アボリジニのルーツの研究の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

オーストラリアの記事のようですね。

 

 

 

 

genetic history

geneticは遺伝子の、という意味で遺伝子はgeneですね。遺伝子レベルで語られる話は人間の神秘なる世界で常に魅力的です。私達の体の色々な要素は先祖からgenetically passed downされているもので、親族の話などでそういう話題、時々出たりしますよね。

 

all the way back to

このback to~は、~に戻って、という意味の表現で、ここではall the wayという形で~のところまで、~に行きつくとこまで、という長いスパンを表現しています。このall the wayという形は勿論この時代をまたぐ時間軸だけでなく、I traveled all the way from Brazilという風にはるばる~から来た、という長い自分の動きや、James sent a very special message all the way from South Africaなんていう風にメッセージ、手紙なんかでもはるばる感は伝えられますね。

ちなみにこの前置詞toはある地点への方向を指す意味で使われる場合がとても多く、右矢印(→)の感じですね笑。I go → school、She comes → workのような感じで。それに対してinはあるその地点そのものを指す言葉で使われるので、back to Tokyoは東京へ→、というニュアンスに対して、back in Tokyoは東京now、的な感じでしょうか。

 

The find

このfindは冠詞theが前にある事から、見つける、という動詞ではない事は明らかですね。このように動詞として使える単語が同じ形のままで名詞として使われるパターンは英語の中には沢山あり、a studyなんて形で研究結果や論文を指したり、a drinkで「飲み」を意味するのは社会人なら使った事がある方も多いのではないでしょうか。talkもI talk to~という形だけでなく、have a talkという形で使われたりもしますし、walkも散歩そのものを意味しますよね。

 

unsolved

接頭語unは否定や反対の意味を指す言葉として使われます。感覚的にそうだろうな、というのは日本で学生時代に英語を習っていた時には多くの方が感じられていたはずです。unbelievableやunhappyなどはすぐにイメージがわくものだと思いますが、他にもunansweredや、unfinished等色々な形がありますね。unfinished businessは未解決のビジネス、仕事、ですが、business自体はお金をもらう仕事だけでなく、広く物事全般に対しても使われるもので、この生涯でやり残した事、とかそんなニュアンスでも使う事ができますね。ドラマや映画では、It’s not your business!なんてフレーズを聞かれた事があるかもしれませんが、これは君の業務ではない、というよりかは、あなたに関係ないでしょ、という仕事とは全く関係ないニュアンスで使われている事が多いではないでしょうか。

 

新たな発見ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

南アフリカの白人生活の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

南アフリカの記事のようですね。

 

 

 

 

clapped-out

ぼろぼろの状態を意味するこのclapped(out)。clapという言葉はカタカナ言葉で言う時はcrapという別の単語にも該当します。こっちのcrapは、ごみやう○こを意味したりします。なんだかそうなるとclapped outと近い感じもしますね。crapが使われるのは、ごみのように使えないもの、というような感じで比喩表現として使われたりもします。That is crap!というのと同じようなニュアンスで、garbage、trashなんて言っても基本的に同じことです。clapとcrapはカタカナ読みで同じになってしまうだけに、発音は注意したいところです。

 

the daily conditions

dailyという言葉はdaily conversationなんて言い方で英会話レッスンを受けていらっしゃる方であれば使った事がある方もいると思います。dailyと似た言葉にdairy、乳製品を意味する言葉があります。とても似ていますが、発音はに対して、déiliに対してdέəri。デイリーストアは当然全者ですね。

この毎日の、日々の、という意味のdailyですが、似た言葉でeverydayというのもあり、これはevery dayという副詞の毎日とは異なり、everyday clothesという風に形容詞として使われます。そしてdailyはそのままの形で副詞にもなるので、副詞の場合は、副詞のevery dayと並ぶ表現、という事になるんですね。なんだかややこしくなってしまいましたが笑。

monthly basis、weekly basisという表現と同じようにdaily basisという使い方もできますね。

 

A growing number of whites

growは成長を意味する言葉で、人や植物の成長など、ポジティブなイメージがあると思いますが、それは不安が大きくなる、というように、ネガティブなシチュエーションでも使われる事もありますし(growing concern)、growするものはその文脈次第でよくも悪くもなります。そしてwhites、これは写真をみれば明らかですが、白人を意味する言葉ですね。ちなみにcaucasianも白色人種を指しますが、北アフリカからアラブ、インドの一部など、whiteよりも広く取られていると説明がみられますね。

