シェフの力を活かす記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

mom-and-pop

momはお母さんを意味する言葉としてすぐにイメージは出来ると思いますが、popをお父さんすぐに認識できない方はいると思います。日本語ではパパと言ってもpopとはそれがすぐにつながらないですよね。パピーでも同じくです。このmom-and-popは個人経営の、家族経営の、という小規模事業者の事を指す表現で、夫婦でやっている飲食店や、カフェ等はこのカテゴリに入るわけです。コーヒー文化のイタリアには沢山のmom-and-pop cafeがありますね。

ちなみにpopは炭酸印象を指す言葉としても使われます。sodaも基本的に同義語ですね。アメリカでが一部の人達はcolaを炭酸飲料という一般名詞として使う場合もあります。

 

there has definitely been

現在完了はhave(has)+過去分詞が基本形でしたね。英語の文法のルールを色々と覚えていても、実際の文章の中に組み込んでいく時には色々と悩む事があると思います。初心者レベルの方でれば、1つの形をそのまま使う事しかできない場合が多いので、There is/areの形を現在完了の形にする時にhas/have beenという形に違和感を感じる方はいらっしゃるはずです。特にbe動詞という言葉自体がピンとこない方にとっては、be動詞の過去分詞。。?というその辺りの感覚が曖昧な為、形を変えにくくなります。こういう方にとっては、be動詞の原形、というものもやはりピンときにくいもので、It is thereをIt will be thereにするのも何だか変な感じがするものです。

 

hitting

hitするものは色々な物がありますね。野球のヒットと同じように何かを打つ、あてる、というのが基本の使い方で、車にあてられた(ハネられた)はI was hitですね。ただ実際の英会話では何かをたたいたり、打つ、という言葉以外に色々なhitが見られ、We hit it offだと意気投合した、という意味になりますし、Are you hitting on me?だと口説こうとしてるの?みたいな意味になります。hit onで口説く、という意味になるのは、知らないとイメージがしずらいかもしれないですね。

 

hearts

heartを意味する言葉は色々なものがありますね。heart warmingは心の温まる、という意味ですし、heart-brokenは傷心を意味します。今回のようにcloseをかけ合わせたような表現としては、closed mindなんてのもありますね。mindがcloseしている状態という事ですから、これはイメージしやすいですね。他にcloseしたじものとしてはa closed bookなんてのもあります。理解しがたい人、読めない人、なんて意味で使われたりします。

 

bounce back

backするのは色々なパターンのbackがありますが、bounce backだと立ち直る様ですが、その前の自粛要請で事業を時制しなければいけない事もhold backというようにbackを使う事ができます。

 

素晴らしいですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

イギリスで最も窮地に立たされている人々の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

rips

ここではrips throughという熟語で、~を襲う、猛威を振るうという意味で使われている事がイメージできると思います。ripという英単語はそれ単体では~を裂く、引き裂く、という意味で覚えている方は多いと思いますが、言葉としてはちょっと強いイメージですよね。ですので熟語としても同じように強い意味で使われるものが色々とあります。rip offはぼったくりをする、法外な料金を請求する、なんて意味になり、rip-offという複合語にして、ぼったくり、という名詞としても使えます。

日本人英語学習者にとってはripとlipは同じような音で言ってしまいがちですが、異なる意味を持つそれぞれの言葉なので、混同しないようにrとlの音を使い分けたいですね。

 

the impact

カタカナ言葉でもimpactはよく使われるのでこれは多くの方がすぐに意味を理解できるものだと思います。ポイントはその後の onと一緒に使われている所ですかね。impactを受ける対象をonの後ろに置くと理解しておけば、impact on~という熟語として使えますね。impression on~も同じように~の所の人が印象を受ける側ですね。

 

the world’s wealthiest

そのままと言えばそのままですが、ここではwealthiest peopleのように後ろに何かをつけないで、wealthiestだけで主語を形成しています。この後ろに出てくるthe poorest も同じですね。形容詞は前にtheをつける形で、それを形容する対象の人達を意味する名詞にする事ができます。ここでは最上級が使われていますが、原形でも勿論OKで、the poorとすればpoorな人達全体を指す言葉になります。記事内にthe vulnerableとありますが、これも同じく最上級ではなく原形で、vulnerableな人達全体を指す名詞となります。

