イタリアの工場に学ぶ

こんばんは!

 

本日はThe Independentからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→The Independentの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イタリアでの記事のようですね。

 

In the face of

~に直面して、というニュアンスですね。faceは一般的に使われる「顔」とあわせて、直面する、向かい合う、という動詞でも使われます。

 

a group of

人や物のまとまりを表現するものとしては最も一般的な表現の1つですね。aとofそれぞれを独立してみようとはせず、1つのまとまりと覚えてしまい、ofのあとにそのまとまりの母体となるものを置く、という事だけを意識しておけば完璧な表現ができてします。

細かいですが、このあたりの使い方が意外と相手に英語ができるかどうか判断される細かい要素になってきます。

occupying

occupyは占有する、スペースを占める、などの意味で難しそうな英単語ですが、英会話を習い始めると意外と色々なところでちょろちょろみる事がある思います。

レストランなどでの席の空席状況の確認での表現としても使われるかもしれませんし、ビルやテナントの入居についての会話で話すかもしれませんね。エストニアの記事アウシュビッツの記事でも取り上げています。

laid them off

過去形になっているので少しみえにくいですが、lay offでクビにする、という意味の英熟語になります。

fireなんかも一般的に知られている表現だと思います。いずれもクビにされるものはbe fired(laid)という風に受身の形でとられますので、クビにされた人達を表現する際、They firedとかThey laid offとはならないように気をつけましょうね。

 

their own business

自分(達)で商売をする、という表現をする時に使われる一般的な形でポイントなのかこの「own」です。

start businessでも全く問題はないのですが、文脈の中で、雇われ社員だったけど「独立した」、やこの会社を辞めて、「自分で」事業をやってみようと思う、などのように、「自分で」というところを何か違う状態と比較して表現する際にはこのownがよりニュアンスを強くしてくれますね。

 

debts

負債を意味するこの英単語。事業をされている方であれば極力避けたいこの英単語。でもビジネスにはdebtsは常につきものです。ビジネス英会話を学ばれている方も必ずおさえておきたい表現ですね。個人でもですが。

 

for good

goodとあるので良い意味なのかな、と思いきや、これは「ずっと」、「永遠に」という意味をもつ定番の英熟語で必ずしもよい文脈にばかり使われるわけではありません。live here for goodなんていうのは異国にいる外国人と話す時などには稀に聞く言葉ですね。because I love Japan!みたいなね笑。

in a row

連続で、という定番の英熟語です。three days in a rowという日単位でも結構ですし、また時間軸の連続ではなく、機会やイベントごとの区切りなどでThey came to this event 3 times in a rowという風に~回連続、というニュアンスでもいいですね。英会話では頻繁に聞かれる表現です。

2日半の長いキスの記事アフリカ大陸の長者番付の記事でも取り上げています。

 

been easygoing

easygoingはお気楽な、という意味の性格をあらわす英単語で、be easygoingという形で使われます。今回は現在完了の継続の形として使われていますね。一般的に自分や人の性格を表現する際はbe easygoingでokですが、何かしら状態が継続しているニュアンスを伝えたい時にはやはり現在完了です。

 

The only~

唯一~な事、という表現で、英会話ではこれを主語につけて表現される事がしばしばあります。The only problem is ~(唯一の問題は・・)みたいなのはビジネスでもプライベートでもよく聞かれる表現で、しっかりマスターしたいですね。

 

太陽の国イタリア。

 

いつまでも輝いていてもらわないと世界が悲しみますね。

 

 

本日は以上です。