miyadesk のすべての投稿

最先端の人工知能を使った戦闘機の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

オーストラリアの記事のようですね。

 

 

 

 

act as

actはactorのactで基礎英単語の1つだと思います。単語自体は知っているけど、会話の中でactを使う事はない、という感覚を持っている方は意外と多いと思います。演じる、という訳で理解すると、日常生活で”演じる”事は普通の人は少ないわけで、actを使う、事もない、という事になるのはもっともです。ただ、英語のactは俳優さん達のみに与えられた言葉ではなく、私たちの日常生活の中でも沢山使われます。振舞い、というニュアンスで一般的に使われ、He’s acting weirdなんて言うと、今日の彼、なんだか変だね。みたいに言えます。演技しているわけではなく、なんかいつもと違う感じの立ち居振る舞いならそれを表現するのにactでokですね。またぶりっ子しちゃってたり、多少なんちゃって、しちゃう感じもactを使えるケースはあります。acting outなんていう風にoutと一緒に使われるケースは多いです。

actはこの記事の後にinteractという言葉の中にも見られますね。接頭語interが意味するのは~の間のニュアンスなので、2者間で交わされる作用の感じが理解できると思います。

 

manned

manにedがつくのは何だか変な感じがするかもしれませんが、man自体は男性を意味する言葉だけでなく、mankind、人類のように、広い意味を持ちます。manpowerも男性の人材、という意味ではなく、女性も含めた広い意味での人材を意味する言葉です。

 

showed off

show offはお披露目する、という意味で使われる言葉ですが、自慢する、誇示する、というようなニュアンスにも使われます。ジャスティンビーバーのBeauty And A Beatの歌詞の始まりは、Show you off  Tonight I wanna show you off♪というので始まりますよね。これは彼女を自慢してやりたい!という感じのセリフで、show offの間にyouが入っていますね。

 

allows us to

allow A to do somethingの形はとても便利な表現だと思います。allowは許す、という風に日本語の訳を頭の中に入れていると、使われる範囲が限定されてしまいますが、~のおかげで~できる、というような広いニュアンスで解釈すると、例えばIt allowed her to learn more about herselfみたいに、彼女自身が自分をよく知るきっかけになった、的な感じの表現でも何も理解に苦しまないですね。許す、許可する、というような言葉をここに入れ込もうとすると、すこしぎこちない感じの訳になりますね。

 

high-tech

techという言葉は日常生活の中に沢山出てきますね。Fintech、Edtechなどの言葉はトレンドと言える言葉だと思います。techは勿論technologyのtechですが、techieなんて言葉で、技術に詳しい様子などを表現する事もできます。

 

すごい事ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

新しいスニーカーの提案の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

スニーカーの記事のようですね。

 

 

 

 

ones

oneは1つ、という意味だけでなく代名詞で複数の意味にもできるんですね。学生時代にならったような習っていないような、、、というような具合の内容だと思いますが、意外と英会話の中では代名詞のoneは頻繁に使われるので意識しておきたいですね。会話の中で共通の理解があるものにthe one(s)と冠詞がつくのも注意して拾いたい所です。

 

athletic

スポーツマン的な言葉は英語では色々とありますが、最初に頭に浮かぶのはこのathleticという人は多いと思います。他には日本語でもしばしば使われるsportyという言葉もありますよね。日本ではあまり聞かれない表現としては、jockなんて言葉もあります。これはアメフト等いわゆる学校の華的なスポーツチームに所属してがっつりやっている人や、現役でなくてもそのメンタリティで日常的にがっつり運動している人などを指すような言葉です。

 

few are 

英会話の中でfewというと、few daysやfew minutesのように名詞の前に置く形でのみこれまで使ってきた、その使い方しかないと思っていた、という人、意外といらっしゃると思います。fewはそれ単体で名詞になる事ができます。同じようにsomeなどもそうで、 Some are~のようにできます。英語の勉強をするときに意識しておくべきことは、このように既に知っている、と思っている単語も、品詞が変わったり、自分が理解している意味とは少し違うような形でスラングで使われていたり、異なる登場の仕方をすることがあるという事です。1つの単語の使える幅を広げる事は実際の英会話にはとても大切です。