 

on the breadline

breadはパンですね。英語ではこのbreadを使って生計や生活を意味する色々な表現があります。このlive on the breadlineだととても貧しい生活をしている様を表現します。earn my daily breadだと生計を立てる、という意味になります。breadがお米のように生活の中心、というニュアンスから来ている表現というのなんとなくイメージがつきますね。他にはmy bread and butterなんて言いかたで自分の仕事を表現するものもあります。

 

panic-buying

そのままですが、panicになってまとめ買いしたり衝動買いしたりるものですね。まとめ買い、買いだめ、という意味ではstockpileという言葉もあります。これはこれ単体で動詞して使う事ができます。stockはストックするなんて言葉で使いますよね。pileはa pile of~で山のような~なんて言う意味で使われますので、このstockとpileが一緒になったらどういう意味になるのかは言葉から連想はできますね。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

世界経済へ与え始めた影響の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

世界経済の記事のようですね。

 

 

 

 

restaurants, shops

全て複数形のsがついて続いていますね。英語では、加算名詞を使う時に、特定の数を指すのではなく、それらを一般的な事として論じる時には複数形で使うのが基本です。犬はかわいい、ならA dog is cuteではなく、Dogs are cuteですし、犬が好き、ならI like a dogではなく、I like dogsです。日本では可算名詞、不可算名詞という概念が英語のようなものではないので、この使い分けは上級者でも間違ったり、見落としたりするものです。ただ初級レベルからしっかりと意識しておきたいところです。

 

It’s here

そのままですが、もうここまできている、というニュアンスが分かりますね。英語ではこういう時にさらに本当に、まさにここ、みたいなニュアンスで言うならright hereなんていう風にrightを付ける事もあります。A:私のメガネ知らない? B:そこにあるじゃん A:どこ? B:Right there!なんてニュアンスですね。rightは本当に色々な場面で使われます。nowではなくright nowにしたり、right awayなんてのもありますね。

 

any time soon

タイミングを表現する英語は色々とあります。先ほどのright nowはいまいまを表現するものですが、こちらはいまいまではないですが、すぐにという事ですね。にたようなものではsometimeもあり、sometime todayだと今日中のどこかのポイントを指す事になります。sometime soonだと近いうちのどこかで、という感じですね。

 

ticks

時計の針がカチカチと進む様をtickといいます。時が進む事を意味するもので、具体的に時計の針が実際に進んでいるという事を指すよりも、期限が刻々と迫っている、みたいな何かの状況について、急がなきゃ、とか余裕はないよ、的な事を言いたい時に使われる事は多いですね。My clock is ticking!とすれば自分の時計は進んでいる=時間は限られている、もたもたしている余裕はない、的な感じで言えますね。35歳独身。You clock is tickingかもしれないですね笑。ちなみに日本人としてはtiとchiを同じ発音にしてしまいがちですが、tickとchickでは意味が異なります。特にchickはヒナを意味するだけでなく、スラングでは女性を意味する言葉になりますので、あまり使い間違えはしたくないですよね。

 

fell by

ビジネス英会話では基本中の基本ですが、数字の増加、減少を~%増、~%減という時にこのようにby ~%という風に表現します。ここではfallで減少ですが、増加も同じように使えます。

 

on its feet 

on one’s feetは自分の足で立つ=自立、自分でやっていける状態、という意味になります。 ちなみにthink on your feetとすれば、迅速な決断をする、という事になります。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

インドの交通渋滞解決を目指すスタートアップの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

インドの記事のようですね。

 

 

 

 

tackle traffic

tackleは何かに取り組む様を表現する英語表現です。社会問題だけでなく、仕事で何かのタスクに取り組むのでもtackleで大丈夫ですね。他動詞で目的語をすぐ後ろに置くのが基本です。同じような意味ではwork on~という形で、~に取り組むという意味で使われたりします。他にはI’ll take care of itなんてのも、自分がやるという意味では近い表現ですね。状況を上手くコントロール出来ている様となるとunder controlというのはよく知られていると思いますが、他にはI’m on top of itなんていうのもあります。

 

overtaking

overtakeは何かを追い越す様を表現するものという事で文脈から理解できると思います。このoverとtakeを反対にしてtake overとすれば、何かを引き継いだり、奪ったりする事を言います。overは色々な単語にくっついて意味を作り上げます。overworkはそのままカタカナ言葉でも使われていると思いますが、workし過ぎな様です、overshadowとすると、どうでしょうか?shadowは影ですよね。何かがoverして影にする=何かの対象物を暗くする、見劣りさせる、なんていうニュアンスになったりします。スーパースターが誕生すれば、本来なら賞賛されるべきその他のスター級の選手たちが見劣りしてしまう、とみたいな感じのニュアンスをovershadowで表現できたりします。

