イギリスの危険ドラッグに関する非常事態の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

double

doubleは2倍に、という意味ですね。この後ろにtrebled from eightという所で3倍を意味するtrebleという言葉も出てきています。ちなみにこのeightは8からの3倍、という事ですが、英会話学習者にとってはこの3と8の数字の関係性が少し分からなかったりするかもしれません。ここではその後ろにto 27となっていて、8と27で3倍以上、という事が推測できると思います。アルファベットのeightと数字の27の比較というのも少しややこしいですね。英文の中における数字の意味は文脈によって理解できる力が必要です。mother with twoは2歳の子のお母さんではなく2児のお母さんです。

 

Officers

警察官をofficerをシンプルに呼ぶことができます。日本語ではカタカナ言葉でオフィサーという言葉はあまり使わないのではないかなと思います。英語ではCEOがchief executive officer ですし、警察官に対してofficerと読んでいるのはドラマや映画などではおなじみかもしれませんね。他にも軍隊の人に大してofficerと読んだりもしますし、色々な場面でのofficerがあります。

 

Spice-related

英語ではこのA-related~という表現はとても多くみられます。drug-related、gun-related、 terrorism-relatedなど、~関連という言い方をまとめる表現としてはとても便利な形の1つだと思います。ここでは犯罪をにおわす表現を並べましたが、IT-related(IT関連)、football-related(サッカー関連)など使える幅は無限大です。

 

far worse

ここでのfarは地理的に遠い事を言ってるのではなく、程度の大きさをさす言葉ですね。後ろに比較級を置いているのでその程度を強調する役割があります。far more expensiveだと、more expensive、で、より高い、という表現から、ずっと高い、という感じになりますね。当然ですが、far moreがあればfar lessだってあります。似たような副詞ではwayもまた程度の大きさを表現する副詞で、They are way more important to meのようにできます。farもwayも地理的に遠いや実際の道、という以外の隠れた機能があるんですね。

 

maximum sentence

sentenceはそのままですが、宣告文、判決を意味する言葉ですね。死刑はdeath sentenceと言ったりdeath penaltyと言ったりできます。penaltyは日本語のカタカナ言葉だと、ちょっとした違反に対するものの感覚がありそうですが、それがdeathだとちょっとしたどころではありませんね。。

 

several drugs offences

offenceは違反を意味する言葉にもできます。スポーツのオフェンス、ディフェンスでお馴染みの言葉ですが、相手を侮辱、気分を悪くさせるという使い方もされ、No offence, but~なんて言い方で最初に、悪気はないけど、気を悪くさせるつもりはないけど、なんて言い方があります。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

グアテマラの非難の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

グアテマラの記事のようですね。

 

 

 

it sparked

sparkは日本語でもカタカナ言葉として馴染みのある言葉だと思います。文脈から意味はすぐに分かると思いますが、sparkの後のものを刺激する、口火を切る、というようなニュアンスですよね。似たような言葉ではtriggerというのもあります。銃の引き金を引くのがtriggerですが、日本語でもそのまま比喩表現で使うように、何かの引き金を引く、という意味でtriggerという言葉は使われます。ITエンジニアの方にとってはプログラムを組む時にトリガーという言葉でもお馴染みだと思います。

 

turned against

againstにturnするというそのままといえばそのままの表現ですが、熟語として覚えておくと便利ですね。政治の世界だけで使うものではなく、広く反対するという状態を表現する時に使えるもので、ずっと一緒にやってきたメンバーが競合他社に転職する事を聞いたら、Why are you are turning against us now?みたいに言えますね。turnを使った英熟語は色々ありますが、turn A awayだと追い返す、みたいな感じで使えますね。Aをawayにturnさせるというそのままの感じですね。他にはturn one’s back on~みたいな形で背中をこちらに向ける=立ち去る、拒絶する、見捨てる、なんて言い方にできます。相手が話の途中で立ち去ろうとしたら、Don’t turn your back on me! I’m still talking!みたいな感じで言えます。ここではいずれもちょっとネガティブな感じのturnの使い方の紹介でしたら、turnの英熟語は全てネガティブになるというわけでは勿論ありません。

 

temporarily suspended

temporarilyはtemporaryの副詞の形ですね。臨時スタッフ、派遣社員はtempなんて言ったりしますが、これはこの言葉の頭のtempをとった言葉なんですね。可算名詞で、She’s a tempなんていう風にシンプルに使えます。なんだかtempという単語をみるとtrumpという言葉を連想してしまいます笑。毎日目にする言葉ですからね。。

