超豪邸購入の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

Obamas

~家、という言い方としてlast nameにsをつけるのはお決まりの形ですね。Simpsonsはシンプソン家の物語ですよね。Jonesさん家ならJonesesです。Steve Jobsのように複数形のように見える名前のJobsさん一家だと、、、、Jobsesですね。なんだか変な感じがするかもしれませんが。

 

8,200-square-foot mansion

foot? feet?と思った人いるのではないでしょうか。単数footに対して複数形はfeetです。8200という複数の数字があるのならfeet,となりそうですが、ここではハイフンがついて複合語を形成し、その後のmansionの形容しています。これは10-minute walkとか5-year-old girlのようなパターン同じですね。これらもminutesにはならずに単数のminute, yearsではなくyearですよね。

mansionは豪邸を意味する言葉で、日本でいうマンションとは英語での使われ方は異なります。ディズニーアトラクションのホーンテッドマンションは実際には日本でいうマンションではなく、大きい一軒の家ですよね。

 

they were initially

initiallyという言葉は最初を意味する言葉ですね。似たような表現ではoriginallyなんてのもあります。最初、という事だけで言えば、in the first placeという表現があります。これは最初の段階で、という言い方ですが、最初の段階で止めておけばよかったよ、、とか最初の段階でどうしてわからなかったの?とかそういう感じで使える便利な表現です。

 

intends to

intend toは英熟語集では必ずiの列で入っていますね笑。熟語を覚えて強い所は、やはり文章が一気にできやすくなるところです。名詞はintention、I have no intention of~だと、~するつもり、意図はない、という言い方になりますね。逆にWhat are your intentions with my daughter?なんて形だと、娘とはどういうつもりで付き合っているんだね?的な表現になります。こう書くと怖いパパを連想させますね笑。

 

second from left   

位置関係を表現する事も日常英会話ではよくある事なのでおさえておきたいですね。そのままですが左から2番目がsecond from leftで、この後にはfar rightという表現で、右端を表現する形もあります。端、、、と日本語から考えるとすぐにこのfar rightとは出ないと思いますが、表現として覚えておけば便利です。端という言葉だけでいえば、edgeという言葉もあれば、end of the tableなんて言い方でテーブルの端、というような言い方にもなります。

 

すごい豪邸ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

国別の異なる対応の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

get your bags back

get something backは何かを取り戻す、という意味の表現ですね。日常英会話の中でも普通によく使われる表現だと思います。get A backだと話しての所に戻ってくる動きになりますが、give A back to BだとBの所に戻していくという動きになります。勿論give it back to meだと自分の所に戻せとなるわけですから、getする感じと同じです。使い方次第です。I’ll get your money backだとIがYouのお金を取り戻すという事です。それにしてもbags backてなんだか似たような音が続いておもしろいですね笑。

 

generous window of opportunity

windowは窓ですがここではopportunityについてのwindowという風になっていますね。実際の窓ではない事が分かると思います。日本でも比喩的に窓という言葉を使う事もありますが、英語も同じです。This is a window for us to~みたいな言い方にすると、自分たちが~できるチャンス、糸口だ的な言い方にできます。generousは気前のいい様ですね。generousな人ばかりが世の中にあふれていればいいのですが、そうはいかないです。

 

spend on hold

on holdは待たされる様ですね。電話の表現ではお決まりで、少し待って、という時は勿論動詞が必要なので、on holdとは逆で、hold on!という言い方になりますが、on holdは状態を表現するもので、I have been on hold for 20 minutesだと20分電話で待たされ続けているという事になります。電話の表現は他にはpick upが電話を取るですね。反対に切るのはhang up。onをつけて切る相手をつけるとhang up on meというと意味が強くなり、話の途中で切ったりなんだか怒って切った時など使われたりしているシーンはよくあります。She hung up on me..と言ったら、電話切られちゃったよ、、となるわけです。

