酒の新しい使い方の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnの記事からいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

シンガポールの記事のようですね。

 

 

 

 

known for

known for~で~で知られている、というお決まりの英熟語になりますね。knownにはwellをつけてwell knownというようにすることもできます。またforをasにかえると~として知られいるという風になります。known forが例えばその美しさでのような感じだと、known asは世界一の美人として、のような感じでの使いわけになりますね。

 

anywhere else

elseは他のというニュアンスを足し他のどこでも、という感じにできるんですね。これはanyoneでも同じで他の誰でも~という感じやanything elseで他の何でも、という風にもできます。また意外と知らなかったという形としてはeveryone elseなんてのもあります。everyoneは自分を含みんななのでelseはつきようがない、と思った方、そんなことはないんですよ~。

 

culinary combos

comboという単語。日本でもよく聞かれる単語とはいいつつ、2つのもののセットという感じの位のふんわりしたイメージでそんなに使う感じがイメージできない方もいらっしゃるかもしれません。このcomboは海外ではとても身近な所で聞かれます、そうファストフードの~セットは英語で~comboと言う事ができるので、チーズバーガーセットならCheeseburger comboなんていう風に言う事ができます。これらのセットメニューをまとめてCombo mealみたいに書かれていたりもします。

 

one-of-a-kind

覚えてしまえばなんでもない表現で唯一無二の、というようなニュアンスの言葉です。なんだか響きも感じもかっこいい言葉ですよね。唯一無二とはまた少し意味合いは異なりますが、似たようなニュアンスの言葉としてdistinctiveという単語があります。これは独特なという意味の言葉で、例えばある歌手の声がとても独特な声で声を聞けば一発でその人と分かる、みたいな感じですね。

 

to compliment

complimentは褒める事を指す表現ですが、これはそのままの同じ形で名詞としても使う事ができます。お決まりの形としてはI’ll take it as a complimentみたいなものがあります。お世辞っぽく言われたりちょっと皮肉交じりに褒められた時に、こちらはそう捉えたという感じで、サンキュー(笑)みたいな返し方で言うという感じです。あとは普通にThank you for your complimentがあります。これは素直にそのまま褒めてくれたことについてありがとね、という表現です。

 

nothing pairs better with

nothing is better than~で、~が一番という表現になるのは英語らしい表現ですね。ここではそのそれをpairsという言葉にさらにwithをつけて表現を少し足しています。

 

面白いですね。

 

本日は以上です!