ドーナツ店への愛情の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

rush

rushは急ぐ、駆け込む、というような言葉ですね。feel rushedとすると、焦らされる気持ちになる様を表現できます。忙しい社会人にとっては、rushは日常英単語の1つと言えるかもしれませんね。急いでいる、というとhurryという言葉が最初に日本人であれば頭に浮かぶかもしれませんが、シンプルにWhat’s the rush?で、何を急いでるの?と言う風にできたりします。急がなくていい、急ぎじゃない、という言い方でNo rushなんてのもシンプルでいいですね。またrush things in a relationshipのような感じで、関係を急いで進めるような感じでのrushというのもあります。人間関係構築は時間がかかるものですし、特にカップルなら急いで物事を進めない方が良い事も多いですよね。お互いがお互いをじっくり知るという意味で。

 

so owner can

英会話の中ではとても良く使われるこのso (that)の表現。実際の口語ではこのthatは省略されることが多いですね。ない方が短くてよいですからね。といってもこの表現を抑えていない方にとっては、文章の初めに使うSo, what’s up?のSoのようにイメージしてしまう人もいるかもしれませんのでここは要注意です。後にA canが続くというのもお決まりのパターンですね。

 

sick

病気、病のsickでは、現代では、日本語のヤバい、に近い感じで、イケてる様を表現する意味でもsickは使われます。超いけてるね、と言うの時にThis XX is sick!みたいな感じですね。ただこういうスラングは時代と共に消えて言ったり、使われ方が変化していったりするので、英語学習者にとっては、そういう視点はとても大切ですね。Okey dokeyなんかも少し古い言葉というような認識でもありますが、実際には少しsarcasticな感じを出して返答するようなパターンは現代でもよく聞かれます。

 

his wife, Stella

英語ではこのようにコンマを使って前の言葉を修飾する表現が多くみられます。また2回繰り返すような表現としては、英語ではIの後に自分の名前を言ったりする形もあり、例えば、Effective immediately, I, Taro Yamada, am resigning from ABC companyみたいな感じですね。IはTaro Yamadaですよ、としっかりと文章の中に表現させるという使い方です。

 

doughnut

日本ではドーナツと複数形のsがついた形で話すのが一般的なカタカナ言葉だと思います。でも英語ではsがつくと複数形でしっかり単数もあるという事になります。同じあるあるは、靴のShoesもそうですね。一方だけの靴を言うならShoeになります。TシャツもT-shirtsのsがついたバージョンのカタカナ言葉ですね。

 

in-law

義理の~という時にはin-lawが一般的に言葉ですね。上の複数形つながりでいうと、義理の家族の人達などをくくって、in lawsという風に複数形で表現したりもできます。

 

素敵なエピソードですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

不法入国への厳しい処理の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

a plan

シンプルな言葉ですね。planという言葉は動詞にも名詞にもなる便利な言葉です。Any plans this weekend?みたいに週末の予定を聞いたり、I have other plans.と返してみたり、What did you do last weekend?に対してI had no plans, so I stayed home and・・みたいにno plansで返してみたり、It’s always a good idea to plan ahead.のように前もって計画するみたいなニュアンスでのplanにしたり日常生活の中でplanは本当に良く出てくる言葉だと思います。いずれもとてもシンプルな表現ですが複数形にしたり、動詞として使ってみたり、変化を意識しながら使うようにすると自分の中で使える幅もどんどん広がっていくはずです。

ちなみに、a planのような冠詞aを「エイ」のようにして発音したりもします。言っている方は強調したり、言いやすいから言ったり基準はあいまいですが、通常の冠詞のaの発音よりも拾いやすいですし、間違いなく聞いている方は冠詞を聞き落とす事はないですね笑。aつながりでは、英語の会話の中では何かの理由を話す時などにいくつかある場合はa,b,cなんていう風に理由の最初にアルファベットをつけて箇条書き的なニュアンスを付け加える言い方があります。~が嫌いな理由は、a,~だから、b,~だから、c ,~だから、以上(period)、みたいな言い方ですね。

 

heading for

head for~は~に向かう、という英語の1つの形です。headは頭やトップを意味するだけではなく、英語では使われる幅が広い言葉です。head northは北に向かい、head southは南に向かう、ですね。ちなみにGo Westはアメリカの若者に西部を開拓する呼びかけとしての言葉Go West, young manとして使われそれが今では、新しく道を切り拓け、挑戦しろ、みたいな意味の言葉として使われたりもします。

 

get hit

受身の形のニュアンスを表現するときにget+過去分詞、という形は英会話の中ではとても多く聞かれますね。英会話に慣れていない時はこのget+過去分詞を聞くと、なんとまあそんな言い方もあるのか、と思うと思いますが、慣れてくると、なんでもget+過去分詞、という形で表現されていくことに気づきます。受身、という身ではないですが、I got drunk, He got pissed off、など色々なget+過去分詞の形をリアルな英会話の中では聞きます。

 

he or she

会話の中で相手の性別が分からない想定ではこのように英語では書かれます。どちらか、という意味では分かりやすいですね。もっとも、この性別については今はとてもhotなトピックで、何かの申込書や記入書類などにも女性、男性、その他、のように性別を設定しない、もしくは答えなくてもよい、というような選択肢も海外では多く見られます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!