初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

新世代の環境提言の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

mature enough

enoughは十分という意味で広く知られた言葉ですね。ただ最初に思い浮かべる使い方はenough money, enough peopleという形容詞で名詞の前に置く形だと思います。enoughはそのままの形で副詞にもなり様々な場所で使われます。good enough, bright enoughのようになんとなくプラスのイメージで使う感じがすると思いますが、bad enough、crazy enoughのようにその使われる方向も様々です。使い方次第ではちょっと皮肉っぽく使ったりもできそうですよね。

 

shamed

shameという言葉は恥、という意味でShame on you!はフレーズとして覚えている方も多いと思います。この後にはaccusedという表現で同じような場面の事を表現しています。言葉の意味は異なりますが、結果的には同じ事という感じです。ちなみにshameは恥という意味だけで頭に入れておくと、That’s a shameなんて表現を聞いた時に「え?」と思うかもしれません。これは「残念!」という意味で使われる表現で、仕事辞めるんだ、とか、忙しいからしばらく週末はここにこれないよ、みたいな時に、え~そうなの?すごく残念、みたいな時に言えるもので、相手に対して恥を伝えるものではありません。

 

future generations 

英会話の中では意外とこのfuture~という形で将来の何かについて表現する事は多いと思います。基本的になんとなくポジティブな感じのニュアンスで使う事が多いと思います。例えば今回はこの案件受けられなかったけどfuture opportunitiesがあればお願いしますね、みたいな感じですかね。futureなんて言うとなんとなくカッコいい感じがしますが、要は「次は出来たらお願い!」というような感じでもあるわけですが笑。

 

far more

farという言葉は距離のfarだけでなく程度の大きさを表現する意味としても使う事ができます。far more expensiveだと高すぎる!ですね。似たような言葉としてwayなどもあり、way too expensiveのように程度の大きさを表現できます。farという言葉は英会話の中では沢山使われる言葉の1つだと思います。物理的な距離以外の他の使い方としては、As far as I knowなどはお決まりの表現で、私の知る限り、という意味になります。大人の英会話では礼儀やマナーという意味でこの表現は場面に応じてしっかりと使いたいですね。他にもSo farは今の所、という意味でよく使われます。So far so goodは今のところ順調、という1つの表現として丸覚えいちゃうととても便利です。

 

never too small to

neverという言葉はこのようにビシッと決めるフレーズで使われる事が多いですね。その言葉の持つ強さがそうさせているんですね。ここではsmallが使われていますが、never too old to~なら、~するのに遅すぎる事はない、となりますね。Never say neverは諦めるな、とか、無理な事なんて1つもない、的な感じで使える表現です。

 

若い力はスゴいですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

続く挑戦の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

bring customers back

bring something backという1つの形として覚えておくと便利ですね。bringは持ってくる、というような意味で日本語で解釈している方にとっては、あくまで対象は”物”と考えていた方もいらっしゃると思いますが、人をbringする事もできる、というのが実際の英語の使い方ですね。Can I bring my friends?なんて言い方で、「友達も連れてっていいかな?」みたいな感じです。決して友達を持って行ってもいいかな?じゃないですね笑。友達は物ではないです。

 

distance itself from

distanceは名詞の形で距離という意味で学生時代に多く方が習ったと思いますが、距離を置く、という意味のどうしても使えます。今回のような例文はとてもイメージもしやすく自分が実際に英会話の中でつかっていけるイメージがするのではないでしょうか。人と距離を置く、というのは大人社会でもしばしば起こる事です。カップルでもありますよね。動詞だけではなく形容詞distant from~なんて言い方で、距離がある状態、様を表現したりもできます。itselfはそのままですが、自身の事ですね。英熟語集などでoneselfというものを見た時に、そのままの言葉で熟語として理解してしまう方が稀にいらっしゃいますが、このoneselfのoneには色々な当事者を入れる事ができるという事です。himselfでもherselfでもourselvesでもよいわけですね。

 

fell by 9.8%

ビジネス系の記事やビジネス英会話を習っている方にとってはお決まりの表現だと思いますが、数字の増減についてby ~%という言い方があります。パターンとして覚えておけばとても楽ですね。ここでは下落の動詞がfallとなっていますが、この後に出てくるdropも同じ意味で使えますね。その他decreaseもそうですし、逆は勿論increaseでOKです。

 

poor pizza sales

poorというと貧乏、という意味のみが頭の中に入ってくるという方はその意味を広げる必要があります。poor salesの場合は貧乏な売上ではなく、結果のよくない売り上げを指す事になります。I have a poor vocabularyは貧乏なボキャブラリではなく、自分が使える語彙数が少ない、という事です。第二言語として英語を学ぶ方にとっては、最初の方はpoor vocabularyと自分を判断する機会は多いと思います。

 

ahead of expectations

ahead ofは前に、という意味ですね。aheadという言葉は日常英会話でもしばしば聞かれる言葉です。Go aheadは、前に進む、どうぞ進めて下さい、などのように進行を促したりする表現としてしばしば使われます。You are getting ahead of yourselfのようにoneselfに対するaheadとすると、先走りしすぎている、はやとちりしている、というニュアンスに出来たりします。まだ彼女になってくれたわけじゃないのに、もう誕生日プレゼントを考えたりしている男性の友人には、おいおい、まだあの子が彼女になってくれると決まったわけじゃないよ、という話ですよね笑。そんな時に一言言える表現ですね。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

イギリス一周の快挙の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

completes

完成、完了を意味するこの言葉は基礎英単語として覚えている方はとても多いと思います。ただ実際の会話や一般的に終えるという言葉では、finishやendが先に来るという方も多いと思います。ただ日本語の言葉のように完了、完成というような終了しきる、満たしきる、というようなニュアンスではこのcompleteはよく使われます。Justin BieberのBeauty And A BeatにはWho can make my life completeなんて表現がありますが、lifeをcompleteさせてくれるなんてとっても素敵ですよね。満たしきる、というまさしくcomplete、という感じですね。この歌の詞の中でもドラマや映画でもオシャレなセリフとして、You complete meみたいにシンプルに使われる表現もあります。普通に聞けばこんなクサイセリフ言えないでしょ、という感じですが、なんだかドラマだと決まりますね。

他には名詞の形、completionなんてのもあり、これは例えば修了証としての言葉で、Certificate of Completionのように使われます。やりきった、という感じがここでもcompletionの言葉から分かりますね。

 

After spending

spendは時間をお金を費やすという意味の動詞でとても一般的な言葉ですね。同じように時間とお金を費やす意味の動詞としては、まず時間についてはtakeがありますよね。It took me five hours to do somethingの形で、5時間もかかったよ、なんて言えます。お金だとcostがありますね。これはspendのようにお金を実際にお金を使った人を主語にして使うのではなく、目的語にその人をあてて、it cost me $500!のようにします。ちなみに沢山のお金、という風に具体的な金額を指さない表現としては、fortuneなんて言葉を使って、It will cost you a fortuneのように出来ます。この場合にはお金が消える方での大金ですが、勿論大金を稼ぐ、得る側としても使え、He made a fortune on the boomのようになります。

 

became the first person

日本語の語順ではこの語順にはならないので日本語からの直訳をしようとした時にすぐこのパターンが出てこないという方いらっしゃると思います。A is the first person to~のパターンですね。ここでは動詞がbecameになっていますが、基本的には同じ事です。

 

rested

restはなんだか意味としてはすぐに分かるけど、実際の英会話の中では使う感覚が分からない、使い方が分からない、という人も多いかもしれません。動詞にも名詞にもなるとても便利な言葉ですね。ここでは動詞で使われていますが、名詞だと、He needs a restのような感じですね。彼はちょっと休んだ方がいいよ、みたいな感じですね。ちなみに誰かが亡くなった時に、海外のニュースやSNSでは、RIPという言葉をよく目にすると思いますが、これはRest In Peace、ご冥福をお祈りしますというニュアンスですね。言葉からそのままの感じで受け取ると、安らかに、という感じもつかめると思います。

 

すごいチャレンジですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

一定の成果を見せた四半期実績の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

quarterly revenue 

revenueは収益でquarterlyで四半期を意味する事になりますね。そしてどの四半期を指すかはこの後に for the three months ending in Septemberという風に指されています。英語に慣れない方はこのendingの使い方が良く分からない方もいらっしゃると思います。ここにstartingを入れれば~月から、という事になりますし、こういう形で文章をコンパクトに、1つに、シンプルに、という表現の仕方を心掛けるのは分かりやすくてよいですね。

 

challenging year

そのままですが、challengingという言葉は、大変な様子を少しポジティブな言い方で表現できるよい事言葉だと思います。難しい子供に勉強を教えるのはキツい、と言えばそれまでですが、それをchallengingという言葉にする事で、自分がそれをやりたくない、というようなニュアンスは除く事ができますね。キツくない?キツいね。といっちゃうよりもchallengingだけど、~、と言う方が大人な対応という事にもなると思います。

