2021年の海外旅行の記事から英語を学ぶ

2020年12月26日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます:

■———————————————–■

No one knows

lift travel bans

plan

up in the air

to vacation

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

No one knows

英語らしい表現の1つがこのNo oneやNothingなどを主語にした表現ですね。またこれらは最上級と同じようなニュアンスで使われる事がとても多い表現です。例えば、No one is better than youなら、だれもあなたよりも良くはない=あなたがベスト!という最上級ですね。

 

lift travel bans

lift a banは解禁する、制限を解除する、という意味の表現ですね。banは禁止を意味するものなので、それをliftするというのは、解除という意味の動詞になるわけですね。この何らかの制限を解除という意味でのliftは他国への制裁などを解除するという意味でlift sanctionsというのもお決まりの表現ですね。日本ではリフトというと、ゲレンデのリフトがまず最初に頭に思い浮かぶものかなと思いますが、英語のliftは使われ方は様々です。

 

plan

何かを計画するときにとても一般的な言葉だと思います。コロナの今はなかなか旅行のプランを立てるのは難しいですが、それでも将来のその時を想像して色々と旅行の事を考えるだけでもとても楽しいと思います。何かについて計画している、というような意味あいでは、似たようなものでI’m looking to~という形があります。何かしらの”決断”的なニュアンスで使われる場合が多く、I’m looking to live in Parisなら、パリに引っ越そうかと考えている、となりますし、その後日本に帰ろうと思っているならI’m looking to come back hereという具合ですね。

 

up in the air

この場合のin the airは実際の空気の事を言っているわけではないというのは、感覚的に分かると思います。このup in the airはハッキリとしない様、よく分からない状態を表現するものです。未来の事は誰にも分からない的なニュアンスの表現としては、We never know what the future holdsなんてものがあります。本当に誰も先の事は究極的には分からないですよね。物事が曖昧、という言葉では、ambiguous、vagueなんてのもあります。お茶を濁すという日本語の表現がありますが、そうやってなんとなく物事の確信をつかないやり取りをしようとするとそれらの言葉が確信をつかない曖昧な表現になると思いますが、こういう大人の状況でもどのような英語を使うのかというのは色々学びたいですね。

 

to vacation

ここではvacationが動詞になっている事がわかると思います。to+動詞の原形=不定詞の形ですね。vacationて名詞としてしか使えないんだと思っていたという方、結構いらっしゃると思います。それで言えばscheduleも同じだと思います。これも動詞として使え、She will not schedule~のように普通にそのままの形で動詞として使う事が出来ます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

学校の成績の変化の記事から英語を学ぶ

2020年12月24日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます:

■———————————————–■

F’s

What’s the point

Orlando

Things changed

watch

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

F’s

Fの複数形がF’sですね。applesやcarsのように実際に目に見えるものの複数形というのはイメージがつきやすいですが、このようにアルファベットの複数形というのは見慣れていない方も多いと思います。他のアルファベットでも同じようにD’s X’sという風にする事ができます。成績でオールAというのはstraight A’sという言い方ができ、She got straight A’s in all her classesのような感じですね。これどう読むのみたいなものって意外と英語の中であるものです。例えばfuckersという汚い言葉をニュースやなどで誰かの発言、コメントとして紹介する場合にはそのままでは言えないので(ピーが入る言葉です)、ニュースでf***ersという風に紹介される場合、キャスターはそれをf ersという風に読んだりします。そのまま***の所をスキップして文字通りの感じで読んでいます。色々な英文、英語の動画を見ると色々な気づきがあります。

 

What’s the point

これは大人社会で何かを議論したり話したりするときにはしばしば聞かれる表現だと思います。ポイントという言葉が日本でもカタカナ言葉として使われているので直訳でポイントという言葉で言えそうですが、英語でよく使われるニュアンスとしては、何かが欠けてたり大前提が変わっていたりしてる時に、そんな状態でこれをやる意味あるの?的な感じで使われたりします。本末転倒だね、とか、そんな感じにもなります。

 

Orlando

フロリダのオーランドと言えば、ディズニーですよね。これはよく知られた事ですが、このオーランドは、読み方としては、オーの所にアクセントが来るように思いますが、実際はオーランドという風にlaのところを強く読みます。国や街の名前は日本で使われるカタカナ読みとは大きく異なる事はよくありますよね。

 