 

is partly responsible

~に責任がある、というような意味でこれはしっかりと学生時代に勉強した事として覚えている方はおおいのではないでしょうか?   似たような表現としては、is the one to blameなんて言う言い方もあります。blameすべき対象であるという事で、責任がある、という感じにできます。A is the one to blame. ちなみに何に対する責任かを言う時には、A is to blame for Bなんて感じでBを後ろにつけたりできます。

 

rocketed

ロケットが発射される絵を想像すれば、どのような状態かは容易に想像ができますね。ちなみに同じような言葉でskyrocketなんて言葉もあります。これも同じく動詞として使え、過去形ならskyrocketedです。

 

the bike

このbikeが指すのはスクーターであることは文脈から明らかですね。bike単体では自転車を意味する言葉でもあり、またbike単体を動詞として使い、I bike to workなんていう風にして自転車通勤してます、という表現にする事ができます。パターンとしては同じようにI walk to work(歩いて会社まで通勤してます)、I drive to work(車通勤です)、などが作れます、

 

motivation

特にアメリカ英語の発音でこのtiの所の音は日本語のカタカナ言葉の「チ」とは大きく異なる音で、濁るように音になります。でですので、motivatedというときに「チ」とハッキリと発音してしまうと、相手にその言葉を理解してもらえない事もあります。

 

渋滞を解消する素晴らしいアイデアですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

朝食議論の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

朝食の記事のようですね。

 

 

 

 

of the day

このthe dayは1日のうちで、というニュアンスで使われている事が分かると思います。all dayなどと言わずにthe dayで表現できるのがシンプルでいいですね。That’s it for the dayと言えば、今日はこれで終わり、という風に今日という1つの時間の括り全てを表現してくれますね。ちなみにその1日をa dayで表現するものもあり、Let’s call it a dayだと、今日はこれで終わり、というニュアンスになります。

 

so sure

sureは確かな様を 表現するもので、英会話の中では非常に多く聞かれる表現の1つです。Are you sure?に対して、I’m sure、I’m 100% sureなんて言いますし、同じような意味ではpositiveという言葉も使いますね。I’m positive、という具合ですね。反対はnotを付ける形ですが、ハッキリと、I don’t knowと言うのもありですね。ちなみに、I don’t knowでは、I don’t know about thatなんて言い方がありますが、これは、相手の意見などに対して、はっきりとは反対しないものの、「え~、それってどうなの」みたいな感じでやんわりと反対の意見を言うような言い方で言ったりします。

 

healthy breakfast

ここではbreakfastの前に置かれていますが、healthyがよく使われる形の1つとして、eat healthy、stay healthyのように後ろに置く形があります。パターンとして自分の中で抑えておくと、日常英会話ではよく出てくるようなトピックだと思うので、使いやすいですね。

 

doing so

そのままですが、soを指す事をする、というのがdo soですね。英会話の中ではよく聞きますが、このsoを使った面白い表現としては、say-soなんて言い方で許可を意味したりします。You need my say-so firstというと、私の許可が必要よ、なんて感じになります。子供が親に「なんで?」と聞いた時に、Because I said soなんていう風に親の絶対的な力を見せつけるフレーズがあったりしますが、このsaid soはいわば命令で、この命令、または許可、が子供にとっては自分のやりたい事をする為に必要になるわけですね。

 

What’s more

シンプルな表現ですが、他にも、というニュアンスで使われるもので、似たようなものでは、  What’s newなんていうものありますね。ウェブサイトなどでは「お知らせ」的なニュアンスで使われたりしていますが、What’s new?と疑問文にすると、最近何か面白い事あった?とか、最近どう?的な会話のスターターとして使われたりもします。

 

takeaway

シンプルな表現ですね。takeしてawsyするもの、という事で、色々な意味で使われますが、結論、というニュアンスで使われたりもします。takeしてawayするのは最終的に自分が選んだもの、結論、と言う風に考えればシンプルですね。Take it or leave itは、ある条件等を出して、(交渉の余地はなく)これをそのまま受け入れるか断るか、(二択で)好きな方を決めてくれ、みたいな感じで使われたりします。

 

興味深い記事ですね。

 

本日は以上です!