森のモンスター

こんばんは!

 

今日も楽しい動画みてみましょう。とても興味深い素材をあげてくださっている方に感謝です。

http://www.youtube.com/watch?v=N8JiAPFxAek

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に動画を制作された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

1人の少年がマスターに弟子入れを申し入れ、マスターの教育をしっかりと受けました。そしてマスターの一番の弟子になりマスターのもとを卒業する事になり、卒業祝いに武器を授かりました。

彼は家へ帰る途中、のろわれた森を抜けていきました。途中でそれをみかけた男達は、森には誰でも殺してしまう恐ろしいモンスターがいると忠告しましたが、この少年は自身に満ち溢れ、恐れ知らずでした。

そして彼は森で恐ろしいモンスターに出会うのでした。

~要約終わり~

 

teach me everything I need to know(0:10)

英語らしい表現の一つです。everythingが関係代名詞の先行詞になっていて、私が知る必要がある→全ての事、という意味にしているんですね。

follow my orders(0:18)

orderは指示といニュアンスでfollowは従うですね。followは英会話では頻繁に使われ、このように~に従うというニュアンスもあれば、日本語でいうフォローに近い、follow meのようについてこい、というニュアンスでも使えますね。

 

all he knew(0:30)

これも先に触れた、関係代名詞の表現で、彼が知っていた→すべてのもの、という形になっているんですね。allを先行詞にした英会話の表現は無限にあり、all you have(あなたの全財産、もっているもの)や、ビートルズの名曲all you need is loveなんかも定番の言い回しですね。

ビジネス英会話なんかですこし気の利いた言い回しだと、All you have to do is~で、~しさえすればいい、というニュアンスにできます。

 

as a special gift(0:44)

asは~として、という意味でしたね。過去の記事でも取り上げています。

you can go back to your home(0:48)

家に帰るという言い方は意外と色々ありますよね。go homeでもいいですし、come homeでもいいですよね。ただ、come homeはcomeと言っているだけあって、帰ってくる、というニュアンスですよね。英会話では色々な表現が使われるので注意して聞くとおもしろいものです。

on his way home(0:55)

~の途中という言い方で、on one’s wayという英会話定番の表現があります。過去の記事で詳しく触れています。

 

don’t go through(1:02)

throughは抜ける、通る、という意味で、go through ~で、~を通り抜けるというニュアンスになりますね。プリンスは森に行くのではなく、森を通り抜けるのでここではgo throughが的確ですね。go to forestだと森に行く事が目的になってしまいます。

 

as fearless as a young lion(1:13)

幼いライオンと同じくらい怖いもの知らず、というニュアンスですね。おもしろい英語表現ですね。as ~asのなどの比較級の表現はアデュールのブログでも1度触れています。

 

kept walking(1:25)

keepは動名詞とくっつく動詞の代表作でしたね。赤ずきんの記事や、Rosaの記事でも取り上げています。

 

with a head(1:38)

人や物を表現する際にwithで表現する事がしばしばあります。君がすきなのどの子?といわれて、ほら、あの子だよ、きれいな目をしたあの子!なんていうときに、The one with beautiful eyes!なんていえますね。王様の記事や、もりの記事でも取り上げています。

 

a huge belly(1:57)

bellyはおなか、という意味でしたね。過去の記事でも取り上げました。

 

なんかかわいいモンスターです笑。

 

本日は以上です。

 

 

ライオン対ジャックル

こんばんは!

 

今日も動画みていきましょう。とても興味深い素材をあげてくださっている方に感謝です。

http://www.youtube.com/watch?v=FdC1wkQT79o

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に動画を制作された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

ライオン:この洞窟に何か動物が住んでいやがるな。陰に隠れて襲ってやろう。

ライオンはしばらく待ちましたが何も出てきませんでした。

ライオン:きっと今は出掛けているんだ。もう少し待とう。

その洞窟はジャックルのスミカで、しばらくするとジャックルが帰ってきました。ジャックルは洞窟の前で足跡に気付きました。

ジャックル:なんだこの足跡は?この大きさからするとライオンか虎に違いない!

