マレーシアからのゴミ返却の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

マレーシアの記事のようですね。

 

 

 

 

Plastic waste

wasteは動詞で無駄にする、という意味で覚えている方はとても多いと思います。waste money, waste my time,,,など無駄にするという事は誰だって嫌いな事で、日常英会話の中でもしばしば出てくる表現だと思います。忙しい社会人にとっては無駄は出来るだけ省きたいですからね。このwasteがそのままの形で名詞にもなります。Such a waste!は「なんて無駄な事!」というお決まりの表現ですね。

ちなみに日本で言うペットボトルは英語ではplastic bottleとなります。スーパーの買い物袋、ビニール袋はplastic bagです。日本ではこれらのものにplasticとは別のカタカナ言葉があてられている為、逆に英語でなんて言うのかと考えると、答えがすぐに出てこない方は多いと思います。

また、ビニール袋はあんな薄い素材の物に対して「bag?」と感じる方もいると思います。日本でbagと言えばカバンで、カバンはないか物を入れるもう少ししっかりとした素材で作られているものという認識ですよね。

 

and others

othersはその他の、という意味ですが、英会話初心者の方は、the othersやanother等と見比べて意味を混同してしまう方もいらっしゃると思います。まず冠詞theが付くthe other(s)については、ある特定されるものという条件でのその他となります。日本、アメリカ、中国、という3カ国を対象に話をしていて、日本以外のその他の国、という流れで話すなら、the othersは、その他とは言えどもアメリカと中国という風に特定されている国という事になります。この冠詞のthe other(s)はしっかりと覚えておきたいですね。単数は勿論1つという事なので、日本とアメリカの2カ国について話し、日本以外の方=the other=アメリカ、となるわけです。

 

shipped it

日本でShipというとまず最初に頭に浮かぶのは「船」という名詞の方が多いと思います。ただshipには動詞で送るという意味もあります。ビジネス英会話を習っている方であれば、使っている方も多いと思います。また、shipだけに船で運ぶものという風に限定されるわけではなく、陸送であっても送る事に変わりはなく、shipの動詞が使えます。

 

growing problem 

growするものは色々なものがあります。人や植物が成長するのもgrowですし、髭が生えるのもgrow、成長市場(growing market)なんてのもビジネス英語を習っている方であればしばしば聞く言葉かもしれません。growing problemと似た表現では、growing concernなんて言い方もあります。また何かに愛着が出てきた、みたいな言い方でA is grow on meなんて言い方ができます。少女漫画なんて全く興味がなかったのに、ある漫画を読みだしてから、なんだかどんどんはまってしまって、、growing on me!な状態に、みたいな感じですね。

 

日本も入っていますね。

 

本日は以上です!