初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

平均寿命が短くなる現象の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

average length

大人社会に生きるとこのaverageという単語は色々な所で見聞きすると思います。ここでは平均寿命ですが、ビジネスの世界や日常生活でも、平均で~、というニュアンスで、~ on averageみたいな使い方はとても多く聞かれます。average incomeなんて単語も大人であれば気になる所かもしれませんね。また日本語でカタカナ言葉として使うアベレージは、レの所にアクセントがいくような読み方をすると思いますが、英語では最初のaにアクセントが来ます。英語をカタカナ言葉としてどんどん取り入れる日本人は、英語を勉強しなくても自然に英語の知識が増えていくというのは良い事のように思えますが、反面、正しい発音でない為、カタカナ読みをそのまま英語を話す時に使う事で、相手に理解されない、というのは日本人あるあるだと思います。

 

to drop

dropと同じ意味合いで使われている単語がこの記事の中にはdeclineなどがありましたね。また同じ意味ではないですが、plateauはdropになる手前のステージという意味では覚えておきたい単語の1つだと思います。

 

to blame

A is to doという形で学校の文法で習った記憶がある方もいるかもしれませんね。英語の表現の1つとしてしっかりと理解しておきたいです。ここではblameすべき対象をAとするような意味合いで使われている事が分かると思いますが、Something is to be officially launched on~のように予定を意味するような形でも多く見られます。I was about to do somethingのような感じで、今~しようとしてた所だよ、みたいな感じで言ったりできますが、これも予定を意味する形です。

 

slowed

日本語でslowは形容詞のニュアンスで使う事が多いと思います。スローったね。みたいな動詞的なニュアンスの言葉ではないですが、英語ではそのままslowを動詞として使う事ができます。ただslowの反対にfastと考えると、fastはそのままで速くなる、というニュアンスの動詞としては基本的に使われません。これで動詞になるの?という他の言葉としては、この記事の中にある     shorteningがありますね。shortをshortenとすると動詞化され、短くするという意味になります。このenの機能は他の単語にも多く見られ、straightがstraightenになるのもその1つですね。ちなみにじゃあそのenをつけた形でfastがfastenで、速くなる、という感じ?と思ってしまいそうですが、fastenはシートベルトを締める、靴紐をしめる、のようなニュアンスの動詞になりますね。

 

over time 

ある一定の時間軸を指すようなニュアンスで使われるこの言葉ですが、timeを使った表現は本当に色々ありますし、上手く使いこなせると英会話の表現の幅が広がります。時々というニュアンスで  from time to timeなんてのがありますし、Do you have the time?なんかはとてもシンプルですが、よく使えそうな表現ですね。学校ではWhat time is it now?なんて言い方で覚えている人が多いと思います。

 

アメリカどうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ハイブランドの大きな動きの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

jewelry icon

iconはカタカナ言葉でも使われるようになってきますかね?ファッションアイコンと言えば、ファッション業界の流れやトレンドを生み出すようなオシャレさん等を指すもので、他にもクリロナをsoccer iconという事もできると思いますし、ラグビーならリーチさんがrugby iconと言えるのではないでしょうか。

 

is run by

runは走るという意味が日本ではまず最初にくると思いますが、英語のrunは本当に色々な意味で使われます。今回のように運営されている、経営されている、というような意味でrunを使う事もできます。民間組織だけでなく、国であってもA is run by ~という風に言う事だってできます。カタカナ言葉でも使われるランニングコストもこの運営する必要コストという意味で考えると分かりやすいですね。誰もジョギングのランニングとは思わないと思いますが笑。他にも遅刻している様をrunning lateなんて言ったりもできます。遅刻なので走っているというわけではないですね笑。

 

its interest 

interestはbe interested inという熟語で学生時代に覚えたものが頭の中にしっかりと入っている方は多いと思います。ただこの名詞interestも実際に英語では多く使われます。This article peaked my interestみたいな感じだと名詞になりますね。

 

sweeter

sweetという言葉は甘いという食べ物や飲み物に使えるのは勿論、He’s so sweet!みたいに人に対して使って優しいというニュアンスとしても使われますね。恋人にたいしてSweetieなんてのもありますよね。甘い物つながりでHoneyも恋人に使われますし、Sugarなんてのもありますし、Pieという呼び名だってあります。甘いものは色々ありますね。