~要約終わり~

 

behind the bush(0:09)

behind~で~の後ろ、という意味ですね。超基礎英単語です。behindは物理的な表現が多いですが、cheat behind his backみたいな言い方で、彼に隠れて浮気する、なんて表現もあります。この場合は後ろというのが背後、みえないところで、というニュアンスになっているんですね。

 

till the animal comes out(0:13)

tillはuntilと同義語ですが、tillは口語的なんですね。英会話ではtillが頻繁に使われますが、ライティングでは使われることはないと考えていいと思います。といいつつ、untilも普通に会話の中で使います。tillのほうが感覚的にくだけている程度です。

 

pounce on(0:13)

~におそいかかる、という表現ですね。

 

waited for(0:27)

wait forは~を待つ、という表現ですね。waitは前置詞forとセットで覚えてもらいたいですね。超基礎英会話表現です。

 

there is no one inside the cave(0:35)

英語らしい表現ですね。there is~で、~がある、いるという表現でそこにno oneやnothingを置くことで、誰もいない、何もないとう表現にできるんですね。there is nothing I can eat here.ここには食べられるもが何もない、みたいな感じで文章が作れます。

 

I’m sure ~(0:50)

英会話で定番中の定番表現、~は確かだと思う、~は確実だ、という表現ですね。I’m sure he loves me(彼は私の事を愛しているはずよ), I’m not sure if she loves me(彼女が僕のことを愛しているかどうかわからない)みたいな感じですね。

 

as he was about to enter the cave(1:41)
about to doは今からまさしく~するところ、というニュアンスで英会話で頻出表現です。I was about to go to bed. What’s up?(もう寝ようとしてたとこだよ。どした?)みたいな感じですね。過去記事でも取り上げています。

 

he noticed the footprints(1:44)

footprintは足跡ですね。fingerprintが指紋。以前の記事でも一度触れています。

 

ジャックルはこの後どうするんですかね?

 

本日は以上です。

 

 

ヤギの前世

こんばんは!

 

今日も動画みていきましょう。とても興味深い素材をあげてくださっている方に感謝です。

http://www.youtube.com/watch?v=DA-WQH-fZhs

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に動画を制作された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

召使:入浴中、ヤギが笑い出し、しばらくすると泣き出しました。なぜ泣いているのか聞くと、彼はあなたの事を考えたからだといいました。

導師:おろかなヤギめ、なぜ泣いていたのだ。

ヤギ:あなたは私をいけにえにするのですね。入浴中に自分の前世を悟りそれがわかりました。前世では私はあなたのような立場でヤギを殺しました。そして私はおろかなヤギとして生まれ変わりました。でも今殺されることで前世でヤギを殺した罪をつぐなえるのですからとても嬉しくて笑っていたのです。

導師:ではなぜ泣いていたのか?

ヤギ:あなたが私を殺すことで、私と同じ様にあなたもヤギに生まれ変わり、誰かに殺されることになるからです。

召使と導師はそれを聞いてとても驚きました。

~要約終わり~

 

after a while(0:13)

しばらくして、という英会話定番の表現です。a whileは不確定の一定期間を指します。

Why he was crying(0:18)

なぜ彼は泣いているのか、という意味ですね。語順がwhy was heになっていないのかというと、間接疑問文だからですね。文の中に疑問詞がまぎれこむパターンですね。英会話を習っている方には絶対にマスターしたい表現です。過去の記事でも取り上げています。

 

Because he thought of you(0:20)

think of 人、で、人の事を考えるという表現です。意外と使えない表現の一つではないでしょうか。他にもhear of ~で、~について聞くという表現で使えます。前に海外ドラマでみた1シーンを今思い出しました。2人の人が近くにいるひとの事について、こそこそ話をして、彼に聞こえないようにしなきゃね、と言ったときに、その彼が「もう聞こえたよ」という時に、I heard of itと言っていました。そんな感じですね。