Things changed

英会話の中でこのthingsを主語にする事はしばしばあります。物事という幅広いニュアンスで使われ、具体的な事を指さずに自分の言う対象を広くぼんやりとさせられる所にこの表現の便利さがあります。ここではchangedが使われていますが、たとえば新しい街で新しい仕事を始めた友人に、環境が変わってどう?みたいな質問をしたときに、Things are going wellみたいに返されるかもしれません。このthingsは本人が仕事、人間関係、新しい街での色々な対応等、色々な意味合いを含めた感じて言っていますが、具体的に何がと言っている訳でもありません。英会話だけでなく日本語でも実際に会話の中では、そこまで細かい所までいわず、順調だよ~、とか、いい感じ~、とか、なんか微妙~、とかザックリとした感想として話す事は多いですよね。

 

watch

子供の面倒を見るという言葉としてこのwatchという単語が使われるのはとても一般的です。子供関係の表現は意外と知らない人も思います。例えば子供を寝かしつける、だとput him/her to bedとなります。

 

大変な状況ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

エンタメ業界救済の記事から英語を学ぶ

2020年12月22日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます:

■———————————————–■

every trade

for better

movie theaters

for those

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

every trade

tradeは取引でeveryは全て、と考えると、この文脈からはあらゆる業界への影響について触れているという事が分かると思います。英会話初心者の方にとって、everyはeveryone、everyday、everything辺りはすぐに頭に出てきても、意外と今回のようにそれ以外の名詞を続ける表現は分からない場合が多いと思います。everyoneでもevery one of themという言い方で彼らの1人1人全てというoneの所が切り離されてよく協調されて見えますしね。everyに続く名詞としては、本当に何でも来ることができますが、見てもいまいちピンとこないかもしれないものとしては、every turnはどうでしょうか?これは全てのターン?と考えてもそのターンが意味する事は何なのか少し分かりにくいと思います。これはいたるところで、というニュアンスの表現になり、He failed at at every turnなら、どこでやっても失敗した、うまくいかなかった、みたいな感じですね。似たようなニュアンスでは、Whenever I did something, XXXみたいなパターンもありますね。これは場所というよりも、何かする時はいつも~だ、みたいな時間軸を持ってつながているイメージです。

 

for better

ここではdaysが続いていますが、良い方に、というシンプルな意味でfor the betterという言い方もあります。It changed my life for the betterだと人生を良くしてくれたという事ですね。似たようなものではfor the bestなんてのもありますね。全てが上手くいく事を祈ってWishing for the bestなんてのもいいですね。悪い方にという意味では、go southなんて言う表現があります。面白いですね。

 

movie theaters

コロナで大きな影響を受けている場所の1つだと思います。密閉空間でなかなか足を運びにくくなっていますよね。映画を観にいこう、という言い方はgo to the moviesというものがあります。映画を1つしか見るつもりはなくてもここではmoviesとするのが基本です。冠詞のtheも忘れずに。

 

for those

英会話の中でしばしば出てくるこのthoseですが、日本人の感覚だとthoseは「あれら」なので何か話者間で分かるものがないとthoseがいきなり出てくるのはおかしいと感じると思います。ただ必ずしもそうではなく、あるくくりの人達を指す時に先行詞としてこのthoseはよく使われます。thisも同じで、I’m dating with this white girlといきなり相手に言っても、その女性が隣にいないと「どのthis?」と感じるかもしれませんが、ここでも「こちら」というthisのニュアンスではなく「ある女性」的なニュアンスでこのthisが使われます。

 

大きな動きですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

愛するチームのオーナーになる記事から英語を学ぶ

2020年12月19日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます:

■———————————————–■

rooting for

Timing doesn’t line up

Utah native

pretty incredible

public

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

rooting for 

root forは何かを熱狂的に応援するという意味の表現ですね。この記事の後ろにはcheering forという表現もありますが、cheerについては日本でもおなじみだと思います。シンプルにどこかのチームを応援しているという言い方で、I support~という言い方もします。Which team do you support?ならどこのファン?という感じですね。ちなみにスポーツやどこかのチームなどの試合や状況をコンスタントにチェックしているという意味合いでfollowという言葉が使われます。今はSNSでフォローという言葉が多く使われるので違和感はないと思いますが、同じようなニュアンスで、I don’t follow Basketballならバスケはあんまり見ないよ、よく分かんないよ、みたいな感じです。

 

Timing doesn’t line up

line upは順番待ちするという事ですね。待っててどうにかなるものではなく、いきなりのタイミングみたいなニュアンスでは、out of the blueという言い方で突然、青天の霹靂、みたいな表現があります。The offer came out of the blueだと、全く想像もしていなかったようなオファーが突然舞い込んだ、みたいな感じです。

 

Utah native

このnativeは現地を意味する言葉で、現地の人という事ですね。英会話を習っているからならネイティブスピーカーという使い方でnativeはよく聞きますよね。地元の人、という意味ではシンプルにlocalという言葉でも使えます。なんとなくlocalは場所的な意味をもつものと認識している人は多いと思いますが、そのままの形で人を意味する事もできます。

 

pretty incredible

prettyはかわいいという意味で認識している人はとても多いと思いますが、英会話の中では、程度の大きさを表現する言葉として多用されます。なかなかすごい様をここではincredibleで表現されていますが、他にもpretty awesome, pretty coolなど色々な表現が使われます。これは物事だけを対象する必要はなく、pretty cute, handsomeのように外見でもOKですし、pretty muchという形にして、That’s pretty much itとすれば、大体そんなところです、みたいな感じになります。

 

public

上場を意味する言葉としてpublicは経済ニュースでは多くみられますね。シンプルに上場企業という意味でpublic companyという言い方も出来ますし、上場するというのをgo publicと言ったりできます。ちなみにgo publicを会社の事ではなく個人の事でいえば、何かについて公にする、という言い方になります。He’s been public about~と言えば、彼は~について公にしている、という事ですね。

 

すごいストーリーですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

ダイバーシティへの対応の記事から英語を学ぶ

2020年12月17日

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

以下の中で気になる表現をクリックすると、その表現説明の箇所にジャンプできます:

■———————————————–■

a long road ahead

ongoing struggle

underrepresented

bringing aboard

self-reflection

come forward

■———————————————–■

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

a long road ahead

aheadは前なので、目の前にまだ長い道のりがあるという事ですね。日本でも同じように比喩的に道という言葉は使われるので、違和感なく理解できる表現だと思います。long way to goなんて言い方で先は長いというようなニュアンスで表現する事もできます。wayもroadもこの文脈においては同じように理解できますね。

 

ongoing struggle

ongoingは進行中のものを表現する言い方で、とても便利な表現だと思います。現在進行中の新型コロナウイルス感染症の事を言うなら、the ongoing coronavirus pandemicみたいな言い方になりますし、トランプ大統領が大統領選の結果に対して不服として訴訟などを起こしている現在進行形の話とするとなら、his ongoing attacks against the election resultsみたいな感じですね。

struggleはもがいたり、奮闘、悪戦苦闘したりする様を表現するもので、このニュアンスも実際の英会話の中では使いたいと思えるケースは多いと思います。今回のパンデミックで大きな影響を受けている人、業界は数知れず、多くの場所で沢山の人がstruggleしていますね。このstruggleのかわった表現といては、power struggleで権力闘争を意味したりします。

 

underrepresented

英語ではこのように何かの単語にunderを付ける事で、過小状態を表現する事ができます。ここではrepresentですが、他にも低く見積もったり過小評価という意味でunderestimateという言葉がありますし、評価という言葉がストレートに感じられる単語ならundervaluedというのもありますね。

 

bringing aboard

後ろにBlack executivesと書いている事から、感覚的に意味は感じ取れますね。aboard単体では船などに乗ったりする様を表現する言葉として多く使われますが、新しい人が組織などに加わる様を表現するものとしても多く使われます。ここではシンプルにbringで加えるという感じが分かりますが、他にも新人を歓迎する表現として、Welcome aboard!なんて言い方もあります。

 

self-reflection

すごく分かりやすい表現だと思います。selfは自分自身を表現するもので、reflectionは反射なので、この2つをくっつけて内省のニュアンスである事が分かりますね。reflectはこのように~の映し出すというニュアンスで多く用いられます。例えば国民性やその国の価値観等は、実際のビジネスやコミュニケーションにも多く反映されますが、そのニュアンスを表現するなら、It reflects their societyみたいな感じですね。

 

come forward

forwardは前を意味する言葉ですが、これで名乗り出る、というニュアンスになります。似たようなものではraise voiceで声を上げるなんて表現もあります。comeを使った表現としては他にもcome clean(白状する)、 come out(秘密などを打ち明ける)など、色々なものがあります。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!