無賃搭乗への対応の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はdailymailからの記事です。

dailymailの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

repeatedly 

この後にregularlyという言葉も出てきていますね。この2つは同じ言葉では勿論ありませんが、言わんとすることは同じ事という事は分かると思います。regularlyは定期的に、一定の間隔でという事ですが、repeatedly は繰り返す事に焦点が当たっていて、必ずしも間隔には焦点が当たっていませんが、一定の期間内に繰り返していれば、regularlyと言っても十分理解できます。

regularlyは例えば英会話レッスンや会議などでregularly meet on Tuesdayという風に使えますね。regular meetingは定例会議となります。頻度という意味ではregularlyに対してrarely、ほとんどない、というような表現もあわせておきたいです。She rarely cancels ~,だと、キャンセルする事はほとんどない、という事になります。またキャンセルしたり変更があったりする際の”平均的な”頻度、みたいなニュアンスだとon averageなんて表現が使えます。キャンセルする人について、He has a business trip, maybe once a month on averageみたいな感じです。

 

unfit

fitに接頭語unがついてnot fitという事になるわけです。fitは体の体型がいい感じの様を表現する事もでき、Swimmers are super fitですね。また服のサイズが合う、合わない、というのを動詞fitでも言う事ができますね。これは日本語のカタカナ言葉でもそのまま使う感覚があると思います。it doesn’t fit meですね。似合うという表現はsuitという言葉があります。It suits youとなります。フォーマルな服のスーツもこのsuitですので、そのスーツ似合うねだと、The suit suits youとなるわけです。suitが繰り返されて変な感じかもしれませんが。スーツというカタカナ言葉だと複数形のsuitsの音ですが、英語ではスーツはsuitと単数で表現します。

 

 

preoccupation with 

ここではpreoccupation という名詞が使われていますが、熟語として覚えておいて便利なのは(be) preoccupied withの形かと思います。彼私の事なんて興味がないんだわ。。なんて友達に相談されたら、意識高い系の彼だから今はHe’s just preoccupied with personal goalsだと思うよ、みたいな感じで言ってあげるとよいですね。色々と人生計画の中で成し遂げたい事、やりたい事があって恋人との時間の調整が難しい事ってよくあるとことだと思います。

 

insanity

形容詞はinsaneですね。こちらは日常英会話の中でも、おかしいよね、みたいなニュアンスでThat’s insaneなんていう風に言えます。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!