 

end up in either

end upは最終的に~になる、という言い方で、その後ろにはend up being~という風に動名詞の形が来ることもあれば、このように前置詞に続けて表現されるものもあります。今回は電話の行きつき先という意味でのend up in Aという形ですが、勿論人のを対象にする場合もあって、How did I end up in Shibuya?なんて言い方だと、なんで私今渋谷にいるの?みたいな言い方になります。酔い過ぎて途中の記憶が消えたりして、あれ今ここどこ?みたいな経験した事がある方、いらっしゃるのではないでしょうか笑。

 

old-school

学校の話ではなく古いスタイルな考え方を意味するもので、今回のようにネガティブではないい方で使う事も勿論できます。その人の考え方や性格などを形容する事もできるので、I’m old-schoolという文章も成り立つわけです。

 

色々ありますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ネットからの対策の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

イギリスの記事のようですね。

 

 

 

 

crack down

そのままですが厳しく取り締まるという意味の表現です。crack単体ではヒビや割れ目を意味したりしますね。名詞でもありますし、 My phone screen is crackedという風に動詞にもなります。地震によって壁にひびがはいるのもcrackです。

 

co-operate

coは共同で、という意味ですね。この後ろにはco-ordinatedという言葉もあります。co-existは共存、ですね。co-workerは同僚、co-founderは共同経営者、他にもco-author、共著者、co-creator、共同設計者、など色々ありますね。co-pilotなどは学生時代に聞いた事があるかもしれません。

 

softly-softly

2回繰り返して言うのは意味を強調しているというのは日本語でも同じだと思います。強調という意味では英語では色々なパターンがありますが、一般動詞を使った文章で、I DO like~のようにdoやdoesをつける形、強調部分を大文字にしたり、Nothing is better than~のようにNothing, No oneなどを主語にする事で後ろに置くものを強調する形、色々なパターンがありますね。会話の中ではそこを強く話すなどは日本語でも同じように行われる手法だと思います。

 

tackling the threat

日本語で使うタックルというカタカナ言葉はスポーツのタックルが一般的ですが、英語のtackleは~に取り組む、という意味の表現で、問題、課題を目的語に置く形としてはとても一般的なものです。政治に関わらず、日常生活でもビジネスでも色々なものにtackleするという表現が使えます。~に取り組む、という意味ではwork on~、という形も一般的に使われるものです。What about ~? I’m working on it now. みたいな感じです。

threatは脅し、脅迫を意味する言葉ですが、1つ1つの個別の脅迫を意味する事もありますが、広くテロ社会全体を指す事もありますし、大きな1つの概念という意味からの脅威、というような使い方もできます。

 

obviously harmful

obviouslyは英会話の中ではとてもよく聞く言葉だと思います。これは副詞の形ですが、形容詞の形obviousも便利な言葉です。It’s so obviousみたいな形で、バレバレ感や、明らかな様を表現できます。このobviousはスペルも注意したいですね。bとv、日本語の方かな言葉ではいずれも同じ音にされることが多いと思います。見た目の明らかさという意味ではapparentlyという言葉もありますね。harmfulは害のあるもの、harmlessは害のないもの。接尾語lessは~がない、という状態でしたね。hopelessは希望がない様、cluelessは手がかりがない様、つまり頭の中で、「??」となっている状態です。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

最大規模のベネズエラのデモの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はfrance24.comからの記事です。

france24.comの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ベネズエラの記事のようですね。

 

 

 

 

on the other

oneに対するon the otherというのは文面からすぐに分かりますね。other, others, another、なんだか少しややこしいと思う方いらっしゃると思います。anotherは不特定の何か別のもの1つを意味するもので、othersはそれが複数の場合。それに対して、冠詞theをつけたthe otherは、特定の別のもの1つ、anotherとは同じ1つを意味しますが、特定されたものかどうかの違いです。the othersも同じで、特定された複数のもので、othersとは異なります。代名詞oneなども同じ発想で、one, onesは不特定の単数、複数、ですが、冠詞theをつけると、会話している当事者間で特定できるものを指すthe one,単数、the ones、複数となります。