 

skyrocketed

単語を知らなくてもなんとなく意味を想像できそうなのがこの単語だと思います。なんてったってrocketが入ってますからね。roller coasterを形容詞として使って波乱万丈だったり本当に色々な事がある大変な人生や生き方を表現したりできます。大変な事や色々な事があるという意味では英語ではdramaという言葉も使われたります。日本ではテレビ番組のドラマという使い方が一般的だと思いますが、カップルでも落ち着いたカップルもあれば、本当にいつも色々な事があって女の子が涙涙!みたいな激しいカップルもありますよね。こういうのをdramaと言ったりします。

 

 make a lot of sense

make senseは英会話を勉強している人であれば絶対におさえておきたいですね。辻褄があう、正しい、というような意味ですが、これの程度をこのようにa lot ofとしたり、逆にmake little senseとしたり、make no senseという風にしたりもできます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

外交準備の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

so unprepared

preparedは準備ができている状態ですから、接頭語unをつける事で出来ていない状態を表現する事ができますね。さらにここではsoをつけてその程度を強めています。soでその後ろの表現に強度を付ける感じは感覚的に多くの方が認識できると思いますが、例えばIt’s so youのようにして君らしいね、みたいな感じのsoになると、so beautifulのような感じのsoとは少し雰囲気が違い分かりずらくなるかもしれません。実際の会話の中ではこういう感じの色々なsoが使われます。

 

foreign

英語を勉強している人にとっては英語はforeign languageであり、foreignという単語は多くの方が知っていると思います。ただforeignを使う時にforeign+名詞の形で、foreign language, foreign cultureのような使い方のみで理解していると例えばThis word sounds foreignのような形になった時に、一瞬戸惑ってしまうかもしれません。すごくシンプルな英単語で完全に理解していると思っている単語でも、英語の世界では色々な形でその単語が使われているので、色々な使われる形を見て覚えていく事も大切です。幅を持たせたいですね。

 

Ukrainian

日本ではウクライナと呼ぶので、そのままウクライニアンという風に読み方を想像した人、いると思います。ここはjuːkréiniənとなり、raのところがréiという発音になっていますね。ちなみに頭の所もウではなくjuになっています。国名は英語読みでは日本のカタカナ読みとはかなり違う場合が多いですね。パリはスペル(Paris)の通り英語ではsが最後に発音されますし、ドイツのミュンヘン(Munich)はmjúːnikと読み、音だけ聞くとミュンヘンとすぐにイメージできない方も多いと思います。

 

the circle of people

そのままと言えばそのままですが人の輪ですね。同じcircle ofを使ってcircle of friendsとすれば交友関係を指す事ができます。ただこのcircle of~と聞くと多くの日本人の方はライオンキングのcircle of lifeを想像するのではないでしょうか笑。

 

a bunch of us

a bunch of~は沢山の、という意味で口語でもよく使われる表現です。なんだか響きが強いですよね、bunchという単語は。a bunch of losers!なんて表現で相手チームや誰かをののしったりする言葉もしばしば聞かれます笑。

 

babysit

ベビーシッターのbabysitですが、これはこれ単体で動詞になります。名詞のシッターの方だけ日本では一般的に使われますが、絵動詞のbabysitも使えるように覚えておきましょう。またbabyも動詞にする事ができ、She babied her carなんて言い方でとても丁寧に使っていた、メンテしていた、みたいな感じで言う事が出来ます。

 

異例の大統領ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ニューヨークの高波を防ぐ壁の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

towering

日本ではタワーという言葉がそのままカタカナ言葉でつかわれていますが、toweringにすることで高い様を表現する事ができます。高い建物は世界中に沢山ありますが、こういうものを表現する言葉としてはシンプルにtall buildingというような言葉が頭に浮かぶ方は多いと思いますが、英語には色々な言葉があります。skyscraperはその1つですね。skyをscrapeするもの、というとなんだか面白い感じを想像しますね笑。他にはhigh-riseなんて言葉で高層ビルを表現したりもできます。いずれもとてもシンプルな言葉ですが、その意味を知らないと、単語だけ見るとすぐに建物と頭の中で結びつかない人は多いと思います。