 

The Priest was annoyed(0:26)

annoyは、~をいらいらさせる、という意味で、ここでは受身形になっているので、させられたんですね。

 

You stupid goat(0:30)

stupidはおろかな、という意味ですね。大人な会話では絶対に使いたくない単語です。以前の記事でも取り上げています。ちなみに文章に導師がないですね。ここにはYou (are)が隠れているんですね。口語では文法はしばしばめちゃくちゃになります。私の友人はたまに私に対して、You idiot!なんていいますがこれもbe動詞が隠れています。誤解のないように言っておきますが、大親友ですからね笑。この表現かなり強めの意味なので笑。

What made you laugh and cry(0:35)

これはすごく英会話らしい表現ですね。英会話学習者の方が大好きな(笑)使役動詞makeです!make you laughでyouをlaughさせる、という形になっているんですね。makeは強制の意味が強く、letは許可の意味が強いという形で中学校のときに習ったのではないでしょうか。使役動詞は以前にも豚さんの記事亀の記事クリントン国務長官の記事でも取り上げています。

 

sacrifice me today(0:41)

sacrificeは犠牲にする、という意味です。これは人を犠牲にするというそのままの使い方でもいいですし、時間やお金を犠牲にするという日本語と同じ様な使い方もできます。Don’t sacrifice your time(時間を犠牲にするな)。

 

servant(0:50)

使用人、召使、従業員などの意味です。serviceの変化形なのがわかりますかね?公務員なんかはpublic servantと訳されたりしますよね。

and will be killed by someone else(1:30)

殺されるの未来形なのでwillがつき、助動詞の後ろだから原形のbe動詞になっていますね。そして他の誰かに、というsomeone else。someoneなら誰かですが、someone elseにする事で、「他の」というニュアンスを強めます。誰かにものを頼まれて、他の人に頼んで、という時はask someoneでは少しぎこちなく、someone elseにした方がいいですね。微妙なニュアンスです。

 

すごい話ですね笑。

 

本日は以上です。

 

 

悲しいカラス

こんばんは!

 

今日も動画みていきましょう。とても興味深い素材をあげてくださっている方に感謝です。

http://www.youtube.com/watch?v=F0WZmrhHGKg&feature=relmfu

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に動画を制作された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

この場所はとてもきれいな場所だけで、僕達以外誰もいないね。

そうね。友達がいないのは寂しいわ。

でもお昼時には色々な人に会えるよね。それに、心配しなくても数日後にはたくさんの家族がくるよ。

-ある日、彼らがえさを探しに出て帰ったとき、彼らの卵がなくなっている事に気付きました。メスのカラスは悲しみ、オスは卵を探しにいきました。

~要約終わり~

 

peaceful(0:09)

平和、安らぎを意味するpeaceの形容詞の形ですね。英会話では品詞の使い分けはとても大切ですね。

 

did you notice one strange thing?(0:14)

noticeは気付く、ですね。基礎英単語です。そしてone strange thing。thingは事、物を指し、物理的にも概念的にも使われる英会話定番の単語です。strangeな事、という意味ですね。彼はいい事をしたね、という時にHe did a good jobというかもしれませんが、He did a good thingでもいいわけですね。

 

I feel lonely without friends(0:25)

lonelyは孤独で寂しいという意味ですね。aloneも1人ぼっちという意味で使われますが、aloneに寂しい感情は基本的に含まれていません。I was aloneというと、1人だったよ、というだけであくまで1人だったという状況だけを伝えています。lonelyは寂しいんですね。英会話基礎単語ですね。

 

during lunch time(0:28)

duringは~の間という意味でしたね。前置詞duringに対して、接続詞whileとの対比をイギリス王位の記事や、仙台空港の記事モリの物語で何度も取り上げています。

 

more families will come here(0:39)

頭に比較級のmore?どこかにthanはくるの?そんな疑問がでる文章ですよね。英会話ではとてもナチュラルな表現で、もっとたくさんの家族がくるよ、という意味になっており、「もっと」という意味になっているんですね。Eat more.もっと食べな!なんていうのも同じで、会話の中で必ずしもthanを伴うわけではないんですね。

They both went out(0:47)

彼ら2匹とも、という言い方でthey bothといっていますね。同じ様に英会話ではYou all(あなたたちみんな)みたいな言い方もします。アメリカ南部ではこれを略して、y’allなんて言い方をします。他にはYou twoなんて言い方もしますね。You two did well(きみたちよくやったね)。おもしろい主語ですね。

her eggs were missing(1:28)

~がない、なくなっている、という表現でbe missingという表現を使います。missingは以前の記事でも取り上げています。

 

What happened to my eggs(1:38)
私の卵に何が起きたの?という意味で卵がどうしちゃったの!という感じの意味になるんですね。以前の記事でも一度触れています。

 

話が途中できれているので、ちょっと変な感じですが笑。英語の勉強には問題ないですね!

 

本日は以上です。

 

 

ハトの団結力

こんばんは!

 

今日も新しい動画みていきましょう。とても興味深い素材をあげてくださっている方に感謝です。

http://www.youtube.com/watch?v=PvHHH7TN01o&feature=relmfu

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に動画を制作された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

あるところにハトの群れがいました。彼らがごはんを食べていると、突然彼らの上に網がとんできました。

彼らは必死で網から逃れようとしましたがダメでした。絶望の中、ハトのリーダーは他のハトを落ち着かせ、一致団結し、網と一緒にみんなで飛び立とうと言い聞かせ、網と一緒にハトたちはいっせいに飛び立ちました。

それをみたハンターはただただ愕然としていました。

~要約終わり~

 

As soon as(0:08)

これは英会話初級の方には絶対覚えていただきたい表現ですね。~するとすぐに、という意味ですね。As soon as S + V, ~で、

 

A huge net fell over them(0:10)

fall over~で~に落ちてくる、かぶさってくるという意味ですね。この英単語のoverを使っているところが英会話学習者にはなかなかなれないところだと思います。

 

trying to come out(0:22)

come outで抜け出す、出てくるというニュアンスで使われています。動詞+outという表現は英会話では定番の表現です。come outは体や物だけでなく、アイデアや音などにも使えます。便利な英熟語です。

 

it was in vain(0:23)

in vainで無駄なという熟語ですね。英熟語集には必ずのっている定番表現ですね。

 

Just then(0:29)

ちょうどそのとき、という意味です。英会話でjustはとても頻繁に使われ、今回のようにまさに、というニュアンスもあれば、ただ単に、とりあえず、みないなニュアンスでも使われ、とても幅広く使われる英単語です。

なんでそんな事も彼女に言えないの?と言われ、わかんないけど、なんか言えないんだよ!みたいなニュアンスのときにI don’t know, but I just can’tみたいな言い方をしますし、行くかどうか迷っている友達に「とりあえず行けよ!」みたいなニュアンスで言う時、Just go!なんていいます。

使い方をマスターすればとても微妙なニュアンスを表現できる素晴らしい英単語です。

 

coming towards them(0:32)

towardsは~に向かって、という意味です。英会話の中で使うのが意外と慣れない英単語だと思いますが、決して固い表現と言うわけでなく、日常会話でも使われます。

 

 he did not lose his patience(1:00)

lose patienceで我慢できなる、辛抱できなくなる、耐えられなくなる、ニュアンスですね。loseはこのような使い方でよく使われ、lose one’s temperでtemper(気分、機嫌)を失うというニュアンスで、怒るという使われ方などがあります。

 

along with the huge net(1:57)

alongは~に沿って、~と一緒にという意味ですね。

 

こんな光景本当にみれたらスゴイですよね笑。

 

本日は以上です。