 

hit the streets

hitを何かをたたく、殴る、だけではなく、今回のように街に繰り出す、的な意味で使う事もできます。hit the roadなんて言い方では、We should hit the road now. The show starts in an hourみたいな感じで、出かけるというニュアンスにできます。hitはtornadoがhitするというようにして直撃を意味する表現にもなりますし、The 2008 global financial crisis hit  Japan hardみたいな経済においても多く使われる言葉です。マイナスの表現が並びましたが、ヒット商品という言葉のヒットもまたこのhitで、It became a big hit because・・・みたいな感じで使えます。

 

I’m here with

英語ではI’m here~で自分の行動などについて話す言い方をします。I’m here for Jeffだと、Jeffの家を訪ねて、玄関先で出た人に「ジェフいますか?」みたいなニュアンスで使えますし、I’m here to~で、~しにきました、という意味になります。here=ここ、という言葉を日本語の訳には入れないようにする方がナチュラルな事が多いと思います。

 

whatever it takes for

it takes A for Bという形では、AがBには必要だ、という事になり、What’s it gonna take?だと、何が必要?どうすればいい?なんて言い方にできます。ドラマなどでは、しばしばこの表現を、見返りに何が欲しいんだ?的なニュアンスで使われたりしています。その対象は、moneyやnew positionなどが想定できますが、今回の記事のような文面だと、そのままですが、時間を指している事がわかると思います。take timeのように目的語に時間がくるtakeの使い方はとても一般的で分かりやすいですね。

 

どうなるのでしょうか。

 

本日は以上です!

 

 

 

ミニサイズのバスの運転手さんの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

バスの記事のようですね。

 

 

 

 

second hand

中古を意味するこの言葉ですが、used~という表現はお馴染みですよね。second hand carもused carも中古車です。

 

slightly

少しを意味するslightlyですが逆に大きくという意味では色々な言葉がありますがsつながりで言えばsignificantlyなんて表現もあります。副詞は微妙なニュアンスを表現する時に使う大きな武器になってくれます。slightly different、significantly different、totally different、quite differentなど色々な表現を知っておきたいですね。

 

The 75-year-old 

こういう主語で始めるのは英語らしい所です。英語ではこのように同人物を色々な表現をつかって違う形で表すという事がよくされます。この後に出てきますがThe father of twoなんてのも同じ発想で同人物を表現しているわけです。ちなみにこのfather of two, mother of threeという表現は~人の子供の父親、母親、という言い方になりますね。後ろの数字が子供の数です。

 

spent his career

careerは日本でもキャリアというカタカナ言葉で広く一般的に使われている言葉だと思います。ただ発音記号をみるとkəríərとなっていてカタカナ言葉のような「キャ」という音ではなくカに近いですね。似た言葉でcarrierという言葉があります。日本ではそこまで一般的に使われてはないかもしれませんが携帯会社などをキャリアなんて言ったりしますよね。このcarrierの発音記号はkǽriərとなっていて、カタカナ言葉のキャリアに近い言葉になります。careerとcarrier、似た言葉ですが発音を意識したいところです。スペルも怪しい方、いると思います。

 

cost me

costはお金のコストですが、costという英語は名詞だけでなく動詞でも非常によく使われる言葉で、また目的語にIt cost $10という風にお金を置く形、It cost me a fortuneという風に人をおいてから実際にかかるお金の額を置くSVOOの形、いずれもよく見る形なのでおさえておきたいです。costという言葉自体に高いか低いかという細かい意味は含まれていませんが、costlyという形容詞の形だと高価という意味になります。同じようにpriceという言葉は値段を意味するものでここにも高いか低いかの意味は基本的に含まれませんが、priceyという形容詞では高いという意味になります。

 

a practical person

practicalは実用的、実務的というような意味で使われ、英会話の中ではしばしば便利に使える表現だと思います。有名ブランドのAの商品と無名ブランドのBの商品。正直使っている素材は同じでブランド名だけでの差、という時にpractically speakingではBを使う事で他のものに予算を回せます。

 

かわいらしいですね。

 

本日は以上です!