神の子を授かる

こんばんは!

 

今日も動画みていきましょう。とても興味深い素材をあげてくださっている方に感謝です。

http://www.youtube.com/watch?v=u9s5YBO81w0&list=PL114721FCD99EDED0

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に動画を制作された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

KuntiはYama神を呼び、正義に向き合う子供を授かり、Yudhishtraと名付けました。

続いて、Kuntiは風の神Mantraを呼び、強くたくましい子供を授かり、Bhimaと名付けました。

最後にKuntiは神々の主Indraを呼び、聡明で勇敢、そして美しい子供を授かり、IndraからArjumaという名を受けました。

Madriは王の第二夫人でした。KuntiはMadriにも子供を持たせたいと王に告げ、Ashwins神の子で知恵と忍耐力を備えたNakuraとSahadevaの双子を授けました。

~要約終わり~

 

 

The next moment(0:20)

そのままですが、次の瞬間、という意味ですね。英会話の中でこれなかなかすぐに言えないですよね~。

It’s amazing(0:59)

素晴らしいもの、感動したものへの表現は日本語でもいくらでもあるように英会話の中でも色々な表現が使われます。amazingはその代表的な表現の一つですね。他にもawesomeやfantasticなど人によって色々な表現を英会話の中で使い分けます。

fierce(1:18)

獰猛な、すさまじい、という言う意味ですね。恐ろしい猛獣や、化け物などに使われ、とても強そうな(怖そうな)人間に対しても使われます。イスラエルの記事でも取り上げています。

 

exceptional strength(2:05)

exceptionは例外という意味の名詞のその形容詞の形が exceptionalです。例外的な、という意味ですが、これは並外れた、普通でない、というある物事、能力が超越したという意味で頻繁に使われ、今回も、人並みなずれた力、というニュアンスを作っています。

stunningly(2:43)

stunは驚く、という意味で、形容詞stunningは驚くような、そして今回は副詞の形が使われています。

I am proud of you(4:39)

キミを誇りに思う、という英会話の超定番表現ですね。日本語ではあまり言う事はないかもしれませんが、知っているとよい表現ですよね。

 

wisdom(5:55)

知恵、と訳されていますね。とても素敵な言葉ですよね。英和辞書でもwisdomというものがありますが、辞書にこんな名前をつけるなんてとても素敵です。

 

しかし、一気に子供がたくさん産まれましたね笑。

 

本日は以上です。