 

the reality is 

主語でこのような感じで使われる英文は英語の中では多くみられます。状況的な意味だと、The situation is~とそのままの言葉を入れてもいいと思いますし、少し変わった表現だとThe thing is~なんて言い方で、実は、要は、状況としては、のような感じで発言を始める事ができます。thingという言葉は英会話の中では本当に多く聞く超便利な事ですね。Things are difference hereなんていう言い方で、この国は(自分の国とは)色々と異なる、みたいにかなりざっくりとした感じでの表現に使えたり、The first(last) thing I~なんて感じで最初に(最後に)~する事、~な事、のような感じにしたり、何かのアクティビティや活動などに対してnot my thingなんて言い方で、自分が好きなものじゃない、自分はあまりそういうのは、、、なんていう風にしたりもできます。

 

a big hit

お決まりのフレーズとして覚えておくと便利ですね。a hitはヒット作を意味しますが、大ヒットならbig hitになるんですね。冠詞のaも忘れずに。bigは大きい、という意味の形容詞で日本では一般的に知られていますが、物が大きい、小さい、というニュアンスだけではなく色々な”big”があります。a big fanは大ファンです。背の高いファン、という意味ではないですね笑。またbig personalityなんて言い方で性格についても言えたりします。さすがに性格となれば、物の大きい小さいのbigとは違うな、、と想像がつきますよね。

 

素敵なシューズですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

若年者への喫煙規制の動きの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

the rise of

riseはrising sunのriseですね。上がる事を意味する言葉で自動詞riseに対して他動詞はraiseです。raise your handは目的語を後ろに置いているので他動詞という事が分かりますね。pay raiseは給与アップです。I have not had a raise in five yearsなら5年間給与が変わっていない、という事ですね。求人は増えても給与はなかなか上がらないという業界も多いのではないでしょうか。

 

the shelves

shelfの複数形がshelfですね。実際の日常英会話の中ではそんなに使う事はないかなという感覚はあると思いますが、実生活の中ではお店に買い物に行きますし、その時のアクションをdescribeするような事はしばしば会話の中でもあると思います。grab/take/pluck/pull something from the shelfのように取る動詞は色々なパターンがありえます。また棚から何かを取ったり戻したり、という動作だけでなく、棚の場所、という意味でもそのままshelfを使う事もでき、I went back to the shelf to check the priceのような文章も成り立ちます。誰かと一緒に買い物していたらshelfは会話の中で出てくることもあるでしょうね。ちなみにtop-shelfという言葉は高級な、一流の、という意味ですね。棚の一番上に置かれている超高いお酒!なんていう風に想像すると分かりやすいですね笑。

 

21 and older

年齢制限などに触れるときはこのように年齢 and olderや下を指す時はunderを使って18 and underのようにします。people aged 18 and under who are~、のような感じで若い人たちについて書かれている表現は多く見られます。

 

are being

受身の進行形を表すときはこのようにbe動詞を連続させないといけないんですね。進行形はbe+動詞ingで受身はbe+過去分詞、ですから、その2つを組み合わせるとbe+being+過去分詞、という事になるんですね。have been doingのように進行形のbeが過去分詞になったりと英会話の中ではその他の文法用法との組み合わせによって色々な形があり得ますね。実際の会話の中では慣れないとちょっと考えてしまう事もあると思います。仮定法なんかはルールは覚えていても実際に仮定法過去完了とか仮定法過去、とか難しい言葉で覚えると、会話の中ではIf you had had something, I would..あれこの後は普通に動詞でいいんだっけ。。みたいな感じで一瞬考えてしまう人は多いと思います。

 

without fully understanding

withoutは~なしで、という意味ですが実際の英会話の中ではとても多く使われます。without himのように彼なしで、みたいなパターンはすごく分かりやすいですが、実際の会話の中で使えるwithoutはもっと便利で、do something without George finding outのようにしてGeorgeに知られないように~する、みたいなパターンなど、withoutの使える幅はとても広いです。

 

他の街にも広がっていきそうですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

メディアの在り方についての識者の声の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

voices

そのままですが人の意見や考えを意味する名詞としてよく使われる事ですね。音声を意味する声そのものを指す言葉でも勿論日常英会話で使われます。lower your voiceは声を小さくする、という意味で場面によってはこういう事を言う事もあると思います(特にお喋りな人達は笑)。今立ち上がる時だ!みたいなニュアンスでWe should raise our voiceなんていう風にも使われます。実際の抗議は無口ではなく言葉を伴いますからね。

 

choices

人生は選択の連続ですが、名詞choiceと動詞choose、どちらも日常英会話で頻出単語と言ってよいのではないでしょうか。人生の選択、自分で選んだ道、手段、的なニュアンスの使い方としては、動詞chooseだと、I “chose” not to~、みたいな感じで、ダメだったからやってないんじゃなくて、(あえて)やらないという判断をしたの、のように使ったりします。受身じゃなくて、能動的な自分の対応、判断を伝えたい時にはバチっときまりますね。was my choiceと言うのも同じように自分の選択を意味しますね。

 

lively

livelyという言葉で最初に頭に浮かぶのはBlake Livelyという方、いらっしゃると思います。私もその1人です(笑)。女性として自然でかっこよくて綺麗でとても素敵ですよね。ただし今回は名前ではなく形容詞のlivelyですね。lyがつくと接尾語lyに引っ張られて副詞と考えてしまいがちですが、これは形容詞ですね。似たようにlyがついているものの形容詞として使われる言葉にはfriendly、lovelyなどもあります。

 

their work

workは働く社会人にとっては最も身近なものの1つだと思います。可算名詞jobに対して不可算名詞workとして使われるもので、go to workであってgo to a workではないですね。I have work tomorrowであってI have a work tomorrowではありません。それに対してI got a job!であって、I got jobではない、という事になります。

 

millions of words

wordsは言葉そのものを意味しますが、先ほどのvoiceと同じく大きなメッセージや意味合いを持たせる表現としてもよく使われる言葉だと思います。Words don’t teach. Only experience teaches.のような感じですね。wordがニュース記事などでしばしば見られるのはF wordのような使い方ですかね。日本語ではカタカナ言葉として頻繁にワードを使うのはキーワード位だと思いますが、英語では色々な所で出てきます。

 

thinkers

thinkするからthinkerとはなんとも分かりやすい言葉ですよね。英語は、え、それにerつけちゃっていいの?みたいな言葉は沢山ありますし、自分で作っちゃってもいいわけです。erをつける言葉で~な人というのは共通認識なので新しい言葉を作っても理解してもらえるはずです。簡単な単語だけど日本語のカタカナ言葉では使われないものとしてはgiveに対してgiver、bookに対してbookerなど色々とありますね。

 

新しい年になりますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

長時間フライト対策の解の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

フライトに関する記事のようですね。

 

 

 

 

Need some

英会話の中でこのneed some~という形はとてもよく聞かれると思います。忙しい社会人にとってneed some restという状況はあると思いますし、お腹が減ればneed some foodという事もあるかもしれません。またシンプルで短い質問の方としてこの形単体でNeed some help?みたいにする事もできます。

 

acts as

actするのは何も人に限った事ではありません。物がどのようにactするかを表現する事もできるんですね。actはアクターやアクトレスのイメージからなんとなく舞台などで演じるようなイメージの動詞として理解している方もいるかもしれませんが、必ずしもそのような演技である必要はなくHe acts like a kidで子供っぽい人を言う事も出来ますし、またShe’s acting outなんて言い方で、状況にもよりますが女の子ぶってるみたいな感じで言ったりもできます笑。

 

decent amount

decentという言葉を学生時代に習ったのに実際の英会話の中でどのように使えばよいかよく分からない、と思っている方いらっしゃると思います。こういう感覚を持つ単語って意外と多いと思います。他の簡単な言葉で置き換えられるような単語だとあえてこっちの単語を使うケースってどんなケースなの?って思ったりますよね。ただ英語学習に必要な姿勢というのはその差を確認する事であったりします。その確認は単なる使い方の確認に留まらず、イングリッシュスピーカーの考え方や会話の中の暗黙のルールなど色々な所が見えてきたりするものです。

 

a must

助動詞mustがここでは冠詞を伴って名詞になっていますね。must単体でなくa must doという風な形でmust-doを1つの名詞として使う事もできますし、同じ発想でcan-do attitudeのようにcan-doという1語を作る事も可能です。

 

fellow passengers 

fellowの使われる幅は広いですね。座席の隣り合わせの人という意味では seatmateなんて言葉もあります。room mateやclass mateのようにseatでもmateを使える事ができるんですね。ちなみにmateとあると知り合いや友達であるべきと思ってしまいそうですが、その必要はなく飛行機でたまたま隣り合わせになった他人をseatmateと呼ぶことができます。日本ではこのmateはルームメイト、クラスメイト辺りの使い方が一般的ですが、オーストラリアの人達は友達に対してmateという言葉を使い、挨拶でもG’day, mateのようによく聞かれます。

 

What makes

What節は英会話の中ではとても重要で、頻繁に使われる常用表現ですね。What you did was~、That’s what she saidのように会話の中でも頻繁に出てきますし、実際に使えるようになるととても便利な表現です。what make A BはAをBとさせるもの、AがBである理由、みたいな感じで使われる常用表現です。One DirectionのWhat Makes You Beautifulもこの形ですね。

 

長時間フライトはキツいですからね笑。

 

本日は以上です!