 

on the spot

put A on the spotという熟語として覚えておくと便利ですね。putは何かを置く、という意味で使える言葉ですが、put 人~というパターンの熟語も沢山あって、人を何かの状況に置くというパターンはよく使われます。電話だとI’ll put you through to him.みたいな形で彼につなぐね、なんて言い方はお決まりですし、この場合は話し相手を彼の「方に」putするニュアンスですが、逆に彼を話し相手の「方に」putするというニュアンスだと、Can you put him on the phone?みたいにもできます。この場合はちょっと彼に代わってくれる?と結局は同じ事ですが、私がputされるところから、彼をputするというのに変わっていますね。他にもwe put our minds togetherなんて言い方でmindをputする事もできますし、Are you putting me on?なんて言い方で、からかってんのか、ふざけてんのか、みたいないい方にしたり、You’re putting me offという言い方で気を散らせるなんてニュアンスにしたりもできます。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

買い物スタイルを変える買収の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

takeover

企業買収を意味する言葉ですね。資本主義経済のおいて、そしてこのIT社会においてはこれからもどんどんこの言葉を見る日が増えてくるはずです。言葉自体はtakeとoverの2つがありますがそれがくっついているんですね。take overという風にすると業務などを引き継ぐ、という意味で使う事もできます。誰かが辞めてそのクライアントを引継ぐのもtake overです。

takeを使った英熟語は本当に沢山あって、全てを覚えるのはとても大変です。ただ日本化しているtake outのようなものもありますよね。takeの熟語を集めた熟語集などは沢山あるのでそれらを”take a look”しましょう。

 

massive implications

massiveは程度の大きい様を表現するもので、あまり日常的には頻繁に使うという言葉ではないと思いますが、意味としてはおさえておきたいですね。経済のニュースなどではある意味お馴染みの言葉です。A company made a massive loss in the second quarterみたいな感じで損失の大きさを表現したりITつながりでいえばmassive cyber-attackなんてのもここの所大きな話題になっていますよね。

implicationという単語は知らなくても動詞implyは知っていたという方は多いと思います。英語を第二言語として学ぶ方は品詞の変化も意識してい読んでいくと限られた知識の中でもリーディングの精度あがっていくものです。

 

we shop for

shopを動詞として使っていますね。あまり日本では馴染みのない感覚かなとおもいます。shopだけならお店を意味するもので、shoppingになって初めて買い物、という意識になると思いますが、英語のshopは動詞になるんですね。なのでI shop at a shopなんていう文章も文法的には成立するわけです。英語ではそれが動詞にできるの?と思うような言葉が結構あって、microwaveなんてのもその1つだと思います。電子レンジ=microwaveという名詞ですが、それが動詞にもなるのでI microwave itという風にできます。またskiなんかも動詞になるので、I ski.というなんとも短い文章も成立しますし、Do you ski?という文章にもなりえるという事ですね。

 

further

furtherは、さらに、それ以上、という意味の言葉になります。位置をみればわかりますが、副詞として使われていますが、形容詞として使う事もでき、更なる遅延、further delay、更なる価格の下落、further price fallsなど使い方は様々ですが、さらにその先のというニュアンスとして使えるこの言葉はとても便利な言葉だと思います。現状からさらに付け加えた次の状態という意味では少しニュアンスは変わりますが、anotherなどが使われるケースもあって、これはanother 4 yearsの契約、みたいな言い方で現状の契約とは別に「もう」4年、みたいな感じですね。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です。

 

 

 

 

ベイビーパウダー訴訟の行方の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

powder to cancer

cancerはガンという言葉で日本でもそのままで理解できるカタカナ言葉としても浸透してきているのかなと思います。病名などに関する英語を使う事は日常生活ではあまりないと思いますが、ガンは日本人の死因第一位ですからこれはさすがに日常英会話単語と言えるのではないかと思います。ガンです、という言い方はI have cancerと冠詞をつけずそのままで言えます。シンプルですね。症状によってはI have a coldという風に冠詞をつける場合もあるので、必ずしも全てに冠詞が不要というわけではないですね。

 

iconic

iconicは~を象徴するという意味の言い方で東京といえば、という観光地ならiconic landmarkなんて言えるでしょうし、トランプ大統領ならhis iconic hairstyleやgesturesと言えばみんな頭に思い浮かべられると思います。このトランプ大統領の例にあるように、必ずしも良いものに対して使われる言葉、というわけではなく、ただただそれを象徴していればよいのですね。名詞iconは英文字などのアイコンという意味だけでなく、この象徴を意味する名詞として使えるもので、Kazu is a national football iconみたいな感じで使えます。サッカーと言えばやっぱりKing Kazuですよね!

