看護師として将来的に海外の大学に留学する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

少しずつ秋に近づいてきていますが、関東地方はしばらく暑さが続くみたいですね。ここまでくれば最後の暑さを楽しんでやりましょう!!!

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在看護師としてお勤めで、今回アデュールのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事が理由ではなく、一社会人として英語位はしっかりと話せるようになりたいこと、そして将来的に海外の大学に留学したいから、という事でした。

 

こちらの方、現在40代で小さいお子様もお2人いらっしゃいます。

 

それでも海外の大学へ留学してしっかりと勉強したい、という強い気持ちを持っていらっしゃり、旦那様もその夢を応援してくださっているようです。

 

素敵なご夫婦ですね。

 

そんなご夫婦と、夢に掻き立てられた強いお母さんを見て育つお子様もまたとてもたくましい将来有望な大人に育っていくのでしょう。

 

現在は丁度育児休暇を取れているタイミングの為、ギアを上げるのは今のタイミング、と判断されたようです。

 

学生時代にも数か月海外に語学留学されたりと、英語の勉強はライフワークの中に入れてこられたようで、忙しい時期にあまり時間が取れなかったりしたものの、1年、2年、全く英語から離れたという事はなかった、という事でした。

 

素敵ですね!

 

続ける事、これはとても大切な事ですし、英会話習得は長期戦です。

 

特に日本にいながらその力を高めていくのは、しっかりと自分を長期で律する事ができないとなかなか難しいものです。

 

そういう意味で、こちらの生徒様はこの間の学習の成果をしっかりと今回の体験レッスンでも発揮されていました。

 

簡単なトピックであればスムーズに話す事が出来ていらっしゃいましたし、時折出てくる難しい単語についても先生にヒントをもりながら、幾度となく以前覚えた単語を思い出す、という事をされていました。

 

この思い出す、記憶の扉を解放する、という作業は、語学学習において、とても大切な事です。

 

簡単に言えば、「復習する」という事なのですが(笑)、単に単語帳やノートを見て確認するのではなく、実際の会話の中で「あ~!その単語前に習ったけどほぼ忘れかけてた!」と感じるその感じがとても学習には良い瞬間なんですね。

 

そういうシーンで思い出した言葉というのは、次はなかなか忘れないものです。

 

英語学習を長くしている方の中には、なかなか難しい単語やフレーズ、ことざわ、などこれは一生忘れないだろう、と思っている自分の宝箱の中に入っているような表現がいくつかあると思います。

 

そして、その中のいくつかは恐らく、自分が感動した、驚いた、など興奮した、など何か強い感情と一緒になって覚えた表現があると思います。

 

人は緊張状態にいる中で見た光景や物事を記憶に強く残す、みたいな話を以前聞いた事がありますが、それは間違いなく一理あると感じますし、緊張じゃなくても、強い感情を伴うものは記憶に残りやすいというのは多くの方が経験から学んでいらっしゃる事だと思います。

 

かと言って、全ての単語を覚える時にわざとらしく「Wow!!!!!」なんて言って覚えていても意味はないですね笑。本当に意味で「Wow!!!!」とは思っていないはずですから。

 

でも会話の中で「あ~、それそれ!」みたいな事がある時の感情は強い感情が伴うのでとても良い練習になります。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!