看護師として外国人患者を安心させる為の英会話

こんばんは!

 

プロ野球は熱い戦いが続いています。

 

そして、日本列島は熱い気温に本日は悩まされました。

 

異常な気候は必ず何か悪い影響が出ます。やはり温暖化の影響なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在看護師としてご活躍していらっしゃり、今回アデュールでの英会話をスタートしていただく事になったきっかけは、主にアジア圏の外国人の患者様への英語での対応ができるようになること、そして、海外旅行に行った際にしっかりと英語で対応できるようになること、というこの2つの目的があったからでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師の方が、外国人の方を対応する、というシーンは今までよりも更に多くなってきているのではないでしょうか。

 

阿部政権は今後年100万人単位で外国人居住者を増やす政策を打ち出していますし、観光の面でも、日本への環境は政府の努力もあって、年々訪日する外国人観光客は増えてきています。

 

 

 

 

まさに、今後日本で外国人をみる機会が減る、という事はほぼ考えられず、むしろ増える、という事がかなり現実的な判断である事は間違いありません。

 

そんな中、医療という人間の生活に必要不可欠な場所では既にそのような変化は顕著にみられているようです。

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は、現段階では、全くと言っていいほど英語でのコミュニケーションがとれない状況で、少しでも話せるようになる事で、患者さんの気持ちをやわらげてあげたり、不安を取り除いてあげたりしたい、とお話されていました。

 

日本のナイチンゲールです!

 

 

 

 

外国人は一見みんなタフそうで、強そうですが、やはり私達が普通に暮らすこの日本は、彼らにとっては異国であり、いつ何かあったときに、母国の土をもう踏む事ができなくなったらどうしよう、というちょっとした緊張感は、本人が感じずとも、心の奥底に必ずあると思います。

 

ましてや病院にかかるともなれば、さすがに多くの方が不安な気持ちになられるはずです。

 

アメリカに旅行に行って、急にお腹が痛くなって現地のお医者さんに片言の英語でのりこんだらどうでしょうか。

 

不安いっぱいなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、日本語で面倒をみてくださるナースさんがいれば、これほど安心な事はないです。

 

全てを任せようという気持ちにさせてくれるでしょうし、そうでなくとも、冷静に今の状況を判断できるようになるはずです。

 

 

 

 

 

 

そういった意味で、本日の生徒様のように看護師の方々が外国人患者の方を安心させてあげるという事、これは日本の国としての政策としても感がるべきものである位重要な事であると思います。

 

本気で国が外国人居住者を増やそうとするなら、そういった生活のインフラ面から抜本的な改革が必要なのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様はただえさえ毎日忙しい今の生活、そして自分の専門分野の事について今でも学ぶ日々ですから、英語のレッスンを入れる事、それ自体がかなりの追い込みになるようです。

 

ですから、レッスン内容も生徒様が続けていける、楽しいと思ってやれる内容、編成であるべきで、講師もその意識は強く持っています。

 

 

 

 

そしてその努力が結果として大好きな海外旅行の楽しみを更に大きくしてくれるわけですから、まさしく一石二鳥とはこの事です!

 

 

 

今後の生徒様の頑張りに期待です!

 

 

本日は以上です。