人種については難しいです。白人と思いきや、なんだか顔がちょっと濃すぎる人とか、勿論混ざっている人も沢山いますし、はっかりとしたラインは区切れない訳です。でも、基本的な概念としては知っていてもいいかもしれないですね。黒人はアメリカではAfrican Americanなんて表現もありますね。NegroidがMongoloidなどのような区切りの言葉としてあります。これはNegroという言葉では日本でもよく聞かれますが、このNegroidですね。

 

それにしても南アフリカ、すごい国です。

 

本日は以上です!

 

 

 

未使用のトイレの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

カンボジアの記事のようですね。

 

 

 

toilet

トイレは日本でも一般的に使われている言葉ですね。toiletやbathroom,restroomなど色々な言い方を聞きますよね。アメリカではトイレとお風呂場が一緒という概念のもとに、一般的にbathroomという単語をよく聞かれると思います。

 

two-hour visit

two hours visitではなく、two hourでいいんですね。このようにハイフンを入れて複合語を形成する英語は沢山ありますが、形容詞として使われるこの形、英語ではお決まりのパターンなのでおさえておきたいですね。今回はher~となっているので冠詞はないですが、a ten-minute walkのような形だと、tenという数字にも関わらず、冠詞aが前に置かれたりします。これは勿論その数字にかかっているのではなく、walkにかかっているからですね。

複合とは他にも過去分詞を後ろにくっつける形で、well-known、state-fundedみたいな形もありますね。a half-eaten chocolate barみたいなのは日常英会話の中でも使えるのではないでしょうか。

 

unused

接頭語unがついて、usedの反意語になっています。使われた、使われていない、という形で、同じようにunを使う形は、comfortableに対してuncomfortableなどはいづれもよく聞かれる言葉ですよね。believableに対してunbelievableですが、この場合はunを使った単語はよく聞いても、believableはあまり見聞きした事がないのではないでしょうか。

接頭語で反対や否定の意味を表現するものは他にもdisなんてのがあります。agreeに対してdisagree、countに対して、discount、advantage、disadvantageなんてのも超基礎英単語として広く知られていますね。

他にはim(in)などもそうですね。possibleとimpossible、ヨーロッパで常に話題になっているmigrantですが、出て行くemigrantに対して、入ってくる方を意味するimmigrantという言葉もあります。

 

 

took some pictures

写真を撮る、はtake a pictureでした。複数形なので当然picturesになるわけですが、これを短くしてpicsなんて言い方もできます。似たような短縮形は色々あって、とても身近な例で言うとスマホのアプリ。日本ではアプリケーションをアプリと約しますが、英語のapplicationの約しかたは、appです。それを複数にするとappsとなるんですね。advertisementはad、複数だとadsです。短縮したものに複数のsがつくんですね。

ちなみに写真と言えば今は観光客の自撮り棒を街中でもとてもよく見かけると思いますが、自撮りは英語ではselfieと言い、take a picのかわりに、take a selfieとなるわけです。

 

一度も使われないなんてなんだか、、、、

 

本日は以上です。

 

 

 

 

ベネズエラの緊急措置の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ベネズエラの記事のようですね。

 

 

 

 

subsidized

補助されている、助成されている状態を表現するのがこのsubsidizedという言葉でした。なんだかスペルが難しいですね。とても似ている言葉でsubsideという言葉がありますが、これは全く異なる言葉で弱まる様を表現する事ができます。 The intense pain should subside within a few daysみたいな感じですね。

補助されている様は他の表現としてはgovernment-backed organizationのようにbackedなんて言い方もありますね。金銭的な直接的な表現でいえば、fundedという単語があり、同じようにpublic funded organizationみたいにできます。

 

fuel prices

fuelは燃料を意味する言葉で、車の燃料はこのようにfuelという言い方ができます。日本ではガス欠でお馴染みのgasも同じように使う事ができます。ガス欠とは言っても、車のガス切れとはあまり言わないのかなと思います。ガソリンスタンドはgas station、petrol stationなんて呼び名があります。

 

are meant to

meanの過去形、過去分詞形のmeant。会話の中で使う感覚のない人はいらっしゃると思いますが、英語の文章ではこのmeantは意外と沢山使われる表現です。自分の言っている意味を補足的につけ足したり、詳しく言う時にI mean~という文章の作り方がありますが、それを過去形にして、I meant~という状況も勿論ありますよね。

他にもIt means a lotなんて言い方で、相手の言葉に対する感謝の意を述べたり、I’ve been meaning to do somethingという表現では、ずっと~しようと思っていた、というニュアンスで使われる形です。意味する、なんていう日本語訳で考えると会話の中ではそんなに沢山使う事はなさそうですが、こうやって日本語訳でなく、実際に使われるシチュエーションを考えてみると、結構頻繁に使える表現である事が分かると思います。

 

triple-digit

digitは桁数を意味する言葉です。tripleは3を意味する言葉で日本ではお馴染みなので意味は容易に想像できるところだと思います。桁数、という言葉、使うシチュエーションとしては、電話番号の桁数ですかね笑。SNSやその他様々なコミュニケーションツールが出来あがった今、電話番号という単語もそういうえば以前に比べると使う頻度は少なくなったと思いますが、The number you gave me to call was missing one digitみたいな感じで電話番号1桁少なくない?笑、みたいな事って、メールとかだと打ち間違えなどもあって、たま~~~に遭遇する事ありますよね笑。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

デンマークの法施行後の対応の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はDaily Mailからの記事です。

Daily Mailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

デンマークの記事のようですね。

 

 

 

 

hand over

hand overは手渡す、引き渡す、という意味の熟語でした。handを使った熟語は他にもhand in, hand outなんかもありますね。hand outはhandoutと一語にして配布物を意味する言葉としても使う事ができます。

名詞の手を意味する時にも腕/armに対して、その先端のhand、さらに指先のfingerから手のひらのpalmまで、各パーツをしっかりとおさえておきたいです。手は人間の日常生活でとても大事な部分ですからね。ちなみに人間の体は同じ部位が左右あわせて2つあるものが沢山ありますね。目も耳も手も足もそうですが、会話の中で使う時には、その両方を指す時にはeyes, hands, feetという風に当然ですが複数で表現します。何気ない話ですが、日本語では、両手、両足、という風に勿論言えますが、実際には両手を意味する時にも、手、とだけ言う事はよくありますよね。

 

a single penny

singleは日本でもお馴染みの表現ですね。シングル、というカタカナ言葉だと日本では独身者を指す意味としての使い方が一番多いのかなと思います。英語の会話の中でこのsingle~、という表現は、よく使われるものです。冠詞のaが前にあるのですから、事実だけでいえば、singleがなくても同じ事を指していはいるのですが、このsingleを置く事で、「1つ」という所に強意を置く事ができます。every single dayなんてフレーズはよく聞かれる事ですが、これはevery dayという毎日に対して、1日1日を、というという風に毎日のその日に強さを置く言い方で文章の中で使われます。ネガティブなニュアンスもあればポジティブなニュアンスもありえます。あなたといる全ての瞬間を大切に、みたいな刻みだと、every single momentなんて言ってもいいですね。

 

Jews

日本ではあまりユダヤ教やユダヤ人の方についての議論や話は出ないと思いますが、西洋の世界ではキリスト教徒の歴史もあって、常にとても大きな位置を占める人達ですね。アメリカの大統領選のサンダース氏、そして出馬が大注目なブルームバーグ氏もユダヤ系の方です。Jewsのsは複数形のsで、単数ではJewとなります。

 

belongings

belongは所属する、という意味の英単語で、学生時代に習った超基礎英単語の1つだと思います。これをbelongingとする事により所有物、という意味にできるんですね。belongは所属する、という意味ですが、実際に日本語の言葉で所属する、というとあまり会話の中で使う感じはイメージできないと思います。勿論~の会社に所属している、部署になんて言い方もできますが、実際にはI work for Aや、I’m in salesなんてフレーズがごく一般的な表現として聞くと思いますし、belongを会話の中で使った事がない、という方もいらっしゃると思います。

このbelongは、I don’t belong hereなんて言い方で、自分には合わない場所、というニュアンスで使う事ができます。自分の合わない職場、パーティーや人の集まり、そういうニュアンスの場所ってありますよね。似たようなフレーズでfit inという言葉もあります。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!