 

seawall

そのままと言えばそのままですね。seaとwallですから分かりやすいです。sea~という言葉は海に関係するものとして沢山ありますね。seasickは船酔いの様を表現できます。seaでsickとは分かりやすいです。seashoreは海辺を表現するものです。これもseaとshoreで分かりやすい言葉ですね。seashellは貝殻です。ガソリンスタンドのSHELLの貝殻のイメージにseaがつけば意味はすぐに推測できますね。ちなみみにseashell, seashoreとくれば、英語の早口言葉、She sells seashells by the seashore~、ご存知ですか?この後にも続くのですが、shとsiの音をしっかりと区別して発音する練習という意味でもとても良い練習になるので興味のある方は調べてみてください。

 

centuries ago

ここのcenturiesの時間はdecadesやyearsなどにしてもよいですね。また英語ではoldを使って~年物、~前の、というような言い方もよくしますね。decades oldだと数十年前の、という意味ですが、実際には数十年前のものでなくても4,5日前に食べ残したピザが冷蔵庫に残っていたら結構古いねって話ですから、それを大げさにdecades oldなんて言ったりもできるわけです。

 

coexist

coはco worker, co pilotのように、共に、というニュアンスをつける言葉になります。existは存在する、ですから、coをつける事で共存する、というニュアンスになるわけですね。

 

swept away

sweepはお掃除はきはきをsweepといいますが、掃除でsweepするだけではなく、掃除で掃き散らしてしまうように、何かを一掃してしまう様を表現する事ができます。海辺で波にガッとさらわれてしまう様はまさしくsweepされる様です。サッカーではスイーパーというポジションがありますが、これはディフェンスの最後尾で特定の人をマークせずにカバーやこぼれた球をさばくようなポジションですが、これもこぼれ落ちたゴミをササッと掃く感じをイメージすれば分かりやすいですね。現代サッカーではあまり聞かなくなりましたが。

 

波は怖いです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

航空会社ランキングの記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

航空会社の記事のようですね。

 

 

2019

年の読み方はtwo thousand nineteenという読み方だけでなくtwenty nineteenという風に20と19をわけで読むような言い方もありますね。東京オリンピック2020をtwenty twentyなんていう風に言ったりしていますし、なんとなくこの2つに分ける言い方は知っているという方も多いと思います。

数字に関係する読み方で意外とうまく読めないという方いらっしゃると思います。2/3はtwo thirdsです。日本では分母から読みますが、英語読みでは分子から読んでいますね。1.5の「.」はpointと読みます。ですのでone point fiveという具合です。ちなみに0.5であればシンプルにpoint fiveという風にzeroを言わないで言ったりもします。

 

to the other

the otherというのは特定されたもののもう一方の方を指す言葉です。英会話の中ではこのthe other(s)はとても多く出てきますが、意外とそのニュアンスをうまくつかめていない人がいると思います。2つの選択肢があれば、一方に対してそのもう一方は、どこにあるか分からない1つではなく、特定された一方なのでthe otherとなります。これが複数であればthe othersとなります。「これのこと?」「違うよ、もう一個の方!」みたいな感じの会話って結構ありますよね。そんな時に、No, the other oneという風に言う感じです。

 

a plus

a plusはそのままですね。日本ではプラスという言葉がカタカナ言葉として一般的に使われていますね。ちなみにこのa plusの使い方として、おまけ的なニュアンスで使われる事もあります。何かの商品を買ってそれを使っていたら、当初の目的と違う事にもその商品が使える事が判明し、ラッキーみたいな時に別の目的にも使えるという事はThat was a plusとしておまけ的な事だったという具合です。

 

it’s worth

it’s worth~というのは英会話ではとても多く聞く表現だと思います。この~には名詞が入りますのでworth $500なら$500の価値はある、worth buyingなら買う価値はある、という感じですね。

 

is rated

日本ではレートなんてカタカナ言葉が一般的に使われているので、この表現についても何ら違和感なく読めると思います。似たような表現としては rankedなんてのもありますね。これも同じくランクというカタカナ言葉があるので問題ないですね。

 

route

日本でのカタカナ言葉ではルート、ですが、アメリカ英語ではráutと読みます。ムムっという感じですよね。音だけ聞くと、最初はrouteの事を言っているとは分からないかもしれません。英単語を覚える時は必ずスペルと音と、セットでおさえることが重要です。

 

the remaining

残りの~という表現ですね。とてもシンプルですが似たようなものとしては先ほどでたthe other~なんて形でも良いですし、  the rest of ~なんてのも定番の形です。

 

日本の航空会社の評価は高いですね。

 

本日は以上です!

 

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop