年末のイベント控えの記事から英語を学ぶ

2021年12月28日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

big parties

updates

gatherings

fueling

cutting down

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

big parties

bigというと、なんだか大きいものを最初に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。ビックマックのように笑。英語では規模感でもbigは沢山使われますし、had a big lunch(沢山ランチを食べた)のようなbigもあります。big mouthは今はカタカナ言葉で日本でも使われますね。またGo big or go homeなんて言い方で、やるなら徹底的にやれ、断端にいけ、というような表現もあります。なんだかアメリカ感を感じる表現ではないでしょうか笑。

 

updates

日本でもカタカナ言葉で普通に使われるようになっているこのupdateですが、これは名詞だけでなく、動詞、形容詞でも使う事ができます。I’ll keep you updated.なら、何かあったら逐一知らせるよ、というような言い方で、どんどんあなたに情報をアップデートするね、知らせるね、という具合です。

 

gatherings

集まりを意味するこのgathering。gatherが集まる、という意味の動詞ですから、なんとなく意味はすぐに想像できますよね。ここに他の名詞をつけて、例えばfamily gatheringとすれば、親族、家族の集まり、という感じになりますね。

 

fueling

燃料を意味するfuelは、燃料を入れる、という意味の動詞にもなります。ここから比喩的に感情をあおったり、火に油を注ぐのように、何かを加速させるような意味で使われる事もあります。加速という意味ではストレートにaccelerateという言葉がこの記事の後には使われていますね。また、triggerという言葉も似たような言葉の1つだと思います。引き金を引く、なんていう意味を比喩的に日本でも使う事はあると思いますが、英語もそれは同じです。

 

cutting down

cut downという熟語は特に意味を習っていなくても、感覚的に分かりますよね。カタカナ英語が溢れている日本では、意味の推測が容易になるというのは、助かりますね。発音がそれで変な発音で覚えてしまうのは問題ですが笑。cutは色々な意味で使われ、cut a dealというと、契約が切れるのではなく、逆に契約を結ぶ、という意味になります。では、cut cornersはどうでしょう?これは少し難しいですが、手を抜く、手抜きする、工程をいくつか省く、というような意味で使われるものです。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

スモールビジネス同士の協力の記事から英語を学ぶ

2021年11月24日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

Small businesses

, right? 

To that end

big-box store

takes a village

Greed is Good

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

Small businesses

零細企業や個人店、個人事業主などの小規模ビジネスを指す表現ですね。世の中にある事業体の中で、数だけで言えば圧倒的にこのカテゴリの事業者が多いわけですから、経済全体にとても大きなインパクトを与えていますよね。規模を少し広げて、大企業とはいかなくても中規模事業体も入れる表現としてはsmall-to-mid-sized businessesなんて言い方もあります。

 

, right? 

英会話を習い始めると、この表現を沢山聞く事になります。学校の教科書では習わなかった英会話っぽい表現の代表的なものの1つかと思います。学校では、文末にis’t it?やdid it?などのようにつける形で、「~だよね?」という言い方を学びましたが、英会話に慣れている方なら良いですが、まだ文法の理解もがっちりと固められていない人にとっては、その前の動詞を意識しながら、この文末の形を即座に考えて口に出すのは意外と難しいものです。その形式を問わず1つにまとめられる便利な形がこの,right?です。

 

To that end

そのままですが、その目的では、それを達成するために、というような意味の表現です。英会話では、このように不定詞ではない形のTo~という始まり方をする言い方がしばしば出てきます。例えば、To my knowledgeとすれば、私の知る限りでは、という意味になります。

 

big-box store

面白い英語ですよね。大きなboxのstoreというそのままの表現で大規模店を表現しています。ここでboxが出てくるのか~という感じですよね。英語ではboxという表現を使った日本では使われない表現として他にも、box-office movie(人気の映画)というようなものがあったり、out of boxで、創造的な、独創的な、という意味があったりします。boxの外という形で独創的というのは徐の発想がまた”独創的”ですよね笑。

 

takes a village

直訳で1つの村を必要とするという意味になりますが、これで、みんなの協力が必要だという意味の表現になります。It takes a~という言い方は英語ではしばしば見聞きするものです。It won’t take a genius toなら、~をするのは難しい事ではない、という意味になります。

 

Greed is Good

いかにもウォール街という感じですね笑。Gordon Geckoとはアメリカのウォール街を舞台にした映画のキャラクターで、ビジネスやキャリアなどについて話す時にも、しばしば聞く事があるかもしれません。ただ、強欲だけではなく同時にstrong work ethic(確固たる職業倫理)も必要というような話がセットになるべきですよね。

 

素敵な話です。

 

本日は以上です!

 

 

 

シリアル会社でのストの記事から英語を学ぶ

2021年10月6日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

Fighting for

expires

Tony the Tiger

occasionally

at the bargaining table

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

Fighting for

そのままですが、何かの為に戦う様を表現するのがこのfight for~ですね。実際に暴力を伴う戦いというよりも、普通の生活の人達にとっては、今回の記事のように労働環境や職場の賃金や、自分達の権利などについての戦いという意味で使われる事がほとんどだと思います。また、I’ll fight for my dignity(自分の尊厳の為に戦う)のような表現も映画やドラマなどではしばしば聞かれる事もあると思います。お金の為じゃない。自分の尊厳を保つための戦いなんだ!みたいな感じですね。またfight for justice(正義のための戦い)というような使われ方もあると思います。

 

expires

私達の生活の中では、色々なものに”有効期限”がありますので、このexpireという言葉は日常英会話、ビジネス英会話どちらでもとても一般的な英単語だと思います。今回のように契約書(contract)の期限という事もありますし、食べ物の賞味期限という意味でもあり得ますよね。ちなみに賞味期限という言葉はexpiration dateという風にexpireの名詞であるexpirationを使う事ができます。ちなみにこの期限切れのニュアンスを持たせるexpireに対し、期限切れではない有効である様を表現するものは、validです。valid for 3 more yearsならあと3年有効となりますし、not validなら、有効でない=有効期限切れ、となるわけですね。

 

Tony the Tiger

ケロッグ のシンボルキャラクターであるあの虎の名前ですね。カタカナでトニー・ザ・タイガーと覚えている方はいらっしゃると思います。ちなみにキャラクターの名前というのは意外と英語名ではそうだったの?みたいになるものってあると思います。例えば、くまのぷーさんは、英語では Winnie the Poohです。日本ではこのWinnieについては完全に割愛していますよね笑。

 

occasionally

時々という意味のこのoccasionally。occasionは時や出来事を指す言葉です。What’s the occasion?と言うと、相手に対して、今日何かあるの?、(そんな恰好して)何かするの?、みたいな感じで使われたりします。

 

at the bargaining table

日本ではバーゲン(bargain)というと、お店のバーゲンセールの事のみの印象があると思いますが、英語のbargainはそれいがいにも動詞で値段交渉する事を意味します。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

ハリケーンニコラスの脅威の記事から英語を学ぶ

2021年9月15日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

100,000

Hurricane Nicholas

Stay aware of

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

100,000

数字の読み方が苦手な方は意外と多いと思います。こういう大きい数字の時は「,」の位置がポイントになってきます。これは3桁ごとにつけられますが、それは単位がthousand→million→billionという風に上がっていくとも言えますよね。この単位の区切りと考えれば読みやすくなります。ここでは「,」が1つだけなので、「~thousand」になるという事がすぐに分かります。あとは、「,」の前を付け足すだけなのでここでは、a hundred thousandという事になります。ちなみに、125のように100の桁での数字を読む時には、多くの方がa hundred twenty fiveのように言うと思いますが、英語ではa hundred and twenty fiveのようにandを入れて言ったりもします。一般的にはこちらの方が丁寧な言い方という事になります。他にもそのまま数字を読むのではなく、金額の話になれば、1,000の事をgrandで表現したりします。20,000ならtwenty grandという具合です。数字は私たちの私生活でもビジネスでもとても身近な存在です。実際に英会話をするときにも数字は沢山出てくると思いますし、数字を言ったり聞いたりするところで会話がスローにならないよう、しっかりと表現をおさえておきたいですね。

 

Hurricane Nicholas

日本では台風は1号、2号という風に言いますが、海外のニュースではこのように人名がついているという事は多くの方がご存知だと思います。この命名の仕方はアルファベットのAからZの順でつけていくというルールがあり、この記事の中でHurricane Nicholasの前にきたHurricane Idaについて触れていますが、IdaでIなのでNicholasのNよりアルファベットで前にあるという事が分かりますよね。ただし、XやZのような文字は使わないというルールもあります。また、アルファベットが終わると、Alphaのようにギリシャ文字が次に始まるというルールにもなっています。

 

Stay aware of

be aware of~は何かについて認識している様を表現します。stayをつける事で、その状態を維持するという事になります。挨拶表現でStay coolなんて言い方がありますが、これも発想は同じで、直訳すればcoolな状態を維持してね=coolでいてね、という事になります。他にもstay fitなら健康を維持する事になります。

 

心配ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

クラス内での表現方法の記事から英語を学ぶ

2021年9月8日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます。

■———————————————–■

pride flag

take it down

hired

welcoming

in a manner that

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

pride flag

LTBTQの活動は日本でも活発になってきているので、pride flagは街で見かけた事がある方も多いと思います。虹柄のフラッグで、色々な色があるのは多様性を意味するものです。prideという言葉は日本でもカタカナ言葉で使われますよね。何かにプライドを持っている、誇りを持っているという言い方としては、I take pride in my workのようにtake pride inという表現があります。似たような熟語としては、I’m proud of~の形を学生時代に覚えた方は多いと思います。

 

take it down

何かを下す意味でtake something downというのはお決まりの形です。downは下を意味する言葉で、動詞にdownを付ける表現は色々とありますよね。write it downなら書き落とすです。似たような形はありますが、downをbackにすると下というよりは戻る様を表現します。例えばtake it backなら何かを戻す事を言い、自分の言ったことを撤回する、取り消すという意味で使われたりもします。

 

hired

採用するという日本語の言葉を最初に聞いた時、その英語をrecruitでイメージする人は多いと思います。日本ではリクルートスーツだったり、リクルートエージェントなど、採用=recruitというイメージが定着しています。recruitもhireもどちらも同じようなニュアンスで使われる事もありますが、You are hired(あたなを採用します)のように、実際に採ると決めるその事をhireで表現するのに対し、recruitは募集中です~というニュアンスで使われるのが一般的です。

なので、仕事が決まった、人を雇った、という時にはThey hired meや、They hired someoneのような感じでよく聞かれます。

 

welcoming

歓迎する様をwelcomingという形で表現できます。ホストファミリーが自分の事を親しく歓迎してくれるなら、friendly and welcomingという感じですね。似たようなものでHospitableという言葉もありますが、welcomingの方が多く聞くと思います。hospitableの名詞はhospitalityで、この名詞の形は日本でもカタカナ言葉として広く使われますよね。

 

in a manner that

mannerはテーブルマナーのような感じで日本でもよく使われる言葉です。日本で認識されているマナーと異なるニュアンスのmannerの使い方としては、礼節の意味合いを必ずしも含まず、シンプルに何かの方法、やり方を意味するものがあります。例えばin a timely mannerとすれば、タイミングよく、適時に、という意味になります。

 

大きな話題になっていますね。

 

本日は以上です!