miyadesk のすべての投稿

外交準備の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

so unprepared

preparedは準備ができている状態ですから、接頭語unをつける事で出来ていない状態を表現する事ができますね。さらにここではsoをつけてその程度を強めています。soでその後ろの表現に強度を付ける感じは感覚的に多くの方が認識できると思いますが、例えばIt’s so youのようにして君らしいね、みたいな感じのsoになると、so beautifulのような感じのsoとは少し雰囲気が違い分かりずらくなるかもしれません。実際の会話の中ではこういう感じの色々なsoが使われます。

 

foreign

英語を勉強している人にとっては英語はforeign languageであり、foreignという単語は多くの方が知っていると思います。ただforeignを使う時にforeign+名詞の形で、foreign language, foreign cultureのような使い方のみで理解していると例えばThis word sounds foreignのような形になった時に、一瞬戸惑ってしまうかもしれません。すごくシンプルな英単語で完全に理解していると思っている単語でも、英語の世界では色々な形でその単語が使われているので、色々な使われる形を見て覚えていく事も大切です。幅を持たせたいですね。

 

Ukrainian

日本ではウクライナと呼ぶので、そのままウクライニアンという風に読み方を想像した人、いると思います。ここはjuːkréiniənとなり、raのところがréiという発音になっていますね。ちなみに頭の所もウではなくjuになっています。国名は英語読みでは日本のカタカナ読みとはかなり違う場合が多いですね。パリはスペル(Paris)の通り英語ではsが最後に発音されますし、ドイツのミュンヘン(Munich)はmjúːnikと読み、音だけ聞くとミュンヘンとすぐにイメージできない方も多いと思います。

 

the circle of people

そのままと言えばそのままですが人の輪ですね。同じcircle ofを使ってcircle of friendsとすれば交友関係を指す事ができます。ただこのcircle of~と聞くと多くの日本人の方はライオンキングのcircle of lifeを想像するのではないでしょうか笑。

 

a bunch of us

a bunch of~は沢山の、という意味で口語でもよく使われる表現です。なんだか響きが強いですよね、bunchという単語は。a bunch of losers!なんて表現で相手チームや誰かをののしったりする言葉もしばしば聞かれます笑。

 

babysit

ベビーシッターのbabysitですが、これはこれ単体で動詞になります。名詞のシッターの方だけ日本では一般的に使われますが、絵動詞のbabysitも使えるように覚えておきましょう。またbabyも動詞にする事ができ、She babied her carなんて言い方でとても丁寧に使っていた、メンテしていた、みたいな感じで言う事が出来ます。

 

異例の大統領ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ニューヨークの高波を防ぐ壁の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

towering

日本ではタワーという言葉がそのままカタカナ言葉でつかわれていますが、toweringにすることで高い様を表現する事ができます。高い建物は世界中に沢山ありますが、こういうものを表現する言葉としてはシンプルにtall buildingというような言葉が頭に浮かぶ方は多いと思いますが、英語には色々な言葉があります。skyscraperはその1つですね。skyをscrapeするもの、というとなんだか面白い感じを想像しますね笑。他にはhigh-riseなんて言葉で高層ビルを表現したりもできます。いずれもとてもシンプルな言葉ですが、その意味を知らないと、単語だけ見るとすぐに建物と頭の中で結びつかない人は多いと思います。

 

seawall

そのままと言えばそのままですね。seaとwallですから分かりやすいです。sea~という言葉は海に関係するものとして沢山ありますね。seasickは船酔いの様を表現できます。seaでsickとは分かりやすいです。seashoreは海辺を表現するものです。これもseaとshoreで分かりやすい言葉ですね。seashellは貝殻です。ガソリンスタンドのSHELLの貝殻のイメージにseaがつけば意味はすぐに推測できますね。ちなみみにseashell, seashoreとくれば、英語の早口言葉、She sells seashells by the seashore~、ご存知ですか?この後にも続くのですが、shとsiの音をしっかりと区別して発音する練習という意味でもとても良い練習になるので興味のある方は調べてみてください。

 

centuries ago

ここのcenturiesの時間はdecadesやyearsなどにしてもよいですね。また英語ではoldを使って~年物、~前の、というような言い方もよくしますね。decades oldだと数十年前の、という意味ですが、実際には数十年前のものでなくても4,5日前に食べ残したピザが冷蔵庫に残っていたら結構古いねって話ですから、それを大げさにdecades oldなんて言ったりもできるわけです。

 

coexist

coはco worker, co pilotのように、共に、というニュアンスをつける言葉になります。existは存在する、ですから、coをつける事で共存する、というニュアンスになるわけですね。

 

swept away

sweepはお掃除はきはきをsweepといいますが、掃除でsweepするだけではなく、掃除で掃き散らしてしまうように、何かを一掃してしまう様を表現する事ができます。海辺で波にガッとさらわれてしまう様はまさしくsweepされる様です。サッカーではスイーパーというポジションがありますが、これはディフェンスの最後尾で特定の人をマークせずにカバーやこぼれた球をさばくようなポジションですが、これもこぼれ落ちたゴミをササッと掃く感じをイメージすれば分かりやすいですね。現代サッカーではあまり聞かなくなりましたが。

 

波は怖いです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

航空会社ランキングの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

航空会社の記事のようですね。

 

 

2019

年の読み方はtwo thousand nineteenという読み方だけでなくtwenty nineteenという風に20と19をわけで読むような言い方もありますね。東京オリンピック2020をtwenty twentyなんていう風に言ったりしていますし、なんとなくこの2つに分ける言い方は知っているという方も多いと思います。

数字に関係する読み方で意外とうまく読めないという方いらっしゃると思います。2/3はtwo thirdsです。日本では分母から読みますが、英語読みでは分子から読んでいますね。1.5の「.」はpointと読みます。ですのでone point fiveという具合です。ちなみに0.5であればシンプルにpoint fiveという風にzeroを言わないで言ったりもします。

 

to the other

the otherというのは特定されたもののもう一方の方を指す言葉です。英会話の中ではこのthe other(s)はとても多く出てきますが、意外とそのニュアンスをうまくつかめていない人がいると思います。2つの選択肢があれば、一方に対してそのもう一方は、どこにあるか分からない1つではなく、特定された一方なのでthe otherとなります。これが複数であればthe othersとなります。「これのこと?」「違うよ、もう一個の方!」みたいな感じの会話って結構ありますよね。そんな時に、No, the other oneという風に言う感じです。

 

a plus

a plusはそのままですね。日本ではプラスという言葉がカタカナ言葉として一般的に使われていますね。ちなみにこのa plusの使い方として、おまけ的なニュアンスで使われる事もあります。何かの商品を買ってそれを使っていたら、当初の目的と違う事にもその商品が使える事が判明し、ラッキーみたいな時に別の目的にも使えるという事はThat was a plusとしておまけ的な事だったという具合です。

 

it’s worth

it’s worth~というのは英会話ではとても多く聞く表現だと思います。この~には名詞が入りますのでworth $500なら$500の価値はある、worth buyingなら買う価値はある、という感じですね。

 

is rated

日本ではレートなんてカタカナ言葉が一般的に使われているので、この表現についても何ら違和感なく読めると思います。似たような表現としては rankedなんてのもありますね。これも同じくランクというカタカナ言葉があるので問題ないですね。

 

route

日本でのカタカナ言葉ではルート、ですが、アメリカ英語ではráutと読みます。ムムっという感じですよね。音だけ聞くと、最初はrouteの事を言っているとは分からないかもしれません。英単語を覚える時は必ずスペルと音と、セットでおさえることが重要です。

 

the remaining

残りの~という表現ですね。とてもシンプルですが似たようなものとしては先ほどでたthe other~なんて形でも良いですし、  the rest of ~なんてのも定番の形です。

 

日本の航空会社の評価は高いですね。

 

本日は以上です!

 

 

大都会近くの島生活の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

private island

なんとも素敵な響きですね笑。このprivate~はprivate jetやprivate beachなど日本でも一般的に使われる表現になっているので違和感はないと思います。名詞は勿論privacyですね。これも日本ではカタカナ言葉として浸透していると思います。I respected your privacyみないな感じで普通の会話の中でも沢山使えると思います。人気ドラマMad menでBettyがDonの過去を知って秘密の引き出しを開ける事を迫る時には、I respected your privacy too long. Open it.みたいにtoo longをつけています。

 

the deal

dealもまた日本ではカタカナ言葉として浸透している言葉だと思います。これはビジネス英会話でもお決まりの言葉だと思います。契約成立、約束成立、なんて意味で、dealと一言で済ませたりできますし、A deal is a dealなんて言い方で、約束は約束、みたいな言い方もあります。まあ色々と言い分はあるかもしれないけど、決めた事だから。みたいな感じで相手に言う事はありますよね。Here’s the dealなんて言い方で、物事の詳細を相手に説明する時の最初の決まり文句としてもよく聞かれますね。

 

self-sustaining

self~は自分自分でやる、できる何かを意味する言葉ですね。自習はセルフスタディなんて言い方でカタカナ言葉でも一般的に使われていますが、self taughtなんて言い方があります。teachとい単語を使っているのは面白いと思います。

 

can handle

handleは何かを処理できる、対処できる、という意味で使われる英単語で、日常英会話でもビジネス英会話でもとても多く聞かれる言葉の1つだと思います。カタカナ言葉のハンドルは車のハンドルという意味が日本ではまず最初にイメージされると思いますが、実際の英会話の中では、この何かを処理できるという意味でのhandleの方がよく使うと思います。車屋さんは別ですけどね笑。似たような表現としてはmanageなんかもありますね。カタカナ言葉ではマネージメントという風に名詞の方がよく使われると思いますが、動詞のmanageもまた実際の英会話ではよく使われます。

他には複数の物事を上手く処理するというような意味合いでjuggleなんて言葉もあります。ジャグリングの動詞がjuggleですね。under controlというような表現だと、上手く状況を処理できている状態を表現する言葉できます。

 

move on

前に進む様を表現するこのmove on。失恋の後に次へ向けて気持ちを切り替えたり、色々な事があった中で、次の一歩を踏み出そう、みたいな大きな区切りと言うか、動きを表現したい時に使える言葉ですね。似たようなもので、turn the pageなんて表現もあります。It’s time to turn the pageのようにして、潮時、今が変わる時じゃない、辞める時じゃない、節目じゃない、的な感じで使えます。

 

 

素敵な島ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

マレーシアからのゴミ返却の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

マレーシアの記事のようですね。

 

 

 

 

Plastic waste

wasteは動詞で無駄にする、という意味で覚えている方はとても多いと思います。waste money, waste my time,,,など無駄にするという事は誰だって嫌いな事で、日常英会話の中でもしばしば出てくる表現だと思います。忙しい社会人にとっては無駄は出来るだけ省きたいですからね。このwasteがそのままの形で名詞にもなります。Such a waste!は「なんて無駄な事!」というお決まりの表現ですね。

ちなみに日本で言うペットボトルは英語ではplastic bottleとなります。スーパーの買い物袋、ビニール袋はplastic bagです。日本ではこれらのものにplasticとは別のカタカナ言葉があてられている為、逆に英語でなんて言うのかと考えると、答えがすぐに出てこない方は多いと思います。

また、ビニール袋はあんな薄い素材の物に対して「bag?」と感じる方もいると思います。日本でbagと言えばカバンで、カバンはないか物を入れるもう少ししっかりとした素材で作られているものという認識ですよね。

 

and others

othersはその他の、という意味ですが、英会話初心者の方は、the othersやanother等と見比べて意味を混同してしまう方もいらっしゃると思います。まず冠詞theが付くthe other(s)については、ある特定されるものという条件でのその他となります。日本、アメリカ、中国、という3カ国を対象に話をしていて、日本以外のその他の国、という流れで話すなら、the othersは、その他とは言えどもアメリカと中国という風に特定されている国という事になります。この冠詞のthe other(s)はしっかりと覚えておきたいですね。単数は勿論1つという事なので、日本とアメリカの2カ国について話し、日本以外の方=the other=アメリカ、となるわけです。

 

shipped it

日本でShipというとまず最初に頭に浮かぶのは「船」という名詞の方が多いと思います。ただshipには動詞で送るという意味もあります。ビジネス英会話を習っている方であれば、使っている方も多いと思います。また、shipだけに船で運ぶものという風に限定されるわけではなく、陸送であっても送る事に変わりはなく、shipの動詞が使えます。

 

growing problem 

growするものは色々なものがあります。人や植物が成長するのもgrowですし、髭が生えるのもgrow、成長市場(growing market)なんてのもビジネス英語を習っている方であればしばしば聞く言葉かもしれません。growing problemと似た表現では、growing concernなんて言い方もあります。また何かに愛着が出てきた、みたいな言い方でA is grow on meなんて言い方ができます。少女漫画なんて全く興味がなかったのに、ある漫画を読みだしてから、なんだかどんどんはまってしまって、、growing on me!な状態に、みたいな感じですね。

 

日本も入っていますね。

 

本日は以上です!