 

jumped

シンプルで分かりやすい表現ですね。数字や何かが上昇する時位に表現は他にもincrease, soarなどありますが、急激な上昇は  skyrocketなんて単語もあります。言葉から容易にその急激な上昇がイメージできてよいですね笑。似たような乗り物を想像できる表現としては他にはroller-coaster lifeのようにしてジェットコースターのように目まぐるしい、波乱万丈の人生みたいな形容詞もあります。おもしろいですね。他には直接的な言葉ではないですが、Welcome on boardなんて言い方で、新入社員やメンバーを歓迎するという表現もあります。船などの乗船するイメージをする方も多いと思いますが、そんなイメージで一緒に1つの船で大海原を駆け抜けようというような、なんだか素敵なイメージができますね。大海原を駆け抜けようまでは思ってくれていないかもしれませんが(笑)、少なくとも一緒の船に乗せてくれるわけですから歓迎です。

 

totaled 

カタカナ言葉のトータルは動詞の感覚がないと思いますが、英語では動詞で使えます。同じようにこの記事の後で出てきますが topも toppedのようにして動詞で使われていますが、これも日本人のカタカナ言葉では動詞の感覚のない言葉だと思います。他にも形容詞のイメージのslowが記事内では slowedで動詞で使われていたり、イコールという言葉がequalsのようにして動詞でみられるのも面白いですね。英単語というのは1つの単語が名詞、形容詞、動詞、副詞、と色々な機能を持つので色々知ると面白いです。また(良く使われる)名詞を動詞化するのも英語ではよく見られますね。ググる、を英語ではI google itなんていう感じで動詞で使えますし、emailもそのまま動詞になり、Skypeだって動詞になれます。I’m skypingなんて言うと何のこと、と30年前ならなっている言葉ですね。安打製造機のイチロー選手の名前を使ってichiroingなんていう風に動詞化されたのもよく知られている事ですね。

 

それにしてもすごいユーザー数ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ブラジルの緊張した選挙戦の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ブラジルの記事のようですね。

 

 

 

 

in its history

itsとit’sは別物ですね。itはit is, it hasを省略したものですが、itsはitの所有格です。heのhis、sheのherと同じですね。it’sと似ていてややこしいですし、実際にit’sをitsと書く人も沢山いるのでまたこれがさらにややこしいという事になります。ここではin its historyと特定されていますが、in historyとすると、広い意味で、歴史上、という事になります。こちらの表現は様々な所でみられます。

 

rising insecurity

rising sunのrisingですね。ポジティブな場面で使われる事もあればネガティブな場面で使われる事も勿論ある言葉です。似たような表現ではgrowingなんてのもあります。rising insecurityによって人々の間に生まれるgrowing concernsみたいな感じですね。growもまた日本語の訳で成長するという風に覚えている人にとっては基本的にはポジティブな言葉としてとらえられがちですが、このようにネガティブな場面でも使われます。

 

were among

one of them、some of themの表現としてこのA is among Bという表現があります。この表現で面白い所は、B is among AにしてもOKという事ですね。更にポイントは、動詞は常にAに連動する事になります。ここではBがthe many issuesとなっているので、B is among Aの形にはめると、The many issues is~となりますね。issuesなのにisになる事に違和感を感じる方は多いと思います。英語の試験でひっかけポイントとして出てきそうな点だと思います。

 

aggressive

カタカナ言葉でもそのまま使われる言葉なので日本人にとっては馴染みのある言葉ですね。スペルは書けない、という方は意外と多いと思います。gとsが2つですからね。aggressiveな人、というとmachoな人達ですね。日本語で使うmachoは筋肉モリモリの人を指しますが、英語で言うmachoは、それよりも男気を無駄な程に言動で示すタイプの人達を指します。基本的には筋肉もりもりというイメージがそこにくっついてきます。なので見た目はマッチョでも実はとても声も小さくて喧嘩もしない優しい人なら、machoではなくTeddy bearになります。一気にかわいくなりますね。

 

hostility

敵意を意味する言葉で敵対心のある様はhostileという形容詞がありましたね。こちらの言葉で覚えている方は多いと思います。ちなみにそのちょっとピリピリした様はcompetitiveなんて言い方にできる場面もありますね。They seem competitive with each otherみたいな感じです。ピリピリというその状態そのものついてはtensionという言葉があります。日本語のテンションが高いのテンションではなく、なんだかピリピリした感じね、的なその空気を指す言葉として使う事ができます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop