悲しいカラス

こんばんは!

 

今日も動画みていきましょう。とても興味深い素材をあげてくださっている方に感謝です。

http://www.youtube.com/watch?v=F0WZmrhHGKg&feature=relmfu

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に動画を制作された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

この場所はとてもきれいな場所だけで、僕達以外誰もいないね。

そうね。友達がいないのは寂しいわ。

でもお昼時には色々な人に会えるよね。それに、心配しなくても数日後にはたくさんの家族がくるよ。

-ある日、彼らがえさを探しに出て帰ったとき、彼らの卵がなくなっている事に気付きました。メスのカラスは悲しみ、オスは卵を探しにいきました。

~要約終わり~

 

peaceful(0:09)

平和、安らぎを意味するpeaceの形容詞の形ですね。英会話では品詞の使い分けはとても大切ですね。

 

did you notice one strange thing?(0:14)

noticeは気付く、ですね。基礎英単語です。そしてone strange thing。thingは事、物を指し、物理的にも概念的にも使われる英会話定番の単語です。strangeな事、という意味ですね。彼はいい事をしたね、という時にHe did a good jobというかもしれませんが、He did a good thingでもいいわけですね。

 

I feel lonely without friends(0:25)

lonelyは孤独で寂しいという意味ですね。aloneも1人ぼっちという意味で使われますが、aloneに寂しい感情は基本的に含まれていません。I was aloneというと、1人だったよ、というだけであくまで1人だったという状況だけを伝えています。lonelyは寂しいんですね。英会話基礎単語ですね。

 

during lunch time(0:28)

duringは~の間という意味でしたね。前置詞duringに対して、接続詞whileとの対比をイギリス王位の記事や、仙台空港の記事モリの物語で何度も取り上げています。

 

more families will come here(0:39)

頭に比較級のmore?どこかにthanはくるの?そんな疑問がでる文章ですよね。英会話ではとてもナチュラルな表現で、もっとたくさんの家族がくるよ、という意味になっており、「もっと」という意味になっているんですね。Eat more.もっと食べな!なんていうのも同じで、会話の中で必ずしもthanを伴うわけではないんですね。

They both went out(0:47)

彼ら2匹とも、という言い方でthey bothといっていますね。同じ様に英会話ではYou all(あなたたちみんな)みたいな言い方もします。アメリカ南部ではこれを略して、y’allなんて言い方をします。他にはYou twoなんて言い方もしますね。You two did well(きみたちよくやったね)。おもしろい主語ですね。

her eggs were missing(1:28)

~がない、なくなっている、という表現でbe missingという表現を使います。missingは以前の記事でも取り上げています。

 

What happened to my eggs(1:38)
私の卵に何が起きたの?という意味で卵がどうしちゃったの!という感じの意味になるんですね。以前の記事でも一度触れています。

 

話が途中できれているので、ちょっと変な感じですが笑。英語の勉強には問題ないですね!

 

本日は以上です。