 

regularly

継続的に、という意味で使う表現としてはこのregularlyという言葉はとても便利だと思います。英会話レッスンで言えば、regular lessonなんて言い方で通常のレッスン、いつもの火曜日のレッスン、みたいな感じで使えますね。regularという言葉は日本でも色々な使われ方がありますが、英語でよく使われる表現の一つにregular spot、お決まりの場所、お店、なんて言い方があります。ここはいつも私が行くカフェよ、みたいな感じでThis is my regular spotでもよいですし、ここが私の指定席、という意味で使う事もできます。

 

unreasonably

日本語のリーズナブル、という言葉はリーズナブルな価格=安い、という意味で使われる事が多いと思いますが、reasonableの使い方としては筋が通っている、妥当な、というニュアンスで使われる場合も多く、何かの提案に対してseems reasonableと言えば、それならありだね、適な感じで言えます。unreasonablyは接頭語unをつけて反対の言葉にしているので、おかしい様を表現している事が分かると思います。

 

science supports

とてもシンプルな表現ですね笑。scienceがサポートしている、と書いているのでそのままですが、科学的に証明されている適なニュアンスが汲み取れると思います。化学chemistryという言葉を使って、no chemistry=恋愛対象にならない感じを表現したり、自分では無意識だけど体が反応している、みたいな時は、biologyだよ!と言ったりもできます笑。

 

とても大きな額ですね。。。

 

本日は以上です!

 

 

 

40年の集いの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

mark 40 years

markはこのように記念日や何かの節目を表現する意味での動詞として使う事ができます。英会話のレッスンを例えば5年受けている人が丁度5年目のレッスンを受けるときには、This marks five years with youなんて言ったりできます。タイトルではファンを主語にしていますが、Today marks 40 years since his deathなんて形でシンプルに40年目を意味する表現にもできます。

 

iconic

日本でもアイコンという言葉は一般的に使われていると思いますが、その形容詞の形がこのiconicですね。何かを象徴する~みたいな使い方です。Michael Jacksonだったらhis iconic Moonwalkがありますよね。誰もが知っている、ムーンウォークと言えば、というまさしくの人です。有名人のお決りのぽーす等ならiconic poseと言ってもいいですし、日本で使われるiconは絵文字などのアイコンの印象が強いと思いますが、英語のiconは実際の人に対して使われたりするもので、fashion iconならファッションの象徴とでもいう人を指したりできます。なんだかかっこいいですね。

ちなみに似た言葉でironicという言葉がありますが、これは皮肉を意味する言葉でスペルは似ているものの、勿論異なる言葉ですね。皮肉るジョークはやはりジョークの定番でありますし、そういう意味では海外でもよく聞く単語の1つだと思います。

 

Among them was

~の中の~、という言い方をするときに、このようにAmong 全体 is 部分、という形で表現できます。この部分の所は複数でも単数でもありえますが、その複数か単数によってbe同士の部分が変動します。これは少し不思議な感じで、be動詞は前のAmong themに連動しないんですね。逆の形で部分 is among 全体、という形にもできて、be動詞の連動という意味ではこちらの方が分かりやすいとは思います。

 

weight gain

gainは増加を意味するものなので、体重が増えるという動詞をgainで言えるという事ですね。gain weightという風に動詞で使うだけでなく、このように名詞のgainもあります。ちなみに減る方はというとloseでlose weightですね。重さの単位は日本ではkgですがpoundを使う人達ならlose 3 poundsみたいな言い方ができます。なんだか単位が違うだけですごい違う感じがしますね。

 

They are in business

そのままですが営利目的の、事業として、という言葉で、このin~はその業界をいれてin financeのような表現にできます。仕事は?と聞かれて「金融関係」という言い方をする形としてはとてもシンプルですね。

 

もう40年なんですね。

 

本日は以上です。