miyadesk のすべての投稿

チップの取り扱いの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

チップの記事のようですね。

 

Tipping

チップは日本にはない制度なので少しややこしいですね。海外旅行で悩む方も多いと思います。英語読みはtípですから、カタカナ読みのチップ(chip/tʃíp)とは実際は違います。似たような言葉ですが、2つの異なる音なのでしっかりとおさえておきたいですね。tiの発音をchiとしてしまうのは日本人の間違いあるあるだと思います。tの発音では他にも Youtubeを日本ではtの部分をチューブと言いますが、アメリカ英語読みではtúːbとなります。

 

under increased scrutiny

under~は~下にあるという、ある状態を占める表現です。under investigationなら取り調べ中ですし、under controlなら、コントロール下にある=うまくコントロールできている状態、という事になります。

 

left no tip

寂しいですね笑。no tipという事も勿論海外の現場ではありますし、ケチんぼなチップだってあります。反対に気前のいい様はこの記事の後ろにも出てきていますがgenerousという言葉がよく使われます。そのままtipとくっつけてgenerous tipなんて言えますね。手土産なしで、という様はempty-handedなんて言いますが、これもまた寂しい表現ですね笑。

 

kick in

文脈から見れば付け足すというような意味合いがすぐに理解できると思います。逆に差し引くというニュアンスではsubsidizeと単語がここでは使われていますね。minimumsがあってそこに足りなければkick inして、tipを含めて多い場合はminimumsをくだらないようにsubsidizeして、という具合ですね。ちなみにkick outという言い方でどこかから追い出される表現やkickoff meetingのように初めの会議などkickは実際に誰かを蹴り飛ばす意味のkickだけでなく、色々な所で使われています。手数料をkickbackなんて言い方で言ったりもしますね。

 

letter

letterという言葉は今でも頻繁に使われていますが、手紙を紙に書くという文化はもうほとんどなくなってきましたね。ちなみにアメリカではmailboxがイギリスではletterboxになります。同じ英語ですが、表現が異なるのがイギリス英語とアメリカ英語の違いの面白さですね。

 

meet minimums

meet~という表現は、何かの基準や要求を満たす様を表現する言葉です。meet requirementsは要求を満たすという事ですし、ここではminimums、最低賃金の支払い義務を満たす様を表現する事にになります。他にもmeet a deadlineのようにして、締め切りに間に合う、というような表現もありますし、meed demandではニーズを満たすというような具合になります。meetするものも様々ですね。meetというシンプルな単語ですが、意外とのこのような意味での使い方を知らないで意味を誤解する方もいらっしゃいます。シンプルな単語の誤解という意味ではcut a dealなどもそうですね。cutなので交渉が破談する、失敗するのように思う方もいますが、この場合のcut a dealは交渉が成立するという事で、プラスの表現です。cutなのに成立?と思うかもしれませんが、そういうものだとして覚えておきましょう。

 

per-order basis

~basisというのは~ルールというような意味の使い方で、first-come-first-served basisなら先着順という意味です。first comeした人がfirstでserveされる、というそのままと言えばそのままですが、分かりやすい表現ですね。on a monthly basisなら月単位で、という風に月ごとに分けるルールという意味でのbasisです。

 

日本とはまたシステムが違いますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

注目を浴びる大阪の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

大阪の記事のようですね。

 

 

 

 

long shadow

日本語でも~の陰に隠れる、というような言い方をするのでイメージはしやすい表現だと思います。陰になるもの自体を主語にするとこのようにshadowで表現できますが、影を作る、上の存在を主語にして表現する場合は、動詞overshadowなんて言葉もあります。I think football overshadows other sports in the U.Sみたいな感じですね。

 

eye-opening

面白い表現ですね。日本でも目を丸くするような、みたいな感じで驚きの表現を意味する言葉があるのでとても分かりやすいと思います。このeye-という形は他にもeye-catchingなんてのもあります。eyeをcatchするで目を引く、ですからそのままですね。他にもeye-poppingなんてのもあります。目を見張るような、という感じでしょうか。popは飛び出る様等を表現するもので、アメリカでは地域によっては炭酸飲料の事をpopと言ったりもします。

 

diplomatic action

diplomatic~というのは大人であればニュースも読むはずなので、知っておきたい外交の、という意味の言葉ですね。ちなみに外交官はdiplomatです。名詞としては少し変わった形ですね。ここではdiplomatic actionという表現が使われていますが、外交関係という意味でdiplomatic relationという言葉は非常に多く見られます。関係を意味する言葉はrelationshipという言葉が最初に頭の中に浮かぶ方は多いと思いますが、国家間の外交関係等を指す際にはrelationがよく使われます。

 

touristy 

面白い表現ですよね。touristは旅行者というのはすぐに分かりますが、そこにyをつけて形容詞にし、旅行者向けの、というニュアンスにしています。このようにyをつける事で名詞を形容詞にする形は英語ではとても沢山みられます。technologyは往々にしてtechという言葉で略されますが、そこにyをつけてtechyというような形容詞を作る事ができます。こんな名詞を形容詞に変えられるんだ、みたいに感じる言葉が英語には色々あって面白いと思います。今の時期であれば、夏、ですからsummerを summeryなんかに変えても面白いですね。友達が最近買った服やカバンのデザインや色がsummeryだね、みたいな感じで言えます。

 

worth a visit

worth + 名詞、の形で、~の価値がある、という表現にできます。ここを名詞にするというがポイントで、worth taking, buying, のようにして~する価値がある、買う価値がある、のように動作に対してもよく使われます。シンプルにworth $1,000なんて言い方で、1000ドルの価値はあるね、みたいにしてもいいですね。

 

大阪が今週末注目されますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

動物園でのパーティーの記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

ロンドンの記事のようですね。

 

 

 

 

under fire

非難を受ける状態を表現するものですね。なんとなくイメージはしやすい表現かと思います。under~という形の英語の表現は沢山あり、今回の記事でも考えられるような状況でいればunder pressure、プレッシャーのある状態、under control、物事を掌握、コントロールできている状態、などが使えそうですね。ちなみにwater under the bridgeは、過ぎた事、過去の事、という意味にできたりします。喧嘩してもお互い納得して前に進もうと決めれば、もうその事はwater under the bridgeだね、という具体です。

 

adult-only

ハイフンが使われた複合語になり1つの言葉になっています。英語ではこの複合語は沢山みられますね。can-do attitudeはやればできるという考え、姿勢、という意味ですがcan-doが1つの言葉として形成されています。must-go-now listとすれば、今すぐ行かなければいけない所のリスト、という具合ですが、これもmust-go-nowなんていう風に1つの言葉にまとめてしまっています。こういう類の言葉はいくらでも作れますし、ハイフンをつける事で主文の動詞などとの混同もなくなり、文脈が分かりやすくなりますね。

 

drunk guests

drunkは酔っぱらった、という意味で使われる言葉で、I’m drunkは酔っぱらった状態を表現できるお決まりの表現です。このdrunkはそのままの形で、酔っ払いの人を意味する事ができます。ですので、a drunkや複数の人を指す意味でdrunksなんていう風な言葉もあり得るわけです。

 

irresponsible

responsibleの前にirがついていますね。regularにirregular、のように、感覚的に反対の意味になっている事はすぐに分かると思います。literaryをilliteracyとして、読み書きができない状態を意味したりもできます。英語ではこのようなものが沢山ありますね。TOEIC等の英語の試験においては、接頭語や接尾語の意味を理解しておくことで、単語自体の意味が分からなくても、正解を導き出せたりする”スキル”があります。そういう意味でもこういう言葉の構造は興味を持ってみていくのは良い事ですね。

 

presence of visitors

最近ではプレゼンスを高める、なんて言い方でカタカナ言葉でも使われるようになってきているこのpresenceという言葉ですが、ここではシンプルにvisitorの存在を意味する事は感覚的にわかる所だと思います。ちなみにvisitorは訪問者ですが、動詞visitもそのままの形で名詞として使われる事もありますね。I got a visitなんて言い方で訪問者があった、なんてニュアンスにできます。

 

backtrack

撤回という意味で文脈から理解できると思いますが、この記事の前の方にはreverseなんて単語も出てきていますね。英語ではこのように色々な単語、表現を使って同じような事を言う場面が多く見られます。そこを意識して読み進めるのも勉強の1つだと思います。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

新しい座席の提案の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

飛行機の記事のようですね。

 

 

 

 

Here’s

英会話ではこのHereという単語はとても多く聞くと思います。Here you goで、はいどうぞ、みたいな言い方は英会話の中で聞いたことがある方も多いと思います。はい、お釣りです、という言い方はではHere’s your changeなんて言い方もありますね。Hereをここ、という意味だけでとらえていると、こういう慣用句で使われるHereはなかなか出てこないものですが、やっぱりこういう表現、分かる、使えるようにしたいですよね。またそもそもの文章の作り方というか発想の違いからくるものとしては、I’m here for my ticket(チケットを取りに来ました)、とかI’m here for Ellie(エリーちゃんいますか~?)みたいな感じで自分がそこにいる理由を伝えるような英語の形はとても多く聞かれます。日本語訳を見れば感じると思いますが、「ここ」という日本語の言葉が訳文には入っていないですよね。直訳すると「チケットを取りにここにきています」みたいな感じですが、普通はそんな長ったらしい訳にはしないですね。このI’m here for~は、日本語と伝え方がそもそも違う、という感じで1つのまとまりとして覚えてしまうのが良いですね。

 

what it might be like to

英会話の中ではこの形はしっかりと使えるようになりたい所ですね。よく使えるパターンとしては、疑問文でWhat is it like to be a Harvard student?のようにして、~ってどんな感じ?というような形ですね。この例文であれば、ハーバードの学生ってどんな気分なの?みたいな感じですね。今までは同じ高校に行っていた同じ釜の飯を食っていた友人がハーバードに行けば、なんだか違う世界に生きている人のように感じるでしょうし(笑)、質問のこんな質問になってもおかしくはないですよね笑。

勿論このto~の後ろは色々な形にできます。to be a~だけでなく例えばWhat is it like to live in Hawaii?みたいな感じでハワイで生活するってどんな感じ?みたいなのでもいいですよね。

 

bicycle-like

~likeというのは~のような、という言い方でとても便利な表現だと思います。ハッキリとそのもの、という事ではないけど~みたいな~、この-likeの形ではなく、シンプルにlike Aのように言う形も英会話ではよく聞くと思います。若い人の会話の中ではlikeが何回出てくるんだっていう位にIt was like A and I was like B.のように全てを「てな感じ」というようにしちゃうのはよくある事です。

 

upright

真っすぐの様を表現する言葉ですね。英語ではup+他の言葉という単語は色々あって高級を意味するupscaleなんかもそうですね。upscale neighborhoodなら高級住宅街です。他には神経質なピリピリした感じをuptightなんて言ったりもできますね。

 

長時間フライトはどうなのでしょうか笑。

 

本日は以上です!

 

 

 

機内での薄着への注意の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

航空会社の記事のようですね。

 

 

 

 

threatening 

threatは脅迫や脅しなどを意味する言葉ですね。動詞として機能しますが、それ単体でa threatという風に名詞にする事もできます。同じではないですが、周辺の言葉としては warning なんてのがあります。警告を意味するもので、This is a warning forやto~という感じで警告しておくからね、というニュアンスの表現になります。Don’t tell me I din’t warn youは、後で聞いてないとか言ってもダメだからねというニュアンスですね。 final opportunityなんかもある意味警告という事が言えると思います。今回が最後だぞ、と言われれば警告ですよね。

 

offload 

loadは積む事、積載する事、等を意味するもので、offが付く事で逆の意味になります。 dutyが業務時間ならoff-dutyは業務時間外ですね。オフレコも同じでOff the recordとする事で、recordする状態と反対の状態、つまり公にしないという事です。

 

causing offense

offenseという言葉はスポーツのオフェンスという意味が日本でのカタカナ言葉では一番最初に頭に浮かぶ方が多いと思います。英語ではこのように害を及ぼすものを指す言葉としても使われます。犯罪行為をcriminal offenseなんて言ったりもしますね。会話の中で相手に対して悪意はないんだけど、というニュアンスで、No offense, but~みたいな感じで言う表現はよく聞かれます。少しハッキリとものを言わなければいけない時などは、相手に言葉がグサッと突き刺さらないよう、大人な対応として先にこういう表現を添えるのは良い事ですね。

 

cover up

そのままですが隠す、カバーするという意味の熟語ですね。coverという言葉も日本では名詞の感じが強いと思います。箱のカバーだったり。英語では動詞でも多く使われます。cover your eyesなら目をふさいでとなりますし、cover your mouthなら口に手を当てて、という事になります。席やくしゃみをするときに手を当てないマナー違反をする人に言える表現ですかね笑。

 

fellow passengers

同席している人達を指す表現ですね。似たような表現で、seat mateなんて言い方があります。mateなんて言うと友達なのかなと思うかもしれませんが、相席している他人を指せますし、海外ドラマなどを観ている人であれば、刑務所内で同じ監房に入れられている相手をcell mateなんて言ったりしているのに気付いた方もいると思います。こちらも友達でなくても同じ部屋にいればmateになるわけです。

 

get it right

get something rightは正しくやる、行う、理解する、というような広い意味で使える言葉です。ニュース記事やゴシップ記事等では、Yes, you read it rightなんて形で、ショッキング、信じられないようなタイトルに対して、本当の話です、事実です、みたいな感じのニュアンスで使われたりもしますが、get it rightと似たような感じですね。

 

飛行機関連のこういうニュースは多いですね。

 

本日は以上です!