アルゼンチンの年金システム変更に対するデモの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アルゼンチンの記事のようですね。

 

 

 

 

Violent

名詞はviolenceですね。世界のニュース記事では頻繁に目にする言葉だと思います。violateという動詞では、法律やルールを犯す、という意味で使われたりします。こちらもニュース記事ではよく見られる言葉です。こういう攻撃的な言葉、強い言葉は使われる場面によって色々なものがありますね。アメリカの国連大使ヘイリー氏は今回のトランプ大統領のエルサレムをイスラエルの首都と宣言したことに対する国連安保理撤回要求の件で、”insult”という言葉が発していました。これも攻撃的な言葉の1つと言えるのではないでしょうか。

 

erupt

火山噴火の言葉として覚えている方も多いのではないでしょうか。親知らずが少し出てきている、みたいな感じの動詞としてもeruptは使えます。スペルが似た言葉でcorruptionの動詞、corruptもありますね。英語ではローマ字読みのように読まない単語が沢山あって、ruの部分もルの音ではなく、irʌ́ptとなっています。スペルと音がすぐにリンクしないのはなかなかやっかいなものです。therapeuticなどはどうでしょう。前の所はtherapyという言葉がカタカナ言葉としても日本で一般的なので分かるとして、peuの所は発音希望はpjúːとなっています。pewのようなイメージですね。euはやっかいです。起業家を意味するentrepreneurにもeuがありますね。こちらもスペルがいつも上手く書けない、という人、いるのではないでしょうか。

 

a 24-hour

24ですが冠詞はa。これは24にかかっているのではもちろんなく、strikeにかかっているんですね。そして複合語を形成する場合、hourの所もhoursにはならずhourになります。It took 10 minutesという10分と、It’s about a 10 minute walk、という10分、どちらも10分ですが後者ではminuteの後ろにsがついていないですね。

 

 

the bill

billは法案を意味する言葉ですね。私たちの一般生活の中ではこちらよりも請求書や勘定を意味するbillの方が身近だと思います。I can’t pay my billsという言い方は特定のものを指しているのではなく、毎月のクレジットや光熱費、電話代、色々なものがお金がなくて払えなくなっている、みたいな金欠の状態を表現する意味で使われる表現です。レストランなどでお会計の時にI’ll get the billなんて言い方で私が払うよ、みたいなオゴりますという表現がありますし、同じニュアンスでシンプルに“I’ll take care of itなんて言い方もあり、このitをbillに変えて“I’ll take care of the billにしてもいいですね。ちなみに割り勘はsplit the billです。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

リビアの人身売買に対する国際的な対応の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

リビアの記事のようですね。

 

 

 

 

slave trade 

現代でもしばしば取り上げられるこのニュース。悲劇ですね。slaveは名詞で奴隷になっている人を指すだけでなく形容詞としても働きます。名詞だけで機能するslaveryは奴隷制度そのものを指す名詞です。この記事の中にもありますが、traffickersは密売業者を指す言葉で、その動詞はtrafficです。他にも不法品の密輸などの記事ではsmuggleという動詞がよく見られますし、その業者はsmugglerとなります。

 

human dignity

dignityという言葉は尊厳という意味で、まさしくその言葉そのままです。人が人であるという事の誇り、プライドを持てる状態とでもいいましょうか。無様な事をさせられるのではなく、自分の尊厳の為にそんな事とは決別する、I’m fighting for my dignity!という事ですね。ただ今回のような人権を無視したような行為に対して尊厳を守るという意味でのdignityというニュアンス以外にも品位、品格、みたいな意味でも使われる言葉で、ハイブランドでその品格のような雰囲気を漂わせる事が必須のスタッフが子供の様に騒いでいる所をお客さんに見られたら上司はDignity!と注意するでしょう。

 

unthinkable

接頭語unはその後の言葉を否定するものですね。unbelievableなどは日本でもおなじみの言葉ですが、このような基礎英単語にも色々とunをつけて表現できる言葉があります。doに対してundo、likeに対してunlike、eatableに対してuneatable、educatedに対してuneducated、似た所ではtutoredに対してuntutored、taughtに対してuntaught等こんな基礎英単語にもunがつけられるのか、というのが色々とあります。

 

put pressure on

pressureはonの後ろの対象にかける、という感じで動詞putとセットで覚えておくととても便利です。pressureの程度を変えてa lot of pressure on~としたりもでますね。対象をonの後に置く似たようなイメージの表現は他にもleave a good impression on~なんて感じにして、とてもよい印象を受けた、なんて言い方もあります。印象を受けた側の人がonの後ろに置かれます。他にはシンプルな表現ですが、hit on meで、私を口説く、なんて言い方にもなります。Are you hitting on me?、私を口説こうとしてるの?みたいな感じです。

 

further strengthen 

strengthenは形容詞strongをすぐにイメージできれば意味も推測できると思います。enは動詞化させる形でよく使われ、shortをshortenにすると短くする、という言葉になりますし、tightをtightenにするとtightにする、という意味になりますね。

 

国際的な協力が必要ですね。

 

本日は以上です。

 

 

 

ハラスメントの調査結果の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

were harassed

ずっと社会問題として取り上げられているハラスメント。日本ではセクハラだけでなくパワハラも今は大きな問題ですね。 harassmentが名詞でharassが動詞で、harassingは形容詞です。意味は違いますが似たようなスペルでembarrassという言葉は恥をかかせる、という意味でこれもとても良く使われる言葉だと思います。スペル似ています。

 

no action was taken

英語ではこのようにNo~を主語にする事で意味を強める表現はとても多く使われますね。No one is better than himで彼が一番という意味になりますし、Nothing makes my day more(better) than~みたいな言い方では、~ほど嬉しい事はない、みたいな表現になります。Some thing makes my dayでSomethingのおかげで良い日だった、みたいなニュアンスにできます。ここには人を入れる事もできてYou made my dayみたいにもできます。

 

 for being harassed

英語の文章の中でこのfor being~という形はしばしば見られます。beingってなんだよ、と思う方いらっしゃると思いますがまず前置詞の後ろは名詞の形になるのが基本形でした。なのでここでbe harassedとはできないんですね。そもそもここでは「~という事」という1つのくくりを表現するもので文章を置くところではないので、ハラスメントを受ける事、という1つの名詞句になっています。Thank you for being nice to meだと、優しくしてくれてありがとう、みたいな感じになりますね。ここではbeing harassedの時は受け身の形ですが、being niceだと能動態です。この使い分けも注意したいですね。Being nice to people is~だと、人に優しくすることは、という感じですが、Being harassed is~だと、ハラスメントを”受ける”事は、という逆になるんですね。

 

work hours

そのままですが勤務時間を意味するもので、business hourという言葉はよく聞くのではないでしょうか。ちなみにhoursだけでも労働時間という意味で使われたりもします。hoursがいいからね、みたいな感じで勤務時間が短いからこの職場はいいわ的な感じで使ったりできます。

 

in some way

似たような表現でin a wayという言い方で、ある意味、という表現になります。He’s strangeだけどfunny in a wayみたいな感じですね。変な人だけど、ある意味面白いけど、という風に使えます。

 

turned a blind eye to

blind eyeを向ける、という表現で見ないふり、無視をするというニュアンスにできます。似たような表現としてはlook the other wayなんて言い方もあります。Is it too much if I asked you to look the other way?だと、見てなかった事にしてって言ってもダメだよね。。笑。のような感じです。

 

日本はどうなのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

新しい軍隊の受け入れ方針の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

transgender applicants

sexual minorityと呼ばれるカテゴリにはLGBT、という総称がありますが、このうちのTがこのtransgenderに該当するものですね。transというのは2つの地点の間の移動を意味するような言葉で、translationは2つの言語を跨ぐもので、transportはある地点からある地点に何かを運ぶ言葉です。genderはそのまま性別を言うものですから、そう考えると意味がすんなり入ってきますね。LGBTに属さないsexual minorityの方も含む場合にはLGBTQという言葉もあります。このQはQuestioningを意味するものとされているようです。

 

put on hold

holdする状態というのは日常英会話の中でもしばしば聞く事があるのではないでしょうか。電話の話し相手に対して、ちょっと待って、というような時にhold onという言い方でもいいですし、電話に限らず、対面のシチュエーションでも、ちょっと待った、そのまま、的な意味で使う事ができます。

今回は動詞+on holdという風にholdが前置詞に後ろにくる形ですが、hold onの場合のholdは位置が逆転していますね。

ちょっと待った、的な表現としては、Wait a minute、Just a second、One sec、など色々な言い方があります。One secのsecは勿論secondが短くなっている言葉で、1秒、という事になりますが、実際に1秒で済む場合に使うというよりかは、日本語で、(鞄取ってくるから)一瞬待ってくれる?のような使い方ですね。鞄を取りに行くのに一瞬で返ってこれるはずがなく、早くても数秒はかかるはずですが、それでもすぐに戻ってくるという意味を伝える場面で一瞬と言ったりしますよね。英語のこの形も基本的に同じ発想です。

 

individuals

individualは個別の、個人の、という意味の言葉になりますが、これは企業や事業体や団体に対する1個人、というニュアンスで非常によく使われます。面白いのはこの記事の中では同じようなニュアンスで personsという言葉もあります。personの複数形はpeopleで覚えている人にとってはpersonsとはなんぞや、となると思います。普通の会話ではpersonとpeopleが一般的ですし、それでもよいと思いますが、ニュースやフォーマルな場所ではpersonsなんて言葉はしばしば見れます。英語圏の名前でパーソンズさんという名前を聞いた事がある方、いらっしゃるのではないでしょうか。こちらはParsonsというスペルで、personsとは異なります。

 

is not persuaded

persuadeは説得する、という意味の言葉でした。ここでは受け身の形になっているので、説得されていない=納得してない、というニュアンスになりますね。アメリカドラマや映画を観ていると、I’m not convinced(納得できないよ)みたいな表現がしばしば出てきたりします。

 

大きな変化ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

スキャンダルからの新しい基準の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

new standards

standardは日本でもカタカナ言葉で一般的な言葉ですね。ここでの動詞はestablishですが、基準に合致する、というような意味ではmeet the standardのようにしてmeetを使ったりすることもできます。meetは人に会うという言葉だけでなく、meet the deadline、納期に間に合う、というようなニュアンス含め色々な使われ方をします。

standardは基準、ですが、generalizeという言葉は、ある物事や人などに対して、一般化する、まとめる、というような意味で使われたりします。人はある事象や社会の動き、人の動きなどについて、何かとグループ化したり、まとめたがるので、こういう言葉も知っておくとよいと思います。形容詞はgeneral、副詞はgenerallyでこちらは英会話でもよく使うという方は多いと思います。generally speakingは一般的に言うと、という表現でした。

 

misconduct

接頭語misは誤ったり間違ったりするニュアンスでつけられるもので、misunderstandingは誤解、misuseは誤用です。mistakeはそのままですがミスですね。日本語でミスをするというのはこのmistakeの頭のmisで、I miss youのmissではないですね。ミスと短くなっているので、missから来ていると思っている人が時々います。

 

The letter said

英語ではこのように記事や論文などを主語にしてsay, tell, noteなどのような単語が使われます。sayは言うという意味で覚えている方にとっては、新聞が言う、というような訳には違和感があると思いますが、日本語直訳で理解するのは危険ですね。英語での使い方をしっかりと理解し、日本語訳ではなく、その言葉の使われ方からその言葉の意味を英語で理解しておくというのが一番ベストな単語の覚え方です。

 

as well as experts

同格、なんていう言葉で学生時代にas~asという形で習いましたが、いまいち使う感じに慣れないという方は多かったと思います。英語の実際の会話の中ではalsoのようなニュアンスで文末にas wellとつけるような形が非常によく使われます。He did it as wellみたいな感じで彼もやったんだよ、というニュアンスになります。私も、なんてニュアンスではme tooなんて言い方がとても一般的だと思いますが、me as wellなんて表現もあります。複数人がme too, me too, me tooなんて連続で言っていったらme as wellなんて言う風に異なる表現で聞くかもしれませんし、me threeなんてのも(toをtwoと取って)あるかもしれませんね笑

 

for reference

参考に、という意味ですね。ちなみに、会話の中で、参考までに言っておくと、みたいな言い方だとFYI、For your information,なんてのがありますね。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!