面で、というような話の流れになる事はしばしばありますよね。in~というシンプルな形では他にはin privateという表現もあります。Can I talk to you in private?だと、ちょっと(2人で)話せる?みたいな感じになります。海外のドラマや映画ではそのようなシチュエーションでExcuse usなんて言い方で、みんなちょっと席外してくれるかな、とか2人で話させてもらっていい?なんて言い方もよくみられますね。

 

teens’ hands

~の手に渡る、なんて言い方は日本でも普通に使われますよね。実際にその人の手のひらにあるというよりはその人のものになるという言い方で使われることが多いと思いますが、手に負えない、なんて言い方でout of handという言葉も英語にはあります。She enjoys drinking a lot, but never let it get out of handみたいな感じだと手に負えない感じにはならない、という事になりますね。

hands onという言葉は現場主義、自分でやってみるひと、みたいな言い方として使えるものです。I’m a hands on guyみたいにシンプルに使えます。

誰か手貸してくれる?なんて言い方での手の使い方も日本語でお馴染みですが、これもCould somebody give me a hand with~?みたいな言い方で誰かこれ手伝ってくれない?みたいな言い方にできます。

 

make it harder for

make it hardはキツくするですが、harderだとよりキツくするという比較級になります。パターンとしてはDon’t make it harder than it is,it has to be,it needs to beなんて言い方で既に大変な事、状況なのに、事をさらにややこしくしないで、とか、おいうちかけないで、みたいな感じにしたりできます。そういう面倒くさい状況、ありますよね笑。

 

効果はどうなのですかね。

 

本日は以上です。